<   2019年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お彼岸の夕陽

一昨日の二十三日は秋分の日でした。この日は秋のお彼岸の中日でもあります。「彼岸」とは、ご先祖様がいる「極楽」を指しますが仏教では西にあるとされています。春も秋もお彼岸の日は真西に太陽が沈むため、極楽浄土が一番近くなる日と考えられ先祖供養をするようになったそうです。

この日、四天王寺では「日想観」 という伝統行事が行われます。石鳥居から真西に沈む夕陽を見て極楽浄土に思いを馳せながら静かに手を合わせるという行事です。天気の加減でいつも夕陽が見えるわけではありませんが、今年は見えたとネットのニュースに掲載されていました。

その頃、我が家からもきれいな夕焼けを見ることができました110.png
お彼岸の日に西に沈む秋の夕陽を眺めながら亡き家族を想う・・・。なんと美しい行事でしょうね。

c0145449_22031962.jpg

天王寺つながりで別の話ですか、天王寺動物園の最後の一頭のコアラ「アーク」が来月10月半ばでいなくなってしまうそうです。英国の動物園に渡るとのことで、獣医師の話では「死ぬまで一頭でいるより、他のコアラと関わりながら生きる方が、アークにとってもコアラの繁殖にとっても良いと判断した」とのこと。

c0145449_22391473.jpg


コアラ館が出来たのは1989年。今から30年前147.pngはい、当時喜び勇んで見に行きましたよ177.png長年いたコアラがいなくなってしまうのは寂しい気もしますが、餌のユーカリを空輸するため餌代年間3600万円(!)、動物園全体の餌代の約3割といいますから、財政的にも飼育は本当に大変だったと思います。爬虫類館やアフリカサバンナゾーンなども充実して見ごたえある天王寺動物園。最近シマウマの件など残念なこともありましたが、暑く動物飼育の難しい大阪で、たくさんの動物達と触れ合える貴重な場所です。これからも頑張って欲しいですね。


c0145449_21150464.gif

by yurikak5 | 2019-09-25 22:56 | 花・自然 | Comments(0)

青森の桃(・・?

暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったもので、日中はまだ30℃ありますが、朝晩は過ごしやすくなってきましたね。サンタの皮膚病もすっかり良くなり、来週から出勤予定です^^

c0145449_22300601.jpg

体感差はあると思いますが、今年の夏の暑さはかなりきつかったように思います。湿気も多くてサウナのような蒸し暑い日もたくさんありました119.png


スーパーでは秋の味覚、梨や葡萄、松茸も並び始めましたね。先日少し時期外れだけど桃が食べたいな~と思い買いに行きましたら、なんと青森の桃を見つけました。珍しいですね。桃といえば最近は山梨か和歌山のものが多いのですが青森産は初めてです。お味の方はまずまずって感じでしたが、その数日後、新聞の一面にこんな記事を見つけてびっくり150.png

c0145449_22323199.jpg
「高温列島 耐えて収穫」朝日新聞 朝刊 2019/9/17


なんと気温の上昇により、青森でリンゴが獲れなくなり桃に変わってきているらしいです119.png本当に海も陸も変化が起きてきています。

いまや温暖化は避けようがないのかもしれません。農業、漁業、自然に関わる職種の方々が一番早く切実に感じておられるのではないでしょうか。

東京には暑い国のインコが大繁殖しているとテレビで見ました。これから温暖化を生き抜くためには南国の生活をならっていかねばならないのかもしれません。

以前にも書きましたが 「ざんねんないきもの辞典」によると、強いよりも順応性があるものが生存競争に勝つとのこと。異常気象に抗わずボチボチと生きていきたいものですね101.png



by yurikak5 | 2019-09-18 23:01 | 花・自然 | Comments(0)
結局、9/5より笹の助がサンタの代理で出勤しております(笑)

c0145449_22364166.jpg

サンタ好きの方からは「あれ??なんか小さくなりました?」と指摘が入っております105.pngサンタは愛想よく、患者さんのお出迎え、お見送りをする子なのですが、笹の助はまるで愛想なしで申し訳ないです119.png同じカメでもこんなに違うのかと私自身ビックリ(@_@)しております。

c0145449_22365808.jpg

水深が深いので、チビの笹の助用にレンガを追加したのに、全く上にも乗ってくれない103.png最初は大分ビビッてましたが、2、3日すると少し慣れてきました。

サンタは自宅ベランダでのんびりとご満悦です。もう少し療養すれば治ると思いますので、しばらく愛想のない笹の助でお茶を濁してください105.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、師匠の出版記念&喜寿の祝いパーティーがあり、久しぶりにお着物で参加させて頂きました101.png母が私や兄の小学校の入学式などでよく着ていた40年前のエメラルドグリーンの色無地です。もう母も着ることがなくなり貰ったものですが、涼し気な色が夏らしいかなと選びました。着物って何年経っても色あせないものですね。なかなか着る機会がありませんが、今回あらためて着物っていいな~と思いました。

c0145449_23010456.jpg

師匠の新刊はこちらです。
「舌鑑弁正」amazonで発売中
「筆跡にみる心の襞」→ネット販売時期未定・たにぐち書店にお問合せ下さい。

c0145449_23181077.jpg

20年以上かけて訳された中国の舌診の本。本当に素晴らしい一冊だと思います。師匠は今から36年前に「舌診アトラス」を出版され、日本の鍼灸界に舌診を取りいれた第一人者ですが、私が鍼灸学生だった当時はまだ舌診の授業はありませんでした。しかし25年以上たった今、鍼灸大学で舌診の授業が行われていると聞きます。

東洋医学では舌一枚(表と裏、舌自体の色=舌質、舌苔の色、舌の形、乾燥、潤い、下の裏の血管の出方、舌の亀裂、舌苔の剥げなどなど)が非常に重要な診断ポイントであり、脈診と同じくらいに五臓六腑すべての情報が得られる場所と言っても過言ではないほど、治療において重要な部分とされています。

この本は25年前に私が鍼灸学校を卒業したばかりの頃、師匠の治療院での勉強会に内弟子と共にご一緒させてもらってた頃に、少し講義されていたのを覚えています。たしか"十全苦寒救補湯"のあたりでした。皆で数行ずつ訳するように言われ、辞書を紐解いた記憶があります。

その頃、傷寒論の講義も盛んで、何も分からなかった私は、師匠に「何故、鍼灸師が漢方薬の勉強をするのですか?」とお聞きしたことがあります。質問の答えの詳細は忘れてしまいましたが「鍼灸も漢方も共通する部分があるのだ」ということだったと思います。

この本も舌診と病症、薬の処方が主で、実際に鍼灸の記載は少ないですが、考え方としてはやはり共通していて、またそれをどう鍼灸に生かしていくかといういうことなのでしょう。それは本当に難しい世界で、私ごときが師匠ほどの難病治療が出来るわけではありませんが、師匠のご努力を少しでも患者さんに還元できるよう、これからもしっかり勉強していきたいと思います。


by yurikak5 | 2019-09-12 00:10 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(0)
治療院の看板亀、いえ今や受付スタッフサンタ君。

早いもので今年のクリスマス(クリスマスにやってきたので名前がサンタ)で、うちにきて丸7年になります。その頃で推定10才くらいでしたので、もう17才ってことですね150.png7年って、今いるスタッフの中で一番長い勤務歴ではありませんか(笑)

愛想がとても良いので(性格が犬っぽいです。バイバイ?します(笑))老若男女に好かれ、通りがかりの子供達も足を止めてガラス越しに呼びかけるくらいの人気者になりました。

治療院の玄関はガラス越しに西日が射しますが、休診日はシャッターを閉めるので、窓からの少しの光と紫外線ランプのみ。カメには直接あたる太陽光が絶対に必要です。そのため、いつも長い休みには自宅ベランダで日光浴させてましたが、今年は台風もあったりで連れて帰っていませんでした。

おそらく日照不足のせいでしょう。ここ数日サンタの手足がふやけて垢のようなものがフヨフヨとたくさんついてます、前にも一度なった"水カビ病?"寒湿の邪は温めて乾かす他ありません。


c0145449_21142966.jpg

今日は乾燥させるために数時間水槽から出しました。
(野菜はリクガメの餌です。サンタは食べません。)

c0145449_21143457.jpg

喧嘩もせず仲良くしています。

c0145449_21144633.jpg

やはり冷えていたのでしょう。熱い鉄板の上で甲羅干し106.png

c0145449_21144139.jpg

パーリンの方がサンタに興味津々。サンタは相変わらず大物、我関せずって感じ。

c0145449_21334497.jpg


皮膚だけの問題で他は元気なので、一週間ほど療養させたら良くなると思いますが、場合によってはピンチヒッターに若造の笹の助(7才♂)↑を出勤させたいと思います(笑)

c0145449_21395615.gif
c0145449_21395615.gif
c0145449_21395615.gif





by yurikak5 | 2019-09-04 21:44 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(0)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika