<   2019年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

暑すぎる5月

5月で30℃を越える日が何日かありました。
本当に暑すぎですね119.png

暑さのせいか私も夜間に目覚める回数が増えました。

動物達も体内リズムが狂ったようで、朝の6時からパーリンはドタバタうるさく(最近日中はベランダ飼いです)

c0145449_22465854.jpg


シオン君はゲージをガジガジして出せ出せと言わんばかりに

c0145449_22475646.jpg

なかなか収まらないので、外に出して運動させないといけないため、人間は寝不足気味です119.png


南国生まれのポポちゃんは暑さに強いのか水浴びして涼しい顔しています。

c0145449_22425473.jpg


笹の助は炎天下の下、シャチホコのような甲羅干しをした後は、オリンピック選手並みの高速の泳ぎを見せ(笑)

c0145449_22482327.jpg

治療院のサンタは相変わらずマッタリしてますが。(写真はGWに帰省中の仮住まい)

c0145449_22483899.jpg

暑い中、皆元気いっぱいなのは何よりです174.png
熱くてハイテンション過ぎるのも陽が過多になっている証拠ですので、シオン君には古代鍼で熱をもらし、笹の助にはアロエを少し食べさせてます。リクガメとウサギには時々スイカをあげます。

家にもたくさん動物がいるというのに、乗馬もし、馬の手入れもするし、知人の犬の散歩もするし、私はすっかり動物園の飼育員のようになっております(笑)
母には「ようやるわ」と言われますが、ムツゴロウ王国に行くのが私の幼いころの夢の一つでもあったので、楽しいんですけどね。

そんなことを言う母ですが私と同じくらい動物好きです。「ダーウィンが来た!」を始め動物番組は必ずチェックしています。そういえば私は交流はあまりなかったのですが、母の兄は獣医師でした。新潟の農家だったのですが、母の実家にはきれいな瞳の農耕馬がいたそうです。

しかし、これだけ暑いと夏野菜や果物が必要ですね。今年も暑くなって体が要求するため、スムージー作りを再開いたしました。

皆さんも食べ物や衣類を調節して、上手に体調管理してください。


by yurikak5 | 2019-05-29 23:16 | 動物いろいろ | Comments(0)
今日は暑かったですが、蒼空も爽やかな皐月晴れ174.png

c0145449_22152790.jpg
そんな日の朝から歯医者に行ってきました105.png

今日は2回目の予約診療でした。(虫歯が痛むというアクシデントがあり、緊急で応急処置だけして頂いたので正確には3回目ですが)

1回目はカウンセリングのみ、2回目もまだ治療には入りません。
お口をきれいにしましょう~ということでしたが、いったい何をするんだろう・・・。

治療室に呼ばれると、まず歯科衛生士さんによる口腔内の検査(歯の付着物を取り病原菌やカビの状態を顕微鏡で見つける、口の中の空気を検査することにより口臭の内容を調べるなど)、予防に使うPOIC水とオーラループの使用法、歯のクリーニング、その後に院長先生から綿密な治療計画と具体的な説明、見積書による明確な治療費の開示、質疑応答といった感じでした。

ホームケアに使用するものは初めて見聞きするものも多く、自分が受け入れられるか不安でしたが、全く抵抗なく続けられそうなものばかりで安心しました。

c0145449_22203891.jpg


今回の治療はすべて自由診療で行いますので治療費はそこそこかかりますが、治療回数が少なくて済むこと、歯の寿命が伸びること、長くケアしていただけることなど含めると、決して高くはない料金設定だなと思いました。(もちろんこの歯医者さんは保険での治療もされていて、互いの合意の上治療計画が決められます)

ここまで丁寧にしてくれると、読んだ本のどこかに書いてあった、歯科治療も外科手術の一部なんだなぁ・・・と改めて実感しました。

c0145449_22221658.jpg


今朝のクリーニングのおかげで、今も歯がツルツルで口の中のスッキリ感が続いています。POIC水 とは、塩と水が電気分解して生成された次亜塩素酸イオンで、うがいすることでたんぱく汚れが取れるそうです。塩素なのでちょっとプールみたいな臭いがします。またPOIC水はすごい殺菌力があるのに体には無害とのことです。 院内の治療に使う水もすべて、この水で行われているとのことでした。安心ですね。

今晩からは自分でPOIC水とオーラループ で二度と虫歯を作らないようにケアしながら、無事治療が終わるよう頑張りたいと思います。


by yurikak5 | 2019-05-22 22:53 | 健康 | Comments(0)

メルカリとビーズ

今年のお正月。

年賀状を見ていたら「メルカリ始めたんだけど楽しいよ!」というコメントが。
古い古い同年代の友人です。
年末にも同年代の患者さんからメルカリを始めたという話を聞いて気になっていて、
正月休みに断捨離ついでにいくつか出品したら、いきなり売れました146.png
かなり低価格の設定ではありますが。

昔、ジモティーというのも少しやったことがありましたが、
色々と面倒な部分もあって続きませんでした。
メルカリのシステムは確かにすごいと思います。
コンビニと宅配便と組んだ匿名配送のシステムは特にすごくて、
スマホと荷物だけ持ってコンビニに行き、
レジでバーコードを見せ伝票を貼ったら終わりという、
見た目には全くお金が動かないシステムです。
要は、売上金から手数料、送料が引かれたものが、
メルカリ内に一時預金されるみたいな感じ。

段々とこの年になると趣味や嗜好も変わり、
今まで必要だったものが不要になったり、
好きだけれど似合わない、やりたいけれと現実的にできない、
でももったいない、思いが詰まってて捨てるに捨てれないとか、
終活とまでいかなくとも少しずつ断捨離し、
自分の身の回りを色々と変えていかねばなりません。
そんなとき、自分が不要になったものを喜んで
引き取って下さる方がいるというのは大変嬉しいことですね。

メルカリをされている方はお若い方がほとんどのような気もします。
今日は昔、ビーズ細工をよく作っていた時の材料を処分することにしましたら、
子育てが一段落した若いママさんが早速お取引くださいました。
いつかまたしたいなぁ・・・と思って残していましたが、
もうあの小さな穴にテグスを通し続けるのは無理(^_^;)
有効活用していただけて良かったです。

私の母は趣味のアートフラワーの道具とか全部捨ててましたからね。
そう考えると現代のありがたいシステムです。
まぁ、やっていく中で多少の失敗や反省はありますが、段々慣れてきました。
やはりメルカリといえども、人と人とのコミュニケーションが一番大切ですね。
どんどん時代は変わってきているなぁと、ついていけない部分もあるけれど、
良いところはどんどん受け入れて生きていきたいなと思います110.png


c0145449_22201024.jpg
ビーズさん、さようなら。また色々作ってもらってね^^



by yurikak5 | 2019-05-15 22:47 | 雑記 | Comments(0)
旅は長くは続きませんでした。

私の調べた結果、通える範囲内ではドックベストとプラズマレーザーの治療をされる先生は二軒しかなく、一番近いN歯科を訪れました。結果的に、こんなに歯医者さんと普通に会話できるなんて信じられないというくらい、コミュニケーションできる有難い先生にめぐりあいました。先生のお話しではプラズマレーザーは国内で180台しか普及しておらず、また使い方も難しいそうで、先生は講習会も開いておられるとのことでした。

待合室には小峰一雄先生の本が並べられ、話の始めは歯は全身と繋がっているという前提から、その上でなるべく抜かず削らず最善の治療を考えてくださるとの事でした。また前に行った治療についてもご説明くださり、神経を抜かれたと被害妄想的になっている私にそれは仕方ない状況であったと納得のいく説明をしてくださいました。レントゲンと写真を見ながら約一時間の丁寧なカウンセリング。私の歯の一本一本をこんなに丁寧に見て下さった先生は初めてで頭が下がる思いでした。

今回神経を抜いた歯にはドックベストは意味をなさないとのことで、またドックベストもすべてに使えるわけでなく上手くいかない例もある事も聞いたうえで、できる範囲内でやってみたいとお伝えしました。まだ治療は始まっていませんが、安心して通えるところが見つかって本当に嬉しいです。

歯は東洋医学では「腎は骨を主り、歯は骨の余り」と言います。女性が産後や閉経後に歯が弱るのも腎が弱るためです。特に歯質が弱い、欠ける、歯がぐらぐらするなどは腎虚によるものです。
また歯茎の腫れや歯痛は胃熱風火などが原因となり、鍼灸でも漢方でも証に応じた治療をすれば非常に効果的です。特に歯に原因が見当たらない痛みにはありがたい存在です。先日、抜歯したのにまだ痛いという、こんな記事をみつけました。この方はストレッチで治してますが、抜く前に東洋医学的な治療を受け食事内容を変えられたら、大切な歯を抜かずにすんだだろうにと気の毒に思います。

c0145449_22184143.jpg
「100年歯を失わない生き方」

訪れた歯科に新刊が置いてあったので早速買ってきました179.png
すごいタイトルですが、これからの高齢化社会には大変重要なことですね。

この本には「虫歯は歯が溶けてしまう病気です。しかし虫歯で溶けた部分が再石灰化かれ元の硬さに戻るのです。これも自然治癒力です。」と書いてあります。
歯科の先生に詳しく聞くと、なくなったエナメル質が復活はしませんが、虫歯で溶けかけた縁の部分が自然治癒で硬くなり、虫歯が止まるということのようです。

文中にヒポクラテスの「自然こそが最良の医者である」とも177.png

人間には体を治す力が初めから備わっています。
鍼灸治療も自然治癒力を活性化するお手伝いをする治療です。
ヨーロッパでは歯の予防をすればするほど儲かる仕組みになっているとか。
虫歯の患者さんを出さない方が報酬につながるという、素晴らしい仕組みだそうです。
歯は全身と繋がっているという方針の歯医者さん。
これからもっともっと増えて欲しいですね。



by yurikak5 | 2019-05-09 22:28 | 健康 | Comments(0)
令和の時代が始まりましたね101.png

昨日は即位の儀式をテレビでずっと見ていました。
三種の神器とは摩訶不思議な存在です。
日本という国は資本主義社会によって曇らされているものの、実は映画や童話の世界よりもずっとずっと霊妙で類まれな面白い国ではないかと思いました。
三種の神器について、こんな説明をされている獣医師がいます。令和は1人1人が自らの存在意義に触れる、奥深い時代の到来かもしれません。

178.png         178.png         178.png
さて。歯科治療の続きです。
前述の本の中で気になった治療法がありました。
ドックスベストセメントとプラズマレーザーを用いた治療法です。
最低限削るだけで、レーザーで虫歯菌を殺した上で殺菌作用のある天然素材のセメントを詰め、歯の石灰化を促すというものです。処置はほぼ1日で終了ですが、保険は適用されていません。

また調べていくと、こんな記事を見つけました。
どこまで正しいかどうかは謎ですが、面白い切り口です。ここでは歯は金属と言っていますが、私がイメージするに歯は陶器のようなところもあり、お皿や湯呑も同様、一度亀裂が入ったらそこからパカンと割れやすくなります。どうしても修繕したければ、同じ土でできた粘土のようなもので隙間を埋め修復させるでしょう。歯に亀裂が入ったとしても、そうやって修復させる方法もあるのではないのかしら?

そして前から知ってはいましたが、やはり重曹で歯磨きすると良いようです。虫歯菌を半殺しに出来るとのことです。
そしてなんだか気付き始めていましたが、虫歯医療と癌医療がそっくりな件・・・。私は最近癌の骨転移された方が自然治癒力で修復された例を間近で知っているので(もちろん西洋医学では絶対治らないと言われた方です)歯も骨の一部であることから、虫歯が治るのはありうるのではないかと考え始めたのです。

最初の歯医者にドックスベストセメントの事を聞いてみましたが、あまり良い返事は返ってきませんでした。色々あってその歯医者は2回で通院をやめ、昔お世話になった歯医者に転院してみたのですが、ドックスベストの事を聞いてみると先生が「あんなものは嘘や!」と怒り奮闘。治療中ずっと頭上で怒り怒鳴りまくられ、動悸が止まらなくなってしまい、恐怖でもう無理(笑)3回目で通院不能になりました(>_<)

本当に嘘と言い切れるんでしょうか??もちろん全てに効果があるとは思いませんが、もしも再石灰化する可能性があるならば、保険適用外でも一度やってみる価値はあると思うのです。またドックベストに似ているMTAセメントというのも存在するようです。


このドックスベストセメント、奇しくも私と同じ名字の小峰一雄先生が日本で始められたということで、2冊の本を読みました。

c0145449_22380027.jpg


この本には歯は全身とリンクしており、また無数の小さな穴が開いていて、体液が出たり入ったりしているということが書かれています。また虫歯は外から穴があいて発生するのは理屈としてわかりますが、一見エナメル質に異常がないのに、レントゲンでは内部が虫歯になっているということがあります。内部から虫歯がすすむという事実があるそうで、歯科大でも何故かは教えていないそうです。

文中にはアメリカのラルフ・スタイマン博士が発見した「体を流れている物質はやがて歯の神経を通り、歯の表面に出てくる」ことを実証した論文を紹介されています。
虫歯は口の中だけで起こっているのではなく、全身に関わる症状が現れた結果である・・・。
これはすごく東洋医学的な考えではありませんか。
歯科でも真実をつぶさに観察し追究していくとこういった世界に到達するのだなと思いました。

スタイマン博士の言われる虫歯の原因は5つです。
(1)砂糖 (2)ストレス (3)運動不足 (4)微小栄養素不足(ミネラル不足) (5)薬物

小峰一雄先生が診られた患者さんで、同じ環境で同じ食べ物で育てられた双子で一人は虫歯だらけ、一人は全くなし、おかしいなと思って性格を聞けば、虫歯のない弟は楽天的、お兄ちゃんはナーバスでストレスを感じやすい性格だったなど、興味深い症例がたくさん本に紹介されています。このあたりの問診の仕方も、なんと東洋医学的なんだろうと思いました。

私も若い時より歯科の治療が体にこたえます。できるだけ削らず、抜かず、時間がかからずの治療をしたい。次にかかるなら、この先生の流派を探して行ってみようと、新たな歯医者探しの旅が始まったのでした。〈続く〉



by yurikak5 | 2019-05-02 23:35 | 健康 | Comments(0)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika