<   2019年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

体を温めることについて

患者さんに耳にタコが出来るくらい、よく聞かれることです。

「先生、体って(痛い場所って)温めた方がいいんですよね??」

巷には体を温めて血行を良くして病気を治すというサプリや健康法が
山のようにありますね。そのくらい女性は温めることが大好きです(笑)

もちろん陰性の女性にとって、基本的に体を冷やすよりは
暖かくしていた方が良いに決まっています。
しかし、なんでも過ぎたるは及ばざるごとし。
暖め続けるとどうなるでしょうか。

陽虚という体の芯から冷え切って、そうとう体力が低下した状態でもない限り、
働けるレベルのほとんどの方は、冷えがあっても気滞によって起こっています。
気は十分にあるのに滞って動いてない、表面的な冷えです。
では気滞の方が温め続けるとどうなるでしょうか?
今度は体に熱をこもらせ、熱性の病気を生じてきます。

よくあるのが貼るカイロを長時間同じ場所に貼り続け、低温火傷になっている患者さん。
特にお年寄りや更年期時期の女性で、陰虚証の方が腰や下腹を温め続けると、
ますます陰虚がひどくなって体の上部に虚火が上り、
のぼせや頭痛など体調不良になるというケースもよくおみかけします。

最初は気滞のために冷えがあり、一時的に温めて楽になったとしても、
しつこく温め続けないほうが良いです。
体質、病状、季節などによって、温めることは良いことにも悪いことにもなりえます。
(発見?したのですが、カイロは途中で捨てるのが勿体なかったら、
密閉できる袋に入れて空気を遮断しておけば再度使えますよ)

また温める方法も様々ですが、良い順に書きます。

①運動して体温を上げる。
寒くてもたくさん着こんで散歩してくださいと養生指導をします。

②お風呂(温泉や入浴剤を入れる)に入ったり、温かい(温性)食べ物を取ったりする。
お風呂の場合は温めますが、気化熱で余分な熱を冷ましてくれます。

③暖房、カイロ、電気毛布など、ものに頼る簡単な方法。

極端な話ですが、全く体を動かさず、冷たい(陰性)ものばかり食べながら、
寒い寒いと電気毛布にくるまっていたら必ず体調は崩れますね。
そこそこ元気な方は、まずは体を動かして自家発電させることです。
筋肉がつくと暑さ寒さに耐えられる体になってきます。
自分に喝を入れて、寒い季節を乗り越えましょう166.png


c0145449_20155934.jpg

みかんの皮、陳皮はお風呂にいれると体があたたまりますよ177.png





by yurikak5 | 2019-01-30 20:31 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(0)

ほんの少し春の気配

季節は大寒ですが。。。

大寒の次は立春。

動物達を観察していると、
寒いながらも、少しずつ春の気を帯びはじめているようです。

先日、ボタンインコのポポちゃんは、今年初めての卵を産みました110.png

c0145449_20542619.jpg


リクガメのパーリンは、ここ数日急にソワソワバタバタと歩き回っています。

c0145449_20544217.jpg


ずっと沈黙を守っていたベルツノガエルのるるちゃんも、
久しぶりに変な鳴き声を出して、腕立て伏せのやる気モード?です。

c0145449_20550955.jpg


ミドリガメの笹の助は、屋外飼育にも関わらず今年は全く冬眠しませんでした。
餌は食べませんが、ゆっくりと動いています。
やはり全体には暖冬だったのでしょうか。

c0145449_20552448.jpg


ウサギのシオン君は、あまり変化ないですが、
最近下痢(熱痢のようす)をしたので、食事制限中です。

c0145449_20561065.jpg


患者さんにも、目が痒い、充血するなどの春のような症状が出始めている方も。
インフルも心配ですが、季節の変わり目は何かと体調が崩れやすいので、
引き続き体調管理に努めましょう166.png


☆本日、鍼の特集で放映予定だったNHK「ガッテン!」は全豪オープンのため
2/20(水)に延期になったそうです。是非、チェックしてくださいね。



by yurikak5 | 2019-01-23 21:02 | 動物いろいろ | Comments(0)

インフルエンザ予防

c0145449_21004478.jpg


今年もインフルエンザが流行してきましたね。

私は生まれてこの方、一度も予防接種は受けたことがありません。
20年前くらいに一度、インフルらしき症状の風邪を引きましたが、
それ以外は一度も発症せずにすんでいます。

先日、インフルエンザウィルスについて調べていましたら、
とある医療機関のHPにこんなことが書いてありました。

・・・1つのウイルスが感染すると8時間後には100個に増殖し、16時間後には一万個に、24時間後には百万個にまで増加します。このような急激な増殖のため、インフルエンザは感染後早期に発症してしまうのです。この潜伏期の短いことがインフルエンザが地域で急速に流行する理由であると言われています・・・

24時間で1個が100万個!! こんなに急激に増えるんですね135.png
なんと強敵なんでしょう。

でも感染しても潜伏して発症しないまま終わる人もいます。
きっと免疫力が勝って、100個くらいで止まっているのかもしれません。

私は職業柄、毎年インフルエンザの患者さんが数人は来院しますので、
もらったかな?おかしいな?と思ったら行うことがあります。

・咽がおかしいとき→梅肉エキスをなめる、板藍根のど飴をなめる、おろし蕎麦を食べる

・背中に寒気がする時→葛根湯、生姜湯を飲む、合谷に鍼、身柱に灸

・足元の冷えがきつい時→足の裏の湧泉にカイロを貼る、申脈に鍼

あとは当たり前のことばかりですが・・・

・湿度は40%以上に保つ
・衣類をたくさん着る(特に下半身と背中の上部を冷やさない)
・お風呂で湯船にゆっくりつかる(冷えのきついときは「きよながの入浴剤」を入れる)
・暖かいものを食べる
・睡眠をよくとる
・人混みは避ける(行くときはマスク)
・日頃から体を動かし、体温を上げておく

などなど。

激しい症状が出る前の、なんかへん?という時期に対処すれば、
ウィルスは少量のままで死んでいくのだと思います。
これが東洋医学がいうところの「未病を治す」というものです。

この中で、一番効くなーと思うのは、梅肉エキス加湿です。
それに鍼灸があれば鬼に金棒です102.png

近くにいる人が発症しても、全員がうつるわけではありません。
皆さんもしっかり予防をして感染しないよう、
また感染しても軽症ですむよう、どうぞお気をつけください。



by yurikak5 | 2019-01-16 21:06 | 食養生・薬草 | Comments(0)

高齢化と東洋医学

もう年が明けて10日も経ってしまいました。
月日が流れるのは年々早くなります。

1月23日のこれまたNHKの「ためしてガッテン!」では鍼の特集が
予定されていると聞きます。
昨年もNHKで鍼、漢方薬、ヨガの2時間番組が放映されました。
時代は不定愁訴や未病を治すのが得意な東洋医学へと傾き始めたのでしょうか。

c0145449_15144775.jpg


今年、第一号の初診患者さんは88歳の独り暮らしのおじいちゃんでした。
主訴は軽い症状で、大病も経験されていますが、姿勢もよく大変お元気な方でした。
娘さんは近くにいるものの、自分のことは自分でされ、スーパーに買い物も行かれます。
そんな方ですので鍼灸の効き目もよく、早速効果を感じておられます。

段々と患者さんも高齢化がすすんできています。
軽い段階での不調を鍼灸でバランスをとり、
苦痛のない毎日を送るのは本当に良いことだと思います。

c0145449_15145555.jpg


ただ、鍼灸にも色々な流派があります。
「鍼はたくさん刺すから怖い」と言われる方が多いのですが、
私が学んでいる流派は数本しか刺しません。
的確なツボに的確な技法で施術する方法は、
高齢の体の弱った方にも、気をもらさず安全に治療できます。
しかし、的確なツボを選ぶ診断学や、選択されたツボに正しく刺鍼する技術がないと、
少数穴での治療は効を奏しません。
診断学においては問診、脈診、舌診は重要なポイントとなります。

たくさん刺す手法は、スポーツ選手など元気な方には好まれやすいですが、
病弱な方や高齢者などにはダメージがきつくでることもあります。
ですので「鍼はたくさん刺すから怖い」という意見もごもっともなのです。
これから東洋医学の恩恵を上手に受けるためには、ご自身の体調体質によって、
合った技法の鍼灸院を選ぶことも大切な条件になってきそうです。




by yurikak5 | 2019-01-10 15:26 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(0)

明日から始動です

皆様、明けましておめでとうございます。
明日5日(土)が仕事始めになります。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて今年の初夢はどんなんかな~と楽しみにしていましたら。
ウサギさんが三羽が人間に変身し空を飛ぶ、という楽しげな初夢となりました。
ウサギの夢は子宝、妊娠、出産に関係すると言われています。
今年も不妊治療のお手伝いが多くなるのかもしれません。
それにしても私はウサギに守られて生きているなぁと正月早々実感しました。
好きな動物は数あれど、私にとってこんなにも長いお付き合いで、
ずっと癒し続けてくれる動物は他にいません。

c0145449_18344331.jpg


ね、シオン君110.png今年もよろしくね。


c0145449_18375463.jpg

大分元気になってくれたのですが、背中にフケのようなものが再発して
少しかゆそうです。

c0145449_18385999.jpg


今年も元気で頑張ろうね。シオン君。



by yurikak5 | 2019-01-04 18:45 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(0)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika