<   2018年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お腹を触るということ

柚の森スタッフのブログにもあったように、
26日に毎年恒例の北辰会の夏季研修会が終わりました。
毎年この8月の最終日曜に開催される大研修会が終わると
ホッとすると同時に、少し寂し気な夏の終わりを感じます。

この夏の研修会、私の母校でもある森ノ宮医療学園専門学校で開催するようになってから、
定かではありませんが15年以上経っていると思います。
テーマを打鍼、腹鍼に絞ってからは約10年位でしょうか。
(昨年からは刺鍼コースも加わりました)
私が入会した25年前は、秋季研修会という泊りがけの研修会があり、
それが夏に変わっていったように記憶しています。
私ももちろん始めは受講生として参加していましたが、
平成14年に開業してからは講師となり、指導する立場に変わりました。

今年も150名以上の参加者となり、講師陣も段々と増えてきました。
今回私は打鍼の初中級班で、女性6名の先生方に指導させて頂きましたが、
地元大阪の方は1名だけで、関東の方が3名、仙台の方が1名、浜松の方が1名でした。
全国各地から大阪まで来られる熱心さにはこちらが頭が下がる思いです。

では何故、これだけ"打鍼""腹診"に特化した勉強会が続いているのでしょうか。

お腹とは、体の一番弱くてデリケートなところです。
骨におおわれていない、急所ともいえます。

腹を割る
腹を括る
腹を探る
腹を立てる
腹を読む
腹が黒い
腹に据えかねる・・・

などなど、腹に関わる言葉はたくさんありますね。
お母さんが子供を抱く時も、お腹とお腹は触れ合っています。
そしてお腹の中には多くの柔らかい臓腑が大切に納められています。

体の中の陰の極みの部位でもあり、
信頼している人にしか絶対見せない場所。
おへそを触るとお腹が痛くなるという説もあるように、
臍(神闕)を中心に、お臍の周囲には大切な穴所がたくさんあり、
下手に触ると気分が悪くなってしまうこともあります。
そんな場所へのアプローチが上手にできるようになったら、
他の場所への治療は難しくありません。

私たちは患者さんの大切なお腹に触れ、治療するとき、
細心の注意を払わねばならないという、そういったメッセージがこめられた勉強会。
今年も受講生の皆さんに少しでも伝わってくれたら嬉しいです。

c0145449_23272271.jpg

動物達もお腹を触ろうとすると、すごく警戒しますね109.png
カメは仰向けにすると激しく暴れます(笑)



by yurikak5 | 2018-08-29 23:28 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(0)

台風の前。

今日の大阪はかなり気温が上がりました。

堺市では最高気温が39.7 ℃だったそうです122.png

朝晩は少し涼しい風が吹いてきたと思って喜んでいましたが、
明日からの台風の影響でしょうか。フェーン現象が起こったそうです。
明日、明後日と近畿が直撃のようですが、被害がないよう祈るばかりです。

今日、京都まで乗馬へ行く道すがら、警察官が一台一台車を止めて何か喋っていて、
検問?と思ったら、この先で車が横転する事故が起こっているので
迂回してくださいと言われました。
一般道でしたが、多分トラックが強風で倒れたのでしょう。
怖いですね。

高速でも事故車がチラホラ、これだけ気象がおかしいと人間も疲れます。
判断を間違えないように気を付けないといけません。
そのために一番大事なのは、やはり健康管理ですね。
ちょこちょこと体調不良を調整できる、鍼はありがたいです。

最近、暑い中乗馬をした後の、熱中症予防にしていることがあります。
保冷剤をあてるのですが"督脈"にそってあてるのです。
督脈とは背骨です。小さな保冷剤を、頭のてっぺんの百会、頸椎、胸椎、
腰椎、仙骨部まで上から下に順番に少しずつずらして冷やします。
仰向けになって背骨の下に入れたり、椅子に座って背もたれとの間に挟んだりすると楽です。
一番気持ちの良い場所は熱がこもっているツボなので長く冷やします。
督脈は五臓六腑の熱を冷ます経絡です。頭や首だけ冷やすより、効果的ですよ。
炎天下、運動する方はお試しあれ。

c0145449_22200398.jpg
台風の前はいつも空が美しいのです。ちょっと怖い気もします。




by yurikak5 | 2018-08-22 22:45 | 花・自然 | Comments(0)

高野山、女人道巡り。

束の間のお盆休みも終わり、今日から診療開始となりました。

c0145449_23220449.jpg


少しばかり涼しい場所へと、高野山へ一泊旅行をしてきましたが、
帰ってみると大阪もずいぶん涼しくなっていました。
この猛暑がようやく終わりの兆しを見せてくれているのは、
ありがたいことですね。

台風の被害で橋本から極楽橋の電車が長い間不通になっていた高野山ですが、
今年4月に復旧したこともあり、2年ぶりにこの地を訪れました。

今回は気になっていた"女人道巡り"を半分ほど制覇してきました。
昔々、高野山内が女人禁制だった頃に、女性が歩いていた周辺の道です。

c0145449_23023325.jpg

c0145449_23323218.jpg


雨が降ったり、時間の関係もあって、
女人堂→弁天嶽→大門→相の浦口女人堂跡→大滝口女人堂跡→霊宝館の横道から車道へ
という勝手にショートカットコース。

c0145449_23020547.jpg
女人道入り口横のお竹地蔵

起伏も激しく、険しい道も多々あり、足元も滑らないように気を付けながら、
2時間くらいは歩いたでしょうか。

c0145449_23083893.jpg


c0145449_23034151.jpg
弁天嶽から熊野三山の方向を望む


翌日は千手院橋から奥の院まで徒歩で。2日間で26000歩きました101.png
奥の院御廟は、何度行っても心地の良い空間です。
大きなパワーに包まれ安堵感を覚えます。

今年は何故か夏太りしてしまったので105.pngちょっと痩せているといいのですが(笑)

次回は奥の院の周囲の山々を尾根づたいに巡る"高野三山巡り"をしたいねと、
友人と話しながら帰ってきました。
次回が楽しみです177.png



by yurikak5 | 2018-08-17 23:51 | | Comments(0)

ほおずき(鬼灯)

今日の大阪は最高気温が31.8℃、久しぶりに涼しく過ごしやすい一日でした101.png
昨日は立秋でしたので、少しずつ涼しい時間も増えてくることでしょう。

もうすぐ、お盆休みですね。
当院は8/14(火)~16(木)までお休みさせていただきますので、
よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・

先週、お花屋さんから色鮮やかな"ほおずき"がやってきました102.png

c0145449_22045547.jpg
実も大きくてオレンジ色の部分と緑色の部分が両方入っていて美しい~110.png

c0145449_22302378.jpg

ほおずきと言えば、子供の頃、母が中の丸い実の部分の中身を抜いて口で膨らませ、
風船のようにポンポンして遊んだ記憶がありますが・・・。

お盆によく見かけるほおずき。

"鬼灯"ともいうそうですが、ほおずきの実は自然界の提灯として、
亡くなった方が帰って来るときの道標になるそうです。

また仏様になった故人は肉体がないので、お盆の間ほおずきの中に宿っているとのこと。

だからお盆が終わるまでは、決して潰してはいけないそうです。
(たぶん昔の遊んだ記憶はお盆中ではなかったように思いますが105.png)

c0145449_22295882.jpg

今日、沖縄の翁長知事が父と同じ病気でお亡くなりになりました。
段々とお痩せになり、衰弱していく姿が父と重なり、
とても悲しい気持ちになっていました。
亡くなられる二週間前まで基地反対の表明をされていました。
立派な方だからこそ、もっと健康で長生きして欲しかったと、
残念な気持ちでいっぱいです。

お盆には、翁長知事のご冥福をお祈りしながら、
ほおずきと一緒に父の好きだったものをお供えしてあげたいと思います。


by yurikak5 | 2018-08-08 22:42 | 花・自然 | Comments(0)

8月ですね

8月が始まりました174.png
相変わらずの猛暑が続いています。

先週台風が来て、大阪はほんの少し朝晩は涼しくなったかな?
とは思いますが、やっぱり暑いですね105.png

最近、地球に火星が大接近していると言いますが、
火の星、猛暑と何か関連性があるのではないかと思ってしまいます。

もはや患者さんのお身体は8月末のような様子を示しています。
この長引く暑さは、マラソンや登山などのように長期戦。
淡々と健康管理しながら、過ぎ去るのを待つしかありませんね。

最近、リクガメのパーリンは夕方の食事以外は寝て省エネモード。
今年の夏は人間もあまり無理しない方が良さそうです120.png


c0145449_04162374.jpg
ウサギに噛みついて喧嘩を売るパーリン。
シオン君は怒りもせず逃げるだけですが。。。



by yurikak5 | 2018-08-02 07:00 | パーリン(ホルスフィールド) | Comments(0)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika