<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

トマトが美味しいですね

c0145449_22394732.jpg

スイカも美味しいけど、トマトもかかせないヨモギと私。

赤いものばかり食べたくなるのは、
暑さで熱を持った心を、冷まそうとしているのかもしれません。

五臓の色体表では

心・・・夏・・・赤・・・汗・・・ 

暑いと心を病みやすく、顔や手のひらなど、体表部位が赤くなったりします。

また薬膳では五色のバランスが取れている食事が良いとされますが、
それぞれの季節が対応する色のものを食べると、
その臓器が補われるような気がします。

自然界はまた良くできていて、ちょうど旬の頃に、
そういったものが収穫されますね。

トマト、スイカ、梅、とうもろこし、オクラ、なす、きゅうりなどなど。。。

ラッキョウもまた、心によく、胸のつかえなどをとってくれます。

梅雨時期は湿気で脾胃の働きが悪くなるので、
下痢や便秘、消化不良、また体のだるさなど引き起こしやすい季節です。
日本人に胃腸病が多いのは、湿気の多い国だからなんです。

暑くてアイスクリームなど食べたくなりますが、
これも食べ過ぎると脾胃を痛める食べ物です。
季節のものを腹八分目でいただき、ゆったりと過ごしましょう。
c0145449_2257488.jpg

by yurikak5 | 2013-06-28 23:04 | ヨモギ(ミニウサギ)☆ | Comments(4)

ヨモちゃんとスイカ

ヨモギさんはスイカが好き。
c0145449_2043773.jpg

ネーミングに惹かれて買ってしまった^^; 島原雲仙 うり坊。
c0145449_20481863.jpg

やっぱり暑い夏はスイカよね。
c0145449_2044146.jpg

故マロン氏は生ゴミ処理機のように、皮までバリバリ食べてましたが、
ヨモギお嬢様はお上品に、主に赤い部分をお召し上がりになられます(笑)
c0145449_20435998.jpg

モグモグ。美味しいわ~。
(顎の毛がまだ生えてきません)
c0145449_20434729.jpg

皆さんも、暑気払いにスイカをどうぞ。
by yurikak5 | 2013-06-23 20:55 | ヨモギ(ミニウサギ)☆ | Comments(4)

元気なポポちゃん

このところ、るるちゃんの誤飲やヨモギの歯で動物病院に行ったり来たりで大変でしたが、
ボタンインコのポポちゃんは、どうしてこんなに元気なんだろうという位、元気です。
まだ一歳。何といっても若いですからね。
c0145449_22485523.jpg

朝の5時から毎日ピーピー鳴いています。
元気なのはいいんですけど、大変、うるさいんです。はい。

窓の外から聞こえてくる、野生の鳥たちの鳴き声に答えるべく、
毎朝、最大音量の鳴き声で叫んでおります。
こんなに小さな体から、何故にあれほど大きく響きわたる声が出るのでしょう。
オペラ歌手や声楽家は、体が大きいほうが声が響くと聞いた事がありますが、
全く反してますね。人間と鳥を一緒にしてはいけませんが、誠に不思議です。

「ポポちゃん、そんなに大きな声出さんでいいよ!」と言うと、
しばらく黙っています。
動物って言葉はわからなくても、理解してますね。

羽も綺麗に繕って。
c0145449_2250455.jpg

懸命に踏ん張る足がカワイイ(*´`)
c0145449_22503539.jpg

他は皆、鳴かないペットばかりなので、
一人くらい賑やかでもいいかなーと思っています。

・・・・・・・・・

先日、実家近くの枚岡神社にお参りしてきました。
子供の頃、秋祭りはよく行ったものです。
c0145449_2323344.jpg

その頃はよく知りませんでしたが、由緒のあるご立派な神社だったんですね。
大人になってから訪れると、また違った趣を感じさせてくれます。
c0145449_2334589.jpg

最近、初めて御朱印帳を買ったので、御朱印集めも兼ねて、
今後色々と巡ってみたいと思っています。
by yurikak5 | 2013-06-18 23:11 | ポポ(ボタンインコ) | Comments(4)

ウサギの不正咬合

今日の大阪の暑さは尋常じゃなかったですね。
京都で37℃越したとか。
梅雨というのに全くと言っていいほど、雨が降りません。
淀川の水が干上がることはないとは思いますが、
何とか一雨欲しいところです。

ヨモギの涎が、あれよあれよと言う間にひどくなって、
顎の毛がズルむけになってしまい、
これはまずいと歯を削りに行くことになりました。
c0145449_2245536.jpg

今まで、家から離れた鶴見区の病院に行っていたのですが、
なんとすぐ近くの中央区にウサギ診療をしてくれる病院を発見!
初めて行くところでちょっと心配だったのですが、
大変丁寧に診察治療をして下さいました。
病院はやっぱり近いのが一番です。
c0145449_2284032.jpg

「病院怖いよ~、ドキドキ。」

結局、上の奥歯二本、下の奥歯一本が伸びすぎて、
頬の肉に食い込んでいたようです。
ウサギは鳴きませんが、大分痛かっただろうと思います。

三本の歯を削ってもらい、翌日には涎は止まり、食欲も戻ってきました。
c0145449_22115485.jpg

また伸びるのは確実のようで、定期的にチェックに行かねばなりませんが、
内臓の方には異常なく、一安心。
子宮はやはり少し内膜症気味かな?という感じでした。
c0145449_22153985.jpg

「ほんま、病院って疲れるわ~。でも歯が治ってスッキリ。」

ヨモギさん、マロン君と同じくらい長生きしてや~。
by yurikak5 | 2013-06-13 22:22 | ヨモギ(ミニウサギ)☆ | Comments(6)

ウサギの涎

最近、ヨモギ(5才・♀)の食欲がなく、糞の量も少ないなーと思っていたのですが、
先日ふと見ると、右頬が濡れている。

どうやら、涎のようです。初めてです。
c0145449_15512021.jpg

ウサギの涎は、不正咬合の場合が多く、
ひどい場合は病院で歯を切ってもらわないといけません。
そういえば、少し前から口の動かし方が何か変だったのを
思い出しました。

今のところ、全く食べないわけではないので、
しばらく様子を見て、あまりに辛そうだったら、
診てもらいに行かないといけませんね。

鍼が涎に効果的か、試してみることにしました。
古代鍼で治療をしたところ、大分食欲が増し、糞も増えてきました。
涎も少し乾いている時間も出てきました。

去勢手術をしていないメスウサギは、
80%子宮がんになるとも言われていて、
何とかそれも防いであげたいものです。

るるちゃんは、餌を食べてくれるようになりました。
石は出ませんが、とりあえず元気にしています。
c0145449_162334.gif

by yurikak5 | 2013-06-09 16:02 | ヨモギ(ミニウサギ)☆ | Comments(6)

ミドリガメについて

東京の多摩川でミドリガメが大繁殖しているらしく、
外来種なので生態系を乱すとして、
ボランティア団体が捕獲している様子をTVで見ました。
少しさらっただけで10数匹取れていましたが、
代表の方が「実際には何万もいるのだろうね」とおっしゃってました。
(里親探しもされているようです。「おさかなポストの会」)


小さい時はかわいいので軽い気持ちで飼ってしまい、
段々と手に負えなくなり放してしまうのでしょうか。
震災等、諸事情で飼えなくなった方もおられるのかもしれません。

外来種のミドリガメは本当に強いです。人間並の寿命があるといいます。
飼うのなら最後まで責任を持って飼うことを、
念頭に入れたいものですね。

昨年からベランダで簡単ビオトープを始めましたが、
今はこんな感じで蓮とメダカとタニシがいます。
水は足しているだけですが、全く濁りません。
c0145449_11575846.jpg

c0145449_115911100.jpg

淡路で天然?のメダカを売っていたので入れてみたら、
ものすごく元気で動きが早く、それにつられてペットショップで買ったのんびりした
メダカも動きが機敏に変わりしました。
田舎の子供に都会の子供が混じった感じでしょうか。


一時、タニシの繁殖力が強すぎて、増えすぎて困っていました。
ひとつの水槽に増えすぎると水が汚れるので、
亀の水槽に入れてみたら、、、、
c0145449_1233989.jpg

なんと、アッという間に完食してしまった笹の助。
あぁ、食べるんだ~~
人工餌より、そりゃ美味しいよね~。
それも丸ごとパクッと食べてバリボリ。
池や川の底では、こうやって餌を探して食べているんだろうなぁ。
c0145449_1251843.jpg

ワイルドすぎて、ちょっと怖いんですけど。。。
雑食のミドリガメ。やっぱり強いですね。

でもタニシが良い天然餌として利用できて良かったです。
by yurikak5 | 2013-06-05 12:18 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(4)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika