カテゴリ:雑記( 122 )

熱い余韻

夏の終わりは

祭りのあと


熱くて

激しくて

猛々しくて

騒がしくて


たくさんの人々の

熱い空気と 

熱い息


その余韻が冷めやらないまま

次の季節が訪れる


激しさと静けさが交錯しながら

たくさんの傷痕を残しながら



c0145449_21525776.jpg
難波宮跡  2016



大好きな難波宮跡の大樹が倒れて枯れ、とても悲しいことに148.png
あんな大きな木が根こそぎ倒れるなんて信じられません。
大阪を守るために犠牲になってくれたのだと思いたいです。
早く皆の憩いの場所が戻ってくれますように...。




by yurikak5 | 2018-09-12 22:08 | 雑記 | Comments(0)

信用とは

c0145449_19551848.jpg


最近、何年かぶりに人間不信に陥ることがありました。
実害的にもですが、精神的なダメージも強くどうしようかと思いましたが、
治療家として心の乱れは仕事に差し障ります。
そんな折、あるツボに鍼をして少し心のしこりが和らぎ助かりましたが、
まだ日にちは要する感じです。

患者さんから耳にする心労の原因にも同じような事例をよく耳にします。
女性の精神的ストレスの原因のほとんどは、人間関係ではないかと思うほどです。

当たり前の事なのですが、この世の中は"信用"で成り立っています。
人それぞれ、価値観は違うと思いますが、
私は生きていくうえで、この"信用"より大切なものはないと思っています。
若いころ、その本当の意味が分かったとき、
色々あるけど人間社会も捨てたもんじゃないなぁと嬉しくなったものです。

しかし、その信用とはどうやって築くものでしょうか。
実はそれが一番時間がかかって難しく、コツコツと積み上げる他ないものです。
信用とは、簡単に言えば"約束"と言っても良いでしょう。
約束を果たせる人なのかどうか。
たとえ果たせなくても、そのための努力を惜しまない人なのか。

一世一代の決断をする、大きな仕事を頼まれ返事が必要な時、
決断するまでにそれが可能かどうか様々な事態を想定し、熟考し、最終決断を下します。
そしてその自分が出した答えに従って忠実に生きる、これが信念となり、
信念をもって生きる人間には信用が宿ります。

自分が出した答えを簡単に覆すような人物に信用は望めません。
人に信用され続けるということは、その信用に答え続ける度量が必要です。
ある程度社会的地位を得て生きておられる方々は、皆その信用の土台の上に成り立っています。
もし一度信用が傷つけば、それを取り戻すためには、その信用を作った以上の時間がかかります。

口先では何とでも言えます。出来る人ほど口数は少ないかもしれません。
いつも思うことですが人の信用とは言葉ではなく、
行動そのものでしか判断できないのだなと。
そうやって苦労して獲得した"信用"の向うに、素晴らしい世界が待っているのです。



by yurikak5 | 2018-03-14 20:00 | 雑記 | Comments(0)

二月堂~東大寺

年が明けてもう4日ですね。
明日5日(金)の午後診から診療開始いたします。
本年もよろしくお願い申し上げます。

今年のお正月は旅行もしなかったため移動も少なく、
ゆっくりとしたお正月(寝正月?)でした。
実家で母と近所に初詣に行ったりおせちをつついたり、
テレビで好きなアーティストのライブ番組をみたり。
のんびりまったりもいいのですが、どうも運動不足気味でしんどい120.png

これは歩かねば・・・ということもあり、
友人との初詣は、最近よく行く奈良へ。
近鉄奈良駅→春日大社→水谷道→若草山→二月堂→東大寺を回る中距離コースで
雪がチラつく中、一万五千歩ほど歩いてきました101.png

実は二月堂が初めてで、その重厚感に感激177.png
ちょうど雪がたくさん降ってきて、これまた素敵な風情に。

c0145449_19391870.jpg


c0145449_19393924.jpg

以前患者さんから借りた修二会・お水取りのCDが売っていたので手に入れました^^
足音、鈴の音、声明、臨場感溢れる様々な音が入っているのですが、
非常に幻想的な世界です。
達筆かつ心のこもった芸術性の高い御朱印もいただきました。

c0145449_19401539.jpg

お馴染み東大寺。何度見ても素晴しいですね~~173.png

c0145449_19412335.jpg

これまたお馴染みの大仏さん。でもかなり久しぶりです。
いつも変わらぬ笑みで見守ってくださりありがとうございます177.png

c0145449_19420115.jpg

今日は4日で観光客が少ないためか、激しく餌くれアピールをする鹿がいっぱい。

c0145449_19434654.jpg

仕方なく鹿せんべい購入(笑)あっという間になくなりましたが。

c0145449_19470750.jpg

今年は原生林の方へも足を伸ばしたいね~と帰ってきました。
今年も体を良く動かし、健康な一年でありますように179.png



by yurikak5 | 2018-01-04 20:06 | 雑記 | Comments(0)

今年最後のご挨拶

今年もあとわずかとなりました。

お仕事はあと二日残っていますが、ブログの更新は今年最後となります。
この一年を振り返って思うことを少し書いてみようと思います。

今年も鍼灸師として、時には歌うたい?(笑)として、仕事中心の日々を過ごしてきました。
私の目から見るとドラマになるような出来事が日々起こっているのですが、
私たち鍼灸師には守秘義務があるので、ここで患者さんとの間にまつわる様々な出来事を
具体的に詳しく綴ることはできません。

しかしながら、体を通じて患者さん一人一人の人生と触れ合い、
向き合い、愛おしく見つめながら、
涙が溢れるほどの感動や、心の底から湧き出る喜びを感じたりする瞬間が、
幾度もあったということをお伝えしておきたいと思います。

病める人と真摯に対峙することは、決して容易いことではありません。
感動や喜びの裏には、それを乗り越えるための苦難や悲しみもあるでしょう。
山あり谷あり、体の弱かった自分が二十五年も同じ仕事を続けてこれたことは
奇跡のような気もしますが、来年五十路を迎える今、自分自身の生き方に充足を覚えます。

今年も信じられないような不思議なご縁をいくつもいただき、
あらためてこの仕事の妙を感じております。
病と健康は裏表、陰陽関係にあり、健康だからこそ病むことを知り、
病めばこそ健康を取り戻す第一歩を踏み出せるといえます。
病むことは決して無駄な事ではありません。

来年も引き続き病める人々のために、
自分自身も体に気を付けながら頑張りたいと思います。
今年一年間ありがとうございました。
ブログを読んで下さっている方々にも御礼申し上げます。
どうぞ良いお年をお迎えください。

c0145449_23360731.jpg
サンタも一年間おつかれさま110.png



by yurikak5 | 2017-12-27 23:43 | 雑記 | Comments(0)
先週の水曜日、三年ぶりにみゆきさんのチケット(夜会工場)が当たったので
肥後橋にあるフェスティバルホールに出向きました。
公演中なので内容については控えますが、
御年65才のみゆきさん、大変お元気で声も力強く嬉しかったです。
滑舌も流暢で黒柳徹子さんくらい現役を貫いてくださるような気がしました110.png


c0145449_20082496.jpg


ところで終演後、外に出ると街路樹にとてもきれいなイルミネーションが177.png


c0145449_20080530.jpg


肥後橋・フェスティバルホール前


c0145449_20084143.jpg


こちらはフェスの入り口↓


c0145449_20085881.jpg


こちらは違う日に見た御堂筋↓


c0145449_20091331.jpg


最近はイルミネーションを見に出向くことは少なくなってしまいましたが、
こういう街中のさりげないイルミネーションはなかなか良いなー、
大阪市、頑張ってるのかなーと思っていた矢先、
大阪市在住の80代の女性患者さんから
「大阪市のイルミネーションバス🚌ていうのに乗ってきた!」
というお話しが。え、何ですかそれ??初耳です146.png

なんとこのイルミネーションバスは市バスがやっていて、
210円で大阪駅から御堂筋を通って難波経由し、
四ツ橋筋でまた大阪駅までと、ぐるっと周遊できるそうです。
数年前からこの時期だけ開催しているようですが、大阪市も粋なことをはじめましたね。
バスの中なら混雑にも合いませんし、夜間歩かずに見ることのできるイルミネーションは
ご高齢の方にはピッタリの楽しみ方かもしれませんね。
是非これからも冬の風物詩として続けてほしいものです110.png

c0145449_20204070.jpg
↑大阪市交通局HPより



by yurikak5 | 2017-12-20 20:50 | 雑記 | Comments(2)

神社の鳥居

ほぼ毎週恒例の枚岡神社参り。

c0145449_23525476.jpg
(新設された直後に撮影)


9月頃から鳥居が新しくなりました。
何年に一回交換するのかは知りませんが、
こんなに大きな新品の鳥居をくぐったのは初めてだと思います。
そばを通るだけで、ふわっと檜のいい香りがして思わず立ち止まってしまいます。

新設するまでの数カ月間、鳥居のない時期がありましたが、
なんとなく物足りなく、寂しい感じがしておりました。
結界を張る意味でも大切な鳥居、神社にとってなくてはならないものですね。

前の鳥居も年輪を感じさせてくれて良かったのですが↓

c0145449_23392755.jpg
新品の鳥居もだんだんと場所に馴染み、どっしりと頼もしくて本当に素晴しいです110.png

c0145449_23313376.jpg


今月の御言葉は星の王子様でした。
まだ本棚にはありますが、懐かしいな~。

c0145449_23430310.jpg

鯉は相変わらず元気いっぱい。

c0145449_23424934.jpg

近所でルリマツリという美しい花が咲いていました。

c0145449_23454456.jpg

鍼してもらった後のお参りは、特にスッキリとして心地よいです。
いつもありがとうございますと手を合わせます。



by yurikak5 | 2017-11-16 00:04 | 雑記 | Comments(0)

夏もようやく

暑かった夏もようやく終わりがみえてきました。
クーラーなしで眠ることができるなんて!112.png
体も嬉しくて喜んでいると同時に
ホッとして夏の疲れがドドーンと出やすい時期でもあります。
しっかりと疲れをとって、次の季節に備えたいですね。

* * * * *

先日伺った、谷町から能勢に移転されたそば切り蔦屋さん。
二回目の訪問ですが、遠方になっても相変わらず
美味しいお料理とお蕎麦で賑わってました。

c0145449_22374218.jpg


c0145449_22405614.jpg

とあるご縁で数年に一度、お食事する方と。
とても喜んでくれて良かった。

c0145449_22375456.jpg

この田んぼはまだ青いですが、収穫間際の黄金色の田んぼが美しかったです。

c0145449_22502430.jpg

蔦屋さんの敷地内の柿の木には実がたくさん。
大阪から北へ車で一時間、能勢はもう秋ですね。



by yurikak5 | 2017-09-06 22:50 | 雑記 | Comments(0)

香の十徳

お香が好きで、家でも仏さんにあげる以外にもよくたきます。
暑いときのお香は、心を落ち着かせると同時に部屋の脱臭にもなり、
少し涼しく感じさせてくれるような気がします。

今年の初詣、勝尾寺で買ったお線香の中に
「香の十徳」という漢詩が書かれた紙が入っていました。
その内容がとても香の良さや特徴を見事に表現されている内容で感動し、
大事に保管していましたが、紙だとなくしてしまいそうなので、
ここに書き記したいと思います。

c0145449_17511054.jpg


「香の十徳」

感格鬼神・・・感覚が鋭くなる

清浄心身・・・心身を清浄する

能除汚穢・・・汚穢(汚れのこと)を除く

能覚睡眠・・・眠気を覚ます

静中成友・・・静かな時には友になる

鹿裏偸閑・・・忙しいときに閑をもたらす

多而不厭・・・多く使ってもいとわない

寡而為足・・・少なく使っても足りる

久蔵不朽・・・永く保存しても腐らない

常用無障・・・常用しても差支えない


(十一世紀、北宋の詩人 黄庭賢の作で、一休禅師により紹介したとされる)

c0145449_17513170.jpg


私たちは日々、お灸をする時に艾(もぐさ)を使います。
もぐさは蓬(よもぎ)で出来ていて、その香りは病邪を祓ってくれるとされています。
よもぎは温めるので熱証には向きませんが、冷える女性にはかかせません。
こちらも東洋のアロマセラピーとして、大事にしたいですね。



by yurikak5 | 2017-07-19 17:58 | 雑記 | Comments(2)

茅の輪くぐりと禅の本

今日も暑い一日でした。
蝉が一斉に鳴きだした様子をみると、もう梅雨明けではないかと思うほどです。
九州を中心に局地的な豪雨で被害が出ている場所が増えていますが、
大阪は本当に雨が降らず、かなり暑い日が続いています。
明日は36℃の猛暑日の予想・・・(*_*)

暑い日の夕焼けは燃えるようです。

c0145449_22084757.jpg
7月初旬、近所の東高津宮さんで茅の輪くぐりをすることが出来ました101.png
よく行く枚岡神社ではタイミングがあわず、
輪があるのにくぐれなかったので良かったです^^
夏越大祓といって、今年半年分の罪穢を祓って身を清め、
暑い夏を無事乗り越えられるようにという意味があるそうです。

c0145449_22221514.jpg

輪の中をくぐるというのは、なんともいえないワクワク感があります。
治療所の待合に置いてあるフラフープを、
どんな幼児も必ずと言っていいほどくぐろうとするのですが、
同じような感覚かもしれませんね。


先日、患者さんからお借りした禅の本。とても読みやすく、おススメです。
禅僧・枡野俊明さんが書かれた「図太くなれる禅思考」

c0145449_22273724.jpg

特別な修行をしなくても、寝る、働く、食べる、など生活すべてが禅であるという考え方が、
共感できました。
毎日毎日のささいな出来事を、懸命に雑念なく一点に集中して追求しつづけているうちに、
結果がついてくる。そうすることがいい意味で「わがまま」だし「図太い」とも言える。
しかしそれがすべてに良い結果をもたらし、自分も周囲も救われるということになります。

あとから気づいたのですが、同じ著者の「人生という山のくだり方」という本を持っていました。
仕事がら自分の親以上の年齢の方を診させていただくことも多々あり、
自分自身もそろそろ折り返し地点、どういった心境でこれからの人生を生きていくのが最善か、
そんな思いで買ったのを思い出しました。
これからの高齢化社会にはこういった禅をはじめ哲学や宗教などの考え方は
非常に重要になってくると思います。
東洋医学においても素問、霊枢、陰陽、五行、老荘哲学など独特の思想があり、
病んでいる方へのアプローチの仕方、または自分では病んでいないと思っておられるけれども、
体表や舌や脈などを拝見すると病ができる素地ができている方へのアプローチの仕方、
また実際に鍼灸を使っての病の治し方や病の治り方
(思想だけでなく体感的においてもかなり違いますが)
西洋医学とは全く違った部分がたくさんあり、
そのあたりの理解が深めていただくことで信頼関係が増し、
治療効果があがることは多く見られます。
もっと勉強して自分のなかで嚙み砕き、そのあたりをどんな世代の患者さんであっても、
コミュニケーションの中に取り入れられたらいいな~と思索中です110.png

蒸し暑くイライラ鬱々しやすい日々ですが、心を落ち着けて、
色々と乗り越えて行きましょう。



by yurikak5 | 2017-07-12 23:26 | 雑記 | Comments(2)

母の日

母の治療のため実家に帰った際、近くの石切神社・上ノ宮まで散歩も兼ねてお参りにいきます。
生駒山の緑がたくさんあって、大阪市内を歩くより空気が良く、
起伏も激しいので運動になります。

c0145449_23163552.jpg

暑かったけど、とても良いお天気の日^^

c0145449_23174026.jpg


母の日には帰れませんでしたが、私が贈った珍しい色の胡蝶蘭がきれいに咲いていました。
ネットの母の日ギフトで見つけ、写真だけ見て送ったのですが、いいお花で良かった110.png

c0145449_23204931.jpg

兄夫婦からは紫陽花が。

c0145449_23214466.jpg

最近、長年来られている同年代の女性患者さんが、
高齢のお母さんを連れて来院されることが多くなってきました。
そういう年代になってきたのだなぁ・・と思います。
老化は致し方ありませんが、苦痛はやはり取ってあげたい。
少しでも楽に、大病せずに、長生きしてほしい。
そんな思いでお母さんを連れてこられる娘さん達。
本当に微笑ましく、我が母の姿が重なります。

私の母も、決して頑強とは言えなかった体ですが、父に守られ、子供に守られ、
そして何より本人の強い意思で、頑張ってここまで生きてくれました。
若いころは色々とありましたが、最近では、いつかくる死に関しても
オープンに笑いながら話せる関係に。ありがたいことだなぁと感じます。

「あんたは(お母さんの事はいいから)仕事しなさい」と言ってくれる母。
これからも鍼の力で、天命がくるその日まで、自分の力で生活できるように、
見守っていきたいと思います。



by yurikak5 | 2017-05-31 23:47 | 雑記 | Comments(2)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika