カテゴリ:花・自然( 109 )

お彼岸の夕陽

一昨日の二十三日は秋分の日でした。この日は秋のお彼岸の中日でもあります。「彼岸」とは、ご先祖様がいる「極楽」を指しますが仏教では西にあるとされています。春も秋もお彼岸の日は真西に太陽が沈むため、極楽浄土が一番近くなる日と考えられ先祖供養をするようになったそうです。

この日、四天王寺では「日想観」 という伝統行事が行われます。石鳥居から真西に沈む夕陽を見て極楽浄土に思いを馳せながら静かに手を合わせるという行事です。天気の加減でいつも夕陽が見えるわけではありませんが、今年は見えたとネットのニュースに掲載されていました。

その頃、我が家からもきれいな夕焼けを見ることができました110.png
お彼岸の日に西に沈む秋の夕陽を眺めながら亡き家族を想う・・・。なんと美しい行事でしょうね。

c0145449_22031962.jpg

天王寺つながりで別の話ですか、天王寺動物園の最後の一頭のコアラ「アーク」が来月10月半ばでいなくなってしまうそうです。英国の動物園に渡るとのことで、獣医師の話では「死ぬまで一頭でいるより、他のコアラと関わりながら生きる方が、アークにとってもコアラの繁殖にとっても良いと判断した」とのこと。

c0145449_22391473.jpg


コアラ館が出来たのは1989年。今から30年前147.pngはい、当時喜び勇んで見に行きましたよ177.png長年いたコアラがいなくなってしまうのは寂しい気もしますが、餌のユーカリを空輸するため餌代年間3600万円(!)、動物園全体の餌代の約3割といいますから、財政的にも飼育は本当に大変だったと思います。爬虫類館やアフリカサバンナゾーンなども充実して見ごたえある天王寺動物園。最近シマウマの件など残念なこともありましたが、暑く動物飼育の難しい大阪で、たくさんの動物達と触れ合える貴重な場所です。これからも頑張って欲しいですね。


c0145449_21150464.gif

by yurikak5 | 2019-09-25 22:56 | 花・自然 | Comments(0)

青森の桃(・・?

暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったもので、日中はまだ30℃ありますが、朝晩は過ごしやすくなってきましたね。サンタの皮膚病もすっかり良くなり、来週から出勤予定です^^

c0145449_22300601.jpg

体感差はあると思いますが、今年の夏の暑さはかなりきつかったように思います。湿気も多くてサウナのような蒸し暑い日もたくさんありました119.png


スーパーでは秋の味覚、梨や葡萄、松茸も並び始めましたね。先日少し時期外れだけど桃が食べたいな~と思い買いに行きましたら、なんと青森の桃を見つけました。珍しいですね。桃といえば最近は山梨か和歌山のものが多いのですが青森産は初めてです。お味の方はまずまずって感じでしたが、その数日後、新聞の一面にこんな記事を見つけてびっくり150.png

c0145449_22323199.jpg
「高温列島 耐えて収穫」朝日新聞 朝刊 2019/9/17


なんと気温の上昇により、青森でリンゴが獲れなくなり桃に変わってきているらしいです119.png本当に海も陸も変化が起きてきています。

いまや温暖化は避けようがないのかもしれません。農業、漁業、自然に関わる職種の方々が一番早く切実に感じておられるのではないでしょうか。

東京には暑い国のインコが大繁殖しているとテレビで見ました。これから温暖化を生き抜くためには南国の生活をならっていかねばならないのかもしれません。

以前にも書きましたが 「ざんねんないきもの辞典」によると、強いよりも順応性があるものが生存競争に勝つとのこと。異常気象に抗わずボチボチと生きていきたいものですね101.png



by yurikak5 | 2019-09-18 23:01 | 花・自然 | Comments(0)

トマト収穫(^^♪

ハーブのおかげか、トマトさん復活?!
ボチボチ収穫時期を迎えています。
採れたての野菜ってフォルムが美しくて絵になりますね112.png

c0145449_21502492.jpg


皮も固め、味も酸っぱめで買った方が美味しいに決まってますが、
自分で作った野菜って妙に可愛いんですよね162.png
瑞々しくて艶々のお肌♪

c0145449_21483228.jpg
ベランダの住人、パーリンも興味津々101.png

c0145449_21490151.jpg
「パーリンにはあげないよ128.png


噛みつこうとしていますが、トマトはそんなに好物ではありません。
最近何にでも噛みつきにかかってくるのです(>_<)

パーリンは大好きな白菜食べといてな。
トマトの茎や葉っぱはシオン君が食べてくれます^^


by yurikak5 | 2019-07-10 22:04 | 花・自然 | Comments(0)

ハーブと害虫駆除

ベランダ菜園でトマトの苗を植えたのですが、何となく元気がありません。実もまだ色づいていないというのに、枯れそうな葉っぱも出てきました。初めは水不足かな?と思い、水やりを増やしたら元気になったのですが、また元気がなくなります。

c0145449_22271502.jpg
実はなっているものの、若干元気のないトマト


よく見ると、隣のプランターに茂ってた雑草も枯れていました。どうもおかしい・・・。抜いてしまおうと土を掘り返したら、なんと虫がチョロチョロ動いてる~~~149.pngムカデの小さいの??ヤスデとかいうそうです。これでは隣のトマトのプランターにも発生している可能性大です。しかしトマトは今さら土を変えるわけにはいきません。


これは参ったな~・・・。


殺虫剤をまくのも嫌だし、そういえば以前小松菜に虫が付いたとき、ハーブと一緒に植えたら虫が付きにくいという話を聞いたのを思い出し、早速ハーブの苗をホームセンターに買いに行くことに。一応、虫の上に置くだけの害虫ホイホイ?みたいなのも置き、トマトには酢をスプレーに入れて散布することにしました。

c0145449_22163763.jpg
左からバジル、レモンバーム、ローズマリー。


ハーブはシオン君の大好物でもあります。さすがにローズマリーはあげませんが、バジルは大大大好きです。レモンバームは初めてでしたが、一枚あげてみたら食べました。ハーブを植えて一週間になりますが、順調に生育しています。トマトはあまり変化はありませんが、弱り切ってはなさそうです。

c0145449_22223732.jpg
「お母ちゃん、バジルおおきにやで~101.png


最近本当に蒸し暑くて、熱証の男性が体調不良を起こしよく治療にみえられます。同じく熱証のバテ気味シオン君、自家製ハーブで元気になってもらいましょう166.png


by yurikak5 | 2019-07-03 23:01 | 花・自然 | Comments(0)

紫陽花いろいろ

大阪は梅雨入りがまだのようですね。雨が少ないので、紫陽花もどことなく潤いが足りない感じ。それでも今年もあちらこちらで一生懸命に咲いてくれています^^

今日は実家の紫陽花を撮ってきました。全て母が買ってきた鉢植えを地植えしたものです。ほったらかしですが、知らぬ間に大きくなって毎年楽しませてくれます。

c0145449_21585244.jpg

母娘で一番お気に入りはこれ。↑

c0145449_21575146.jpg

この二種類は隣合わせで咲いています。↑↓
紫陽花は土壌が酸性かアルカリ性かで色が赤や青に変わるといいます。狭い敷地内で隣り合わせでも花の色が違うということは、そんなに小さな範囲で土壌の質が変わるという事なのでしょうか?

c0145449_21580188.jpg

まだ小さな株。この株は茎がクネクネ、ナヨナヨとして細いです。↓

c0145449_21580924.jpg

これはうちのご近所の紫陽花。↓
10以上の花をつける大きな株。毎年美しく咲いていますが、今年は水が足りなくて花も小さめ。花びらもやや薄めのようです。

c0145449_21574445.jpg

我が家ベランダ紫陽花。↓
今年は花が小さいうちに色づきが進み、大きくならないかと心配しましたが、水やりを多めにしたら大きな花に育ってくれました。やはり紫陽花には水がたくさん必要ですね。

c0145449_21582290.jpg

ちなみに咲き始めはこんな感じでした↓

c0145449_22462848.jpg

枯れそうになって項垂れている紫陽花を見つけると、水をやりたい衝動にかられます(笑)早く梅雨が来て、紫陽花を喜ばせてあげてほしいです。


by yurikak5 | 2019-06-19 22:33 | 花・自然 | Comments(0)

桜咲く

今年もきれいに桜が咲いてきましたね179.png

桜の季節は出会いと別れ。
悲喜こもごもの、揺れ動く心模様。

平成という時代も今、別れを告げようとしています。

c0145449_22475039.jpg

先日、80歳になる母がこんなことを言いました。

「あと5、6年は生きるからね」

今のところ特に大病もせず、元気にはしていますが、
はっきり時期を限定した発言は初めてで驚きました。
敏感な母、自分の死期を感じ取ったのでしょうか。

その時は「わかった」と返事したものの、
帰り道、少し動揺する私の心の声。

「え、あと5、6年しかないの??
今、月に一回会ってるけど、あと5年だったら60回しか会えないじゃない(>_<)」

c0145449_23000521.jpg

私たちは大切な人はいつまでもそばにいてくれると思いがちです。
そう思いたいんですね、きっと。
残念ながら、いつの日か必ずや永遠の別れがやってきます。

しかし、魂のつながりは決してなくなりません。
父が亡くなってから9年経ちますが、父の面影が最近濃くなってきています。
父の言葉が脳裏に浮かぶことが多くなってきました。
そして最近何故か父と同じ名前の男性が、私の周囲に増えてきています。
亡くなってからもアピールしてるんかな?と思ってしまいます(笑)

c0145449_23102676.jpg


人との一期一会、今こうして大切な人と一緒の時間を過ごせることに感謝して
儚き浮世を生きていきたい、桜はそんなことを想わせてくれる春の花。


c0145449_23291096.jpg


はてさて、令和の時代はどんな時代になるでしょうね。
平和な時代でありますように。。。




by yurikak5 | 2019-04-03 23:38 | 花・自然 | Comments(0)

春雷

今日の朝方、雷がゴロゴロゴロッ!
「ああ、春雷だ~」思いながら窓を開けてみたら激しい雨風。

雷は暖かい空気と冷たい空気がぶつかった時に起こるといいます。
最近は気温の差が激しく、何度も繰り返しにわか雨が降ったり、
妙な気候が続いていました。

気候は体調に影響します。
私も最近首や肩のこりがひどく、
胸椎から頸椎にかけて詰まったような感じがしていたのですが。。。

なんと雷のあと、スカッととれていました(笑)

雷すごいですね。

東洋医学を理解するためには難解な「易」を学ぶ必要があると教えていただき、
ある時期わからないながらも本をよく読みました。
易と東洋医学が結びついた学問を医易学といいます。
まだまだ勉強不足で、学び続けなければならない分野ですが、
難解ながらも面白い世界だなぁとは思います。

ちなみに雷の卦=震はこんな形です。

c0145449_22472138.jpg

雷が空を突き抜け、大地にドーンと落ちた形だと勉強会で昔習いました。
なるほどなーと思ったものです。

啓蟄の春雷、眠っている虫やカエルやカメたちが大地を震わされ、
びっくりして目覚めるんでしょうね。
人間もボーっとしてないで起きろ‼と頭を叩かれた気がしました。
そういえば昼に地震もありましたね。

東大寺のお水取りもあと数日。来週は春分の日。
さぁ、今年もいよいよ春がやってきますね179.png



by yurikak5 | 2019-03-13 23:00 | 花・自然 | Comments(0)

実りの秋

今日から暦では立冬に入りましたが、
秋らしく爽やかな日が多くなってきました。

我が家の柚子も色づき始め、初めての収穫110.png
そのままだとあまり香りもしませんが、少し皮を削ってみると
やっぱり柚子のいい香り162.png治療所の玄関に置いてます。
あと7,8個は収穫できそうです。

c0145449_20200179.jpg


隔週で届けていただいているお花達も、この季節はとても生き生きとして丈夫で元気です。
夏場だと3日で枯れてしまう時もあるのに、10日位は頑張ってくれています^^


c0145449_20205092.jpg

美しいイエローグリーンの菊。見事すぎて感動しました173.png
16年間配達していただいて初めて入ってきたかも。
サービスしてくれたのかなぁ・・・お花屋さんありがとうございます。

c0145449_20222337.jpg

名前忘れましたが、良く入ってくるお馴染みの花です。
でも花の大きさと花びらの肉厚さが違います。

c0145449_20222909.jpg

c0145449_20223503.jpg

カーネーションも花が大きい。
もちろん種類の違いもありますが、それだけではありません。

スーパーでは旬の白菜、大根、キノコや栗、柿やみかんも安くて美味しいものがたくさん101.png
自然の恵のありがたさを感じる季節ですね。


c0145449_20224185.jpg

ここ数日、日中は暑さも感じられますが、朝晩は気温が下がります。
衣類も調節しにくく何を着ようか悩む季節です。
風邪の方も増えてきていますので、日中はしっかり運動して汗をかき、
夜は冷やさないようにしっかりお風呂につかって養生してくださいね。


by yurikak5 | 2018-11-07 20:47 | 花・自然 | Comments(0)

柚の木

"柚(ゆう)"にお世話になって16年。
今さらながらですが、我が家に小さな柚の木がやってきました110.png

c0145449_21174763.jpg


お花屋さんでこの鉢植えを見つけて、可愛くて思わず買ってしまったのですが、
はじめは緑だった実が、少しずつ黄色く色づいて膨らんできました。
花をつけている木も水を吸いますが、実をつけているともっと吸うようで、
一日二回くらい水やりが必要です。
鉢が小さいので、水が足りないとすぐに葉っぱも実もシュンとしてしまうので、
マメに見てあげないといけません。

柚の大バカ18年ともいい、実がつくまでかなりの時間がかかると思っていましたが、
こんな小さい木でも実がつくのですね。

c0145449_21173875.jpg

柑橘系の葉は、蝶々などが卵を産み、幼虫の餌にもなるようですが、
実はウサギも蜜柑の葉が好きです。
昔、実家の蜜柑の鉢植えの葉をあげたことがあります。
蜜柑の葉はちぎるとほんのり蜜柑の香りがするんですよ。
柚の葉もやっぱり柚の香りがしました!
葉からもアロマオイルができそうですね。

柚の葉、試しに一枚ちぎってシオン君にあげてみたら・・・・
あっという間に完食でした101.png

柑橘系にはストレス緩和、気を巡らせリフレッシュする作用があります。
漢方薬の生薬では陳皮(蜜柑の成熟果皮)や青皮(蜜柑の成熟前の青い果皮)、
枳実(ダイダイ、ナツミカンの未熟果実)などがあります。
スダチの香りや、アロマでのグレープフルーツ、オレンジ、レモングラス、
ユーカリレモンなども同じ効能があると思います。
そんなわけで、うちの待合ではいつも柑橘系のアロマを焚いております。

c0145449_21250307.jpg

すでに柚の木の横でまったりするシオン君。
まるで自分のものとでも言わんばかりに111.png

c0145449_21543537.jpg


「お母ちゃん、ボクこんなちょびっとじゃ足りへんわ~」

美味しいものは少しだけ!蜜柑類は食べ過ぎると下痢するよ。
でももう少ししたら、一回り大きな鉢に植え替えようね。



by yurikak5 | 2018-10-17 21:56 | 花・自然 | Comments(0)

台風の爪痕

本当に恐ろしい台風でした122.png生まれて初めての最大級の自然災害です。

大阪市内は街路樹もたくさん折れ、まだまだ爪痕は消えそうにないですが、
お陰様で私個人的には自宅も治療院も停電や水害などの被害はなく、
仕事も明日からいつも通り開院できます。

台風当日は午前診は普通に患者さんもみえられましたが、
お昼休みに暴風雨だったのでシャッターを閉めて中にこもり、
午後診は患者さんからの連絡を待って、
私も雨風のやんだ夕方には帰宅させていただきました。

近所のスーパー上のコインパーキングに車を置いていたのですが、
スーパー横の高い位置にあるフェンスが横になぎ倒され歩道に落ちそうになっていて、
そのためだけではないと思いますがスーパーは閉鎖していました。
道に飛来物がたくさん散乱していましたが、車は結構走っていました。
上のパーキングの出口のバーは吹き飛んでなくなり支払い機は点滅、
(すみませんが無償で出てきました119.png仕方ないです)
帰り上町筋の信号も変な方向を向いていたりで、運転も怖かったです。

それにしても、大きな被災はなくても、自然災害って疲れますね。。。
常に警戒していないといけないので、精神的にドッと疲れたように思います。
街も人の心も一日も早く完全復旧してくれることを祈ります。

c0145449_20144909.jpg

サンタは特に変化なし。さすがにこの写真は前日ですが。
そういえば前日、玄関にいつもいない蟻がたくさん発生していたのは
台風と関係していたのかなぁ・・・?



by yurikak5 | 2018-09-05 20:32 | 花・自然 | Comments(0)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika