カテゴリ:ミドリガメ・カタツムリ( 55 )

結局、9/5より笹の助がサンタの代理で出勤しております(笑)

c0145449_22364166.jpg

サンタ好きの方からは「あれ??なんか小さくなりました?」と指摘が入っております105.pngサンタは愛想よく、患者さんのお出迎え、お見送りをする子なのですが、笹の助はまるで愛想なしで申し訳ないです119.png同じカメでもこんなに違うのかと私自身ビックリ(@_@)しております。

c0145449_22365808.jpg

水深が深いので、チビの笹の助用にレンガを追加したのに、全く上にも乗ってくれない103.png最初は大分ビビッてましたが、2、3日すると少し慣れてきました。

サンタは自宅ベランダでのんびりとご満悦です。もう少し療養すれば治ると思いますので、しばらく愛想のない笹の助でお茶を濁してください105.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、師匠の出版記念&喜寿の祝いパーティーがあり、久しぶりにお着物で参加させて頂きました101.png母が私や兄の小学校の入学式などでよく着ていた40年前のエメラルドグリーンの色無地です。もう母も着ることがなくなり貰ったものですが、涼し気な色が夏らしいかなと選びました。着物って何年経っても色あせないものですね。なかなか着る機会がありませんが、今回あらためて着物っていいな~と思いました。

c0145449_23010456.jpg

師匠の新刊はこちらです。
「舌鑑弁正」amazonで発売中
「筆跡にみる心の襞」→ネット販売時期未定・たにぐち書店にお問合せ下さい。

c0145449_23181077.jpg

20年以上かけて訳された中国の舌診の本。本当に素晴らしい一冊だと思います。師匠は今から36年前に「舌診アトラス」を出版され、日本の鍼灸界に舌診を取りいれた第一人者ですが、私が鍼灸学生だった当時はまだ舌診の授業はありませんでした。しかし25年以上たった今、鍼灸大学で舌診の授業が行われていると聞きます。

東洋医学では舌一枚(表と裏、舌自体の色=舌質、舌苔の色、舌の形、乾燥、潤い、下の裏の血管の出方、舌の亀裂、舌苔の剥げなどなど)が非常に重要な診断ポイントであり、脈診と同じくらいに五臓六腑すべての情報が得られる場所と言っても過言ではないほど、治療において重要な部分とされています。

この本は25年前に私が鍼灸学校を卒業したばかりの頃、師匠の治療院での勉強会に内弟子と共にご一緒させてもらってた頃に、少し講義されていたのを覚えています。たしか"十全苦寒救補湯"のあたりでした。皆で数行ずつ訳するように言われ、辞書を紐解いた記憶があります。

その頃、傷寒論の講義も盛んで、何も分からなかった私は、師匠に「何故、鍼灸師が漢方薬の勉強をするのですか?」とお聞きしたことがあります。質問の答えの詳細は忘れてしまいましたが「鍼灸も漢方も共通する部分があるのだ」ということだったと思います。

この本も舌診と病症、薬の処方が主で、実際に鍼灸の記載は少ないですが、考え方としてはやはり共通していて、またそれをどう鍼灸に生かしていくかといういうことなのでしょう。それは本当に難しい世界で、私ごときが師匠ほどの難病治療が出来るわけではありませんが、師匠のご努力を少しでも患者さんに還元できるよう、これからもしっかり勉強していきたいと思います。


by yurikak5 | 2019-09-12 00:10 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(0)
治療院の看板亀、いえ今や受付スタッフサンタ君。

早いもので今年のクリスマス(クリスマスにやってきたので名前がサンタ)で、うちにきて丸7年になります。その頃で推定10才くらいでしたので、もう17才ってことですね150.png7年って、今いるスタッフの中で一番長い勤務歴ではありませんか(笑)

愛想がとても良いので(性格が犬っぽいです。バイバイ?します(笑))老若男女に好かれ、通りがかりの子供達も足を止めてガラス越しに呼びかけるくらいの人気者になりました。

治療院の玄関はガラス越しに西日が射しますが、休診日はシャッターを閉めるので、窓からの少しの光と紫外線ランプのみ。カメには直接あたる太陽光が絶対に必要です。そのため、いつも長い休みには自宅ベランダで日光浴させてましたが、今年は台風もあったりで連れて帰っていませんでした。

おそらく日照不足のせいでしょう。ここ数日サンタの手足がふやけて垢のようなものがフヨフヨとたくさんついてます、前にも一度なった"水カビ病?"寒湿の邪は温めて乾かす他ありません。


c0145449_21142966.jpg

今日は乾燥させるために数時間水槽から出しました。
(野菜はリクガメの餌です。サンタは食べません。)

c0145449_21143457.jpg

喧嘩もせず仲良くしています。

c0145449_21144633.jpg

やはり冷えていたのでしょう。熱い鉄板の上で甲羅干し106.png

c0145449_21144139.jpg

パーリンの方がサンタに興味津々。サンタは相変わらず大物、我関せずって感じ。

c0145449_21334497.jpg


皮膚だけの問題で他は元気なので、一週間ほど療養させたら良くなると思いますが、場合によってはピンチヒッターに若造の笹の助(7才♂)↑を出勤させたいと思います(笑)

c0145449_21395615.gif
c0145449_21395615.gif
c0145449_21395615.gif





by yurikak5 | 2019-09-04 21:44 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(0)

カメとアロエ

本当に暑い日が続いています。
こんな時は無理してはいけませんね~。
日中は無理して動かず、昼寝がおススメです。

夏バテには夏野菜とビタミンBが大事です。
ビタミンBは豚肉、卵、糠漬け、納豆、まぐろ、うなぎ、ほうれん草・・・等々。
暑くて自炊するのも嫌になりますが、
ビタミンBは食品の精製や加工、保存などで減ってしまうらしく、
火をあまり使わず簡単なさっぱりとした料理を作り体調管理しています。
患者さんからまた料理の写真のせて~とリクエストいただいたのですが、
最近はなかなか撮れず・・・バランスはいいのですが、何分盛り付けが適当(^_^;)

178.png            174.png            178.png

さて、室内飼いのリクガメ・パーリンは今年もほぼ夏眠に入りました。
時々起きて日向ぼっこしてますが、餌は食べません。

片やベランダのミドリガメ・笹の助は、日陰は作ってあるものの、
炎天下で一日過ごしているせいか、どうも興奮して発狂気味?の様子。
よく気が狂ったように手足をバタバタとさせて暴れています。
ついに水替えの最中、捕まえても激しく抵抗され、ガブッと噛まれてしまいました119.png
噛まれたのは初めてです。なんと、少し流血(>_<)
カミツキガメやん、これじゃ。

これは完全に熱の証。
東洋医学的にみたら、体調不良が性格を変えてしまうことは多々あります。
笹の助はやんちゃな性格ですが、噛むほどの狂暴性はありません。
急いで清熱解毒しなければ!!!
そこで思い立ったのが近くにあった"アロエ"
火傷で塗り薬としても使いますが、服用すれば清熱しながら瀉下(大便を下す)する薬です。

c0145449_21024251.jpg


そういえば笹の助、食欲はあり過ぎなのに、最近糞を見かけてません。
便秘で発狂って、傷寒論でいえば陽明病みたいな感じです。
クサガメは里山で野菜や果物を食べるらしいし、
アロエでも少しちぎって水槽に放り込んでおいたら食べるかも?

翌朝。

なんと、結構食べていて、水槽の水が真っ黒に!
アロエの効能通り、黒い熱のこもった便がたくさん出たようです。
スッキリしたのか、目つきも可愛くなってました。
久しぶりのリラックスした甲羅干し姿。落ち着いてくれて良かったです^^

c0145449_21025517.jpg



by yurikak5 | 2017-08-02 21:19 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(6)

カタツムリその後。

大阪も適度な雨が降り、ようやく梅雨らしくなって参りました。
高熱の風邪以降、どんだけ寝るねんというくらい、寝まくっている私です。
夜は10時半にお布団に・・・なんて、今まででは考えられない生活。
熱で失った陰分を補おうとしているのでしょう。

2月に1mmで我が家にやってきたカタツムリのシロちゃんは、現在2cmくらいになり、
丸々と太って存在感が出てきました。

c0145449_21160156.jpg


その後、枚岡神社付近で見つけたひらちゃんは、現在1cm弱で透明感があり、
ちょっと細身で上品な風貌です。

c0145449_21161587.jpg


その後、また1匹増えたのですが(確か小松菜についてた?)、
この子が真っ黒けなので、クロちゃんと呼ぶことにします。
大きさは1cm強くらいかな?
カタツムリでも色々と種類があるものですね。

c0145449_21172957.jpg


シロちゃんとクロちゃんは結構仲良しで、くっついて休んでいることもよくありますが、
ひらちゃんはいつも一人で過ごしています。

c0145449_21184627.jpg
シロちゃんを追いかけようとするクロちゃん。

雨や曇天の時は、土に潜って出てこない日が多いように思います。
今日も一日顔を出しませんでした。
こんな小さな動物でも、体調や天気に応じて睡眠時間が変わるのだなと思います。


トマトが大分色づいてきました162.png
収穫時期に悩みますが、少し食べてみたら甘酸っぱくて良いお味でした^^
キュウリは別の場所に植え替えましたが、弱りつつも頑張ろうとはしている様子。

c0145449_21233663.jpg

これからが楽しみです169.png






by yurikak5 | 2017-06-28 21:33 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(0)

サンタ、帰省中。

治療院のアイドル、サンタ君。
お休み中はお天気も良さそうなので、日光に当てなければと家に連れて帰ってきました。
久しぶりに笹の助とご対面~。

c0145449_22064348.jpg

チビだった笹の助も、もう5歳。ずいぶん大きくなりました。

c0145449_22085686.jpg

カメの多頭飼いはあまり好ましくないと言われていますが、
短期間だし、共に過ごしてもらうことにしました。
最初は互いに興味ない素振りでしたが、段々と慣れてくると思いだしたのか、
楽しそうな雰囲気も感じられ、大丈夫な様子。
今日は天気も良いので、甲羅干しの取り合いになるかもなぁ、、、と思ったら。

c0145449_22120178.jpg

笹「サンタ兄ちゃん、ボク、一番ね(^^)/」

c0145449_22121462.jpg

サンタ「よしよし、笹坊。兄ちゃんは後でいいぞ」


という感じで、譲り合って交代で干していました!
なんて賢くて優しい子たちなのかしら(*^^*)と、ひとり親バカ気分(笑)
6日の土曜日は仕事があるのですが、サンタは日曜日まで家にいてもらいます。

今日は北海道では30℃を超える場所があったそうです。
訳のわからない変な気候が続いていますが、
無理せず体調に気を付けて有意義なGWをお過ごしくださいね。



by yurikak5 | 2017-05-04 22:32 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(2)

デンちゃんの再来。

もう二度と飼わないと思っていたのに。

よつばのレタスの葉っぱの間にはさまれているのを
見つけてしまいました(--;)

c0145449_21515185.jpg

1ミリくらいの赤ちゃんでしたが、1週間でだいぶ大きくなりました。
(白い粒々はカルシウム代わりに入れたインコの牡蛎粉)
さて、この子はどのくらいまで成長するでしょうか?


シオン君は冬毛が抜けてきて気持ち悪いのか、毛繕いが念入りです。
手触りの良いモコモコの毛ともしばらくお別れですね~。

c0145449_21534042.jpg

近所のスーパーで"花かんざし"という名前がピッタリの可愛らしいお花を見つけました。
次々と花を咲かせてくれそうで楽しみです(^-^)

c0145449_21573157.jpg

少しずつ春めいてきましたね。明日、明後日は気温が上がりそうなので、
たくさん着込みすぎて、熱がこもってのぼせないようにしなくては。
皆様もお気をつけくださいね。


by yurikak5 | 2017-02-15 21:01 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(4)

笹の助、救出劇。

寒いですね~~。
大阪で雪が降るなんて、何年ぶりのことでしょうか。
先日、患者さんが「寒くなると何もいいことがない(>_<)」と言っていました。
確かに外には出たくないし、朝起きるのは辛いし、体はカチコチになるし大変ですよね。
でもマイナス面ばかり見ていては、気分も滅入り体調も悪くなってしまいますので、
私は毎年「お風呂、日本酒、お鍋」これを冬の愉しみとしています^^
豪雪地帯の母の話を聞いたら、大阪の冬などはたいしたことありませんからね。

・・・・・・

先日、久しぶりにいつものお店で美味しすぎる旨酒と肴をいただいて、
気分よく帰宅し、爆睡した翌日。何と大阪は零下でした。

c0145449_21415560.jpg

やっぱり寒くなると日本酒ですね^^

c0145449_21421301.jpg

ずいぶん遅い朝に、ガラス越しにベランダで冬眠しかけている笹の助の水槽をみると
何かいつもと違う。大変です。表面1cmくらいがすべて凍っているではありませんか!(*_*)
昨年、サンタを冬眠させた時は、水が凍結することはありませんでした。
大阪市内で凍結だなんて・・・油断していました。さ、笹の助、大丈夫か???

慌てて素手で氷を叩き割り、微動だにしない笹の助を零下の水から救出。
持ち上げた時に「プシュー」といったので、どうやら息はある模様。
しばらく寒波が続きそうなので、小さな水槽に入れ替えて段ボールで囲い、
隙間にプチプチと新聞紙を入れ、保温箱のようにしてみました。

c0145449_22011147.jpg

しばらく目を閉じたまま動きませんでしたが、
少し気温が上がった数日後、目を開けていました。元気そうです。
強い子なので大丈夫だとは思っていましたが、これで一安心^^

c0145449_22021709.jpg

1/20(金)は大寒。天気予報でもまた雪マークがついています。
大阪では乾燥注意報がでています。昨日、職場では25%になってました。
私が知っている中で過去最高の低さです。危険です。
加湿器でしっかり加湿して(最低40%以上に)、外出時はしっかり防寒して、
マスクやうがい、手洗いも忘れず、体調管理して冬を乗り越えていきましょうね。



by yurikak5 | 2017-01-18 22:26 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(2)

メダカの水草

8月に入ってから、ほぼ35~37℃以上が続いている灼熱地獄の大阪(*_*;
もういいかげん勘弁してくださいという気持ちです。
最近あまりに暑いので、今日の最高気温ランキング を毎日チェックしているのですが、
特にこの猛暑日、真夏日等の日別の地点数 を見れば、いかに今年が暑いかがわかります。
去年の今頃は猛暑日はほとんどありません。

今日は昼過ぎに曇り空になり、少しだけ雨が降ったので屋外での仕事もしやすく、
メダカの水槽用に少し前に買っていた水草をやっと入れることができました。
3年ほど前は20匹ほどいたメダカも自然淘汰され、今はヒメダカと黒メダカの計5匹だけ。
丈夫な子が生き残ったのでしょう。貝だけは強いですね。いまだに増え続けています。

長く飼っているとメダカも慣れたもので、私がいくとそばに寄ってきて可愛い(^.^)
(真ん中のソイルに植えているのが新しい水草で、これからぐんぐん伸びる予定)

c0145449_21325298.jpg


メダカちゃん、気に入ってくれたかな~。


c0145449_21271291.jpg

余分な水草と貝は笹の助に食べてもらいます037.gif
頼むよ、笹の助^^


c0145449_21353382.jpg
「まかしときなはれ、何でも食べまっせ~」


最近は水草でもバリバリ食べる笹の助。
サンタに勝つ日は遠くないかもしれません037.gif




by yurikak5 | 2016-08-24 21:59 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(2)

サンタ、三周年。

2012年のクリスマスに治療院にやってきたサンタ。
今年でめでたく三周年になります^^

毎日、人が出入りする玄関にいるため、ますます人慣れが高じて、
甲羅干ししていても全く気にしていません。
(自宅の笹の助は近づくとすぐにやめてしまいます)

おまけにカメラを見せると、カメラ目線になるなんて、
こんなカメいるんでしょうか?

c0145449_20494816.jpg

それにしても最近気温が不安定なせいか、夕方から夜にかけて甲羅干しをしています。

c0145449_20500148.jpg

私も知らぬ間に色々な動物を飼育するようになりました。
その昔はムツゴロウ王国で働きたいくらいの子供だったので、
特に動物の世話で大変ということもありません。

カメの飼育はまだ短いですが、哺乳類にくらべて理解し難い部分があり、
飼育にあたって患者さんで二人ほど詳しい方がおられ、色々とご助言いただきました。

その一人が大学生の息子さんが二人いらっしゃるお母さんのTさん。
現在自宅で三匹の石亀を飼っておられます。
どれもご実家の岡山でお父さんが捕まえてきたカメだそうです。
詳しくは忘れましたが、一番古い子はお子さんが小さい時からずっと
家族で面倒みているということだったと思います。
先日、お写真をはじめて見せていただきました。

c0145449_21005911.jpg

ミドリガメとは色も形もずいぶん違いますね~。

Tさんのメール転載
「左側:亀太郎(たぶん♂)年齢?
好きな食べ物はミミズ、キャベツ、苺、柿
右側:かんちゃん(たぶん♂)年齢?、好きな食べ物はミミズと柿
もう1匹は『ちびすけくん』でかんちゃんより1年先輩です。
水槽から3匹出すとちびすけくんは亀太郎のストーカーへと変貌しますが
いつの間にかテレビ台の下でかんちゃんと一緒に寝てます。
それぞれ個性があり面白いですね。」

苺や柿を食べるなんて!びっくりです(@_@)
サンタにもまたあげてみましょう。
Tさん、これからも色々教えてくださいね。



by yurikak5 | 2015-12-13 21:18 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(0)

早朝甲羅干し

大分朝晩の気温が下がってきましたが、
昨年よりはずっと暖かいようですね。

去年の今頃のブログを見てみると、
ベランダのカメが冬眠モードになってきたと書いてあるのですが、
今年はといえば早朝から笹の助は甲羅干しをしています(*_*;
いったいどうしたことでしょう。よくわかりません。
さすがに餌はあまり食べなくなっていますが。
断食をしながら甲羅干しって、まるで修行僧みたいですよね。。。

c0145449_20494780.jpg

それにしてもポーズが決まってるwww

c0145449_20495853.jpg


逆にリクガメのパーリンは昨年の方が食欲モリモリだったようで、
一時夏眠から明けたものの、再び寝てばかりいることが多く
活動量は低下しています。

c0145449_20525994.jpg

リクガメの生態はいまだによくわかりません。。。
とりあえず、少量ですが時々は食べてくれているので、
大丈夫だと思います。



・・・・・



☆おまけ

ベルツノガエルのるるちゃん(3才♂)も元気ですよ^^

c0145449_21073306.jpg















by yurikak5 | 2015-11-22 21:11 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(0)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika