カテゴリ:Mother's Art&Book( 18 )

大坂オナラ草紙!?

以前、母の短編画集「鳥と猫と君とボク」を自費出版した時に
文章を手掛けてくださった谷口雅美さんが、
この度、58回講談社児童文学新人賞佳作受賞されました!162.png
なんておめでたい喜ばしいことなんでしょう~103.png

そして受賞だけでなく、6月初旬に本として刊行されることになりました!
なんと作品の題名が「大坂オナラ草紙」と言うんだそうですよ101.png

c0145449_20004268.jpg


インパクトのあるこのタイトルを知った時は
「えーっ?いったいどんな話???」と思ってしまいましたが、
オナラでタイムスリップするという、なんとも面白そうなお話し・・・。
最近は"うんこ漢字ドリル"とか"おしりたんてい"とか、
下ネタまじり?の教材や児童書が子供たちに大人気なので、
「大坂オナラ草紙」も、ひょっとしたらブレイクしたりして・・・と、
ひそかに考えている私です110.png

また当院の柚文庫として貸出もしますので、是非みなさん読んでみてくださいね177.png


発売は6月5日だそうですが、なんと6月13日(水)19時から
当院からも近い谷町六丁目の隆祥館書店さんでトークイベントが開催されるそうです!
こちらも楽しみです。

ゲスト・釈撤宗先生 高島幸次先生


本離れ、活字離れがすすむ昨今ですが、やはりじっくりと紙のページに触れながら、
夢中になって読書した本は、一生忘れられない一冊になります。
子供たちにとって、そんな一冊になれば素敵ですね、雅美さん110.png



by yurikak5 | 2018-05-16 20:39 | Mother's Art&Book | Comments(0)

敬老の日とハルカス

今日は敬老の日ですね。

母に「シルバーウィークにどこか行きたい?」と聞くと、
「天王寺動物園。ついでにハルカスも行ったことないから行きたい。」
というので、久しぶりの遠出?です。

天王寺動物園には、母が昔良く描いていた「ベニジュケイ」という鳥がいるのです。
一人でよくスケッチしに来ていたようです。


「ベニジュケイ」はじっとしてくれなかったのでうまく撮れず、
この子は隣にいた「ヒオドシジュケイ」

c0145449_21540320.jpg

出来上がった絵はこんな感じ。「鳥と猫と君とボク」南船北馬舎より

c0145449_21593184.jpg

そういえば今年喜寿だし、御祝もしてなかったな~と思い、
淡路島の兄夫婦とハルカス行きたい!という3人の孫達も呼んで、数年ぶりの会食となりました。

c0145449_22015606.jpg

ハルカス最上階60階からの眺め。
私は16階までは上ったことありましたが、60階は迫力ありますね。
あいにくの天気でしたが、少し晴れ間が出てくれました。


"あべのべあ"と記念撮影037.gifしたあと

c0145449_22035492.jpg

皆で57階のレストランでお食事^^

c0145449_22074217.jpg

c0145449_22084653.jpg

「孫たちに会えて、元気出たわ」と言ってくれました。
お母さん、次は傘寿まで元気でいてね。



by yurikak5 | 2016-09-19 22:20 | Mother's Art&Book | Comments(0)

一冊の本がつないだご縁

短編画集「鳥と猫と君とボク」 のP42に掲載されているこの作品。
M20という、やや縦長のサイズです。

c0145449_20134214.jpg
「緑の園」


ひょんなことから話がはずみ、
この絵を四天王寺大学へ寄贈させていただくことになりました。
現在、音楽棟の中の学生が集うスペースに飾っていただいております。
大変光栄でありがたい気持でいっぱいです。

c0145449_20171327.jpg

大学のブログにもご紹介いただきましたので、
良かったらご覧ください。
(ブログのタイトルを引用させていただきました)

画集には42点の絵が掲載されておりますが、
色々事情がありまして、原画は半分ほどしか残っていません007.gif

その残っている中でも一番大きな作品を寄贈させていただき、
絵の居場所ができたことは本当に嬉しいことです。
画集は学校の図書室にもおいてくださっています。

ご協力くださったM先生、大学での講義でご縁をつないでくれた
著者の一人の谷口雅美さん、どうもありがとうございました012.gif



by yurikak5 | 2015-11-29 20:41 | Mother's Art&Book | Comments(4)

画集と四天王寺大学

昨年2月、母の油絵と谷口雅美さんの文章がコラボした、
短編画集「鳥と猫と君とボク」を作りました。

c0145449_22255103.jpg


その本を読んでくださった、長く来院されている患者さんのお一人に、
四天王寺大学の人文社会学部日本学科の先生がいらっしゃるのですが、
雅美さんの文章を気に入ってくださって、なんと大学の外部講師にお願いできないかと、
突如治療中にそんなお話が降ってわいたのがついこないだでした。

それからあっという間に月日は過ぎ、
当初恥ずかしがっていた雅美さんも土壇場には強いようで、
先日120人の生徒さんを前に立派に講義を終えられました。
和気あいあいとしたその時の様子が、大学のHPにアップされていますので、
良かったらご覧ください。

c0145449_22194399.jpg
講義中の雅美さん。(四天王寺大学HPより転載)


FM尼崎「8時だよ、神様仏様」のアシスタントもされていて、お話も上手な雅美さん。
まるで四天王寺大学とのご縁は用意されていたかのようでした。

それにしても、見ず知らずの患者さん同志がつながって、
新しい世界が開けていくというのは本当に素敵なことですね。
人と人との輪をつなぐお手伝いができたこと、それが画集がきっかけだったこと、
とても嬉しく思っています。

夏には画集を教材に使っていただき「創作論」のセミナーが行われるそうです。
聞きにはいけませんので、またHPがアップされるのが楽しみです。
頑張ってね、雅美さん^^





by yurikak5 | 2015-06-29 23:02 | Mother's Art&Book | Comments(4)

路地カフェ

母と谷口雅美さんの短編画集「鳥と猫と君とボク」
発売して5ヶ月になります。

最近、鍼灸院のお隣の路地カフェさんにおいていただいてます。
見ず知らずの方が、読後のお便りまで下さったり。
嬉しいです。ありがとうございます。




by yurikak5 | 2014-07-23 19:11 | Mother's Art&Book | Comments(0)
母と谷口雅美さんの短編画集「鳥と猫と君とボク」の書評を
なんと産経関西web にて書いていただきました!

c0145449_14521298.png

担当者の方が患者さんという経緯もあるのですが、
まさか自費出版本に書評を書いていただけるなんて、夢のような出来事です。

産経関西さん、本当にありがとうございました。




by yurikak5 | 2014-03-05 14:59 | Mother's Art&Book | Comments(4)

谷口雅美さんのブログ

短編画集「鳥と猫と君とボク」
おかげさまで2/11発売となりました♪

文章を書いてくれた谷口雅美さんが、ブログでご紹介して下さいました。

c0145449_00005979.jpg
Amazon
「鳥と猫と君とボク」
2014年2月11日発行

南船北馬舎サイトはこちら


発売に先がけて、院内では患者さんがチョコチョコと買ってくださり、ありがたい限りです。
今回、本を作るのも初めてなら、Amazonで売るなんていうのも初めて。
Amazonの販売ページをいつになくまじまじと見ていたら、
Amazonベストセラー商品ランキングなんていうものがあって、
今朝見たときは284.896位だったんですが、
先ほど見たら68.572位と急上昇していました(!)
詳しいことはよくわかりませんが、
販売数+ページ閲覧回数なども関係しているようなので、
今日から1日何回もクリックして見ています(笑)
順位はコロコロ変わるようですが、
何にしても、上がるのは嬉しい事ですね^^
ありがとうございます。



by yurikak5 | 2014-02-12 00:20 | Mother's Art&Book | Comments(2)

昨日、完成本が届きました。

c0145449_21211722.jpg

人生初の本作り。企画してから5年余り。大変でしたが、面白い経験でした。
(下の写真の左側の絵は、現在受け付けに飾っています)

c0145449_21211577.jpg
c0145449_18064583.jpg

最後の最後まで心配だったのは色です。
画集というのは本物の絵の微妙な色合いが出ないと、
全く別物になってしまうからです。
色校正はしたものの、出来上がりを見るまで不安でした。

c0145449_21211485.jpg

画集を作る際、原画の油絵をプロのカメラマンに写真撮影してもらい、
そのデータを元に作成するのですが、
自宅でセットを組み1日がかりで撮影したため、
多少自然光の入り具合も影響しているのか、
ホンの少しだけ原画よりトーンが暗く感じるようなページもなくはないのですが、
9割方、うまくいったのではないかと思っています。

c0145449_21211493.jpg
c0145449_18064532.jpg

この画集は特に商業目的で作ったわけではなく、母自身が望んだものでもありません。
また母は高齢ということもあり、もう絵は描けないと言っています。
一時、プロ画家として活躍していた時期もありましたが、
商業画家になることを嫌い、ある時期から描かなくなってしまいました。
私は芸術というのは、作者の心の赴くままに制作してこそ、
心打つ作品が出来上がると思っています。
ですので、母には無理に続けることはすすめず、
もし気が向いたら描けばいいよと、言ってきました。

また創作活動というのは、自分の体、心、魂を削って行うものです。
もともとそこまで頑強でない母は、父が亡くなってから、
子供や孫のために長生きをするために、エネルギーをすり減らしたくないから、
もう絵は描かないと言うようになりました。
周りからすれば、楽しみながら程ほどに描けばいいのにと、おっしゃる方も多いのですが、
本人からすれば、中途半端な作品は描きたくないということのようです。
色々と心中複雑なようで、また気が変わるかもしれませんが、
自分の納得いくように元気に長生きしてくれたら、
私達家族はそれでいいと思っています。

この画集は、母の人生の集大成の記念品として、
(少々おしつけがましい親孝行ではあったのですが)
娘の私が余暇を使って楽しみながら制作したものですので、
今回印刷した部数がなくなったら終了です。
発行日は偶然時期が重なったのもあるのですが、
母の誕生日になっています。

c0145449_21211679.jpg

鍼灸院の待合に2点、開業以来ずっと母の絵を飾っていて、
治療以外の癒しの部分で貢献してくれています。
気に入ってくださるのは、圧倒的に女性が多いです。
そんな患者さんの一人であるライターの谷口雅美さん、
グラフィックデザイナーの楠田有子さんの思いも
いっぱい詰まった画集になりました。

今回、院内で患者さんを中心にお分けすると共に、
お世話になった南船北馬舎さんのお力で、
便利なamazonでも販売させていただくことになりました。
現在、予約受付中の表示ですが、2/11頃からの発送となります。

ご興味ありましたら、またご覧下さいね。


by yurikak5 | 2014-02-01 22:20 | Mother's Art&Book | Comments(4)
c0145449_18323257.jpg

かなり前にご紹介したことがあると思いますが、
私の母が以前油絵を描いていて、
趣味が高じて一時プロ活動もしている時期がありました。
主なモチーフは南国の鳥や花、植物、猫など。
私の動物、植物好きは、親からの遺伝だなーとつくづく思います。

現在は高齢ということもあり、もう描いていないのですが、
自宅には70点近くの作品が残っているということもあり、
5年ほど前から、記念に自費出版の画集を作ってあげたいと思っていました。
色々あって頓挫したり、なかなか進まずにいましたが、
機が熟したのか、今年春頃から計画がトントン拍子に進みだし、
来年3月あたりには出版出来る予定です。

ただの画集ではおもしろくないと、母の絵の横に、
ものかき谷口雅美さんの短文を添えてもらい、
レイアウトはパーマークデザインの楠田有子さんのセンスで、
画集だけにとどまらない、素敵な短編絵本になりそうです。
タイトルは絵と文章の内容から「鳥と猫と君とボク」と私が命名、
制作メンバーは皆、動物好き、東洋医学好き、芸術好き、
面白いこと好きな面々が揃い、
わいわいとミーティング件女子会を重ねました。

院内ではサービス価格で、またamazonでも販売予定ですので、
完成したら、またお知らせしますね(o・・o)/~





by yurikak5 | 2013-11-27 18:49 | Mother's Art&Book | Comments(2)

シデコブシ

c0145449_215433100.jpg



c0145449_21545013.jpg


by yurikak5 | 2009-12-06 21:56 | Mother's Art&Book | Comments(8)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika