高齢化と東洋医学

もう年が明けて10日も経ってしまいました。
月日が流れるのは年々早くなります。

1月23日のこれまたNHKの「ためしてガッテン!」では鍼の特集が
予定されていると聞きます。
昨年もNHKで鍼、漢方薬、ヨガの2時間番組が放映されました。
時代は不定愁訴や未病を治すのが得意な東洋医学へと傾き始めたのでしょうか。

c0145449_15144775.jpg


今年、第一号の初診患者さんは88歳の独り暮らしのおじいちゃんでした。
主訴は軽い症状で、大病も経験されていますが、姿勢もよく大変お元気な方でした。
娘さんは近くにいるものの、自分のことは自分でされ、スーパーに買い物も行かれます。
そんな方ですので鍼灸の効き目もよく、早速効果を感じておられます。

段々と患者さんも高齢化がすすんできています。
軽い段階での不調を鍼灸でバランスをとり、
苦痛のない毎日を送るのは本当に良いことだと思います。

c0145449_15145555.jpg


ただ、鍼灸にも色々な流派があります。
「鍼はたくさん刺すから怖い」と言われる方が多いのですが、
私が学んでいる流派は数本しか刺しません。
的確なツボに的確な技法で施術する方法は、
高齢の体の弱った方にも、気をもらさず安全に治療できます。
しかし、的確なツボを選ぶ診断学や、選択されたツボに正しく刺鍼する技術がないと、
少数穴での治療は効を奏しません。
診断学においては問診、脈診、舌診は重要なポイントとなります。

たくさん刺す手法は、スポーツ選手など元気な方には好まれやすいですが、
病弱な方や高齢者などにはダメージがきつくでることもあります。
ですので「鍼はたくさん刺すから怖い」という意見もごもっともなのです。
これから東洋医学の恩恵を上手に受けるためには、ご自身の体調体質によって、
合った技法の鍼灸院を選ぶことも大切な条件になってきそうです。




by yurikak5 | 2019-01-10 15:26 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(0)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika