柚の木

"柚(ゆう)"にお世話になって16年。
今さらながらですが、我が家に小さな柚の木がやってきました110.png

c0145449_21174763.jpg


お花屋さんでこの鉢植えを見つけて、可愛くて思わず買ってしまったのですが、
はじめは緑だった実が、少しずつ黄色く色づいて膨らんできました。
花をつけている木も水を吸いますが、実をつけているともっと吸うようで、
一日二回くらい水やりが必要です。
鉢が小さいので、水が足りないとすぐに葉っぱも実もシュンとしてしまうので、
マメに見てあげないといけません。

柚の大バカ18年ともいい、実がつくまでかなりの時間がかかると思っていましたが、
こんな小さい木でも実がつくのですね。

c0145449_21173875.jpg

柑橘系の葉は、蝶々などが卵を産み、幼虫の餌にもなるようですが、
実はウサギも蜜柑の葉が好きです。
昔、実家の蜜柑の鉢植えの葉をあげたことがあります。
蜜柑の葉はちぎるとほんのり蜜柑の香りがするんですよ。
柚の葉もやっぱり柚の香りがしました!
葉からもアロマオイルができそうですね。

柚の葉、試しに一枚ちぎってシオン君にあげてみたら・・・・
あっという間に完食でした101.png

柑橘系にはストレス緩和、気を巡らせリフレッシュする作用があります。
漢方薬の生薬では陳皮(蜜柑の成熟果皮)や青皮(蜜柑の成熟前の青い果皮)、
枳実(ダイダイ、ナツミカンの未熟果実)などがあります。
スダチの香りや、アロマでのグレープフルーツ、オレンジ、レモングラス、
ユーカリレモンなども同じ効能があると思います。
そんなわけで、うちの待合ではいつも柑橘系のアロマを焚いております。

c0145449_21250307.jpg

すでに柚の木の横でまったりするシオン君。
まるで自分のものとでも言わんばかりに111.png

c0145449_21543537.jpg


「お母ちゃん、ボクこんなちょびっとじゃ足りへんわ~」

美味しいものは少しだけ!蜜柑類は食べ過ぎると下痢するよ。
でももう少ししたら、一回り大きな鉢に植え替えようね。



by yurikak5 | 2018-10-17 21:56 | 花・自然 | Comments(0)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika