地震と腹診

地震から一週間余り経ちました。
私自身も含め、余震もあり、恐怖感の中で過ごした方が
たくさんおられたと思います。

大きな被災はなくても、揺れや恐怖は心と体に強く影響するということが、
今回、患者さんを治療する中で非常によくわかりました。

主に体が熱性に傾むき、空間的には上部に傾いている方が多かったです。
そのため相対的に下半身が冷え、腰下肢痛や下痢になる方も。
眩暈や頭痛で治療に来られている方は、せっかく良くなりかけていたのに、
またもや悪化していました。

いつも来院される患者さんのツボや体表の状態が、
普段でない場所に反応が出ているのですが、
一番印象的だったのが腹診でした。

地震直後の時は胃土(胃の上あたり)が緊張し冷えている人がチラホラいて、
咄嗟の際の緊張からかなーと思っていたのですが、
数日するとお腹全体が熱を帯び、燃え盛っている人が増えてきました。
また、お腹のあるツボがうつろで、
いつものように鍼してもなかなか改善しない方も。

c0145449_22465358.jpg
何があってもマイペースなリクガメのパーリン


お腹というのは体の中では一番柔らかく弱い部分、陰の極みです。
陰の部位ですので、どちらかというと冷えることが多く、
腹部全体に熱を帯びるというのは珍しいことです。
風邪をひいて発熱している時や、慢性の消耗性疾患などでみられる事がありますが、
あまり度々見かけるものではありません。
もちろん地震の後の豪雨、続いて30℃越えの猛暑という
気象も影響しているとは思いますが、
どうして腹部にこんなに異変がでるのでしょう。。。

自分なりに色々と考えを巡らせます。
危険を察知すると、誰もが身をかがめてお腹を守りますね。
腹部には大事なツボが山のようにあり、その多くは心とも深く関わります。
揺れて「怖い!!!」と身をすくめた時に、
恐怖という陰の邪が深部に内陥してしまったのかしら??
腹部に熱感があっても、陽の部位の背中にはあまり熱感がないのです。
お腹に出るというのは、やはり深い邪ですね。。。

これまた腹部打鍼がよく効きました。
急性なので、熱感もすぐに取れました。
ありがたい鍼です。

何にせよ、恐怖を引きずっても体を弱らせるだけなので、
まずは元気を取り戻しましょうね^^


by yurikak5 | 2018-06-27 23:02 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(0)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika