ヨモちゃん、安らかに。

悲しい報告をしなければなりません。

一時持ち直したヨモギですが、再び何も食べなくなり、
水分を強制給餌しても飲み込めなくなり、息切れもしたため、
苦肉の策で、昨晩点滴を受けに行ったのですが、
その後ぐったりしてしまい、今朝未明息を引き取りました。
先ほど、マロンと同じくペットマザーさんで火葬を終えたところです。

ウサギに限らず最近突然死が非常に多いですが、
体調崩してから10日。
ついこないだまで、あんなに元気でモリモリ食べてたのに、
信じられません。
今日また復活してくれるだろうと思っていました。

c0145449_21001279.jpg

ヨモギと共に成長してきた、この「ヨモギ日記」。
もちろん、ヨモギはウサギのヨモギだけでなく、
私の仕事の艾=ヨモギにも関係しているのですが、
ヨモギの存在はとても大きかったと思います。
このヨモギ日記がきっかけで、ウサギの好きな方が東京や、
はるばる香港から来院された方もおられました。
その時私は、ウサギというのは血の通わないインターネットの世界から、
暖かい絆を作ってしまう力があるのだなぁと思ったものです。

c0145449_21434612.jpg

子供の頃から大好きだったウサギ。
飼い始めたのは大人になってからですが、
ヨモギで5代目になります。
とても可愛いウサギですが、寿命は7~10年と短いもの。
もっと若くして亡くなる子もたくさんいます。

それでもウサギを飼い続けていたのは、
人間に媚びない凛とした姿と、愛らしい外見に似合わない、
野生の本能の強さに魅了されてしまったから。

亡くなる数時間前までふらつきながらも
水を飲もうと頑張っていたヨモギ。
ぐったりしながらも抱っこしてあげたら、
子供の時のように私の脇に顔を突っ込んできたヨモギ。
動物というものは明日死ぬと分かっていても、
最後の最後まで生きようとする本能があるという事を、
いつもその最期に教えてくれます。
その姿を目の当たりにするたび、人間もそうあらねばと考えさせられます。
突然のヨモギの死はまだ実感できませんが、
脱走好きのヨモギらしく、潔く散っていったなと
生き方は死に方につながるのだなとつくづく思います。

c0145449_21460122.jpg

ウサギの飼育は本当に大変です。
多分、ウサギはヨモギで飼うのは最後になるかもしれません。
(私の禁断症状が出なければ・・・)

いつも美味しい人参の葉っぱを届けてくださった居酒屋KのIさんご夫婦、
ヨモギの写真をいつも楽しみにして下っていた東京のY様、
一緒にうさんぽに行ってくれたSちゃん、
ヨモギを愛してくれた皆様に、心より感謝申し上げます。

ヨモちゃん、本当にありがとう。
この6年7ヶ月、楽しかったよ。
天国でマロンと仲良くね。

c0145449_21165459.jpg


Commented by 44tail at 2014-05-29 00:13 x
別れはいつかは来る、とわかっているのに、
それが突然目の前に訪れると受け入れられませんね。
わぁーんと泣いてしまいたい気持ちになってしまいましたが、
最後の言葉に救われました。
「天国でマロンと仲良くね。」
ホントだ、本当にそうだ、そう思いました。
僕たちは、この別れを悲しんでいるけれど、
マロンくんは、また会えたね、と喜んでくれている、
そう思うと、救われたような、微笑ましいような、
長い間、僕たちに幸せをふりまいてくれて、
本当にどうもありがとう。
そして、最後まで看病して、あたたかく見守ってくれた先生に
ヨモギちゃんはこう言っている気がします
「お母ちゃん、私を見つけて、育ててくれて、ありがとう」
Commented by 鯛子 at 2014-05-29 07:43 x
ゆりかさん、ヨモギちゃん、お二人ともすごく頑張られましたね。体調崩してわずか10日とのことでしたが、ヨモギちゃん最高の頑張りを見せて、ゆりかさんにありがとうを残してくれたんだと思えます。5代目ウサギちゃんだったヨモギちゃん。
私は初めて育てたウサギが昨年亡くなったうーだったので、10年近い付き合いを急に失くし、喪失感が半端なく今も次の子を育てる勇気がありません。
でも、ヨモギちゃんの頑張りとゆりかさんの愛情をここで拝見して、ウサギってやっぱりいいなあと改めて感じます。
ヨモギちゃんもマロンくんも、ゆりかさんの元で生きられて本当に幸せだったと思います。マロンくんに「僕に会いたくてもう来たの?」って言われてるかなヨモギちゃん。二人ともお空からゆりかママを応援してあげてね。
私からもいっぱいヨモギちゃんにありがとうを贈ります。
Commented by nmsan2008 at 2014-05-29 21:03 x
えーー!
ヨモギちゃん、天国に行っちゃったんですか。
まだまだ、長生きしてほしかったのに。
このブログは途中から読ませていただきましたが、
ヨモギちゃんのひょうひょうとした姿に癒されました。
赤ちゃんの時のヨモギちゃんを見たときは
思わず笑ってしまいました。
人は高い知性を持ってしまったので絶望を知りましたが、
動物は、いつも前向きで希望を忘れませんね。
ヨモギちゃん、今ごろは天国で、マロンくんと一緒ですね。
だから、きっとさびしくないでしょう。
Commented by yurikak5 at 2014-05-29 23:08
44tail様
何だか、マロンが呼んでしまったのかな・・・と思うくらいです。
もう少し長生きしてくれると思ってましたから。
44tailとは本当にヨモギが結んでくれたご縁ですよね。
不思議な不思議なウサギが紡いだご縁。
長い間、私以上にヨモギを愛して下さっていたかもしれません。
本当にありがとうございました。
主役不在ですが、ヨモギ日記は続けていきますので、
また良かったらご覧下さいね。
Commented by yurikak5 at 2014-05-29 23:17
鯛子様
ヨモギは最後まで不思議なくらい元気で、
この子が死ぬなんて考えられませんでしたが、
きっと気丈な子だったんでしょうね。
昔のブログを見返していると、マロンと仲良しだった写真がたくさん。
やはりマロンがいなくなってからは、寂しそうでしたね。
鯛子さん、初めて飼ったウサギを10年近く育てたなんて、すごいですよ。
私は最初はすぐに死なせてしまった子もいます。
そのリベンジもあって、次の子を育てていたっていうのも。
ウサギって繊細だから、長寿にするの本当に難しいですよ。
家に庭があったら、大久野島みたいに外で自由に育ててみたいですね。
暖かいコメントをありがとうございました^^
Commented by yurikak5 at 2014-05-29 23:23
nmsan2008様
今までたくさん応援くださって、ありがとうございました。
もうちょっと頑張ってくれると思ったのですが。。。
昔、youtubeにupしたみゆきさんの「時は流れて」でヨモギの写真をバックに使った時、
コメントたくさんいただましたよね。
今回、ヨモギの追悼曲として歌いたくなった曲が、柴田淳さんの
「椿」という曲です。今練習中です。
きれいなまま、ポトリと散った椿のような最後でした。
素敵な女の子でした。
Commented by カデ at 2014-05-30 12:09 x
本当に突然過ぎてただ、ボー然とし、ヨモちゃんの、写真で泣くのを我慢してます。
初めてうさんぽに行ったヨモちゃんを、見た時、本当に凛として、人間で言うと、貴族のお姫様みたいな感じなのを、すっごく覚えてます。
マロン君の時のようにお葬式にいけてないのが、心残りです。

先生、また、心にポッカリあくと思いますが、ほどほどに頑張って下さいm(_ _)m。

メール頂き、ありがとうございますm(_ _)m。

マロン兄ちゃんと、安らかに眠ってね。
Commented by yurikak5 at 2014-05-30 21:36
カデ様
本当に、私も心の準備が全く出来てなかったので、
今でも受け入れられない状態です。
一緒にうさんぽに行ったのは、良い思い出になりましたね。
淡路島にもよく連れて行ったし、強い子だったのに残念です。
昨日、マロンの時と同じく、裏のKで追悼会しました。
あの時はしーちゃんさんと一緒だったなーと思い出しながら。
うさぎ、やっぱりいいですね。カデちゃん長生きしますように、祈ってます^^
by yurikak5 | 2014-05-28 21:56 | ヨモギ(ミニウサギ)☆ | Comments(8)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika