今日はとても涼しく、クーラーなしでも室内は27~28℃くらいを
保てるようになってきました。

結局、8月の間は95%寝続けていたパーリン。
無理やり起こしたら少し食べることもありましたが、
体重は最低で484gまで減っていました。

心配でしたが、どうすることもできないので、
バスキングランプも消し、放置していました。
最近少し涼しくなって、昼間に目を開けていることもあったのですが、
動き回ることはなく。

それがなんと今日、夕方帰宅したら起きてノコノコ歩き回っているではありませんか!
餌も少し食べているようです。
慌てて白菜投入したら、ガツガツと食べてくれました。

c0145449_22232349.jpg

c0145449_22235562.jpg

やはりカメにはカメ時間があるのですねー。
カメは少々食べなくても生きていけるので、
人間は慌てず見守るべきですね。
元気そうで一安心です^^やれやれ。


# by yurikak5 | 2015-09-06 22:33 | パーリン(ホルスフィールド) | Comments(2)
朝晩だいぶ涼しくなって、シオン君もベランダで
まったりとする時間が増えてきました。
今日もなかなか帰ってこないので見に行くと、
笹の助と対話?していました。

c0145449_21272282.jpg

c0145449_21460562.jpg

シオン「いや~、ホントに今年の夏は暑くて参ったよ~(>_<)
    暑すぎて、首の後ろの毛が薄くなってしもてん」

笹の助「そりゃ大変やな~。オレらは毎日甲羅干しでビタミンDでカルシウム充填、
    元気いっぱいやで~」


いつもカメラを向けると意識する笹の助。

c0145449_21313164.jpg


笹「お母ちゃん、オレの方をかっこよく撮ってや~」
私「あんた、今年はサンタと張り合ってめっちゃ食べたから太りすぎやで」

c0145449_21361272.jpg


こんな姿をみると、ウサギの方が大人しく、カメの方が勇ましく見えるのは
私だけでしょうか???

陰陽の転化の法則かもしれません。。。



# by yurikak5 | 2015-09-02 21:47 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(2)

夏の終わり

8月も明日で終わり。

暑い暑いと言い続けた夏も、もうすぐ終わりを告げようとしています。

真夏の養生法の伸び伸びと発散する時期は過ぎ、

心も体も少しずつクールダウンする季節に入ってきました。

c0145449_22240753.jpg

今日は毎年恒例の8月の最終日曜に行われる一年で最大規模の大研修会でした。

7、8年前から学生への実技指導のお手伝いをさせていただいてます。

これが終わらないと、私の夏は毎年終わりません。

奥深い世界ではありますが、今年も無事元気で、

少しでも鍼灸の魅力を後進に伝えることができ、ホッとしています。


時代は変わり、世代も変わり、どんどんと目に見える景色は変わっていきますが

どんな世になっても東洋医学の視点を通して、

変わらずにそこにある真理を見つめ続けて、生きてゆければと思います。

・・・・

私のにとっての「夏の終わり」の一曲は小田和正さんのこの曲です^^

小田さんの涼しげな歌声が、夏の火照った心を優しく鎮めてくれますよ。

夏の疲れで腹痛、下痢など脾胃の弱りが目立ちます。

暴飲暴食は控え、睡眠を十分にとってくださいね。




# by yurikak5 | 2015-08-30 22:34 | 雑記 | Comments(0)

冬眠に向けて

今日は昨日の台風が去ったあとで気温が下がり、
とても涼しい秋の風が吹いていました♪

残暑はまだまだ続くとは思いますが、
束の間のさわやかなひと時を過ごせて嬉しかったです。

c0145449_20121618.jpg


最近、サンタと笹の助の食欲が異常なくらい増しています。
サンタはいつもの餌の量では足りないらしく、朝からバタバタ騒いで大変です。
仕方がないので満足するまで食べさせることにしました。

カメは冬眠に向けて体力をつけるため、
夏の間にしっかりと体重を増やさないといけません。
夏に食べなかったり、痩せてしまったりしたカメは、冬眠させると失敗するといいます。
なので、この調子なら冬眠させても大丈夫そうかな。
どうやら冬眠させた方が元気になったという声も多いので、
今年は治療所で冬眠させることができたらなーと考え中です。

c0145449_20135055.jpg
サンタはバイバイをするのです(^_^)/~



# by yurikak5 | 2015-08-26 20:23 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(0)

ポポちゃんの遊び

ポポちゃんを外に出すと決まってするのは
紙をきれーいにちぎって、細く紐状にすること。

c0145449_23470674.jpg

この行動はメス特有の巣作り行動に起因していると言われています。

c0145449_23482052.jpg


ボタンインコの嘴はかなり鋭く、昔缶詰に穴を開ける道具がありましたが、
それとそっくりな形状です。
セキセイインコだと可愛く甘噛みとかしてくれますが、
ボタンインコはいきなりガブッっと穴が開くほど噛まれることがあるので要注意です。

c0145449_23532455.jpg

きれいに紐状にちぎり終えると、それでしばらく遊んでいます。

c0145449_23562510.jpg

そしてすぐに厭きます(^_^;)

「うち、もういらんし」

c0145449_23564716.jpg

ボタンインコは気が変わりやすく、飽き性だと思います。
(うちの子だけかしら?)



# by yurikak5 | 2015-08-24 00:05 | ポポ(ボタンインコ) | Comments(4)

女人高野への旅

c0145449_14255856.jpg
(金剛峯寺)

今年の夏は諸事情により、恒例だった友人たちとの旅がなくなってしまったので、
どこか近くで一人旅でも行こうかな~と、前から行きたかった高野山の宿坊を調べたところ、
なんとギリギリだったにも関わらず、一部屋空いていた事もあり行くことにしました。

我が家は父方が淡路島(先祖は長崎ですが)ということもあり真言宗。
ですので、父亡き後、真言密教に触れる機会が多くありました。
(四国、和歌山、淡路島あたりは弘法大師のお膝元で真言宗が多いそうです)

c0145449_14013843.jpg
(金堂)

私も若い頃は何もわからず、あまり興味がありませんでしたが、
段々と身近な人々が三途の川を渡ることが多くなる年頃になると、
こういった世界に触れたくなり、
またその意味が感じられるようになってきたのだと思います。

実は高野山を訪れるのは二度目です。
一度目は20年も前の話です。今はもうご存命でないのですが、
当時この地で開業されたばかりの先輩の鍼灸院を訪ね一泊させていただきました。
その時は時間も興味もあまりなく、奥の院への参拝は出来なかったため、
なんとなく行きたかった思いが胸に残っていました。

c0145449_14040462.jpg
(宿坊の窓から)

c0145449_14232465.jpg
(高野槙)

今回、一泊二日でガイドマップなどでお勧めされている山内の名所は
ほぼ網羅したのですが、一番感動したのはやはり、
奥の院と霊宝館(四天王寺大学のM先生にも是非!と勧められました)でしょうか。
どちらも撮影不可ですので、写真でのご紹介はできません。
また写真を撮ったところで、この素晴らしさは伝わらないことでしょう。

弘法大師様がいまだにいらっしゃるとされる奥の院御廟の中は、
すぐ手前の橋のところから結界がはられているといいます。
たくさんの杉の巨木に囲まれ、いつまでもいたくなる心地のよい気が充満していて、
そしてそれは山内全体に広がっていました。
また御廟の傍らには玉川が流れており、この心地よさはどこかに似ている・・・と思いましたら、
一昨年に訪れた、上高地の奥の院の明神池あたりで感じた気にとてもよく似ているのです。

c0145449_14071706.jpg
(玉川)

弘法大師は高野山開創にあたり、その地形に注目されているといいます。
(以下「高野山開創の意義」より抜粋)
①奥深く静寂な平地であること
②四方に高い峰があり
③人跡未踏の場所である
山に入って山を意識しないことが重要だとされています。
(下界が見えないために山中が意識されない閉ざされた不思議な空間であること)

たしかに高い山の上に珍しい広い平地、盆地であるという部分で、
高野山と上高地の地形は共通する部分があるような気がします。
神聖な場所というのは、結界をはりやすい環境ともいえるのかもしれません。
とはいえ弘法大師が高野山の地を選んだのは、飛行三鈷が飛んで行った場所と言いますので、
まず最初に人のこうしたいという意思があって、
最終的には理屈でなく必然が偶然になって物事はすすんでいくのだな、と思う次第です。

c0145449_14265441.jpg
(一の橋)

c0145449_14370894.jpg
(霊宝館で展示されていた仏像の一部)

難波から南海で特急で一時間半で極楽橋、そこからケーブル5分で高野山駅に到着です。
宿坊も思ったより和気あいあいとした合宿のような雰囲気で過ごしやすかったので
また近いうちに是非行ってみたいと思います。


# by yurikak5 | 2015-08-19 15:04 | | Comments(2)

お休みに入りました

お盆診療も終了し、今日から19日まで一足遅いお休みをいただきます。
みなさん夏休みはゆっくりと過ごされたでしょうか。

我が家では、相変わらずウサギは伸び、

c0145449_14065392.jpg

c0145449_14072359.jpg

カメは甲羅干しを満喫。。。

c0145449_14220006.jpg


なんですが、治療所から連れ帰ったサンタに場所を占拠されてしまった笹の助です。


c0145449_14084937.jpg

笹「えーん、サンタ兄ちゃんが僕の場所とった~~emoticon-0106-crying.gif

私「兄ちゃんはいつも働いてんねんから、休み中くらいええやろ~」

笹「そやな。ほんなら、ボク泳ぐわ!バタバタバタバタバタ

と怒りもせず、ひたすら泳ぐ笹の助emoticon-0136-giggle.gif


これから夏の疲れが出やすく、下半身が弱りやすい時期ですので、
冷たいものやクーラーは少し控え、風邪など引かないように、
お気を付けくださいね。



# by yurikak5 | 2015-08-16 14:27 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(2)

少しずつ秋

まだまだ暑いですが、先週の土曜日、夕方に激しい雷雨に見舞われてから、
少しだけ朝晩の気温が下がってきたように思います。

やはり立秋、こんなに異常気象になっても
暦通りに季節を保とうと、地球はけなげに頑張ってくれているのですね。

それはまるで体の免疫機能のようです。

さて最近、暑すぎてバテ気味だったシオン君ですが、
アイスノンと凍ったペットボトルを毎日入れてあげるようになってから、
すっかり元気を取り戻し、以前のように「遊んで~~」と
催促するようになりしました(^^)

良かった良かった。

c0145449_20554546.jpg

目が少し穏やかになったでしょ。

c0145449_21003040.jpg
「ねぇねぇ、遊んでよ~~」


犬は汗をかけないので、舌を出しハーハーすることで熱を漏らすといいます。
ウサギも汗をかいているところは見たことがありません。
犬のようにハーハーすることもないので、長い耳で熱を放散するしかないのでしょう。
凍らせたペットボトルやアイスノンで冷やすのは、やはり正解だなーと思います。

人間は上手に発汗することで、体温調節ができます。
暑いですが、クーラーにどっぷり漬かり過ぎて汗をかかないと、
内に熱がこもって、頭痛や下痢、吐き気など、却って熱中症のような症状を
引き起こす場合も。

私もこの夏暑さが厳しく、睡眠時暑くなってはクーラーをよく入れ浅眠ぎみでしたが、
乗馬に頑張って行くようにしたら、大量の汗をかき、体が涼しくなり、
夜もトイレにも一回も起きず、クーラーなしで眠れるようになりました。

c0145449_21282777.jpg

東洋医学のバイブル「素問」の四気調神大論には、
夏の養生法は体の陽気をのびのびと汗をかいて発散することが
夏のみならず、秋の健康にもつながると数千年前から記されています。

そこそこ元気な人は思い切って汗をかくことで
スッキリすることも多々ありますのでやってみてくださいね。


# by yurikak5 | 2015-08-12 21:43 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(0)

お盆は診療しています

今年の夏期休暇は例年と異なり、
8/16(日)~8/19(水)までとなっております。

今週は通常通り診療していますので、
よろしくお願いいたします。

c0145449_12150314.gif


# by yurikak5 | 2015-08-10 12:16 | お知らせ | Comments(0)

死ぬまでプロ

c0145449_00022017.jpg
鶴見緑地乗馬苑のお馬さん


今日、実家への道すがら、車を運転しながらふと浮かんだこと。

どんな道でもプロになるのは難しい。

でもプロで居続けることは、もっと難しい・・・ということ。

死ぬまでその道のプロとして生きていけるのは、

本当にすごいことですね。

背部褥瘡や腸閉塞などで入院していた桂歌丸さんの「笑点」復帰には、

心底驚愕いたしました。

死ぬまでプロ、病気をも吹き飛ばす、

その根性が生き様になって、人の心を動かすのかもしれません。




# by yurikak5 | 2015-08-10 00:07 | 雑記 | Comments(2)
今日はとても変なお天気でしたね。
昼の2時すぎ頃、炎天下のもと、どこかに落ちたのではと思うほどの
激しい雷がゴロゴロ鳴り続き、しばらくしたらこれまた炎天下のもと大粒の雨が
ザザザーッ、ボトボトボトッと降りすぐにやみました。
妙に大粒すぎる雨、栃木県あたりでは数日前雹が降っていたといいますが、
これは雹のなりそこないの雨ではなかろうかと思ってしまいました。
雷は陰陽のせめぎあいといいます。
地球のバランスが崩れているのでしょう。
明後日は立秋です。この頃になるとほんの少しだけ秋の風が入りだします。
少しでも暑さがやわらいでくれますように。

c0145449_22505956.jpg

ホルスフィールドリクガメのパーリンですが、
先週あたりから、どうやら完全に夏眠モードに入ってしまいました。
放っておけば三日三晩寝続けています。

体重は現在500gで変化していません。

心配になって最初は毎日無理やり起こして餌場の前においていたのですが、
そこそこ食べても食べた以上の排泄をし、元より体重が減ってしまうので、
起こさない方がましかなという結論に至りました。

現在は3日に1回ほど起こし、餌を見ると思い出したかのように
少しレタスなど食べますが、またすぐに寝ます。
持ち上げると目を開けて、手足は少しバタバタとします。
サンタの冬眠時とそっくりです。

やはりカメには自分の体力や水分量を漏らさず温存するという装置が
すでに備わっているということが、あらためて分かりました。
どんな異常気象にも耐え、二億年も生き続けている理由は、
きっとそこにあるのですね。

c0145449_23044164.jpg



# by yurikak5 | 2015-08-06 23:10 | パーリン(ホルスフィールド) | Comments(0)

アイスノンとシオン君

ウサギは暑さに弱い動物。
それでなくても最近の猛暑には人間も参ってしまいそうですよね。

マロンの時も同じでしたが、シオン君の心臓の拍動が
遠くから見てもわかるくらいになってきたので、
アイスノンやペットボトルを凍らせたものを
布で包んでおいてあげることにしました。
(そのままだと齧って中身が出てきてしまい、
ビニールも食べることがあるのでやめた方がよいです)

c0145449_23302646.jpg

すると、お腹にあててみたり、

c0145449_23310207.jpg

足元においてみたり、

c0145449_23312088.jpg

顔のあたりにおいてみたり。

c0145449_23313732.jpg

自分で上手に調整しているみたいです^^

アイスノン等を使用する場合、同じ場所ばかり冷やすとその部位の経絡やツボが冷えすぎて、
バランスを崩してしまいますので、あてる場所はマメに移動した方がよいですよ。

暑いけど頑張ろうね、シオン君。




# by yurikak5 | 2015-08-03 00:04 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(2)

本日の手抜き料理

暑いですね~~。。。。。
暑すぎて頭が働かなくなってしまいますね~。

食欲もちょっと落ち気味ですが、最近出番の多いゴーヤチャンプルー。
ゴーヤの苦味は内臓の熱を冷ましてくれるので、夏にはとってもいいのです。
チャンプルーにするとゴーヤの苦味がマイルドになって食べやすいw

お昼はそのまま食べたけど、夜は冷やし中華が食べたいなー。
でも具を全部揃えるのも面倒だし、
大量に作ったゴーヤチャンプルーも残ってることだし、、、ということで、
卵とか豚肉とか緑の野菜も入ってるし、具として使ってみることに。

名付けて「ゴーヤチャンプルー冷やし中華」♪

c0145449_23482345.jpg

今日はレモン風味醤油ダレだけど、ゴマダレの方が合ってたかも。



「なんかお母ちゃん、適当すぎるんちゃう」


c0145449_23500641.jpg

暑すぎて目が怒っているシオン君(笑)



いいの、いいの。暑いんだからね。適当でいいのよ~。
でも卵の黄色に豆腐の白、ゴーヤの緑にトマトの赤、海苔の黒、
酸味、苦味、甘味、塩味、辛味(からし)も入って、
五色、五味がそろって、とりあえず栄養バランスはバッチリよ。

暑い夏は適当にいなして、無理をせず乗り切りましょうね♪




# by yurikak5 | 2015-07-30 00:09 | 食養生・薬草 | Comments(4)

身近な陰陽

c0145449_22545502.jpg

東洋医学で最も重要といってもいい陰陽の考え方「太極陰陽論」。
師は陰陽を整えればどんな病でも治るといいます。

実際に2500年前に書かれた東洋医学のバイブル、
黄帝内経「素問」という古典の「陰陽応象大論」の中に詳しく
そのような内容が解かれ「陰陽は天地の道理である」と説かれています。

陰陽の理論は、少々複雑です。
自らの健康を守るために役立つので、患者さんにも知ってもらいたいものの、
短時間で詳しく説明するのはとても困難です。
そんな時、私はいつも食べ物や季節など身近な陰陽の例を探して、
なるべく分かりやすく患者さんにお話しするようにしています。

陰陽の根底は「易経」から発生していて、
白黒はっきりつけるといった二元論ではなく、
二元的一元論といって、必ず太極という場がベースにあります。

易の中では陰極まれば陽になり(例えば朝から夜へまた朝へ)といったように変化するもの(変易)、
また火と水、男性と女性など、決して変化しないもの(不易)
すべてのものは変化するが、単純明快な陰と陽から成り立っていること(簡易)
この三つが真理だとされてます。
また転化の法則、互根の法則など、陰陽の16の法則というものがありこちらも重要ですが、
詳しくはこちらに書かれています。

陰陽というのは自然の理ですから、身近なところにたくさん存在します。
毎日それを探すのが私の趣味と言っていいかもしれません。
陰陽のバランスが取れたものは、とても美しかったり、
美味しかったり、感動をもたらすものが多いので、
見つけることは幸せにつながるのです。

最近見つけた身近な陰陽は・・・。
c0145449_00314127.jpg

先日、雅楽のゼミナールに参加させていただきましたが、
雅楽の舞の中に「右舞」「左舞」というのがあって、
「右舞」は陰で女性的な物静かな踊り、
「左舞」は陽で男性的な大胆で力強い踊りだそうです。
古く中国から渡ってきたものには、やはり陰陽思想が根付いているようです。
笙など雅楽の音符にも五行色体表の「五調子」の雙調とか平調とかが
用いられているそうですね。

また亀の生態を学ぶのに読んでいた本の中で、
日陰の場所に産卵した卵からはオス(陽)が生まれ、
日向の場所に散乱した卵からはメス(陰)が生まれやすいと。
これは陰陽が異極を求める様ですね。
自然界では色々な場所に産むのでバランスがとれるそうですが、
同じ場所で繁殖をしている場合など、日陰が多いとオスばかりになるそうです。
砂浜に産むウミガメの場合はまた陰陽の法則が違いそうですけどね。

よく観察していたら、毎日身近な陰陽はそこにあります。
自然界の真理、面白いです。



# by yurikak5 | 2015-07-27 00:22 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(0)

デュランタ sanpo

今年もデュランタが咲いてくれました。

夏の日差しにも負けない強い花です。

過去記事を探ってみると、もうかれこれ10年来のお付き合い。

c0145449_22223831.jpg


鮮やかな紫色にいつも癒されます。


c0145449_22225278.jpg

植え替えたら大きくなりすぎて、何度も先手しましたが、
それでもグングン成長する元気な子。
デュランタさん、これからもよろしくね。



# by yurikak5 | 2015-07-23 22:30 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(0)
台風一過。。。

ついに梅雨が明けましたね♪
夏は大好きな私です。
皆様は連休をいかが過ごされたでしょうか。

以前、トマトの苗をベランダの植木鉢に植えたお話を書きました。
あれから一カ月半。ついに記念すべき一個目のトマトが色づき始めました^^

c0145449_22393400.jpg

完熟するまで待つつもりですが、食べ頃を逃さないようにしないとですね~。

c0145449_22395486.jpg

他にも待機組が約十個ほど。楽しみです♪


昨日は母が左足が倍に腫れるほどの捻挫をしたため、シオン君を連れて実家へ。
捻挫は初期にしっかり治しておかないと、後々痛みを引きずりやすいため、
ちょっと期間をつめて治療しています。
実は捻挫に鍼は、びっくりするくらいよく効くのですよ。
後遺症がほとんど出ませんし、繰り返さなくなります。
母も一度の治療で半分以上腫れが引きましたが、
調子に乗って歩きすぎ、また少し悪化。
でも今日の治療でほぼ治ると思います。

c0145449_22515272.jpg

久々うさんぽのシオン君。土の上は野性味が溢れる感じが好き☆

c0145449_23040280.jpg

でもでも、、、この連休の一番のスクープと言ったら!!!
ついにサンタと笹の助が初めて一緒に甲羅干しをしてました。
そして写真におさめることができました♪♪♪
親子亀のように重なる日も遠くないかもしれません。

c0145449_22541279.jpg

気付かれないようにそーっと近づいて、望遠で撮りました^^

最初はケンカしたり、いじめたりしていたので、
仲良しは嬉しいですね。



# by yurikak5 | 2015-07-20 23:15 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(6)

ボク、暑いです。

いや~、連日暑いですね~。。。
さすがのシオン君も少々バテ気味です。

c0145449_22441758.jpg


いつもケージから出したら、一目散にベランダに直行するのですが、
今日はなんと風呂場で寝てました(^^;)
動物って涼しい場所、良く知ってますね。


c0145449_22440880.jpg


もう暑くてボク何にもしたくないよ~。


c0145449_22445993.jpg


夏はウサギにとって苦手な季節なんだよねー。


c0145449_22460292.jpg

ぐでーん。

c0145449_22470262.jpg


でも僕は食欲だけは衰えないんだ。
お母ちゃん、美味しいお野菜と西瓜、またよろしくね!


皆様も熱中症や胃腸病など、くれぐれもお気を付けください。





# by yurikak5 | 2015-07-15 22:52 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(4)

リクガメの鍼治療

c0145449_20573626.jpg

「うちのカメ」石川良輔 八坂書房より

c0145449_21165780.jpg
亀の甲羅は肋骨(あばら骨)の進化したもの



先日、ホルスフィールドリクガメのバーリンが、
食欲不振になって動かず、夏眠のようだという話を書きました。

あれから3日に1回位は少々食べるものの、それ以外はひたすら嗜眠傾向。
無理やり起こすと少し食べることもありますが、
食べるとすぐ尿が出て、食べる前より体重が減ってしまう。
520g→500gになった時、これはちょっと減り過ぎではないかと
心配になってきました。


c0145449_21463072.jpg

リクガメは非常に神経質な生き物で、
食欲不振のまま死んでしまうこともあるといいます。
だからといって、動物病院で点滴などしたら、
ショックでよけい動かなくなってしまいそう・・・。

灯台下暗しとはこのことです。
そうだ、これはやはり鍼治療しかないのではないか。
しかし、ウサギの治療は何度も経験していますが、カメの治療はいまだ研究中。。。
少し前にカメの甲羅は肋骨が変化したものだという研究発表を知り、
ならば哺乳類のツボと類似するのだろうなという考えはありましたが、
いかんせん甲羅の上は冷たく、体表観察がしにくいのです。

しかし、バーリンの命を守るためには、そんなことも言ってられません。
小さな甲羅の上に何度も掌をあて、懸命にツボを探してみました。
すると、甲羅の継ぎ目にわずかな冷え?らしきものを発見。
ここに金の古代鍼をかざし、補法を施術。

証は食欲不振、嗜眠傾向、多尿傾向、暖かい場所が好き、動きが鈍い、などから、
脾腎の陽虚と診断しました。

c0145449_21194116.jpg

毎日治療し、今日で4日目。
なんと少しずつですが毎日食べてくれて、
1カ月ぶりにフードも口にしました。(野菜は白菜がお気に入り)
一度排泄が多くて498gになってしまいましたが、
その後盛り返し、今日518gまで回復!!嬉しい~~♪♪♪
動いている時間も少し増え、表情も豊かになってきました。

まさか、こんなに効くとは思いませんでした。
もっと早くやってあげたら良かったです。
爬虫類にも効く鍼灸ってすごい。
そういえば植物にも効くという話を聞いたことがあります。
生きとし生きるものすべてに、気が流れているからかもしれません。

この調子で何とか夏を乗り越えてくれますように。





# by yurikak5 | 2015-07-12 22:00 | パーリン(ホルスフィールド) | Comments(6)

伝わる言葉。

c0145449_21170388.jpg


二年ぶりに来院された患者さん。

かつて心も体も問題がたくさんたくさんあって、

長い時間かけて大変な思いをして治した、忘れられない患者さん。

すっかり元気になって、運動歴が全くなかったのに、

テント背負って日本アルプスまで登れるようになって、

病弱だった時が信じられないくらい別人になられた。

急性の病気で久々に来院して談笑。

「先生、こんなこと言ってくれたよね。」

言った本人すら忘れている、

私が何気なく言った一言をずーーっと覚えていてくれていて、

感動して涙が出そうになった。

一生懸命、相手に伝えようとして言った言葉でなく、

何気なく言った素の言葉が、相手の心に残る。

言葉も文章も、実はそんなものなのかもしれない。

だからこそ、素の自分がいつも試される。

これからも日々精進。






# by yurikak5 | 2015-07-08 21:31 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(0)
先週、半年しか使っていないスマホが急に電源が入らなくなり、

修理になってしまいました。

先日、無事、新品状態で帰ってきました。( 一一)

一週間、代替機で過ごしたため、写真を撮りませんでした。

なのでネタ不足です(^^;

ということで(?)多分半年以上ぶりに登場です。

苦手な方はスルーしてくださいね。

この夏でなんと3才を迎えます。

パチパチパチ。

元気です。るるちゃん。

これからもよろしくね^^


c0145449_23400296.jpg

きゅるんとしたお目めがかわいい~

c0145449_23414527.jpg

動かず、飲まず、たいして食わず。
でも筋肉が衰えないって、どういうことなんでしょうね。。。

この子も謎多し。




# by yurikak5 | 2015-07-05 23:49 | るる(ベルツノガエル) | Comments(0)
c0145449_22022210.jpg


(続きです)


「猫なんて役立たず」という人も、
実は犬の自分を完全に納得できていない人かもしれません。

犬として立派に生きているし、それが自慢のオレ。
日々世の中の役に立派に立ってるぜ。

そうはいいながらも、猫の生き方がうらやましかったりする。
犬としてしか生きれない自分だが、
実はそれが少し辛かったりすることもある。
でもやっぱりオレは犬なんだよな~。


・・・はい、お犬様。お疲れ様です。
いつも世のため人のためありがとうございます。

でもね、あなたの本当の姿はアルマジロかもしれなくってよ・・・(+_+)


勤勉な日本国民はどちらかといえば犬社会が主流。
特に出る杭は打たれる、際立った個性を認めない風潮がありますので、
変わった動物には、なかなか生きにくい国ではあります。
とりあえず食い扶持を稼ぐため、犬のフリしてるけれど、
それで疲れ切って心の病を発症する人は多くいます。

"♪ありのままの~"なんて歌が大ヒットした背景には、
そういった窮屈な日本の社会を払拭したいという思いが
反映されているように思えてなりません。

日々の暮らしの中で、もっとありのままに生きたいものですね。
変わった動物でも見た目だけではわからない、
様々な才能をもっていることに驚かされます。

例えばナマケモノという動物。
木の上ではゆっくりとしか動かず、いつも寝ているみたいです。
実は泳ぐことが出来、水の中ではすごいスピードで泳ぎます。

カメもそうです。ゆっくりしか動かないと思ったら大間違い。
素早い足取りで、ちょっと目を離したスキに、
あっという間にいなくなることも。

コアラやパンダなんて、なーんにもしません。
コアラなんてユーカリの葉っぱだけ食べて、一日の大半寝ています。
でもあの類まれなる、独特の愛らしい風貌。
見ているだけで癒される人はどれほどいることでしょう。
可愛いだけでも才能ですね。

大切なのはコアラとして、パンダとして、
精一杯生きているかどうかということ。
動物たちはそんなことなどつゆ知らず、
自らに与えられた役割をただひたすらに全うしています。
人も動物も、周囲のの言動に振り回されず、
ただひたすらに自分の生を全うするその姿が、
感動を与えるのだなぁと、動物を飼育しながらいつも思います。

そしてさらに重要なのは、動物達のように
誰もができることだということです。
他と比較することさえしなければ。
ウサギはライオンやパンダにはなれません。
ウサギ道を突き進むしかないのです。
それが叶ったとき、たとえ主役になれなくてもキラキラと輝きはじめ、
自らの身の丈に合った幸せを感受できることでしょう。


終わり



# by yurikak5 | 2015-07-01 22:54 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(2)

画集と四天王寺大学

昨年2月、母の油絵と谷口雅美さんの文章がコラボした、
短編画集「鳥と猫と君とボク」を作りました。

c0145449_22255103.jpg


その本を読んでくださった、長く来院されている患者さんのお一人に、
四天王寺大学の人文社会学部日本学科の先生がいらっしゃるのですが、
雅美さんの文章を気に入ってくださって、なんと大学の外部講師にお願いできないかと、
突如治療中にそんなお話が降ってわいたのがついこないだでした。

それからあっという間に月日は過ぎ、
当初恥ずかしがっていた雅美さんも土壇場には強いようで、
先日120人の生徒さんを前に立派に講義を終えられました。
和気あいあいとしたその時の様子が、大学のHPにアップされていますので、
良かったらご覧ください。

c0145449_22194399.jpg
講義中の雅美さん。(四天王寺大学HPより転載)


FM尼崎「8時だよ、神様仏様」のアシスタントもされていて、お話も上手な雅美さん。
まるで四天王寺大学とのご縁は用意されていたかのようでした。

それにしても、見ず知らずの患者さん同志がつながって、
新しい世界が開けていくというのは本当に素敵なことですね。
人と人との輪をつなぐお手伝いができたこと、それが画集がきっかけだったこと、
とても嬉しく思っています。

夏には画集を教材に使っていただき「創作論」のセミナーが行われるそうです。
聞きにはいけませんので、またHPがアップされるのが楽しみです。
頑張ってね、雅美さん^^





# by yurikak5 | 2015-06-29 23:02 | Mother's Art&Book | Comments(4)

リクガメの夏眠??

リクガメのバーリンが先週あたりから食べる量が激減し、
ついに3日前から何も食べなくなってしまいました。
たまにゴソゴソしますが、ひたすら寝てばかりいます。

カメは冬眠する生き物なので、少々食べなくても死ぬことはないとは思いますが、
6月中で体重が520gから504gまで減ってしまったので、少し心配です。

先月まで元気いっぱいで、食欲も旺盛でしたし、
他に病気らしい形跡は見当たりません。
寝ていても持ち上げると手足をバタバタして力はあります。

そういえば夏眠という言葉を聞いたことがあるなーと調べてみたら、
リクガメは自然界では暑さから逃れるために地中に穴を掘って潜り、
夏の間、代謝を下げ身を守るらしいです。
一年のうち活動している期間は短く、冬眠と夏眠をのぞけば3ヵ月程度とか。

新しいケージは結局気に入らなかったようで、
また水槽に戻しました。

四季のない地方に生息する、リクガメの飼育は本当に難易度が高いです。
どうかまた元気な顔をみせてくれますように。

c0145449_21350043.jpg




# by yurikak5 | 2015-06-28 21:36 | パーリン(リクガメ) | Comments(4)

本当の自分は何だろう③

c0145449_21154306.jpg
(笹の助とサンタ)

(前回の続きです)

病んでいる人の多くは、自分は猫なのに何らかの理由で犬の素振りをしていたり、
自分はカメなのにウサギのような生き方を選んでいたりすることで
引き起こされているケースが多くみられます。

それは逃れられない環境や状況による我慢だったり、
不本意な人間関係からくる誤解だったり、
長期にわたる心や魂を傷つけられたトラウマだったり、
様々な苦しみが、怒りや憎しみ悲しみなどのマイナスな感情を引き起こし、
歪んだ人格を作ってしまうのです。

それに加え、東洋医学では個々の体質により病みやすい臓腑が偏るため、
世間では個性ともいわれる独自の感情が自然発生し、
(肝は怒、肺は悲など、臓腑にも感情が宿るとされています。参照)
偏った感情が繰り返されることで、心の奥底に邪気が徐々に沈澱され、
心身ともに病気を作り上げてゆきます。

c0145449_21160502.jpg


長い間病んでいた人が、鍼灸治療を施し治っていく過程において、
本来の自分らしさが出てくることはよくあることです。
厄介な個性と思っていた性格も、丸くなってくることもよくあります。
それは臓腑が根底から治癒することにより、
自身の悪い心の思い癖が、体の苦痛と共に治っていくからだと思います。

その時、患者さんは本当にキラキラと輝いています。
それは犬であっても、猫であっても、ウサギであっても。
本来の自分を受け止められるようになっている姿です。

とはいえ、悩みの種が完全に去らなければ、また同じことが繰り返されることもあります。
生きる糧を得るにはそれしかないなど、逃れられない運命もあるでしょう。

ただひとつ言えるのは、まず自分が自覚できるようになることで、
固まっていた自分を取り巻く鎖が、解けだすことがあるということです。
まず自分が本来の姿に気づくことにより、解決策は見つかりやすくなるのです。




# by yurikak5 | 2015-06-24 21:33 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(2)

西瓜とウサギ。

生前、ヨモギと一緒にうさんぽに行ってくれた しーちゃんさんちのカデちゃん。

お目目のパッチリした茶色くて小さな足の速い女の子。

あれから三年。早いものです。


c0145449_23055330.jpg
(↑カデちゃんです)



その後、大阪育ちのしーちゃんは豊橋にお嫁に行ってしまい、

一緒に遊ぶこともなくなりました。


しばらくしてヨモギが亡くなったのですが、

それを知ったしーちゃんは大きな西瓜を豊橋からお供えに送ってくださったのです。


c0145449_23080557.jpg
(はじめまして、颯希くん♪)


そして今年、なんとしーちゃんご夫婦にとっても可愛い赤ちゃんが生まれました^^

待望の赤ちゃん。高齢出産にも関わらず、母子ともに元気です。


先日、里帰りのついでにカデちゃんと赤ちゃんを背負って、

治療所に遊びに来てくれました。

シオンに会いたいとのリクエストがありましたので、

連れて行ってカデちゃんとご対面。

c0145449_23091454.jpg

シオンでか過ぎ。カデちゃんの倍くらいありますね(^^;

c0145449_23101762.jpg

これこれ、やめなさい~

c0145449_23111730.jpg

そして先月28日はヨモギの一周忌。

しーちゃんはまた西瓜をお土産に持ってきてくれたのでした。

c0145449_23114286.jpg


ヨモギのことも忘れずにいてくれたんだ・・・と思うと、

なんだかジーンとしました(涙)


西瓜、美味しかったです。ごちそうさまでした !

赤ちゃんの成長楽しみにしています^^






# by yurikak5 | 2015-06-20 23:27 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(6)

猫は役立たず(・・?②

c0145449_22473739.jpg


前回人間が動物と重なるというお話を書きました。

ではいったい自分が犬なのか、猫なのか、ウサギなのか、カメなのか。
何者であるのか。

くれぐれも間違えてはいけないのは、
犬は良くて猫がダメとか、ウサギが良くてカメがダメとか、
決してそういう問題ではありません。
もしそういった思考をお持ちなら、やめたほうが賢明です。

昔、犬好きの私の父は言いました。
「猫など、何の役にもたたん」
確かに犬ほど人の言うことは聞かず、
仕事をするほどの従順さは兼ね備えていません。
だからといって、何の役にもたたん生き物が、
何故にこの世に存在するのでしょうか。

余談ですが、その父が私が小学五年生の時、
神社に捨てられていた猫を二匹拾ってきて我が家の一員としたのは事実ですし、
ケンカしながらも猫型思考の母と長年連れ添ったというのも事実です。
しかし事あるごとに、そんな猫型の母の意見を取り入れ、
仕事にも生かしていたのですから、
何の役にもたたんと言われてはちょっと可愛そうですよね。

強者の動物に似ている人は傲慢で偉そうです。
弱者の動物に似ている人は、自分を卑下し強いものをうらやみます。

でもそれでは大切なのものを見失ってしまうのです。


# by yurikak5 | 2015-06-17 23:05 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(2)

動物と患者さん①

c0145449_23093201.jpg
(患者さん宅の雑種犬ナナちゃん)


人間を動物に例えるのは失礼かもしれませんが、
十二支でも動物に例えられるように、
人間にも犬っぽい人、猫っぽい人、
それぞれに似た個性があるように思います。

様々な動物達と接していると、人間関係を上手くとるための
ヒントがたくさん隠されていて、
私にとって動物とのコミュニケーションは
患者さんとのコミュニケーションを結ぶために、
日々役立っています。

犬タイプの人は、愛情深く忠誠心強く寂しがりや。
上下関係の規律厳しく、組織で生きる男性とよく似ている。

猫タイプは個を大事にし、プライド高くややきまま。
ツンデレで女性的。

ウサギタイプは群れたがるけれども、実は孤独を愛する部分も大きい。
情熱的なように見えて案外諦めが早く、やや中性的なイメージです。

カメは鬱病の人とよく似ていて、繊細で一見気が弱く見えるものの芯は強く、
一度心を許すと信頼は高く、かわいらしい一面をみせてくれます。

カエルは全く我関せずで、好きな道を行くという感じだし、
鳥はいつも明るくて負けず嫌い、過去にこだわらない。
(後ろ向きには飛べませんからね)

馬はまだ接して三年ほどですが、かなり激しくて神経質な気性ではありますが、
人間との触れ合いは好きで、認めてくれると従順にいうことを聞いてくれます。

もちろん、種は同じでも、一匹一匹で性格も違いますので、
それも考慮しなければなりませんが、
大きい括りでは似たところはあるように思います。

毎日患者さんと接していますと、
日々、様々なタイプの方と初めての出会いがあります。
個性を知り、その心をつかむ、ということが、
大切なことだなぁと、何年たっても感じる今日この頃です。




# by yurikak5 | 2015-06-15 00:30 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(0)

久々ポポちゃん。 animal

久しぶりに外に出してあげました。

c0145449_21463963.jpg

年中を通して元気いっぱいのポポちゃん。
最近は窓の外からから聞こえてくる
様々な鳥の声を真似して、ひとり愉しんでいます。

c0145449_22025280.jpg


ほんの少しの餌と水と菜っ葉。
これだけで生きている鳥。
それでいて飛べて鳴き声も大きい。
なんて省エネなんでしょう。

c0145449_22034414.jpg


先日、マンションの前でカラスがやたら騒いでいるなーと思ったら、
大きなビワの木に十羽くらいのカラスが止まり、
たわわになったビワの実の争奪戦をしていました。

ビワをくわえて、近くの電柱に止まり、
その下には大量に落とされたビワの種でアスファルトが汚れてる。
土なら問題ないんでしょうけどね。。。
暑い時期の水分補給にカラスも必死の様子でした。



# by yurikak5 | 2015-06-12 15:28 | ポポ(ボタンインコ) | Comments(0)

梅雨入りですね

真夏のような五月が終わったと思ったら、もう梅雨ですね。
この気温差に体のバランスを崩している方も多いのではないでしょうか。
少し気温が下がって過ごしやすい面もあります。
十分な睡眠を良くとり、疲れをとってくださいね。

ベランダの鉢植えのビワが、今年も二個だけ実をつけました。

c0145449_23380491.jpg

取るのが早かったのか、ちょっと酸っぱかったです(>_<)
早くとらないと、カラスに食べられてしまうことがあったので
一個は早めに取ったのです。食べ頃って難しいですね。

c0145449_23370673.jpg

美しい紫陽花が、あちらこちら咲いてます。

c0145449_23402175.jpg


c0145449_23403792.jpg


c0145449_23410278.jpg



c0145449_23415443.jpg



c0145449_23421584.jpg


昔推理小説でありましたが、紫陽花って土壌によって色が変わるんですよね。
白いのも植える場所が違うと色がかわるのでしょうか。



# by yurikak5 | 2015-06-07 23:47 | 花・自然 | Comments(4)

トマトの苗を食べる奴。

トマトの苗をもらったので植えてみました。

うん、いい感じ^^
大きくなってたくさん実がつきますように♪


c0145449_22493622.jpg

と思ったら・・・・。


c0145449_22511660.jpg


いきなり葉っぱがないではありませんか(>_<)


・・・・。


そう、犯人はこやつです。


c0145449_22515748.jpg

美味しいものばかり食べて最近腹がでっぷりしてきている、そこのあなた!


いいんです。我が家はウサギが一番偉いんですから。
ウサギ様の健康のためなら、トマトの苗の一つや二つ・・・


・・・なんてことばかり言ってられないので、
手の届かないところへトマト苗を避難させました。


それなのに。
奴は上手でまたやられてしまいました。
大分成長していたのに・・・ありえないわ(+_+)
(上の苗の写真は10日ほど前のものです)

c0145449_22534876.jpg

人間と獣の闘い。
なかなか手ごわい相手です。





# by yurikak5 | 2015-06-04 23:03 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(2)

鍼灸と動物と音楽と。(漢方柚鍼灸院院長ブログ)


by yurika