夏 or 秋 (・・?

今日は日中、かなり気温があがりましたね。大阪では30℃を超えていました。
空を見れば東を見たら入道雲、西を見たら鱗雲、
いったい夏なのか秋なのか、服装も悩んでしまいますね。
もうすぐ10月というのに30℃も超える日なんて今まであったのかな~?
台風も次々とやってきて、過ごしにくい気候が続いています。

c0145449_20505362.jpg


朝晩気温が下がるせいか、最近下半身が冷えている方がとても多いです。
また気温が下がったため汗をかかなくなって、体に熱がこもっている人も。
台風の雨で湿気にやられ、また悪天候で運動不足となり
脾が弱るため体が重だるくなります。
風の影響では肝気が上昇してめまいなど起こりやすくなり、
体の表面は冷えと湿気で風邪を引きやすい状況を作り出します。
また気候の変動は精神も不安定にさせるのですよ。
お天気と体の影響は、切っても切れない関係があります。

c0145449_20514793.jpg

健康法とは実は単純なものです。
頭で難しく考えなくても自分の身体の声にそっと耳を傾け、
素直に言うことを聞いてあげるだけで良いのです。
下半身を冷えていたらあたため、適度な運動で汗をかき(運動は不可欠)、
眠気があれば早く寝て、食欲ないときは無理に食べないでお腹が空くのを待つ。
私も若干体がだる重かったですが、乗馬に行ったら体の表面が温まりスッキリしました^^

c0145449_20520762.jpg
爽やかな秋が待ち遠しいですが、上手に養生をして体を守っていきましょうね



# by yurikak5 | 2016-09-25 21:11 | 健康 | Comments(0)

敬老の日とハルカス

今日は敬老の日ですね。

母に「シルバーウィークにどこか行きたい?」と聞くと、
「天王寺動物園。ついでにハルカスも行ったことないから行きたい。」
というので、久しぶりの遠出?です。

天王寺動物園には、母が昔良く描いていた「ベニジュケイ」という鳥がいるのです。
一人でよくスケッチしに来ていたようです。


「ベニジュケイ」はじっとしてくれなかったのでうまく撮れず、
この子は隣にいた「ヒオドシジュケイ」

c0145449_21540320.jpg

出来上がった絵はこんな感じ。「鳥と猫と君とボク」南船北馬舎より

c0145449_21593184.jpg

そういえば今年喜寿だし、御祝もしてなかったな~と思い、
淡路島の兄夫婦とハルカス行きたい!という3人の孫達も呼んで、数年ぶりの会食となりました。

c0145449_22015606.jpg

ハルカス最上階60階からの眺め。
私は16階までは上ったことありましたが、60階は迫力ありますね。
あいにくの天気でしたが、少し晴れ間が出てくれました。


"あべのべあ"と記念撮影したあと

c0145449_22035492.jpg

皆で57階のレストランでお食事^^

c0145449_22074217.jpg

c0145449_22084653.jpg

「孫たちに会えて、元気出たわ」と言ってくれました。
お母さん、次は傘寿まで元気でいてね。



# by yurikak5 | 2016-09-19 22:20 | Mother's Art&Book | Comments(0)

少しだけ秋の空

毎日雨続き、湿気が多くて暑くて、まるで梅雨のよう。。。
衣類もまだ夏仕様だし、なかなか秋という感じがしません。

でも先日、お散歩途中、少しだけ秋らしい空を見ました。

c0145449_22070269.jpg


c0145449_22115780.jpg

台風の雲にまぎれて鱗雲が。
夕焼けに染まってとてもきれいでした(*^^*)


湿気と秋という季節がら、脾や肺が弱りやすくなっています。
クーラーは控えめに、軽く運動で手足を動かし、腹八分で気を付けましょうね。



# by yurikak5 | 2016-09-13 22:22 | 花・自然 | Comments(0)

秋名菊と子供の言葉

度重なる台風が去って、やっとやっと窓から秋風が吹いてくるようになりました(^O^)
クーラーつけなくても28℃です♪あぁ幸せ・・・。今年の大阪は本当に暑かったです。

先日、お花の中にピンクの秋名菊(シュウメイギク)が入っていました。
どことなくコスモスを思わせる、秋らしい可憐な花です。

前から見ても美しいのですが

c0145449_23383028.jpg

後姿や蕾も魅力的なんです。

c0145449_23385426.jpg

少し項垂れた背中や、ガクのところの色合いや形状がまたいいのよね~・・・
と思いながら写真撮っていたら、ふと昔あった出来事を思い出しました。

c0145449_23400553.jpg

それは7、8年前のこと。
治療院には小児鍼などで来る子供 も多いのですが、
0才の時から診ていたR君が3~4才くらいの頃。
待合室から廊下に立っている私をみて、まださほど語彙もないR君が、
信じられない可愛いらしい事を言ってくれたのです。

「センセー、可愛い(^^)」

そこで普通は子供の言うことですから「ありがとう」で終わりなんでしょうけれど、
まさかの突然の告白?に、それって私のこと?それとも違うもの見て言ってるのかな?と
疑問に思い、

「えっ?どこが?どこが可愛いの?」

と3才児相手に聞いてしまいました(笑)

するとR君は、少し考えて元気よくこう答えました。

「背中!」

小さな子供の意外な答えに、最初は複雑な気持ちになったものの
でも私の働く背中から何かを感じ取ってくれたのかな~とか、
背中で語るとか言うしな~とか自分にいいように考え(笑)
あとからジワジワ嬉しくなった懐かしいエピソードでした。



# by yurikak5 | 2016-09-09 00:16 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(0)

動物の血液型

昨日、初めて知りました。
動物に血液型があるってこと。

なんと亀はすべてB型なんですって!
ほんまや、、、その通りやわ、、、とBO型の私は思う。
ついでにいうなら亀はBB型が多いのではなかろうか。
牛やゴリラ、クジラもB型らしい。

カエルはほぼAB(超納得)で、ウサギはAかB。猫やブタ、魚はA。
種によってほぼ同一の血液型があることを知り、目から鱗の私です。

なんと植物にも血液型があるらしい・・・?!
詳しく調べてみると面白そうです。


c0145449_23183857.jpg

昼下がり。患者さんが来られても、全く気にせず甲羅干しを続けるサンタ。
B型だったのね



# by yurikak5 | 2016-09-04 23:29 | 動物いろいろ | Comments(2)

古きに学ぶ

今日で8月も終わりですね。
猛暑続きだった大阪も、台風で一気に涼しくなり秋の訪れを感じます。
日中はまだ暑さが残りますが、夜はエアコンなしで眠れるようなりました(^^)/
涼しくなり妙にハッスルして動きの激しいシオン君です

c0145449_18143140.jpg

先日、毎年8月の最終日曜日に開催される、所属団体の100名規模の大研修会がありました。
昔は教えられる方だったのですが、時が経ち今や私も指導する立場に。。。
この研修会は安土桃山時代の禅僧で医師でもある夢分斎が編み出した
「夢分流打鍼術」の理論と技術を丸一日かけて学ぶ勉強会です。
簡単に言うと先の丸い鍼を腹部にあて、小槌でコンコンと叩き邪気をとる鍼法ですが、
昔は皮膚に刺入していたのを、師が過敏な現代人向けに先を丸くして改良し、
臨床の中から触れるだけの鍼でも十分に効果があるということが検証されました。

c0145449_18095206.jpg
(これは初版本のため、現在は装丁が違います)


もともとこの打鍼術は夢分斎が母親の難病を治したい一心から生み出された鍼法であり、
打鍼の教科書となる「弁釈鍼道秘訣集 」(藤本蓮風著・緑書房)には、
技術的な部分もさることながら、治療家としての心持ちの大事が書かれています。
鍼灸術を学ぶ者にとって、最も大切なこと。
病める人を治したいという一念、邪念のない素直なとらわれのない気持ちを持つことにより
本当の自分=本来的自我(仏性)が輝きだし、(技術に心、魂が宿り)病める人を癒すことができる。
これこそが医の原点だと説いています。
またさらにすすみ、無我の境地に入れば、そのようなことを意識せずとも、的確な治療が
出来るようになるという、治療家としての生き方をも包含する内容がたくさん盛り込まれていて、
この弁釈鍼道秘訣集は、数ある師の著作の中で私が一番好きな本でもあります。

スタッフもみな参加しましたが、この勉強会は打鍼を通して指導者も受講者も
初心に戻ることのできる素晴らしい場ではないかと私は思っています。

秋の訪れとともに、ゆっくりと古い本を紐解く時間を作っていきたいものですね(^^)




# by yurikak5 | 2016-08-31 19:00 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(2)

メダカの水草

8月に入ってから、ほぼ35~37℃以上が続いている灼熱地獄の大阪(*_*;
もういいかげん勘弁してくださいという気持ちです。
最近あまりに暑いので、今日の最高気温ランキング を毎日チェックしているのですが、
特にこの猛暑日、真夏日等の日別の地点数 を見れば、いかに今年が暑いかがわかります。
去年の今頃は猛暑日はほとんどありません。

今日は昼過ぎに曇り空になり、少しだけ雨が降ったので屋外での仕事もしやすく、
メダカの水槽用に少し前に買っていた水草をやっと入れることができました。
3年ほど前は20匹ほどいたメダカも自然淘汰され、今はヒメダカと黒メダカの計5匹だけ。
丈夫な子が生き残ったのでしょう。貝だけは強いですね。いまだに増え続けています。

長く飼っているとメダカも慣れたもので、私がいくとそばに寄ってきて可愛い(^.^)
(真ん中のソイルに植えているのが新しい水草で、これからぐんぐん伸びる予定)

c0145449_21325298.jpg


メダカちゃん、気に入ってくれたかな~。


c0145449_21271291.jpg

余分な水草と貝は笹の助に食べてもらいます
頼むよ、笹の助^^


c0145449_21353382.jpg
「まかしときなはれ、何でも食べまっせ~」


最近は水草でもバリバリ食べる笹の助。
サンタに勝つ日は遠くないかもしれません




# by yurikak5 | 2016-08-24 21:59 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(2)

夏の空

ペーパードライパーを脱却して早4年が過ぎました。
お陰様で安全に走行することができています。

c0145449_22035430.jpg


運転して良かったことのひとつは、やはり美しい景色に触れられることでしょうか。
特に高速道路と空は本当に近くて、見たことのない雲や夕焼けなどに出会うと
「おおおーーー!!!」と走りながら一人叫んでしまうことも(笑)
怖い、しんどい、緊張する~と言っていた運転も少しずつ爽快感に変わってきたようです。


c0145449_22040636.jpg


どんなことでも経験値は経験することでしか上がりません。
苦手な事でもひたすらコツコツと。。。
いつの間にか、得意分野になることだってあるはず。
焦らずたゆまず安全運転で、母と同じく70歳までは乗れるといいな~。

(※写真は田舎道で車がほとんどなかったので少し停車して撮りました。)



# by yurikak5 | 2016-08-21 22:14 | ペーパードライパー | Comments(0)

言葉のない世界

人間も含め、動物と日々接していると、

最終的には言葉はいらないのではないかと思う時がある。

人はあまのじゃくで、いつも思った通りのことを言うとは限らない。

仕事上の患者さんの問診であっても、本当のことを言っていないこともある。

また病気のため話せなかったり、記憶が飛んでしまったり、支離滅裂になったり、

幼い子供やご高齢の方では正確な返答は難しいこともある。


言葉は便利だし、言葉で癒されることも多々ある。特に頭での理解には役立つ。

けれどもっと根源的な本質的な部分での理解、魂での理解とでもいうのか、

それには言葉はいらないように思う。

傍らにいて、肌に触れて、目と目で、心が通じ合う世界。

それが病を治療する上で一番大事なことなんだなーと。。。


そんなことを考えていたら、それを目の当たりにした動画を見た。驚愕である。

人馬一体というが、馬を意のままに操るには、

馬との深い心のつながりがなければ難しいという。

この動画の一番注目すべきは、無理やりやらせる曲芸ではなく、

馬も乗り手も、自由で幸せそうだということ。

人間と動物と自然の融合。素晴らしい世界を作りあげた方だと思う。

世界は広い。




(フランス語分からないので大体ですが、この方のテレビ出演した動画によると、
南フランス・アルル地方のカマルグ自然公園という半野生馬がいる場所のようです)



# by yurikak5 | 2016-08-17 22:28 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(2)

夏の味酒

今年の大阪は、ホンマに暑すぎですね(*_*)
私も乗馬の日は元気だったものの、その後ちょっと熱中症気味になっておりました。
自分で鍼で体の調整しながら生活しています。
お盆明けには少し気温が下がってくれるといいですね。

先日、お気に入りのご近所さん「味酒かむなび」で、
涼を感じるお料理とお酒をいただいてきました^^

トマトとジュンサイとソーメンカボチャのゼリー寄せ

c0145449_22052601.jpg

水ナスと鶏味噌

c0145449_22062509.jpg

立秋も過ぎ、夏の中にももう秋が。
なんとメキシコ産の松茸だそう。香り良かったですよ。

c0145449_22071045.jpg

右のウナギっぽいのはウナギもどきで、山芋など植物性のもので作られています。
ウナギに負けないくらい美味しかったです^^

c0145449_22073933.jpg


日本酒のラベルもお味もさわやか夏仕様。

「阿部勘」の真っ白なラベルの裏では・・・

c0145449_22122381.jpg

金魚が泳いでいました。粋ですね~

c0145449_22091507.jpg


「蒼空」のこの紫、好きです~♡
こんなグラデーションのスカートがあったら欲しい(笑)


c0145449_22142096.jpg


みんな美味しかったけど、今回、味が一番好みだったのは「七本槍」純米大吟醸。
渡船という酒米を使っているそうで、初めての味でした。

c0145449_22210623.jpg

暑いけど日本の夏っていいな~と、ほんのひととき味わわせていただきました。
ごちそうさまでした(^^)



# by yurikak5 | 2016-08-13 22:39 | 雑記 | Comments(0)

鳳凰のような雲

今日の最高気温は37℃近いと聞き、若干不安を抱えながら京都の乗馬クラブへ。
サマータイムとはいえ、3:15始まりは暑すぎる(*_*)
でも一カ月前に入れた予約変更はまず出来ないので、
自分に喝を入れ、意を決して行ってきました。

c0145449_22391341.jpg


青い空がきれい♪焼けつくように暑いけど(+_+)
馬は強し、皆元気そうです。パクちゃん、今日もよろしくね(^^)/
(カメラ向けたらポーズとってくれたみたい)


c0145449_22414243.jpg


馬はクラブが毎回選んでくれるのですが、私はほとんどこの子中心です。
何とか乗り終えて、手入れもすんだらもう汗だく(>_<)
身体が火照ってクールダウンにだいぶ時間がかかってしまいましたが、あとはスッキリ♪
こんな日に屋外で元気に運動が出来るなんて、鍼で丈夫な体を作っていただいたからですね。



帰ってきたら、空に鳳凰のような雲が。
大空に情熱的な赤い鳥が舞っているように見えました。

c0145449_22484459.jpg


ふと、荘子の「逍遥遊」という言葉が浮かびました。
暑くても寒くても、平和でも乱世でも、裕福でも貧乏でも、一人でも誰かといても、
何ものにもとらわれず、心も体も自由に羽ばたいて生きていける強さがほしい。
そんなことを思った、東洋医学と出会った二十代の頃。
今。。。少しは実現できてるかな。



# by yurikak5 | 2016-08-07 23:16 | 乗馬 | Comments(0)

暑い日が続いています

大阪では最高気温35~36℃の猛暑日が連日続いています。
患者さんの身体も体表に触れると皆さんいつもより熱く、
暑さ負けされている方も増えてきました。
熱がこもらないように、また熱がこもって腎陰や心陰を破らないように、
気を付けて治療しなければなりません。

今年は特に夏期休暇はなく、暦通り診療させていただきますので、
お盆中に体調を崩された方はご連絡ください。


神社の杜は真夏でも不思議なくらいの清涼感。
ほんのひと時ですが、暑さを忘れさせてくれます。

c0145449_22291577.jpg

良く寝て、陰性のお野菜や海藻をしっかりとって、暑さに負けないよう頑張りましょう。


# by yurikak5 | 2016-08-04 22:35 | 雑記 | Comments(0)

私のおやつ

私の仕事は仕事帰りの方も多いので、どうしても終わるのがおそくなってしまいます。
夕方あたり仕事の合間にホッと一息つきたい時、おやつはとてもありがたい存在。
でもおやつと言っても、なるべくあまり甘くなくて、カロリーも控えめで、
体にいいものを食べたいですよね。

夏場に出番が多いのは水羊羹。
少し甘いですが、アイスクリームと違って油分がゼロなのと、
小豆は利尿作用や解毒作用、ポリフェノールやビタミンBなどなど目の離せない食材です。
昨日誕生日を迎えましたが、3年連続スタッフからのプレゼントは
バースデー水羊羹をリクエストしています^^

各地の水羊羹詰め合わせ♪これだけあればひと月楽しめます^^
三人で地元のご当地水羊羹を集めてくれました。ラッピングはいつも庄田先生担当。

c0145449_21380469.jpg


c0145449_21391556.jpg

自分では最近オーブントースターで超簡単手作りクッキーを焼き始めました。
もともとお菓子作りは好きなのですが、久しぶりです。
オーブンで10分~15分焼きますが、焦げそうな場合はアルミをかぶせてください。
薄力粉80g バター50g 砂糖25g スキムミルク小さじ2 (今回はココア10g)

今は塊で買ってしまい、多くて消費できないバターを使っていますが、
なくなったら米油など植物性の油にしようかなと検討中。粉も全粒粉でやってみようかな。
中に入れるものも、紅茶だったり、ゴマだったり、オレンジピールもいいかも。
手作りは味もいいのですが、乳化剤など入っていないのでお腹のもたれ具合が全く違います。

c0145449_21463489.jpg


患者さんからのいただきものは、みんなで分けて少しづつ。
かわいいうさぎ饅頭

c0145449_22305307.jpg

c0145449_22293043.jpg

FUKUさんのシフォンも出番多し。
最近はFUKUさんで売っていたワニさんのコーヒー豆も加わりました。
(コーヒーは朝一杯だけです)

c0145449_22283187.jpg

あと暑いのでカキ氷がわりにファンケルの冷凍青汁。
近所のスーパーでも売ってて手軽だし、ここのは飲みやすいんです。

c0145449_22312470.jpg

もう少しゆとりができたら、自家製スムージーとか作ってみたいな~。
いよいよ8月ですね今年も暑さに負けずに頑張りましょう(^^)/



# by yurikak5 | 2016-07-31 22:33 | 食養生・薬草 | Comments(4)
何でも食べる元気な子、シオン君。
今回はトウモロコシを家の庭で栽培している患者さんが「ウサギさん食べるかなー」と
間引きした実と葉っぱを持ってきてくださいました。

家で茹でても葉を餌にするという発想はなく、いつも捨てていたので初めてです。
トウモロコシのひげは利尿作用があるといいますね。
どうだろう、シオンくん食べてくれるかな?

c0145449_20102081.jpg


最初は無視(>_<) やっぱり食べへんわ~と思っていたら、、、
しばらくして食べだしました


c0145449_20073094.jpg

食べだしてから「あれ?うまいやん、これ」って感じ。

c0145449_20105042.jpg

うまうま~

c0145449_20111748.jpg

茎もボリボリ~。

こんな事なら、いつも捨てずにおいといたら良かったです。ゴミも減ることですし(笑)
人間が捨てる部分でも、動物たちにとっては御馳走なんですね。

・・・・・・

追記・最近ギャーギャー騒がしい思ったら、またポポちゃんが卵産んでました。
(落ちて割れてますが)
c0145449_20155739.jpg

産むまでは超静かだったんですけどね。スッキリしたようです。
それにしても、いつまで産むんでしょうねぇ。。。


# by yurikak5 | 2016-07-27 20:27 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(4)
今日はほんの少しましでしたが、昨日は大暑というだけあってかなり暑かったですね。
発熱や気分が悪くて来院できない方が数人おられました。
くれぐれも日中は外での活動を控えて、体調管理に気を付けてください。

いつも帰ったらすぐに餌にがっつくシオン君ですが、
最近は餌よりも冷凍ペットボトルで体を冷やす方が先になってきました。

c0145449_21553523.jpg
「あづいよ~~」

黄色の布の袋の中に冷凍ペットボトルが入っています。
マロンの時はそのままおいてましたが、シオン君は布で包んだ方が好きみたいです。
毛が柔らかいからでしょうか。

c0145449_21561378.jpg


c0145449_22175521.jpg


しばらく涼んでから、餌を食べ始めます。横着にも、寝ながら食べることも(笑)
頭においたり、背中においたり上手に熱のある部位に移動させ、
必要ない時は遠くに放りなげています。


最近夏眠中のパーリンが目を開けていることがあり、スイカをあげたら食べました。
脱水予防でしょうか。賢いもんですね。少しだけ食べたらまた寝ました。

c0145449_22020393.jpg


先日、しばらく来院されていなかった患者さんが、
急にしんどくなり病院行ったら熱中症と言われ点滴を受けたが、
血管が細くなっていてなかなか入らず3時間かかったとおっしゃってました。
2人の小さなお子さんを育てながら、仕事もされている多忙な40代後半の女性です。
暑い中草引きをしてから調子悪くなったそうですが、少し前から疲労が溜まっていたと。
現在、回復のために鍼灸に来られていますが、脈も細く按じると力がない状態になっており、
少しずつ体力回復していますが、集中して鍼灸治療が必要な状態です。

体力が落ちてくると摂取した水分を吸収する力さえ低下してきます。
暑い時期、熱を清し、陰液を増し、疲労回復し暑邪に負けないために、
ちょっと疲れているな、という未病の段階での鍼灸治療は大事だなと、
つくづく感じた症例でした。



# by yurikak5 | 2016-07-23 22:25 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(2)

梅雨明け♪

本日、九州から東海まで一気に梅雨明けしたようですね

この連休、めずらしく自分のためだけに使えるお休みをいただいたので、
1日はたくさん体を動かし、1日は寝倒しました。
ここのところ何かと忙しかったので、大分疲れもとれたかなーという感じです。

ウサギは暑いので、日中はほとんど冷凍ペットボトルの横で伸びています
食欲は多少減っていますが、元気ですよ。

c0145449_21091406.jpg

リクガメは6月末から夏眠に入りました。
去年と全く同じ時期からです。カメの体内時計はすごいですね。
そうなると、去年夏眠から覚めたのは9月なので、これからずっと寝るのでしょう。
だいたい習性が分かったので、今年はもう心配しません(笑)おやすみ、パーリン。

c0145449_21160303.jpg

犬ほどではありませんが、馬も暑いと舌を出すようですよ。
最近レッスン後、丸洗いをしてもらってる子が増えました。
暑くても動物と戯れるのは楽しいです^^

c0145449_21225638.jpg

色鮮やかな花が似合う季節。

c0145449_21180800.jpg


c0145449_21242749.jpg


c0145449_21243899.jpg

どれだけ猛暑になるのかちょっと不安もありますが、
上手に夏を楽しんで、元気に乗り越えていきたいですね^^



# by yurikak5 | 2016-07-18 21:35 | パーリン(ホルスフィールド) | Comments(4)

初夏のほおずき

先週、お花屋さんから青いほおずきがきました。

c0145449_23344884.jpg


お盆のオレンジのほおずきはよく知られていますが、この時期にほおずきが入るのは初めて。
実はまだ青くて野菜っぽい。最初はこんな若い感じなのね。


c0145449_23351076.jpg


可愛らしいお花まで。ナス科だけあって、ちょっとナスに似てる?

c0145449_23353392.jpg

暑い中、ずいぶん長持ちしてくれて、涼しげな姿に癒されました。

c0145449_23402653.jpg

切り離した実は、段々とオレンジ色になっていきました。
お花はおまかせなので、また入ってくるといいなぁ。



# by yurikak5 | 2016-07-13 23:47 | 花・自然 | Comments(0)

ぬかた園地 あじさい園

夏の暑いときに寝ることも大事ですが、運動不足になりやすい季節でもあります。
なるべく炎天下をさけて、体に負担の少ない運動で適度な汗をかくのも夏の体調管理には大切です。
暑さで冷たい飲み物をたくさんとりがちですが、
過剰な水分の停滞は冷えやむくみの原因になるからです。

私も最近は炎天下の散歩は避け、昼休みに院内で20分~40分程度のヨガをすることが多いのですが、
もう少し汗をかきたくて、今日は友人と生駒山にある「ぬかた園地 あじさい園」へ行ってきました。
石切駅から生駒山頂を近くのあじさい園めざして、ゆっくりと片道約2時間弱の低山ハイキングです。

天気予報では日中34℃まで上がるとあったので、ちょっと不安もありましたが、
午前中ということもあり山道は樹々で日陰となりとても涼しく、非常に快適な登山となりました。

c0145449_23193707.jpg

小学校の校歌にもあった音川のせせらぎ。

c0145449_23211200.jpg


辻子谷の山道を上り、役行者や行基、空海も修行されたと伝えられている興法寺で右に折れます。

c0145449_23214410.jpg

山頂は下界よりずっと涼しく、あじさいもまだたくさん咲いていました。

c0145449_23235965.jpg


c0145449_23245426.jpg

運動後、汗をかいてすぐにきついクーラーの中に入るのは、開いた毛穴から寒邪が入り、
風邪や神経痛(痺病)などの原因になるのでお気を付けください。
シャワーで汗を流し、少し午睡をすると効果的です。

今回、帰路は無理せずケーブルで生駒駅に下りました。
生駒山(642m)は子供の頃から良く登山していますが、色々な道があり季節ごとに咲く花も変わり、
手軽にハイキングが楽しめる山です。また運動不足解消に時々登ってみたいと思います^^




# by yurikak5 | 2016-07-10 23:47 | 花・自然 | Comments(0)
大阪では35℃近い暑い日が続いています。夏生まれで暑さには比較的強いほうなのですが、
今年は急に気温が上がったので身体も適応するのが大変です。

15年前くらいでしょうか、母が南国の花や鳥の油絵を描いていた時、
題材を探しに毎年沖縄へ同行していた時期がありました。

主に名護のあたりに行っていましたが、その時に現地の方々との話の端々で、
逃げようがない暑さとうまくつきあっておられる様子が見てとれました。
沖縄の日差しは本州とは比べ物になりません。
まず、日中は屋外ではあまり活動せず、早朝と日没後に畑などに出る。
「真夏の真昼間に海水浴など本土の人だけだよ~」なんて言ってたような。
外国でも暑い国では日中木陰で良く寝ています。
暑いときに良く寝る。陰分を守るために最も必要なことですね。

また南国のパイナップルやバナナ、マンゴーなどのフルーツは清熱作用がありますし、
冷たいハイビスカスティーやレモングラスティーなども現地でよく振る舞われ、
7月に行ってバテそうになった時、楽になった思い出があります。
甘酸っぱい味は汗で損なった陰液(体液)を補ってくれますし、
また酸味は毛穴を引き閉めてくれるので、汗が止まらず気脱を起こすのを防いでくれます。
夏にかかせない日本が誇る梅製品、梅干し、梅ジュース、梅肉エキスなど、
最近よく患者さんにおススメしています。

また以前にも書いた発酵食品も疲労回復によく、沖縄には「もろみ酢」 というのがあります。
泡盛を作るときにできる液体で、黒麹菌の働きでクエン酸やアミノ酸などが豊富に含まれています。
ちょっとクセのある味ですが、私は結構好みで一時愛飲していました。
もちろん泡盛やオリオンビールなどお酒も発酵食品なので、適量なら体に良いですね。

また冷たいものばかりだとお腹が弱ってしまうので、豚肉や生姜など適宜取り入れた
火を通した料理をしていますね。ゴーヤチャンプルーはバランスのとれた素晴らしい料理です。

暑い時は暑い国の人に習え。
今年はもろみ酢を久しぶりに飲んでみようかなと思っています^^

c0145449_17092059.jpg

「うちの暑気払いは水浴びと扇風機やで~」

c0145449_17201007.jpg



# by yurikak5 | 2016-07-06 17:22 | Mother's Art&Book | Comments(0)
巣ごもりの時期は過ぎ、再び攻撃モード全開のポポちゃんがやってきました。

c0145449_22200097.jpg

「そこにいるのは誰じゃ???」


携帯ストラップのカモノハシさんですよ~。


c0145449_22210683.jpg

「カモノハシ・・・・??」

c0145449_22221094.jpg

「そんなものは、そんなものは・・・・こうしてくれるっっ・・・とぉぉぉっ」

c0145449_22245282.jpg

「あれおらんようになった」

c0145449_22252292.jpg

「お母ちゃん、おらんようになったーーー」


知らんがな、あんたが下に落としたんやろ。


c0145449_22264025.jpg

「そっか。なんやつまらん敵やったなー」


敵とちゃうし・・・(^_^;)


c0145449_22273954.jpg

「お母ちゃん、もー1回拾ってーな」


拾っても拾っても同じ事を繰り返す、2才児のようにめんどくさいポポちゃんでしたとさ


(追記)
覚えておられる方に。でんでん虫のよつばちゃんが先日旅立って行きました。
小さなプラケの中で一年半頑張ってくれました。
あの世でデンちゃん一家と仲良くしていることと思います。




# by yurikak5 | 2016-06-30 22:39 | ポポ(ボタンインコ) | Comments(2)

抜けてます

動物の毛が夏と冬に抜け変わることを、換毛(かんもう)といいます。
暑くなると一気に冬毛が抜けてきて、動物も飼い主も結構大変な時期です。

シオン君も絶賛換毛中。
全部抜けたらスッキリなんですが、最中は不快なようです。

c0145449_21513334.jpg

「なんか変な感じで気持ち悪いんだよ~~」という顔。

c0145449_21511228.jpg

シオン君の毛はフワフワしてて飛びやすいんです。

c0145449_21561825.jpg

「換毛なんて早く終わってくれないかな~」という顔。


乗馬クラブにモジャモジャ毛の面白い子がいて、ここしばらくすごい量の抜け毛だったのですが、
やっと換毛終わりかけのようでスッキリした顔してました。

c0145449_21583046.jpg


c0145449_22184148.jpg

さぁ、これから暑い夏がやってきます。
梅雨で体調崩しやすくなっていますが、今年の夏はかなり暑そうな予感。。。
引き続き夏に向けて体力つけて頑張りましょうね。



# by yurikak5 | 2016-06-26 22:20 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(4)

三年目の糠漬け

今年もキュウリの糠漬けの季節がやってきました^^

c0145449_21570102.jpg

今年は去年以上の出来栄えです♪
というのも、糠床が今年で三年目なんです。

c0145449_22063459.jpg


冬の間、冷蔵庫で放置していたのですが、なんと腐らずにいてくれました。
ありがとう糠床

キュウリが大好きなので一番漬ける頻度が多いですが、
今年は人参やキャベツ、セロリなんかも漬けてみようかと思っています。

自分で漬けると本当に美味しいんですよ。一度糠床が出来上がれば、手がかからなくて簡単です。
発酵食品が身体にいいのは、身を持っていつも実感しています。
仕事で疲れて帰っても、食べると体の細胞が生き返る感じがするのです。


そして、もうひとつの私の好きな発酵食品は

c0145449_22053902.jpg


とある方から譲っていただいている手作り納豆です。
一カ月はゆうに持ちます。それも時間が経って発酵が進むほどに味が良くなっていきます。
食べながらいつもすごいなぁ~と感心しています。

ネバネバしたものを食べると、陰液が増し、疲れにくく粘り強い体になれます。
大阪の方は苦手な方も多いようですが、是非健康のために積極的に食べていただきたい食材ですね。



# by yurikak5 | 2016-06-22 22:30 | 食養生・薬草 | Comments(0)

シオン君、夏バテ?

梅雨の最中、暑い日が続きますね~。
近畿は昨日32℃で今年最高の気温だったようです。

動物達もちょっと参り気味。リクガメもウサギも食欲が減退しています。
例年通り、暑さに強いポポちゃんだけが騒がしくしています。

先週の暑かったある日、夜帰宅したらシオン君がどうもおかしい。
晩ごはんをあげても食べず、グターっとしています。
外に出しても寄り付かず、隅でジーっとして動きません。
換毛時期とも重なり、早々と夏バテモードです。

c0145449_22111689.jpg

そういえば、最近シオン君に鍼してなかったな~。。。と思い反省し、
ステンレスの古代鍼で後頭部を中心に散らす鍼を軽くしてあげたら、
翌朝すっかり元気になっていました^^
最近夜中に発熱したり叫んだりする子供もチラホラ来院されていますが、
小児鍼と同様、熱をもらすのに鍼はもってこいですね。


c0145449_22170896.jpg
「ボク、すっかり元気になったよ(^^)/」


身近なもので暑さ対策するにはいい方法があります。
熱のこもった部位に霧吹きで軽く水をかけ毛を湿らすのです。
昔、ロップイヤーのマロンがいたときに、耳や額をを水で少し湿らしたり、
凍らせた2ℓのペットボトル(アイスノンではすぐに温まってしまうため)を手拭いで巻き、
傍らにおいてあげてたら、水滴を舐めたり、横に張りついて寝たりしていました。
犬やウサギなど汗のかかない動物は気化熱を利用して体温調整をするので良い方法だと思います。

人間もですがクーラーばかりでは表面ばかり冷えて、内臓に熱がこもってしまいます。
シオン君も最初はクーラーのせいか一見冷えていましたが、鍼をしたら熱が浮いてきました。
低めの温度設定で調節しながら、上手に使うことを心掛けたいですね。


# by yurikak5 | 2016-06-19 22:39 | ウサギの健康管理 | Comments(2)

ポポちゃんの卵

女の子らしくなって巣ごもりしていたポポちゃん。。。

予感は当たりました

c0145449_20382731.jpg

鳥かごの掃除をしていたら、なんと卵発見!!!
新聞紙の下だったので気付きませんでした。
残念ながら割れていますが、きれいな卵です(*^^*)
初めての産卵、卵詰まりなど起こさなくて良かったです。

c0145449_20383529.jpg

最近巣から出てまた騒ぎ出していたので、巣ごもりは終わったのかなーと思っていました。

c0145449_20414991.jpg

産後でちょっと痩せたみたい?
スッキリしたのかな~。

c0145449_20422636.jpg


うちに来て三年半。
ポポちゃん、やっと女の子になったね。おめでとうそしてお疲れさま(^^)

刺絡によって産卵を促した一症例?でした(笑)



# by yurikak5 | 2016-06-15 21:06 | ポポ(ボタンインコ) | Comments(2)

立ち食いするウサギ

うちのベランダには色々な鉢植えがあるのですが、
その中に10年以上前に挿し木でもらったゴムの木があります。
何度も枯れそうになりながら復活してきた強い木です。
大分前から、このゴムの木の葉をウサギが食べているのです。

c0145449_20080579.jpg


最初は落ちた葉を食べていたので、食べさせないように取り上げていたのですが、
ゴムの木は何だかすごく美味しそうなんです。
最近、はこべやクローバーなどの雑草は餌になるだろうと伸び放題にしている鉢の上で、
立ち上がってまで葉をボリボリ食べるのにはさすがにビックリ
そこまでして食べたいものなのか??

アロエやビワの葉を食べるのは、どうぞどうぞという感じなのですが、
ゴムの木の葉って食べても本当に大丈夫なのかしら・・・?
調べてみてもハッキリした答えは出ませんでした。


c0145449_20082303.jpg

ウサギをベランダに出すときは、時々見には行きますが基本自由に遊ばせています。
手の届くところであっても、紫陽花などの毒のある葉は絶対に食べません。
人間よりも動物の本能、味覚や嗅覚(犬の嗅覚は人間の百万倍だそうですね)は
とてつもなく強いだろうことを思えば、ゴムの木はそんなに危険ではないのかも?

大久野島のウサギはソテツの葉など食べるようですし、
硬いものが好きなシオン君には、噛みごたえがあってお好みなのかもしれません。

c0145449_20084493.jpg
「フフ、けっこう旨いんだぜ、コレ」


何度も目を離した隙に食べていますが、とくに体調不良もありません。
そんなに大量を食べるわけではありませんが、
もう口の届くところの葉は少なくなってきたので、こんなもんにしといてな、シオン君。




# by yurikak5 | 2016-06-12 20:52 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(2)

ドクダミの化粧水

最近よつばで買ったドクダミの化粧水を使っていたら肌にあうようで、
自分で作ってみることにしました。

大阪市内でもドクダミは見かけますが、やはり自然の多いところでと、
実家近くの生駒山をウロウロして採ってきました。

c0145449_22082737.jpg

作り方 はいたってシンプル。摘んできたドクダミの葉をきれいに洗って拭き、
ホワイトリカーに漬けるだけです。まるで果実酒みたいですね。

c0145449_22090838.jpg


化粧水はあまり臭わないのですが、摘んだばかりの生の葉はすごい臭い(+_+)
もう鼻がひん曲がりそうなくらいです(^_^;)
水虫や白癬菌、汗もなどにも効くといいますが、この臭いじゃ菌が退散するのも納得です。

c0145449_22093299.jpg

使えるのは一年後ですが、楽しみです(^。^)



# by yurikak5 | 2016-06-09 22:16 | 食養生・薬草 | Comments(0)

紫陽花三昧

昨日、近畿地方の梅雨入りが発表されましたね。
梅雨の主役といえば紫陽花。あちらこちらで一斉に咲きだしました。
実家の裏庭にはほったらかしの紫陽花がたくさんあり、今年はたくさん花をつけたようです。

「今年紫陽花すごいで。見て帰り~」という母の声に従って見に行くと、
確かに色とりどりのたくさんの紫陽花が咲いていました。
紫陽花は土壌によって色が変わるといいます。
同じ株から出ても若干花の色が違ったりするのが面白い。
水さえあれば何年でも繰り返し咲く、全く手がかからない丈夫な花。
最近は品種改良されて、変わった種類も増えてきていますね。

c0145449_22564652.jpg


c0145449_22570434.jpg


c0145449_22572197.jpg


c0145449_22573334.jpg


c0145449_22574439.jpg


c0145449_22582260.jpg



c0145449_22583473.jpg


紫陽花は水揚げが悪いので、あまり切り花にすることはないのですが、
今年はたくさんあるし、飾って見てあげた方がいいかも?ということでいただいてきました。
花屋で買わず、庭に咲く花を活ける。何とも贅沢。地植えはやっぱりいいなぁ。
どうか4.5日は持ってくれますように。

c0145449_22584978.jpg


# by yurikak5 | 2016-06-05 23:13 | 花・自然 | Comments(0)
飼いだした頃から人を噛んだり、ギギギギ、ビビビビとヒステリック気味の性格のポポちゃんですが、
最近妙に巣ごもりしたり、卵を温める仕草をしたり、鳴き声も静かになりました。
餌も食べますし、元気は元気です。いったいどうしたことでしょう?

c0145449_23233040.jpg


どうも先月の爪切り止血騒ぎ以来、性格が変わったような・・・(・・?
偶然ではありますが、ひょっとしたら、あの出血が刺絡として働いたのかもしれません。
人間でも慌てて包丁で切って指を出血させてしまったり、鼻血が出たりした時に、
うまい具合に瘀血を除いてくれたというケースがよくあります。

(刺絡とは鍼灸の一つの治療法ですが、多気多血気味の熱性の病に、
爪の先などからほんの少し瘀血(鬱血した余分な血)を出血させ
体内の熱を清まし炎症をおさえる治療法です。
様々な疾患に使いますが、咽喉痛、中耳炎、頭痛、精神疾患、のぼせ、心疾患etc)


c0145449_23234912.jpg


鳥というのはあんなに小さな体で、周囲に響きわたる甲高い声で鳴きます。
ヒヨドリやカラスなんかもすごいですよね。
ほんの少しの粟や稗などの穀物で遠距離を飛翔するわけですし、
飼い鳥の場合、ストレス防止に清熱作用のある牡蛎の殻を食べさせます。
つがいでも相性が悪いと殺しあったりすることも。
もっぱら気性が激しい熱性の高い動物だなと思います。

女性(メス)は少し陰に傾いた方が自然でバランスがいいのです。
そのうち卵でも産むかもしれませんね




# by yurikak5 | 2016-06-01 23:51 | ポポ(ボタンインコ) | Comments(0)

プランターその後

爽やかなはずの5月というのに、過ごしにくい日々が続いています。
日中は真夏のような気温、日が暮れると半袖では肌寒い。
電車や建物ではクーラーが入り出しました。
まだ体の準備が出来ておらず、なかなかついていけませんね。

私もここ1週間「温病」型の風邪をこじらせていました。
昼間はそこそこ元気なので仕事は出来たのですが、夜間になると発熱、激しい咽痛で目覚めます。
患者さんも病の上に病を重ねるといったような、複雑な病症の方が続く中、
眠れないまま仕事を続けていたら、疲れも取れずまたぶり返し(+_+)

東洋医学では風邪には大きく分けて「傷寒(しょうかん)」と「温病(うんびょう)」に分かれます。
簡単に言えば「傷寒」は冷えの風邪、方剤で有名なのは葛根湯や麻黄湯です。
寒気があり、発熱していてもガタガタ震えます。温めると発汗し楽になります。
「温病」は熱性の風邪、とにかく体が熱くてうなされます。咽が腫れて高熱を出し、寒気はなく、
鼻や痰は黄色や緑など、ひどければ出血を伴い、熱によって体の水分が奪われていきます。

私はほとんど風邪を引くときは傷寒型で、今回も初めは合併症のような形で始まりました。
いつもの自分らしくない病状に、正直戸惑ってしまいました。熱の体質に変わってきたのかもしれません。
温病の症状の激しさやしつこさを初めて体感して驚き、初めて抗生物質も一錠だけ服用しました。
まるで体の中で火事が起こっているような感じです。
早急に消しとどめないと消耗が激しく、大変な惨事になってしまうのですね。
でも抗生物質は正気が充実していないと副作用に負けてしまい、体の中の良い菌まで殺してしまいます。
症状が軽減したので一錠でやめ、あとはやはり鍼治療で治します。
しんどい時はなかなか自分で丁寧に治療できないものです。
最後は師匠と鍼仲間のお力も借り、何とか峠をこえました。感謝感謝です。

・・・・・・

さて、プランターですが、バジルはいい感じで育っています♪

c0145449_22495581.jpg

イタリアンパセリも好調。切って餌場に置いたらシオン君も渋々食べてくれている様子。

c0145449_22533036.jpg

しかし小松菜は穴だらけの可哀そうな結果に・・・。
あまり虫も見当たらなくなったんですが、どこからやってくるのでしょうね。

c0145449_22543907.jpg


「ボク、全然食べてへんでー。」

c0145449_22550865.jpg

最近よく体をなめているのは、どうやら換毛していて気持悪いようです。

c0145449_22565461.jpg

ブラッシングしてあげないといけませんね。



# by yurikak5 | 2016-05-29 23:45 | 花・自然 | Comments(0)

コンパニオンプランツ

前回書いたバジルとイタリアンパセリと小松菜の発芽した苗ですが、
どうも小松菜だけコバエのような虫がウヨウヨ、柔らかい葉っぱを食い荒らしている様子。
一方、香りのせいかハーブ類には全く虫が付きません。
害虫に酢を薄めた水がいいというので撒いてみたものの、虫は物ともせず(>_<)
仕方なくフマキラーを少しだけ撒いてしまいました(:_;)


c0145449_22565637.jpg


そんな折、以前ウサギ用の人参葉をよく持ってきてくれた、
自然農法の畑が趣味の患者さんが来られたので相談してみたところ、面白い答えが返ってきました。

「ハーブと小松菜、混ぜて種をまくといいかも」

一種類のものばかり同じ場所に植えるのではなく、色々なものを混合して植えることで、
虫から守ってくれるということだそうです。なるほどですね。

それを聞いて思い出したことがありました。
最近乗馬クラブの花壇に、イチゴとニンニクが一緒に植えられていて何だろうと思ったら、
コンパニオンプランツといって、害虫に弱いイチゴをニンニクが守ってくれるとのことです。
肥料の馬糞効果ももちろんですが、イチゴは農薬なしで結構採れたそうですよ。

最近日本のイチゴが残留農薬がきつすぎて台湾に出荷できないというひどいニュースがありました。
日本の農薬の基準はEUなどと比べても緩く、農産物によっては200倍違うのもあるそうです。
それに対して政府は「日本販売用と海外輸出用の畑を変える」という、ありえない措置
わが子には毒の多いものを食べさせてもよいという、相変わらずトンデモ政府ですね。。。
大好きなイチゴでしたが、最近手が伸びなくなってしまいました。


c0145449_22571396.jpg
バジルが成長してきました♪


それにしてもコンパニオンプランツというのは素敵な農法ですね。
色々な個性があってこそ、助け合って生きて行けるというのは人間も同じかもしれません。
いつの日か農薬の基準が下がり、もっと安全な野菜や果物が食べられる日本になりますように。



# by yurikak5 | 2016-05-22 23:18 | 花・自然 | Comments(2)

鍼灸と動物と音楽と。(漢方柚鍼灸院院長ブログ)


by yurika