<   2017年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

我が母と血圧

78才の私の母は、一時期血圧が上がっていて薬も服用していましたが、
鍼灸治療や塩分を控えたりなど養生もし、最近は上がることはないようです。
まめに測定しているわけではありませんが、自分の身体に敏感な母は
血圧が上がると自分でわかるらしく、私が治療に行って東洋医学の脈診法でみても
ここ数年、異常は出ていません。

しかし、病院ではよく血圧の薬は一生飲まないといけないと言われます。
実際に母も正常なのに薬は出続けているらしく「飲んでるの?」と聞いたら、
少し前は「3日に1回」こないだは「1ヶ月に1回」

「でもせっかく出してくれはるし、飲まな悪いし。いっぱいたまってんねん。どうしよ。」

それって全く意味ないやん、お母さん105.png
薬って医者に気を使って飲むもんと違うし119.png
正直に話してみたら?139.png

もちろん自己判断で勝手に服用やめている母も悪いのですが、
それで長期間健康に異常がないとしたら、飲む必要のない薬であることは間違いありません。
もちろん、以前父の闘病中に母の血圧が上がったように、精神的なショックなどから
急激にあがる場合もあるかもしれませんが、山ほど家に残っていたら十分ですし。

後日。とうとう、母は言ったらしい。
(母は違う用途の薬だけ貰いたいので、一カ月に一回受診しています)

「先生、もう血圧の薬いりません!」

医者はそれでも出したいようで、それなら〇〇の薬だけになるじゃないですか、
また上がるかもしれないし、とか、あーだこーだおっしゃられて、
薬局でもなんだかんだ言われて、それでもいらんと帰ってきたようです。
「私が薬なしで元気なことに、ちっとも喜んでくれない」と不満げな様子。

・・・・・

最近、NHKスペシャル「シリーズ人体というタモリさんと山中教授の番組が始まりました。
西洋医学の内容ではありますが、東洋医学的な概念とつながり非常に面白い番組です。
その第2回「腎臓が寿命を決める」の中で、全ての臓器は常に対話するための
メッセージ物質を送り合っていて、そのネットワークの要が腎臓なんだというお話がありました。
腎臓は血液の管理者であり、腎臓が健全であれば寿命は伸びるということです。
また腎臓はそういった要であることから薬物の影響を最も受けやすく、
急性腎不全などの場合は、多量に飲んでいる薬をすべてやめた方が命を守れると、
実際に海外の病院で投薬をすべてやめている現場を取材していました。

東洋医学でも腎は重要な臓器とされています。
後漢の時代に張仲景によって著された中国最古の医学書「傷寒論」では、
少陰病(腎)は陰証の極みとされ、死に直結する病が多く書かれています。
腎を守ることがどれほど体に大切かが、これを見てもわかります。
患者さんを診ていても腎虚の方ほど薬物の副作用に耐えきれないケースが多く、
鍼灸治療を求められる方が多いように思います。

前述の番組内でも、高血圧も腎のダメージから発症するとのこと。
東洋医学では肝腎陰虚+陽亢のケースが多いですが、
母は鍼と漢方で肝や腎を守ってあげたから、治ってしまったのですね。
どんな病気でも同じですが、最終的にどんな医療を選択するかは自分自身。
薬をほとんど服用せず元気に長寿を全うできたなら、
これほど見事な生き方はないと私は思います。
お母さん、頑張ってね110.png


☆NHKスペシャル シリーズ人体 第3回は11月5日(日)21時~です。お見逃しなく^^

c0145449_20201756.jpg
        亀の甲羅は腎に良し。台風一過で久々に甲羅干しの笹の助。



by yurikak5 | 2017-10-25 20:34 | 健康 | Comments(2)
雨続きで過ごしにくい気候が続いております。体調管理も難しいですね。
治療院のベッドには電気毛布が敷かれ、寒がりさんのための毛布を用意。
室内から寒湿の邪を追い払うために、一時的に暖房を入れることも出てきました。
明日からは台風の影響もあり、また気温が下がり雨が続くようです。
女性は特に下半身を冷やさないように、ひざ掛けなどで守ってくださいね。

・・・・・

さて、私はと言いますと、来月11月4日(土)15:00~開催予定の
第2回みゆきさんcoverライブの練習に追われております(笑)
最近はエレクトーンばかり弾いていて、ギターも歌も久しぶり、
やはり続けていないと劣化するのは、どんな技術でも同じですね119.png
鍼も休日が多くて患者さんを診ない日が続くと、手の感覚が鈍くなるのがわかります。

c0145449_21112855.jpg


しかしギターは大好きなのですが、弦楽器は鍼灸師の敵(指先にタコが出来るため)ですので、
ライブ終了後はタコをやすりで削らなくてはなりません(>_<)
昔習っていたギターの先生は、何故かタコが全くなく指がフワフワで驚いたのですが、
私も昔よりは指の力が抜けたのか、タコが出来にくくなってきました。
先生みたいにタコさえできなければ、鍼と両立できるのになぁ・・・と
いつも力を抜くようにして練習しています。

c0145449_21121649.jpg


今回は患者さんでライブ友達のTさんに「流浪の詩」のハモリを、
Kさんにキーボードで「泣きたい夜に」「バス通り」の前奏などを頼んでいて、
昼休みに院内で合同練習。(なんとKさんは30年ぶりの鍵盤!)
カメのサンタと、スタッフに聞いてもらって客観的な感想をもらいながら、
いったいここは何なんだという感じの空間になっております(笑)
まぁ、素人の弾き語りですので程度は知れてますが、
皆様と一緒に音楽を楽しむことで、心と体の健康につながれば嬉しいです。

狭い待合ですのであまり人数は入りませんが、若干名余裕がありそうですので、
ご興味ある方はご連絡くださいませ。



by yurikak5 | 2017-10-18 21:29 | 音楽・ライブ | Comments(3)

そば茶のご飯

今日はとても優しい夕焼けでした110.png

c0145449_21593563.jpg

それにしても今日も暑かったですね。まるで夏日です。
昨日、中年男性の患者さんが首が急に回らなくなった~と治療に来られ、
左右に回すのも、上下も、横に倒すのも、三方向全部動かせない様子。
連休中に暑い中、実家の農作業を手伝ってからということで、
この異常な暑さも関係しているなぁーと思っていたら、
今朝、私も久しぶりにぎっくり背中になってしまいました105.png
かなり激痛でしたが、自分で鍼して治しました(笑)
きっかけは最近ずっと長袖で寝ていたのに、油断して半袖で寝てしまったことにあります。
朝晩は冷えるので、私の場合は肌表に寒邪が停滞したことも原因になっていました。
明日からは気温がまた下がるようなので、気を付けないといけませんね。

シオン君はまた凍らせたペットボトルに寄り添っています。

c0145449_22010439.jpg

ロシアリクガメのパーリンは夏眠から明けたのに、また寝てしまいました(>_<)
もう三日目になりますが、起きてきません117.png
全く、ややこしい気候は寝るに限るって感じですね。

・・・・・・・

話変わって。

先日、黒豆と梅干しのご飯をご紹介しましたが、
ブログを見た、若くてかわいい女性の患者さんが早速作られたようで、
「先生、美味しかったです~」とご報告をくださって嬉しかったです^^

今回はそば茶を一緒入れて炊いた、そば茶ご飯を作ってみました。

c0145449_22094866.jpg


蕎麦が大好きな私ですが、美味しい手打ちの十割蕎麦を食べさせてくれるところは少なくて134.png
遠い所まで食べに行く時間も労力もない、でも乾麺では香りもなく物足りない・・・。
という時。

この、そば茶を一緒に入れたご飯はとても香りがよくて、
蕎麦を食べたい気持ちを少し満足させてくれます。
お茶で飲むときは捨ててしまう蕎麦の実も一緒に食べることが出来るので
繊維質もとれるのでおススメです。

c0145449_22124268.jpg


感覚的には茶粥と似ているかもしれません。又は、雑穀米の蕎麦バージョンですね。
とってもきれいなイエローグリーンのご飯になりますよ101.png
そば茶は水をよく吸うので、柔らかめが好きな方は、やや水加減を多めにした方が良いかも。
是非やってみてくださいね。



by yurikak5 | 2017-10-11 22:39 | 食養生・薬草 | Comments(2)

中秋の名月とウサギ

今日は中秋の名月ですね。
週初めは雨が多く心配しましたが、今日はとてもいい天気174.png

c0145449_22033579.jpg

運動不足解消のため、大阪城公園を散歩。一万歩歩きました!


空気がきれいなので月も輝いてますね101.png

c0145449_22054233.jpg

我が家の月ウサギさんは換毛期でなんとなくスッキリしない様子。。。

c0145449_22064068.jpg

「だって、ボソボソやねんもん」

c0145449_22073195.jpg

たしかにボソボソ119.png
お尻のあたりの毛をつまむとゴッソリ抜けます。
ブラッシングしてあげるから、もうちょっと頑張ってなーシオン君。

月とウサギをめでられる、何気ない日常に感謝。
さぁ、明日も頑張ろう♪



by yurikak5 | 2017-10-04 22:14 | 花・自然 | Comments(0)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika