<   2016年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

なでうさぎ参上(^^)/

ボク、昨日は久しぶりにお母ちゃんと一緒に、仕事場に連れていってもらったんだ^^
小さい時はよく行ったけど、大きくなってからは久しぶり。

c0145449_20545378.jpg

うさぎが大好きな患者さんに、いっぱいなでなでしてもらったよ♪

c0145449_20563111.jpg

きれいなお姉さん達に抱っこされて、ボクもうっとり~。
お昼休みにわざわざ会いに来てくれた人もいたよ^^

c0145449_20562182.jpg

何だか知らないけど猫さんがいて「シャーッ」ってされちゃったけど(ちなみに猫との対面は初)、
ボク全然気にしないんだ。猫さんの方が怖がってたみたい?

c0145449_21000872.jpg


色んな人が「フワフワ~」とか「気持ちいい~」とか言ってくれたよ。


でもやっぱりお母ちゃん↓の抱っこが一番落ち着く~。

c0145449_21015060.jpg

(※シオン君の大きさは膝に抱くとこんなものです。)

c0145449_21020764.jpg


「シオン君なでなでして、今日はいい夢見れそう♪」って言ってくれた人もいて嬉しかったな~。
「シオン君疲れない?」って心配してくれる人もいたけど、ボク、今日もとっても元気。
みんなありがとう。大丈夫だよ。また時々連れて行ってもらうから、よろしくね^^


☆ウサギはシオン君で6代目になりますが、こんなに誰にでも触らせてくれる温和な性格の子は初めてです。また患者さんも動物好きの方ばかりなので触り方も皆さんお上手です(^^)




by yurikak5 | 2016-04-27 21:22 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(6)

カナメモチの花

よく生垣などに植えられているカナメモチの木(バラ科カナメモチ属)。

昔、花好きの母に「この赤い木はなんていうの?」と聞いた時、
「カナメモチ!」という返事が返ってきて、面白い名前だな~と
頭から離れなかったことを思い出します。
実家のカナメモチは剪定の時期が悪いのか、花を見たことはありませんでしたが、
今日、往診先のマンションの花壇にこんなにたくさんの花が。
小さくて白くてとてもかわいい(*^^*)花言葉が「賑やか」というのもうなずけます。


c0145449_21521457.jpg



c0145449_21524317.jpg



c0145449_21530492.jpg


九州の交通網も大分戻りつつあるよう嬉しいですね^^
日中と朝晩の気温差がかなり激しく体調管理も大変ですが、
患者さん同様、自分も気を付けていきたいと思います。



by yurikak5 | 2016-04-24 22:12 | 花・自然 | Comments(0)

四天王寺の藤

九州の地震は本当に怖くて、テレビで緊急地震速報が出るたびに心が縮む思いです。
被災地ではなくてもこんなに怖いのに、震源地近くの方の心痛はいかばかりかと察します。

今日、ご実家が熊本市内の患者さんがとても辛そうなお顔で
「高齢の父母に救援物資を運びたいが、足がない」と嘆いておられました。
身近なところにも被害は及んでいます。
悲しく辛いことですが、悲しんでばかりいても心肺を病み病気になってしまいますので、
私の出来ることは身近な方に元気にすること。
「元気でいて、交通手段が整ったらすぐに物資を持って行きましょうね」と励ましました。

そんな最中でも、花は元気に咲き誇っています。
四天王寺さんの藤がもう満開になっていました。早すぎてGWまで持たないかもしれませんね。


c0145449_23443929.jpg


c0145449_23455364.jpg


c0145449_23552827.jpg


知人宅のボタンも満開。


c0145449_23473105.jpg



すぐに終焉するとは思えない今回の地震。
稼働中の川内原発や、四国の伊方原発も心配です。
地震大国日本。自分の家族、生活、国を守るために、何が一番大切で必要なのか、
国民全体が深く深く考えないといけない時期に来ているようにと思います。




by yurikak5 | 2016-04-19 00:04 | 花・自然 | Comments(0)

スーパーマンウサギ

最近よく腹ばいで寝ているシオン君。

前から見るとコンパクトな感じですが、、、

c0145449_21094705.jpg



c0145449_21141081.jpg


実はこんなに長ーいんです。


c0145449_21144147.jpg


c0145449_21102740.jpg



何だか空を飛んでるみたい?

シオン君にスーパーマンの衣装を着せたくなるのは私だけでしょうか?(笑)



c0145449_21294263.gif



by yurikak5 | 2016-04-13 21:34 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(8)

本当の技術

c0145449_23282756.jpg


今日は京都で馬に乗ってきました。4年強で通算118鞍目になります。

先日、馬の話を書きましたが、現在メインで行っている京都のクラブは、
単なる技術的な部分だけでなく、馬との心のつながりを教えてくれるところです。
その上で必要最低限の扶助で馬を操れるような指導をしてくれるのが魅力的で、
出不精の私が、遠距離にも関わらず1年以上も続いています。

技術的な部分がある程度出来ていても、馬とのコミュニケーションがとれていないと、
強い刺激でとりあえず馬は動いてくれていても、騎乗者の独りよがりの独り相撲に
終わってしまうことも。これでは単なる上から下への機械的な命令にすぎません。

c0145449_23133160.jpg

もちろん相手は動物であり、本能のままに動くので命令の部分も必要ですが、
実は馬は人間以上にとても繊細で優しく、記憶力も豊かで思いやりのある動物だと知ってしまうと、
ただ馬車馬のようにこき使う働かせ方に疑問を感じてしまいます。
それを知るのに、映画「黒馬物語ブラック・ビューティー」はおススメです。

人間同士でもこういうことってありますよね。
本当に理解しあって心が通じ合ってこそ、力を合わせて良い仕事ができる。
私の仕事では患者さんとの深い信頼関係があればこそ、鍼は何倍もの効果が出せることがある。
その背後にはコツコツとつみあげた技術が裏付けされるのは言うまでもありません。
技術なくして精神面のみ追い求めることもまた、独りよがりになりがちです。
本当の技術とは、その2つが融合してこそなのでしょう。



by yurikak5 | 2016-04-10 23:30 | 乗馬 | Comments(0)

大阪城公園の桜

昨日の昼休みのお散歩は、桜も咲いていることだし・・・ということで、
大阪城公園まで足をのばしてみました。一時間コースです^^
きっと人混みなんだろうな~と思いつつ。

行ってみると・・・「これぞ、お花見068.gif 」という光景が待っていました。
平日の昼間なのにすごい人。日本人以外の方が多そう(^_^;)
でもドンチャン騒ぎではなく、ランチタイムって感じですね。

毎年のように見ていますが、やっぱり大阪城公園の桜は迫力があります。
心なしか今年は花が多いような気がしました。

c0145449_21541951.jpg

石垣と枝ぶりが素敵^^

c0145449_21502881.jpg



c0145449_21512069.jpg

枝の狭間にチョコンと咲く桜。

c0145449_21571352.jpg

可愛らしいフリルのようにヒラヒラとした桜。

c0145449_21514588.jpg

こちらは難波宮ですが、一足早く若葉が出始めた桜。
この頃の桜も緑とピンクのコラボが美しくて結構好きです。
連想するのは桜餅ですよね037.gif

c0145449_21592286.jpg

近くのマンションの花壇で、漢方でも使われる連翹(レンギョウ)が満開でした。

c0145449_22004454.jpg

レンギョウは果実が清熱解毒薬として使われます。
漢方薬では発熱性の風邪などに使われる、銀翹散や桑菊飲などに含まれています。

ちなみに桜も桜皮といって、皮の部分を生薬として用いますが、
こちらも排膿や解毒の作用があり、含まれる漢方薬としては十味敗毒湯などが有名です。

この時期に咲く花は木蓮の蕾、辛夷(シンイ)もそうですが、
呼吸器系や皮膚に使われるものが多いですね。
まるで自然が薬を無償で提供してくれているかのようです。
お散歩をしつつ、やはり東洋医学は四季のある国で生まれた医学だなーと、
あらためて感じました。


※参照 中医臨床のための中薬学 神戸中医薬研究会編著



by yurikak5 | 2016-04-06 22:25 | 花・自然 | Comments(0)
c0145449_23401462.jpg

乗馬を初めて4年になる。本格的にすれば乗馬はかなり厳しく奥の深いスポーツである。
私の場合は始めた年齢も遅く、行けるのもせいぜい月2~3回、
もともと運動神経が良い方でもなく、大好きな音楽と比べると決して得意とは言えず、
楽しくないわけではないが、運動は自己鍛錬のために行っている意識が強いので、
そうそう上手くなるものでもない。

行くたびにインストラクターは変わっても、いつも同じような自分の悪い癖を注意される。
「踵をさげて!」「前のめりにならない!」「手は下で固定!」「馬の方を見ないで、前を見て!」
「膝に力を入れない!」等々。。。

何度も言われているので、頭では直さなければいけないのは分かっている。
しかし、いざ騎乗してみると、走っている馬の上でバランスを取りながら、
落馬への恐怖と闘いつつ、指摘されたことを全て治すのは至難の業だ。
色々言われ過ぎると混乱して、余計にできなくなってしまうこともある。
そんな時、自分が鍼灸を始めたばかりのスタッフへ指導する時に、
早く上達してほしいが故に、事細かくうるさく注意してしまう自分をかえりみて、
指導とは実に難しいものだなぁと痛感する。

c0145449_23403148.jpg

日本のことわざには東洋医学的なものが結構あり、
物事を真に理解することを「腑に落ちる」という。「腑に落ちない」の肯定形である。
決して、頭に、臓に、心に落ちるではない。
「腹の底から理解する」というのも似ているかもしれない。
六腑は胃や小腸、大腸、膀胱や胆のうなど、主に体の中央から下半身にある。
食べ物を良く咀嚼して、消化して、吸収して、身になるためには、
やはり下半身、丹田、腎の力が必要なのだろうか。

そんなことを今日の乗馬の後に頭で(笑)考えながら、まだまだ腑に落ちていないということが
腑に落ちた私。さぁ、暖かくなってきたので、運動、また頑張りますよ( `ー´)ノ



by yurikak5 | 2016-04-03 23:58 | 雑記 | Comments(2)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika