<   2016年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

春の花と心のバランス

今日は日中すごく暖かかったですね。16℃くらいあったようで、運動すると汗ばむくらいでした。
なかなか良い気候が続いてはくれませんが、少しずつ春らしい景色も増えてきてお散歩も楽しいですね。

梅林では白梅がまず開いてましたが、

c0145449_22525791.jpg


最近、紅梅も続いてきました。

c0145449_22532725.jpg

香りは白梅の方が強いといいますが、かわいくて華やかなピンク色はついつい見入ってしまいます。

c0145449_22534318.jpg

菜の花は見るのも食べるのも大好き。ほろ苦い大人の味^^
精神安定効果もあるそうです。

c0145449_22540969.jpg

水仙は丈夫な花ですね。球根で勝手に増えるので、無造作に咲いてます。
葉はニラに似ていますが、毒があるらしいので注意です。

c0145449_22554911.jpg

こちらは毎週配達してくださる花屋さんのガーベラ。
濃いピンクの八重でグラデーションがかかり珍しかったので撮ってみました。

c0145449_23024848.jpg

春の歌と言えば、私の頭にまず思い浮かぶのは
"♪春なのに~お別れですか~春なのに~涙がこぼれます~"という中島みゆきさんの「春なのに」と、
"♪春がきて君はきれいになった~"というイルカさんの「なごり雪」。
春は花々などを見るととても華やかですが、出会いと別れが交錯する悲喜こもごもの季節でもあります。
我が家も来月は父の七回忌。そして甥っ子が大学受験に無事合格したのは嬉しいのですが、
遠く離れた東京へ行ってしまうことになりました。

最近はイイネ、ということばかりが表向きに立ち、少々心のバランスがとりにくい風潮ですが、
嬉しいこと、悲しいこと、どちらも素直に感受し自己認識してこそ陰陽のバランスが取れ、
本当の意味での精神的な成熟ができるように思います。
東洋医学の五行色体表での五つの感情(五志)、怒・喜・思・悲・恐はどんな人でも感じうるものです。
その感情を無視したり押し殺すのではなく、感じたことを自覚しながら、すぐに切り替えられる転換力が
心と体の健康にとって一番大切です。
心身が病むと一つの感情に固執していき、その対応する臓器が傷んできます。
「今泣いたカラスがもう笑った」子供のような感性で、柔軟な心をいつまでも持ち続けたいですね。


by yurikak5 | 2016-02-28 23:44 | 花・自然 | Comments(2)

ゆかり・白ごま・青のり

我が家の食卓にかかせない名脇役たち。
ゆかり、白ごま、青のり。
何だか信号みたいで可愛いですね。

c0145449_20493106.jpg

特にこの青のりですが、昔は粉もんの町大阪では青のりといえばタコ焼き、お好み、焼きそばには
かかっているのが常識でした。それがいつからかタコ焼きやのお兄ちゃんが「青のりかけますか?」
と聞いてくるんですね。
私は青のりが大好きなので「いっぱいかけてください!」とリクエストするんですが、
?と思ってお兄ちゃんに聞いてみると、歯につくから嫌とかいう人がいるらしい。
青のりは鉄分がものすごく豊富で超優秀な食材なのに、もったいないですね~。
煮物、炒め物、汁物、意外とどんなものにかけても合いますよ。
貧血が気になる女子はいっぱい食べましょうね。

この三点セットでよくやるのが、混ぜ込みおにぎりです。

c0145449_21002987.jpg

いっぱいつくってラップに包んで冷蔵庫に入れておくと日持ちもするので便利です。

c0145449_21011967.jpg

ちなみにゴマのメーカーは特に決めていないのですが、
今使っているのは患者さんから頂いた大阪の創業1883年の老舗「和田萬」の黄金香りごま。
初めて食べましたが、香ばしくてなかなか美味しいですよ。
それにしても、ゴマ一筋130年の会社ってすごいですね~。

c0145449_21055921.jpg

ゆかりだけのおにぎりもシンプルで好きですが、ゴマが入ると満足感upしますね。
以前ゴマ農家の方がテレビに出ていて、ご高齢にも関わらず髪も肌もツヤツヤでした。
漢方では「胡麻仁」と言って黒ごまをよく用いますが、肝腎を補い、精血を増すので、
老化防止には最高です。
ゆかりは赤紫蘇の葉ですが、こちらも漢方で使われます。
散寒解表(軽い風寒の邪を解く)、理気寛中(胃腸をゆったりと寛がせる)、
行気安胎(気めぐらして胎児を安定させる)などの効果があります。
悪阻の妊婦さんにも、ゆかりおにぎりはおススメですね。

漢方薬を飲まなくても、日々の食事の中での食材の組み合わせが自分に合えば、
薬効作用は十分にあります。逆に体質に合わない食材ばかり食べていたら体調を崩すこともあります。
自分の身体に合ったものを摂取し、上手に健康管理していきたいものです。



by yurikak5 | 2016-02-24 21:42 | 食養生・薬草 | Comments(4)

葉室先生と鍼灸

先日スタッフと鍼灸の話をしていて「この本読むといいよ」と、ふと思い出した一冊。20年前診ていた患者さんが貸してくださり、魂の深い部分で感銘を受け、ずっとずっと長い間心の片隅に眠っていた本。旧版は古本のみですが、新装版が出版されていました。



c0145449_21480977.jpg
左が旧版、右が新版


著者の葉室頼昭先生はもともと阪大の医学部出身のお医者さんですが、大野外科病院(現大野記念病院)院長をされた後、大阪寺田町で葉室形成外科をご開業され、院長職の傍ら神職の最高階位の資格を取得され、平成4年「枚岡神社」宮司に就任、平成6年「春日大社」宮司に就任、平成21年に82歳でご逝去されました。

葉室先生は東洋医学にも造詣が深く、西洋医師でありながら鍼灸治療もされる先生です。
本の中でも「第二章 東洋医学の不思議」は鍼灸師にとって必読部分で、形成外科で赤ちゃんの先天性の唇裂などの手術を行う際、術後に小児鍼(刺さない鍼)をすると非常に傷の治りが早く傷もきれいになること、発熱や傷の部分の腫れが引くので炎症止めや痛み止めなどがほとんど必要ないこと、また入院中に癇の虫が出る赤ちゃんがいるが、その時も鍼治療をすると夜泣きが減り、唇の縫合後の悪化を防いでくれるので非常に鍼灸が役立つという話が書かれています。

また麻酔の副作用で吐いたり腰が痛いと言って苦しんだりする人にも鍼治療が非常に有効だった話や、赤ちゃんが麻酔の副作用でショックを起こした時、また大人の症例では脳溢血などの救急疾患を手の小指にある心臓のツボ(おそらく少沢だと思われます)の刺絡(ほんの少し出血させる治療法)で救った話など、面白い臨床の話がいくつか紹介されています。

c0145449_21494312.jpg

ご自身も医学部時代にひどい肺結核で喀血し命も危ぶまれたのが、治療もせず消えてしまったという不思議な体験をされていて、西洋医学と東洋医学の両方の視点から、病になるのは何故か、また病が治らないのは何故か、単なる宗教的な考え方ではなく、自然との共生、人間を形作る細胞への感謝が健康の基本となること、日本人と西洋人の根本的な考え方の違い、日本という国が世界的に類まれなる国であり、その国に住む日本人の直観力や感性のすごさなどなど、私の拙い文章力では説明しきれませんが、最後の1ページまでに為になり、また日本人としての自信と希望が持てるようなお言葉が隅々まで溢れていて、読んでいて感動して涙が出てきてしまいました。

今になって急に何故この本を思い出したのか分かりません。最近鍼灸師になったばかりの人に、この本を広めなさいというメッセージでしょうか。しかし、この本は鍼灸師でなくとも、今心の弱っている日本人みなさんに読んでいただきたい一冊です。

c0145449_22011262.jpg

葉室先生が枚岡神社の宮司もされていたとは、恥ずかしながら存じませんでした。先生と縁のある枚岡神社の梅を今年も見ることができて、有難いことだなぁと感じています。これからも座右の銘の一冊として大切にしたいと思います。



by yurikak5 | 2016-02-21 22:42 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(2)

動物たちの春

最近登場してなかったシオン君。相変わらず元気いっぱいです。
春めいてケージから出せ出せとの要求が激しくなり、
無視していると脱走することも出てきました(>_<)

c0145449_20134357.jpg

「だって春なんだもんw」

ま、健康の証ですね(^_^;)この時期に元気なかったら病気ですから。

俄然やるきモードなのはこの子もです。

c0145449_22181170.jpg

冬場一カ月に一回しか餌を食べてなかったるるちゃん。
イソイソ、ソワソワ、目もキラキラ☆

c0145449_22190137.jpg

「わて、やりまっせ~」

って、何やんのよ、全く。。。

何故か気の合うこの二匹。オス同士、いつも寄り添ってます。

c0145449_22234578.jpg

パーリンは食い気にまっしぐらで、体重が536gになりました(@_@)

c0145449_22254013.jpg

四六時中、食っちゃ寝しては、ウロウロ歩き回っています。

人間界もちょっと変な人が出てくる季節ですので、
遠くからそーーーっと見守りましょうね(^^)





by yurikak5 | 2016-02-14 22:34 | 動物いろいろ | Comments(6)

続・春の香り

寒い日が続きますね(>_<)
小中学校では学級閉鎖、学年閉鎖なんて話も聞きます。
三寒四温、明日からはやっとあたかかくなりそうでヤレヤレです。

今日、買い物に行ったら、もう大好きな八朔が出ていました♪
紅八朔という種類です。
色々な柑橘類がバラ売りしていたので、一個ずつ買ってみました。
左から紅八朔、いよかん、デコポンです。
冬の間はミカンばっかりだったので、大きな柑橘類を見つけると嬉しいですね^^

c0145449_20043120.jpg


2/4の立春の日、貴重なお酒をいただきました。
新春の朝に搾りたての生酒を御祈祷し、当日酒屋さんが届けて下さるのです。

c0145449_20145854.jpg

富久錦 純米吟醸 生原酒 立春朝搾り」兵庫県の加西市の酒蔵です。
スタッフ皆でお神酒のようにありがたくいただきました(^^)
さすが搾りたて、ふくよかな薫り高いお酒でとても美味しかったです。

c0145449_20093746.jpg

二月八日は旧正月でした。今年も私の中ではこの日がお正月です。
日本で1300年以上の歴史がある旧暦では、新月、お月様の一番目から始まります。
春節というと派手やかな感じですが、
実は一年の始まりは新月のように粛々としたものだと思います。
さぁ、今年も皆元気で過ごせますように。。。




by yurikak5 | 2016-02-10 20:33 | 食養生・薬草 | Comments(4)

春の香り

年が明けたと思ったら、あっという間に二月ですね。
今日は節分。本来は恵方巻を食べるはずなんですが、
買ってあったうすいえんどうで、豆ごはんを作らないと~、、、
豆つながりでまぁいいかって感じです。
豆ごはん大好きなので毎年旬の時期になるとupしていますね(^_^;)
まだ出初めなので少し固めです。

c0145449_22224610.jpg

お花屋さんも種類がどんどん増えてきています。

c0145449_22242621.jpg

最近は様々な色と形のチューリップがあって楽しいですね。

c0145449_22243977.jpg

正月明けに来た切り花のピンクの葉ボタンはまだ頑張って咲いてます。

c0145449_22244998.jpg

さすが、息の長い丈夫な植物です。



by yurikak5 | 2016-02-03 22:36 | 食養生・薬草 | Comments(2)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika