<   2015年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

本日の手抜き料理

暑いですね~~。。。。。
暑すぎて頭が働かなくなってしまいますね~。

食欲もちょっと落ち気味ですが、最近出番の多いゴーヤチャンプルー。
ゴーヤの苦味は内臓の熱を冷ましてくれるので、夏にはとってもいいのです。
チャンプルーにするとゴーヤの苦味がマイルドになって食べやすいw

お昼はそのまま食べたけど、夜は冷やし中華が食べたいなー。
でも具を全部揃えるのも面倒だし、
大量に作ったゴーヤチャンプルーも残ってることだし、、、ということで、
卵とか豚肉とか緑の野菜も入ってるし、具として使ってみることに。

名付けて「ゴーヤチャンプルー冷やし中華」♪

c0145449_23482345.jpg

今日はレモン風味醤油ダレだけど、ゴマダレの方が合ってたかも。



「なんかお母ちゃん、適当すぎるんちゃう」


c0145449_23500641.jpg

暑すぎて目が怒っているシオン君(笑)



いいの、いいの。暑いんだからね。適当でいいのよ~。
でも卵の黄色に豆腐の白、ゴーヤの緑にトマトの赤、海苔の黒、
酸味、苦味、甘味、塩味、辛味(からし)も入って、
五色、五味がそろって、とりあえず栄養バランスはバッチリよ。

暑い夏は適当にいなして、無理をせず乗り切りましょうね♪




by yurikak5 | 2015-07-30 00:09 | 食養生・薬草 | Comments(4)

身近な陰陽

c0145449_22545502.jpg

東洋医学で最も重要といってもいい陰陽の考え方「太極陰陽論」。
師は陰陽を整えればどんな病でも治るといいます。

実際に2500年前に書かれた東洋医学のバイブル、
黄帝内経「素問」という古典の「陰陽応象大論」の中に詳しく
そのような内容が解かれ「陰陽は天地の道理である」と説かれています。

陰陽の理論は、少々複雑です。
自らの健康を守るために役立つので、患者さんにも知ってもらいたいものの、
短時間で詳しく説明するのはとても困難です。
そんな時、私はいつも食べ物や季節など身近な陰陽の例を探して、
なるべく分かりやすく患者さんにお話しするようにしています。

陰陽の根底は「易経」から発生していて、
白黒はっきりつけるといった二元論ではなく、
二元的一元論といって、必ず太極という場がベースにあります。

易の中では陰極まれば陽になり(例えば朝から夜へまた朝へ)といったように変化するもの(変易)、
また火と水、男性と女性など、決して変化しないもの(不易)
すべてのものは変化するが、単純明快な陰と陽から成り立っていること(簡易)
この三つが真理だとされてます。
また転化の法則、互根の法則など、陰陽の16の法則というものがありこちらも重要ですが、
詳しくはこちらに書かれています。

陰陽というのは自然の理ですから、身近なところにたくさん存在します。
毎日それを探すのが私の趣味と言っていいかもしれません。
陰陽のバランスが取れたものは、とても美しかったり、
美味しかったり、感動をもたらすものが多いので、
見つけることは幸せにつながるのです。

最近見つけた身近な陰陽は・・・。
c0145449_00314127.jpg

先日、雅楽のゼミナールに参加させていただきましたが、
雅楽の舞の中に「右舞」「左舞」というのがあって、
「右舞」は陰で女性的な物静かな踊り、
「左舞」は陽で男性的な大胆で力強い踊りだそうです。
古く中国から渡ってきたものには、やはり陰陽思想が根付いているようです。
笙など雅楽の音符にも五行色体表の「五調子」の雙調とか平調とかが
用いられているそうですね。

また亀の生態を学ぶのに読んでいた本の中で、
日陰の場所に産卵した卵からはオス(陽)が生まれ、
日向の場所に散乱した卵からはメス(陰)が生まれやすいと。
これは陰陽が異極を求める様ですね。
自然界では色々な場所に産むのでバランスがとれるそうですが、
同じ場所で繁殖をしている場合など、日陰が多いとオスばかりになるそうです。
砂浜に産むウミガメの場合はまた陰陽の法則が違いそうですけどね。

よく観察していたら、毎日身近な陰陽はそこにあります。
自然界の真理、面白いです。



by yurikak5 | 2015-07-27 00:22 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(0)

デュランタ sanpo

今年もデュランタが咲いてくれました。

夏の日差しにも負けない強い花です。

過去記事を探ってみると、もうかれこれ10年来のお付き合い。

c0145449_22223831.jpg


鮮やかな紫色にいつも癒されます。


c0145449_22225278.jpg

植え替えたら大きくなりすぎて、何度も先手しましたが、
それでもグングン成長する元気な子。
デュランタさん、これからもよろしくね。



by yurikak5 | 2015-07-23 22:30 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(0)
台風一過。。。

ついに梅雨が明けましたね♪
夏は大好きな私です。
皆様は連休をいかが過ごされたでしょうか。

以前、トマトの苗をベランダの植木鉢に植えたお話を書きました。
あれから一カ月半。ついに記念すべき一個目のトマトが色づき始めました^^

c0145449_22393400.jpg

完熟するまで待つつもりですが、食べ頃を逃さないようにしないとですね~。

c0145449_22395486.jpg

他にも待機組が約十個ほど。楽しみです♪


昨日は母が左足が倍に腫れるほどの捻挫をしたため、シオン君を連れて実家へ。
捻挫は初期にしっかり治しておかないと、後々痛みを引きずりやすいため、
ちょっと期間をつめて治療しています。
実は捻挫に鍼は、びっくりするくらいよく効くのですよ。
後遺症がほとんど出ませんし、繰り返さなくなります。
母も一度の治療で半分以上腫れが引きましたが、
調子に乗って歩きすぎ、また少し悪化。
でも今日の治療でほぼ治ると思います。

c0145449_22515272.jpg

久々うさんぽのシオン君。土の上は野性味が溢れる感じが好き☆

c0145449_23040280.jpg

でもでも、、、この連休の一番のスクープと言ったら!!!
ついにサンタと笹の助が初めて一緒に甲羅干しをしてました。
そして写真におさめることができました♪♪♪
親子亀のように重なる日も遠くないかもしれません。

c0145449_22541279.jpg

気付かれないようにそーっと近づいて、望遠で撮りました^^

最初はケンカしたり、いじめたりしていたので、
仲良しは嬉しいですね。



by yurikak5 | 2015-07-20 23:15 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(6)

ボク、暑いです。

いや~、連日暑いですね~。。。
さすがのシオン君も少々バテ気味です。

c0145449_22441758.jpg


いつもケージから出したら、一目散にベランダに直行するのですが、
今日はなんと風呂場で寝てました(^^;)
動物って涼しい場所、良く知ってますね。


c0145449_22440880.jpg


もう暑くてボク何にもしたくないよ~。


c0145449_22445993.jpg


夏はウサギにとって苦手な季節なんだよねー。


c0145449_22460292.jpg

ぐでーん。

c0145449_22470262.jpg


でも僕は食欲だけは衰えないんだ。
お母ちゃん、美味しいお野菜と西瓜、またよろしくね!


皆様も熱中症や胃腸病など、くれぐれもお気を付けください。





by yurikak5 | 2015-07-15 22:52 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(4)

リクガメの鍼治療

c0145449_20573626.jpg

「うちのカメ」石川良輔 八坂書房より

c0145449_21165780.jpg
亀の甲羅は肋骨(あばら骨)の進化したもの



先日、ホルスフィールドリクガメのバーリンが、
食欲不振になって動かず、夏眠のようだという話を書きました。

あれから3日に1回位は少々食べるものの、それ以外はひたすら嗜眠傾向。
無理やり起こすと少し食べることもありますが、
食べるとすぐ尿が出て、食べる前より体重が減ってしまう。
520g→500gになった時、これはちょっと減り過ぎではないかと
心配になってきました。


c0145449_21463072.jpg

リクガメは非常に神経質な生き物で、
食欲不振のまま死んでしまうこともあるといいます。
だからといって、動物病院で点滴などしたら、
ショックでよけい動かなくなってしまいそう・・・。

灯台下暗しとはこのことです。
そうだ、これはやはり鍼治療しかないのではないか。
しかし、ウサギの治療は何度も経験していますが、カメの治療はいまだ研究中。。。
少し前にカメの甲羅は肋骨が変化したものだという研究発表を知り、
ならば哺乳類のツボと類似するのだろうなという考えはありましたが、
いかんせん甲羅の上は冷たく、体表観察がしにくいのです。

しかし、バーリンの命を守るためには、そんなことも言ってられません。
小さな甲羅の上に何度も掌をあて、懸命にツボを探してみました。
すると、甲羅の継ぎ目にわずかな冷え?らしきものを発見。
ここに金の古代鍼をかざし、補法を施術。

証は食欲不振、嗜眠傾向、多尿傾向、暖かい場所が好き、動きが鈍い、などから、
脾腎の陽虚と診断しました。

c0145449_21194116.jpg

毎日治療し、今日で4日目。
なんと少しずつですが毎日食べてくれて、
1カ月ぶりにフードも口にしました。(野菜は白菜がお気に入り)
一度排泄が多くて498gになってしまいましたが、
その後盛り返し、今日518gまで回復!!嬉しい~~♪♪♪
動いている時間も少し増え、表情も豊かになってきました。

まさか、こんなに効くとは思いませんでした。
もっと早くやってあげたら良かったです。
爬虫類にも効く鍼灸ってすごい。
そういえば植物にも効くという話を聞いたことがあります。
生きとし生きるものすべてに、気が流れているからかもしれません。

この調子で何とか夏を乗り越えてくれますように。





by yurikak5 | 2015-07-12 22:00 | パーリン(ホルスフィールド) | Comments(6)

伝わる言葉。

c0145449_21170388.jpg


二年ぶりに来院された患者さん。

かつて心も体も問題がたくさんたくさんあって、

長い時間かけて大変な思いをして治した、忘れられない患者さん。

すっかり元気になって、運動歴が全くなかったのに、

テント背負って日本アルプスまで登れるようになって、

病弱だった時が信じられないくらい別人になられた。

急性の病気で久々に来院して談笑。

「先生、こんなこと言ってくれたよね。」

言った本人すら忘れている、

私が何気なく言った一言をずーーっと覚えていてくれていて、

感動して涙が出そうになった。

一生懸命、相手に伝えようとして言った言葉でなく、

何気なく言った素の言葉が、相手の心に残る。

言葉も文章も、実はそんなものなのかもしれない。

だからこそ、素の自分がいつも試される。

これからも日々精進。






by yurikak5 | 2015-07-08 21:31 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(0)
先週、半年しか使っていないスマホが急に電源が入らなくなり、

修理になってしまいました。

先日、無事、新品状態で帰ってきました。( 一一)

一週間、代替機で過ごしたため、写真を撮りませんでした。

なのでネタ不足です(^^;

ということで(?)多分半年以上ぶりに登場です。

苦手な方はスルーしてくださいね。

この夏でなんと3才を迎えます。

パチパチパチ。

元気です。るるちゃん。

これからもよろしくね^^


c0145449_23400296.jpg

きゅるんとしたお目めがかわいい~

c0145449_23414527.jpg

動かず、飲まず、たいして食わず。
でも筋肉が衰えないって、どういうことなんでしょうね。。。

この子も謎多し。




by yurikak5 | 2015-07-05 23:49 | るる(ベルツノガエル) | Comments(0)
c0145449_22022210.jpg


(続きです)


「猫なんて役立たず」という人も、
実は犬の自分を完全に納得できていない人かもしれません。

犬として立派に生きているし、それが自慢のオレ。
日々世の中の役に立派に立ってるぜ。

そうはいいながらも、猫の生き方がうらやましかったりする。
犬としてしか生きれない自分だが、
実はそれが少し辛かったりすることもある。
でもやっぱりオレは犬なんだよな~。


・・・はい、お犬様。お疲れ様です。
いつも世のため人のためありがとうございます。

でもね、あなたの本当の姿はアルマジロかもしれなくってよ・・・(+_+)


勤勉な日本国民はどちらかといえば犬社会が主流。
特に出る杭は打たれる、際立った個性を認めない風潮がありますので、
変わった動物には、なかなか生きにくい国ではあります。
とりあえず食い扶持を稼ぐため、犬のフリしてるけれど、
それで疲れ切って心の病を発症する人は多くいます。

"♪ありのままの~"なんて歌が大ヒットした背景には、
そういった窮屈な日本の社会を払拭したいという思いが
反映されているように思えてなりません。

日々の暮らしの中で、もっとありのままに生きたいものですね。
変わった動物でも見た目だけではわからない、
様々な才能をもっていることに驚かされます。

例えばナマケモノという動物。
木の上ではゆっくりとしか動かず、いつも寝ているみたいです。
実は泳ぐことが出来、水の中ではすごいスピードで泳ぎます。

カメもそうです。ゆっくりしか動かないと思ったら大間違い。
素早い足取りで、ちょっと目を離したスキに、
あっという間にいなくなることも。

コアラやパンダなんて、なーんにもしません。
コアラなんてユーカリの葉っぱだけ食べて、一日の大半寝ています。
でもあの類まれなる、独特の愛らしい風貌。
見ているだけで癒される人はどれほどいることでしょう。
可愛いだけでも才能ですね。

大切なのはコアラとして、パンダとして、
精一杯生きているかどうかということ。
動物たちはそんなことなどつゆ知らず、
自らに与えられた役割をただひたすらに全うしています。
人も動物も、周囲のの言動に振り回されず、
ただひたすらに自分の生を全うするその姿が、
感動を与えるのだなぁと、動物を飼育しながらいつも思います。

そしてさらに重要なのは、動物達のように
誰もができることだということです。
他と比較することさえしなければ。
ウサギはライオンやパンダにはなれません。
ウサギ道を突き進むしかないのです。
それが叶ったとき、たとえ主役になれなくてもキラキラと輝きはじめ、
自らの身の丈に合った幸せを感受できることでしょう。


終わり



by yurikak5 | 2015-07-01 22:54 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(2)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika