<   2014年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

facebookについて

桜は咲き始めましたが、今日はまた大雨に大風で肌寒いですね。

先月から仕事も兼ねてfacebookを始めました。
最近では、そちらの方が更新度が高くなっています。
今のところ登録者しか閲覧できない設定にしていますので、
ご興味のある方はこちら から入っていただき、
お友達申請していただれば幸いです。
(メッセージでブログから来ましたなど、一言いただけるとありがたいです)

ブログは不特定多数の方が見ることが可能なため、
あまり立ち入った内容は書く事ができません。
facebookはやっとシステムが把握できてきたところなのですが、
主に患者さんや友人知人など、実際にお顔の知っている方を友達承認し、
仲間内だけで閲覧するようにすれば、プライバシーの侵害もなく、
仕事上のお知らせの発信もしやすいことがわかりました。

もちろん「ヨモギ日記」との連携はしていますので、
こちらは今までどおり動物たちの日常を中心に時々更新する予定です。

時代とともに新しいツールが出来て、対応するのも大変ですが、
(LINEは全くやる気はありませんが・笑)
どうぞよろしくお願いします。

c0145449_17110013.jpg



by yurikak5 | 2014-03-30 17:12 | 雑記 | Comments(2)

久しぶりにひっくり返ってました。(頭は前です)

c0145449_20334901.jpg


でも前より進歩なのは、完全に仰向けではなく、
自分で起き上がろうとして斜めになっていたことです。

c0145449_20340608.jpg


リクガメは大人になると自力で起き上がれると聞いたので、
パーリンもそのうち自分で起き上がれるようになるんだろうなー。

c0145449_20343135.jpg


頑張ってね、パーリン^^




by yurikak5 | 2014-03-21 20:36 | パーリン(ギリシャリクガメ) | Comments(2)

ヨモギの大胆な寝相


いつもはこんなふうにまったりと香箱を組んでいるヨモギさんが、

c0145449_22505002.jpg

どうしたことか、死んだようにひっくり返っていました。
寝ているようです。

c0145449_22515876.jpg

マロンはよくひっくり返っていましたが、
ヨモギはようやくこの年になって、くつろぎ方がわかってきたのかな。
目が半開きで怖い~。

c0145449_22560389.jpg

「あら、私としたことが(*´д`*)」

c0145449_22533850.jpg

最近人が変わったような、不思議なヨモギさんです。


by yurikak5 | 2014-03-17 23:00 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(4)

サンタの甲羅干し

段々と治療院の玄関にも日差しが差し込むようになり、
昼休みには必ず甲羅干しをするようになったサンタくん。

c0145449_21082699.jpg

色々なポーズで太陽の光を満喫しています。

足の指まで広げるのがおかしい(^ω^)
水かきを乾燥させたいのかしら?
c0145449_21090672.jpg

最近はだいぶ図太くなってきて、少々近づいても気にしなくなってきました。
ホントに気持ちよさそうです。
いっぱい浴びてビタミンDを吸収して、強い骨(甲羅)を作ってね。




by yurikak5 | 2014-03-12 21:16 | カメ・カタツムリ | Comments(2)

運動することの大事。

脱走続きのヨモギ。
一応夜になると自ら小屋に戻るので扉を閉めてみるのですが、
0:00頃になると再び脱走することが多く、
最近はほとんど放し飼い状態になっています。

脱走し始めの頃は柵に足がひっかかって
「ガシャン!」という音がするときもありましたが、
最近は慣れたもんで「ストン!」という非常にスマートな脱走音?になりました(笑)

c0145449_18461641.jpg
放し飼いは、人間の立場で言えば少し困ることもありますが、
今回、怪我の功名といいますか、最近のヨモギは本当に今まで以上に健康的になり、
その点では楽になったとも言えるので、このまま続けるつもりです。

それはどういうことかと言いますと、

・食事を残さなくなった(以前は食欲にムラがあった)

・好き嫌いがなくなった(以前は同じ野菜などが続くと食べなくなった)

・ウンチの形が一定してきれい(以前はコロコロ糞が小さくなったり、つながったりすることも)

・いつも機嫌がよく目がキラキラしている(以前は小屋の中で無気力そうなことも多かった)

・以前より私のそばによく寄ってきて、甘えるようになった。

やはり、行動範囲が広くなり、よく動けるようになったということは、
人間も同じですが、心身のバランスと脾胃の調子がよくなり、
結果的に健康増進になったということだと思います。

ヨモギは性格的にいい子ちゃんなので、色々と我慢していたんでしょうね。
マロンとは正反対の性格で、大阪弁で言えば遠慮しいといいますか。
いったい何をきっかけに目覚めたのかなぁ。。。不思議。

小さな子供でもちょっとやんちゃで、
親を困らせるくらいの方が比較的健康と言えます。
カンの虫が強いお子さんは、真面目で潔癖症な
お母さんの言いつけを守ろとうするため、
一見おとなしくいい子ちゃんですが、病気ばかりします。

小児鍼で心身の緊張を緩めてあげると、
打って変わって子供は悪ガキへと変身するので(笑)、
真面目なお母さんは戸惑うことも多いのですが、
健康になった証拠なんですよ、というと安心されます。
悪ガキであっても非常に生き生きとして聡明で、
魅力の放つ子供になります。
そういった子供は、多少厳しく叱っても耐える力があり、
様々な困難に立ち向かう生命力を持ち、荒波を乗り越えてゆきます。

小児鍼をしなくても、環境や接し方を変えるだけで、
子供の病気は治っていく事も多々あります。
そのくらい、純真なんですよね。

動物が、またひとつの真実を教えてくれました^^
ヨモギさん、長寿ウサギ目指して頑張ってね!



by yurikak5 | 2014-03-09 19:22 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(4)
母と谷口雅美さんの短編画集「鳥と猫と君とボク」の書評を
なんと産経関西web にて書いていただきました!

c0145449_14521298.png

担当者の方が患者さんという経緯もあるのですが、
まさか自費出版本に書評を書いていただけるなんて、夢のような出来事です。

産経関西さん、本当にありがとうございました。




by yurikak5 | 2014-03-05 14:59 | Mother's Art&Book | Comments(4)

「だいたいねー、檻の中の生活なんて、嫌に決まってるやん。」

c0145449_22280127.jpg


「ずっと我慢してきたんやもん。大目に見てーや。」

え、そうやったん('_')

c0145449_22284287.jpg

「別に悪いことなんかしてへんし」

確かにオシッコはしてませんが、盲腸糞が転がってるんですけど、、、(^_^;)

c0145449_22291702.jpg

毎日どころか、1日2回脱走するようになりました。
完全に飛び越えるコツを得てしまったようです。
入れても入れても脱走するので、こちらはもはや諦めモード。。。
完全に上に蓋をして閉じ込めるのも可哀想な気がするし。
できれば今までのように戻ってほしいんですけど。
どうしたもんですかねー。


by yurikak5 | 2014-03-02 22:48 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(4)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika