<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

連休が始まりました。

c0145449_18215012.jpg

大型連休が始まりましたね。
うちは暦通りの診療で、今回は特に予定も入れていないので、
日頃なかなかできない本や書類の整理や掃除、
叔母のお見舞いや、友人たちと久しぶりに会えたらいいなと思っています。

・・・・・・・

早速、自分用の麦飯石が手に入りました。
c0145449_1825765.jpg

ヨモギはこれを食べたせいかどうかわかりませんが、最近すごく元気そうです。
こんな石ころが体にいいとは不思議。。。
もともとは地球のマグマが噴火し、火砕流が冷却して出来たものとの事。
自然災害は怖いですが、ちゃんと体に良いものも残してくれるのですね。
c0145449_1825394.jpg

まずは10分ほど煮沸してから使うようにと注意書き。
なんかアサリみたい。
c0145449_18255398.jpg

ちなみに成分は

無水珪酸  69.76%
酸化アルミ 14.01
酸化第二鉄 1.29
酸化第一鉄 1.40
マグネシウム 3.55
酸化カルシウム 2.00
ナトリウム 3.16
カリウム 3.19
チタン 0.30
無水燐酸 0.26
酸化マンガン 0.02
化合水・付着水  1.06

ということで、ミネラルやカルシウム、鉄分がたっぷりのようです。
久しぶりに行った血液検査で鉄欠乏性貧血と言われてしまった私に最適かも。
私とヨモギはおよそ同じ年代だと思うので、
彼女もそのあたりが不足していたのかもしれません。

お風呂と明日の炊飯に使ってみました。
ご飯美味しくなるかかな~。


(最近よく見る一番上の黄色い花。好きなんですが、誰か名前知っている方教えてください)
by yurikak5 | 2013-04-28 18:32 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(8)
先日ペットショップに行ったら、麦飯石というのが売っていました。
水の浄化などに使うとのことで、大きさもちょうどよく、
笹之助の水槽にいれてやったのですが、とても驚くことがありました。
c0145449_22113772.jpg

白っぽいのが麦飯石です。
c0145449_22115134.jpg

なんと、これを笹之助がガリガリとかじって砕き、
食べているではありませんか!!!
もちろん亀に歯はないので、嘴?でかじっているわけです。

犬を飼っている人に話したら、犬は土を食べるそうですね。
笹之助もたまにジャリを食べたりしていましたが、
ミネラルやカルシウムなどを補給しているのかもしれません。

今日、もう一つ購入し、鳥がかじるかな?とおいておきましたら、
なんとヨモギが狂ったように齧りだしたのです!!!
c0145449_22174751.jpg

ガリガリ。
c0145449_22172392.jpg

止まらない!
c0145449_22171093.jpg

いつまで食べるんよ~~。
c0145449_22165089.jpg

そんなに美味しいのかしら、この石。。。

調べてみると、
中国では900年前より薬石として使用され、690年前の医学者“李時珍”の書物『本草綱目』に「麦飯石の性質は無臭、無毒で特に悪性の腫れに特別の効果がある」と書かれ、「麦飯石」を粉にして「痛み止め」や「止血」などに利用されてきました。モンゴルのジンギスハンやチベットのラマ僧が使用していた記録があります。世界でも内モンゴル、中国と日本の岐阜県の山奥の3ヶ所でしか採掘できない貴重な宝の石です。
(有限会社かつらぎサイトより一部転載させて頂きました)


すごい、本草綱目にも載っているなんて。昔買ったのがあるはず。
早速本棚から引っ張り出すと、、、
c0145449_22272738.jpg

ありました、ありました。
c0145449_22274561.jpg

味は甘くて、温める作用があって、毒はない。背中などの出来物一切を治すってことかな。
粉末にして練り、皮膚に塗ったら効きそう。一種のクレイパックですかね。
要するに、毒を吸着し外に出してくれるようです。

次は私の分も買ってこなくては。浄水したり、ご飯に入れて炊いてみましょう。
咳は鍼と煎じ薬と玄米菜食と軽い運動で、大分良くなってきました。
引き続き養生に努めたいと思います。
by yurikak5 | 2013-04-21 22:50 | ヨモギ(ミニウサギ)☆ | Comments(8)

サンタ 初甲羅干し

今日は暖かかったせいか、
はじめてサンタが甲羅干しをしていました!
のんびりした亀の甲羅干しは、見ていると実に癒されます。
c0145449_2293921.jpg

あまり近寄るとやめてしまうので、見にくくてすみません。
これから夏にかけて、お昼に来院される方は遭遇するかも。


ヨモギさんは最近何故かペレットを食べず、野菜しか食べないので、
少し痩せてしまったようです。
c0145449_2221391.jpg

元気なんですが、気温差が激しかったり、地震があったりで、
体調が何か違う感じです。

私はと言えば、PM2.5の飛来とほぼリンクして、咳が出たり止まったり。
夜中までそらまめ君が真っ赤な時は、咳で眠れないこともあり辛いです。
舞洲がれき焼却が、あと一年も続くと思うと気が重いです。

明日はまた10℃位気温が下がるとのこと。
不安定な気候で大変ですが、みなさんもご自愛下さいませ。
by yurikak5 | 2013-04-18 22:37 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(2)

心の脱皮

カメやカエル、ヘビなど爬虫類や両生類は脱皮するものが多いですね。
昆虫は蛹から成虫に変わるとき脱皮しますし、
植物は固い蕾を破って、綺麗な花を咲かせます。

我が家のルルちゃんもずっと脱皮を繰り返しています。
最近は大分大人になったのか、3~4日に1回しか餌を食べません。
特に脱皮の時は食べないようです。

c0145449_22165025.jpg


人間は脱皮はしませんが、見えない部分で似たような変化は
起こっていると思います。
脱皮は動物にとって楽なものではなく、非常に忍耐がいる作業。
昆虫などは命懸けの作業でしょう。
人間もまた、成長しようとしている時に、体の不調を覚えたり、
変化が起こったりします。

子供では原因不明の発熱の後、言葉がたくさん出てきたり、
背が伸びたり、一回り大きくなったり。
ひどい風邪の後、ぐっと丈夫になったり。
特に春はそんな事が起こりやすい季節だと思います。

大人でも、何かいつもと違う嗜好の変化や、
体調の変化が起こったりしますが、
そんな時に鍼でバランスを整えると、
スムーズな脱皮を促す事が出来るように思います。

古い殻に固執する人は、なかなか次のステップへいけません。
きれいさっぱり抜き捨てて、新しい自分と出会い続けること。
誰でも肉体的には衰えていきますが、心の脱皮を続けること。
それが健康を掴み続けるコツかもしれませんね。

動物達は色々な事を教えてくれます。
by yurikak5 | 2013-04-12 22:44 | るる(ベルツノガエル) | Comments(4)

サンタ君の食事シーン

大人気、ミドリガメのサンタ君。
いつも患者さんに愛想を振りまいて、餌をねだっているので、
ずっしりと重くなってきました。

特に子供は例外なくカメが好きですね。カメも子供が来ると嬉しそうです。
c0145449_21175870.jpg


いつも腹ペコサンタ君。
食欲旺盛でいくらでも食べますが、
カメは食べなさすぎより、食べ過ぎの方が
死ぬことが多いらしいので気をつけています。

(乾燥イトミミズのキューブを食べています)


by yurikak5 | 2013-04-06 21:27 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(4)
ヨモギさんがまったりしていると
c0145449_2058411.jpg

変なあの子がやってきて
c0145449_20583955.jpg

ヨモ 「ちょっと待ちーや」
ポポ 「ピピピピ、ギャギャギャ」
c0145449_2059539.jpg

ヨモ 「チョコマカとよう動くな~」
ポポ 「ビビビーーーー」
c0145449_20595681.jpg

ヨモ 「やっと止まった。クンクン」
ポポ 「ビクッ、近寄らんといてんか」
c0145449_2101495.jpg

ヨモ 「あら、どこかへ行ってしもたわ」
c0145449_2103150.jpg

相手が鳥だということも、鳥は飛べるのだという事も、
よく分かっていないヨモギさんでした。


(一瞬の出来事なもので、ピンボケ多く失礼しました)
by yurikak5 | 2013-04-02 21:11 | ヨモ&ポポ | Comments(8)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika