<   2011年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

車!?

東洋医学とウサギと音楽の我が家に、なぜか、らしからぬ本が。
c0145449_2145347.jpg

私、22年来のペーパードライバー、当たり前ですがゴールド免許でございます。
車にも全く興味がなく、免許取得後、三回しか乗ったことがありません。
(当時、運転する母のすすめで取った)
その私が、皆の心配の声をよそに、ついにペーパードライバー教習を始めました。

先日三回目の教習を受けましたが、
今まで使っていなかった脳みそを使っている感じで、
かなりの疲労感です。

自宅まで先生が車(CUBE)で来てくれる教習で、
本人の希望も取り入れてくれます。
最初は人の少ないところで練習ということで、
ビジネスパークの回りをグルグル回りました。
それから、中央大通りまで。

二回目は初めて高速に乗って、東大阪の実家へ。
実家近くは坂道やカープが多く、道も細くて大変なのです。

三回目は実家方面と、コインパーキングの駐車の仕方など。

車線変更が・・・
坂道発進が・・・
車庫入れが・・・
高速道路・・・

ひぇーーーっっ

という感じで頑張っております。

若い頃はこの時点で諦めてしまいましたが、
40も過ぎると、続けていればと何とかなると思えるのは年の功でしょうか。
同年代の友人が、最近車に乗り出したのも勇気が出ました。

最終目的地は、淡路島。
来年の父の三回忌には乗って行けるといいなぁ。。。



by yurikak5 | 2011-11-30 22:17 | 雑記 | Comments(8)

食べ方の割合

今日、ヨガでご一緒した患者のSさんが
「先生、ちょっと食べても太るんです。どうしたらいい~?」
みたいなことを聞かれました。

Sさんは今は体調も良く、そこまで肥満体ではありません。
食べて太るのは健康な証拠なんですが、
女心としては気になってしまうのでしょうね。

健康であれば、何を食べてもかまわないのですが、
そのバランスが大切です。
基本は野菜中心、穀物、良質のたんぱく質ですが、
先ほどテレビで、分かりやすい比率を紹介していました。
トップモデルの食生活ということですが、参考になります。


穀物1 : たんぱく質2 : 野菜3 


穀物は少なめに、野菜は多くということですね。

ここで注意したいのは、穀物には芋類、トウモロコシも入れて下さい。
おかずで芋が入っていても、それは穀物として換算。
ポップコーンやポテチを食べても、とりあえずそれは穀物。
酒や菓子類も糖分が多く、穀物に近いですが、
決して主食の代用になるわけではありません。
けれど、どうしても摂取した時は、とりあえず穀物に換算しましょう。

あと、たんぱく質については植物性の豆類を中心に、
肉や魚は鮮度の良い、良質のものをとりましょう。

ダイエットをしようとして、昼はおにぎりやざる蕎麦だけ、夜は寿司だけ、などでは、
痩せるどころかビタミンやカルシウム、繊維などが不足し栄養失調となり、
脂肪や糖分を代謝できないため、体重は落ちるはずがありません。

カロチンは少量の油と一緒にとった方が吸収が良い、
糖分の代謝にはカルシウムが必要、などは良く知られていますが、
色々な種類の食べ物をバランスよくとることで、内臓機能は活発となり、
健康でちょうど良い体重を保つことができます。

東洋医学では、五味・・・酸・苦・辛・甘・鹹(塩からい)のバランスと、
五色・・・青(緑)・赤・白・黄・黒の食物の色のバランスが良いことを重視しています。

なお、当たり前のことですが、いくら比率を整えても、
腹八分目でないと意味はありませんが、
経験上、まったく比率を考えないよりは、代謝が良いように思います。
c0145449_20173970.jpg

「うちもトップモデルやし、ペレット1:野菜2:牧草3って感じにせんとね♪
でも最近ペレット美味しくて、ウエストが無くなってきてんねん。。。頑張ろっと。」


by yurikak5 | 2011-11-26 20:36 | 食養生・薬草 | Comments(8)

現役マロンより

なんや、古い写真のせられてしもたけど、
ボクまだ生きてるさかい、よろしくたのんまっせ。
c0145449_23195634.jpg

みんな、ほんまに寒くなってきたけど、風邪ひかんようにね!
c0145449_23215312.jpg


by yurikak5 | 2011-11-25 23:27 | ヨモギ&マロン | Comments(4)

若かりし日のマロン

部屋の片づけをしていたら、若かりし日のマロンの写真が出てきました。
血気盛んな3才くらいです。(良よく噛まれて血が出ました^^;)
この頃、写真はあまり撮っておらず、貴重な一枚。
三階建ての段ボールハウスが、ボロボロになっています。

c0145449_16495765.jpg

僕にも、こんな頃があったんやで~。
若い頃のウサギは結構激しいんやで。
なんせ雪山はねる生き物やさかいな。
かわいいだけと違うんやで~。
今はすっかり爺ちゃんで大人しいけどな^^
c0145449_1650109.jpg

毛が密ですね。



by yurikak5 | 2011-11-23 16:56 | 故マロン(ロップイヤー) | Comments(6)

ブータンとの懸け橋

裏表のない、ブータンと日本の友好関係のその裏には、
その懸け橋となったブータン農業の父、
西岡京治さんという日本人農業専門家がおられたからだそうです。

貧しかったブータンの農地を救いたい一心で、
30年間ブータンで過ごし、59才でブータンの地で亡くなられました。

「身の丈に合っていないと根付かない」という、
西岡氏の心情ですすめられた農業開発。
決して押し付けがましくなく、
相手の立場に立った開発が彼らの心をとらえ、
一人一人の胸に、希望の光をともしていったのでしょう。
こんな背景があったとは、本当に素晴らしいし、
この国の誇りに思います。

分かりやすく、感動的な動画を見つけたのでご紹介します。



全部で4篇あります。

西岡京治物語・中編     

西岡京治物語・シェムガン開発編 

西岡京治物語・後編


人気ブログランキングへ1日1クリック。応援お願いします。
by yurikak5 | 2011-11-21 23:27 | 雑記 | Comments(0)

ブータンってどんな国?

c0145449_15313063.jpg

ブータンって、国民の幸福度を指標にして国家作りをしていると聞いたけど、
一体どんな国なんだろう。。。とちょっと調べてみました。(主にウィキベディア情報ですが)

・インドと中国に挟まれている。

・人口約70万人

・世界で唯一チベット仏教(ドゥク・カギュ派)を国教とする国家である

・前国王が提唱した国民総生産にかわる国民総幸福量 (GNH) という概念

・主力産業は農業(GDPの35%)と、ヒマラヤ斜面を生かした水力発電をインドに売却

・2004年から世界初の禁煙国家、煙草の販売禁止

・気候・植生が日本とよく似ている上に、仏教文化の背景も持ち合わせており、
 日本人の郷愁を誘う場合も多い


歴史的には17~18世紀にかけてチベット・ダライラマ政権から
何度も攻撃を受けたり、1864年にはイギリスと戦争しています。
1949年にはインド・ブータン条約調印、電力をインドに売却しているなどみると、
インドとは友好関係ということでしょうか。

ブータンも1999年にインターネットが入ってから、外の世界を知る若者が増え、
人々の物質的な憧れが強くなってきているらしいです。

生きるにおいて、精神性を重んじるか、物質面での欲望を優先するか、
そのバランスは難しいですね。

人間はそこまで強いものではなく、衣食住足りてこその精神性だとは思いますが、
精神面が充足していれば、異常な欲望は自然となくなります。
本末転倒しないように、生きていきたいものだなと常々考えます。

ブータン国王が国会で演説 全文
by yurikak5 | 2011-11-19 15:34 | 雑記 | Comments(2)

龍は皆の心の中に

今日、ブータン国王が被災地の小学校でお話しされた言葉、良かったですね。
c0145449_22363669.jpg


龍はいると思う?

私は見たことがある。

(子供達、身を乗り出してくる)

龍は皆の心の中にいる。

経験を食べて強くなるんだよ。

自分の中の龍を大切にして、

震災の辛さを乗り越えて下さい。


そんな内容でした。

私はこの夫妻を見ると、昔の日本人のような懐かしさを覚えます。

お若いのに、深いお言葉に感動しました。



人気ブログランキングへ1日1クリック。応援お願いします。
by yurikak5 | 2011-11-18 22:39 | 雑記 | Comments(4)

きれい好きマロン君

ちょっと冷え込んできたなー。
マロン、フリースのぬくいの敷いとくから、
寒かったら上に乗るんやで~。

わかった。お母ちゃん、ありがとう~。
c0145449_21411832.jpg

おしりがぬくいと、グルーミングも力が入るわ。ペロペロ。
c0145449_21435691.jpg

いくつになっても、身だしなみはきちんとしとかなな♪
c0145449_2144891.jpg

さて、これで良しっと。
c0145449_21441878.jpg

ほなまたね~!
by yurikak5 | 2011-11-14 21:52 | 故マロン(ロップイヤー) | Comments(7)

「手伝ってもらう」

先日患者さんから聞いた、ほっこりするお話し。

Iさんは4才の娘Mちゃんの子育てしながら、
正社員としての仕事にも励んでいる。
いつも車で30~40分かけて、親子で治療に来られる。

一か月ぶりに来院したIさんは、
最近、仕事と家庭の両立で忙しく、イライラや肩こりがとれないという。

おまけに、子育てしやすいように異動になった部署の仕事内容が合わず、
自分に向いていないのかも・・・と真剣に悩んでいた。

ある日Iさんは、悩みかねて幼いMちゃんに聞いてみた。
「お母さん、今の仕事向いてへんのじゃないかと思うねん」

仕事の内容など分かるはずもないMちゃんはこう言った。
「そんなこともあるよ」

Iさんは続けた。
「そんな時、Mやったらどうする?」

Mちゃんの思わぬ返答。
「手伝ってもらう!」

Iさんは、わずか4才の娘の言葉に、目を見開いた。

生真面目な責任感の強い人ほど、他人に仕事をまかせられず、
弱音も吐けず、自分の飽和量が限界となり、病気を引き起こしやすくなる。
その深層には人には任せたくない、自分への過信も見え隠れする。
或いは、人の世話になっては申し訳ないという極度の遠慮がある場合や、
実際に人が足りない、経済的に不可能な場合もあろう。
しかしいずれにしても、頑張りすぎ、我慢しすぎで、疲労が重なり、
様々な病を引き起こす土台が出来上がってしまう。

自分の心と体が辛いなら、助けてもらえばいい。
ただそれだけのことなのだ。
そう思えば、方法は後からついてくる。

もちろんそこには頼む側の素直さと、
相手への信頼と感謝の念がないと成り立たない。

無垢な子供の魂は、大人以上に何もかもが見えている。
小さな先生に、また一つ学ばせてもらった。

c0145449_22401593.jpg



by yurikak5 | 2011-11-11 23:09 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(9)
マロンじいちゃん、ちょっと痩せてきてますが、
良く食べるし、とりあえずまだ元気です。

でも最近腰のあたりが冷えてるのよね~。
90才近いのだから仕方もないのですが、
これは腎虚といって、老化でございます。
人間と一緒ですね。冷えた腰をなでなでしてあげてます。
あまりにひどい時は金鍼を当てます。

c0145449_2311818.jpg

老化は下半身からやってきます。
しかし弱るからといって、動かないと筋力が衰え、ますます弱ります。
ここが難しいところですね。

でも走ったり、重いものを持ったり、
体力以上の激しい運動は、かえって体力を消耗するのでご用心。
ゆーーーっくりとした動きが、インナーマッスル(深層筋)を鍛えて、
老化を予防してくれるのです。

患者さんにもよくお伝えするのですが、
日常生活の中で、簡単に出来ることがあります。
すべての動きをスローリーにするのです。

扉を閉めるときもソロソロと。
決して"バンッ"と、はしたなく閉めてはいけません。
歩く時も太腿は上げますが、歩みはゆったりと腕を振って。
ティッシュ1枚取るときも、ゆーーっくり手を伸ばして取ります。
とにかくどんなことでも、いつもの半分くらい時間をかけてみて下さい。
結構これがしんどいのですが、体にいいうえ、
女性には見た目にもおしとやかでいい感じです。
まさに一石二鳥。

ご高齢になると、皆さん動きがゆっくりになりますし、
動物たちのグルーミングも、とてもゆったりとしていますね。
焦りや心配が、何よりも体の毒になります。
ゆっくりと・・・病治しの基本です。

by yurikak5 | 2011-11-08 23:21 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(6)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika