<   2010年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

仕事終了。

今日の午前中で、今年の診療が終わりました。
来年は6日から通常診療となりますので、よろしくお願いいたします。
c0145449_20267100.jpg

実は今、ウサギ達が我が家にいません。
明日から母と旅行へ行くので、初めてウサギ専用ペットホテルに預けました。
今までちょっと不安なのと、ウサギ専用は遠方にしかなくて、躊躇していたのですが、
まあまあ近くて、価格も良心的な、信用できそうなところを見つけたので、
思いきって預けてみました。
c0145449_2117964.jpg

お店(うさぎ星さんと言います)に行ったら、いきなりドでかい(マロンの三倍位ありそう)
フレンチロップがいて、びっくり。他にもメチャクチャかわいい子が山ほどいました♪
そこは様子を写メールで送ってくれるし、もし具合が悪くなったら
病院にも連れて行ってくれるそうです。
預ける前に鍼もしたし最近とても体調はいいので、いい子で留守番してくれることでしょう。
(でも帰り道は後ろ髪引かれ、まるで初めて託児所に子を預ける母親の心境でしたが。。。)

鬼のいぬまに洗濯・・・ではないですが、ウサギのいぬまに大掃除。
ウサギ小屋もスッキリ♪
c0145449_20415735.jpg

私事ですが、今年は3月に父の死という、とても悲しい出来事がありました。
より強く命の大切さを痛感し、また肉体がなくなっても、
魂はそばにいるのだという事を強く感じた一年でした。

今回の旅行は伴侶を亡くして、すっかり気落ちしてしまった母を励ますための旅行です。
ご経験のある方ならお分かりかと思いますが、
大切な人を亡くした悲しみはそう簡単に癒えるものではありません。
しかしいつまでも悲しみに暮れていては、心身ともに参って病気になってしまいます。
共に死んでしまってはいけません。生きているものは自らの命を全うする義務があります。

人間は人によって傷つくけど、また人によって癒されます。
だから、裏切られたり、心が届かなかったり、辛い別れがあっても、また人を愛してゆく。
自分が一生懸命頑張っていたら、絶対に支えてくれる人は出てきます。
そう思って、皆さんも強く生きていって欲しいなと思います。
c0145449_20534418.jpg

この一年間、出会えた皆様に感謝して。

よいお年をお迎え下さい。

そしてヨモマロ共々、来年もよろしくお願いいたします。



人気ブログランキングへ良かったら押して下さいね。
by yurikak5 | 2010-12-29 21:29 | 雑記 | Comments(11)

ウサギの食糞行動

最近、患者さんにヨモマロカレンダーを配ったせいか、
ウサギを飼いたいという人がチラホラ。
初めてウサギを飼うときに、一番ビックリするのは、
食糞行動ではないでしょうか?私自身はそうでした。

つまり、自分の●を食べるんです。
何のためにって?それはもう一度消化して栄養にするためです。
最後に出るコロコロ●でなくて、盲腸糞と言って、まだ未消化の便。

c0145449_23414325.jpg

食ってます。
c0145449_2342378.jpg

美味しそうです。
c0145449_23422056.jpg

(ハムスターなどは、肛門から出たばかりの自分の糞を口でくわえてポイッと捨てます。
あれも実に面白い行動です。)

ウサギは肛門から、直接●を食べてしまいます。
牛の反芻の逆バージョンでしょうか。不思議ですね。
しばらく餌がなくても、生き延びていくための知恵なのかもしれません。



by yurikak5 | 2010-12-27 23:55 | ヨモギ(ミニウサギ)☆ | Comments(7)

お鼻ブーブー

久々、マロンの動画です。 「みんなみてな♪」


c0145449_031360.jpg

 





喜ぶとお鼻をブーブー鳴らします。猫がゴロゴロいうのと似てますね。
ヨモギは鳴らさないので、オスだけなんでしょうか?
by yurikak5 | 2010-12-23 23:26 | 故マロン(ロップイヤー) | Comments(12)

ウロウロ

物色中。

c0145449_0371697.jpg


一服中。

c0145449_0324454.jpg


お願いだからダンボールは食べないでね。

糞詰まりになるぞ。

c0145449_0345241.jpg


最近、ヨモギが「ハウス」を覚えたんです!4回成功♪
逃げ足早くて、ケージに戻すのが一苦労だったのですが。
ちょっと楽チンになりました^^

マロンはおバカだから、すぐ捕まる。。。(あ、ごめんマロンくん)
by yurikak5 | 2010-12-21 00:47 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(8)

寒いですね~

昨日も今日もホントに寒いですね~。
四国で雪が積もったとか。びっくりです。

昨日今日、私の見解ですが、
新聞テレビで、珍しく嬉しいニュースがいつくかありました。

「諫早湾、開門」  
干拓事業の方々は本当にお気の毒、でもやっぱり生態系崩しちゃダメでしょ。
海苔は腎に良いので、いい海苔たくさん食べて、みんな丈夫にならないと。

「さかなくん、国鱒発見に貢献」 
さかなくん、いい人ですね。絵も本当に上手。仕事も人柄も真面目。
一つのことを一心不乱にやっていると、神様は認めてくれるんだなーとあらためて思いました。

「指揮者の小沢征爾さん復帰」
75歳、食道全摘だというのに、ほんとにすごいですね。
東洋医学を併用されてるんじゃないかしら?
術後より白髪が少し黒くなられてます。大分元気になられて良かったですね。

「駅長のタマ、大韓航空のCMに出演」
朝日新聞の自信満々で歩いている(?)タマの写真を見て、笑っちゃいました(笑)
日本便のPRのようですが。効果はいかに?



c0145449_231049.jpg

最近、悪いニュースばっかりやし、
たまにはおもろいニュースでもないとな~。
僕もロールちゃんマロン味とかのCMに出してくれへんかなぁ。。。


人気ブログランキングへご覧いただきありがとうございます。クリックお願いします^^
by yurikak5 | 2010-12-16 23:25 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(4)

ゴローン

ヨモギもゴローン。

c0145449_22182380.jpg


マロンもゴローン。

c0145449_22185492.jpg


お部屋の中はぬくいけど、明日は今日より7℃位寒くなるらしいです。
咽風邪が流行ってます。お気をつけ下さいね。
 



人気ブログランキングへご覧いただきありがとうございます。クリックお願いします^^


 
by yurikak5 | 2010-12-14 22:26 | ヨモギ&マロン | Comments(6)

マロンのお願い

しばらくオデコをなでなでした後に固まる。

じーーーっ。
c0145449_15283120.jpg


ひたすら、じーーーっ。

c0145449_153015100.jpg


もっとナデナデしてほしいのですね、分かりましたよ。

c0145449_15312316.jpg


ナデナデナデナデナデナデ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・repeat
動物や子供って、どうしてこんなに素直なんでしょ。




来年9歳、老齢マロン。
お蔭様で、睾丸腫瘍を患いながらも結構元気です^^
by yurikak5 | 2010-12-12 15:35 | 故マロン(ロップイヤー) | Comments(8)

白菜のお好み焼き

最近、よつばのおまかせセットばかりとっていたら、
大きな白菜が毎回入ってきます。
お店では取り除かれいる、一番外側の堅い緑色の葉っぱもついているので、
とてもありがたいのです。
ウサギはキャベツの外側の葉や、人間は食べないブロッコリーの葉っぱやなど、
堅いけどすごく好きですね。太陽をたくさん浴びて、一番栄養のあるところが、
本能で分かるのでしょう。
だからこそ、穴あきでも農薬の少ないよつばの野菜をとっています。

それにしても鍋にしたり、漬物にしたり、ウサギもたくさん食べてくれるけど、
白菜がなかなか減りません。
お好み焼きにできないかなーと思って検索してみると、
何と皆さんがキャベツより美味しい!とか書いてあるではないですか。

そこで作ってみました。
c0145449_14121458.jpg

いやー、これはほんとに美味しいです。
キャベツより柔らかで、優しい食感。
是非皆さんお試し下さいね。


最近、冬ごもり(?)の仕度か、二匹のよく食べること。
すぐお皿がカラッポです。
普段食が細いヨモギが、太ってモコモコしてきたみたい?
c0145449_1416592.jpg

「肉布団つけな、寒ーい冬は乗り越えられへんもん♪」
by yurikak5 | 2010-12-10 00:13 | 食養生・薬草 | Comments(11)

同病異治 異病同治

c0145449_2363848.jpg


東洋医学での基本的な考え方のひとつ。


「同病異治」・・・同じ病でも異なる治療法。

例えば、不妊症の人が数人いたとする。(肝臓病でも風邪でも腰痛でも何でもよい)
西洋医学での不妊治療は、多少の差あれ、ほぼホルモン剤や排卵誘発剤の投与となる。

東洋医学での不妊治療は、一人一人、同じ病名であっても、治療法が違う。
その人に応じた証に合わせて、鍼灸ならツボを選び、漢方薬なら生薬を選ぶ。


「異病同治」・・・異なる病でも同じ治療法。

例えば、肩こりと胃痛。西洋医学では整形外科と内科。両方受診。
でも東洋医学ならどちらも関連性があるから、
違う病でも、一度に両方治せる。なんて合理的。
下痢と腰痛、精神不安とめまい、動悸と不眠、などなどいくらでもある。

こんなことができるのは、結局体の五臓六腑が、全てつながっていて、
その上に、体と心と魂がつながってるから。

自殺未遂した少女に鍼したら、そんな気持ちも治まったとか、
登校拒否の子供に鍼したら、それだけで学校に行きだしたとか。
体へのアプローチで、心まで楽になるのには、ちゃんと理由がある。

気が流れ道である十二経脈(正経)は、それぞれ独立しているようで、
実際は一つの輪のようにつながっている。

主要な道路(正経)がつまれば、バイパス(奇経)を使って流そうとするのだから、
本当に体は賢い。

病を治すための機構は、誰にでもすでに備わっているのだが、
本能の欠如が著しい現代人はかなり低下している。

鍼は本能を取り戻すための、最強のツールだと思う。

健康を取り戻すには、動物達のように本能に忠実になることだ。
by yurikak5 | 2010-12-09 23:13 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(10)

遊んで~

写真ばっかり撮ってへんで、遊んで~や。

c0145449_2332561.jpg


ほんまやなぁ。また遊ぼーな。
by yurikak5 | 2010-12-07 23:08 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(4)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika