<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

オカンの嫁入り

以前、このブログでもご紹介させていただいた
患者さんの咲乃月音さんのデビュー作「オカンの嫁入り」が
なんと今秋、映画化されることに決定しました。
ロケ風景などが見られる咲乃月音さんブログはこちら

それも、先日お聞きしたら、なんと主役のオカンが大竹しのぶさん、
娘の月ちゃんは宮崎あおいさんなんだって!!
すごい豪華キャストに私もビックリです。

原作は、タイトル通り、バツイチのオカンが男を拾ってきて(捨て男と称される)
嫁に行くという話ですが、ハチというワンちゃんがいい味を出していて、
笑いあり、涙ありと、大竹しのぶさんならばっちり演じてくれそうな内容です。

映画館には多分10年以上足を運んでいない私ですが、
これは見てみないと!と思っています。
皆さん、機会があったら、是非見てみて下さいね。

c0145449_2313275.jpg

by yurikak5 | 2010-01-28 23:08 | Mother's Art&Book | Comments(7)

人参収穫。

父の治療のため、また淡路島へ。
庭にある小さな畑で、人参を収穫してきました。
作物の収穫って面白いですね。
大きいのやら、小さいのやら、二股のものやら。
美味しいので、モグラが齧ってしまうそうです。
葉っぱはウサギ様用。
c0145449_2295876.jpg

by yurikak5 | 2010-01-25 22:11 | 食養生・薬草 | Comments(4)

出発。

さあ、行くぞ。

c0145449_13101170.jpg

by yurikak5 | 2010-01-23 13:10 | ヨモギ&マロン | Comments(2)

血・・・?!

最近、年末年始の疲れがトドーッと出て、休日になると15時間くらい寝てる私。。。
以下、昨年のネタです。

マロンの足から血が!!
抱っこして飛び降りた時、着地に失敗して爪を折ってしまったようです。
(ちなみに爪は自分で噛んでけずるので、6年近く一度も切ったことありません)
c0145449_2144505.jpg

ええーっ、大丈夫?マロン君。ちょっと見せてみー。
お姫様抱っこで、無抵抗の図。
c0145449_2145346.jpg

心配したのもつかの間、自分でペロペロなめて、ものの5分で止血。
すごいね、あんた。
c0145449_21474276.jpg

by yurikak5 | 2010-01-17 21:52 | 故マロン(ロップイヤー) | Comments(6)

寒ーい1日。

今日、近畿地方はこの冬一番の寒さでした。
朝、水たまりが凍っていて、自転車通勤の私は耳がちぎれそうな痛さ。。。
帰り道が怖くて、近くの商店街で毛糸の帽子を買ってきました。
来週20日は大寒なので、一番寒い時期なのかもしれません。
でも、2/4は立春ですからね!春はもうそこまで来ていると思いたい。。。

ところでウサギ達は、また我が家に帰ってきましたが、
田舎の自然の中で過ごしてから、ずいぶんたくましくなったようです。
特に神経質で食の細かったヨモギが、食欲旺盛になって便も増え、図太くなったみたい。
やはり自然の中で生きるって大切なんですねぇ。

「何々?何か音がするわ!!耳ピコーン!」
c0145449_21521731.jpg

姪っ子ちゃんはお散歩させるのが上手。
c0145449_2254239.jpg

「こっちは何やろ~」
c0145449_226235.jpg

「自然の中で日向ぼっこはよろしいなぁ。。。」
c0145449_227881.jpg

みんなで記念撮影。ハイ、チーズ。
c0145449_2273258.jpg

おじいちゃんも喜んでくれて、良かったね。
ヨモギ、マロン御苦労さまでした^^
by yurikak5 | 2010-01-14 22:15 | ヨモギ&マロン | Comments(6)

鍼治療後に死亡?!

はり治療後に女性急死 大阪府警、鍼灸院を家宅捜索
1月9日12時41分配信 産経新聞
 追加情報 最下部↓

ある方から、こんな情報をいただきました。
こういうことはあるのか??
専門家として、はっきり言います。あります。
私達の流派では当たり前のことです。

この患者さんが、どういった体質の方かよくわかりませんが、
肩こりで通っていたということですから、おそらく肩背部に深い鍼をして、
肺気胸など起こしたか、または肩こりを主訴としながらも、
体の弱った正気が少ない人に、気をもらす刺鍼法でブスブスと刺していたか。

先日3年ほど前に来院した肩こりの患者さんが、久しぶりに来てこう言いました。
「こちらに来ない間によその鍼灸院に行ったら、首やら肩やらブスブス刺されて、
もう痛くて痛くて、かえって悪くなってしまって、
同じ鍼灸院でやり方がどうしてこれだけ違うのかと驚きました」
こんな荒っぽい鍼なら、上手なマッサージや整体、カイロの先生の方がずっと上です。

私の取り入れている治療法は北辰会方式を基本とし、少数の鍼で浅く刺す方法です。
ですので、鍼嫌いの方でも、子供でも、嫌がりません。
しかし少数鍼でも、正しく選穴し、正しく刺鍼すれば劇的に効きますが、
間違ったツボに刺せば、効果がないばかりか悪化させることもあります。
この治療法を長年学んできた理由は、より多くの疾病に対応できると思ったからです。

大阪は鍼の本場。
大阪市内には「鍼中野」という、鍼に由来する地名があるほど鍼好きが多く、
昔から「鍼喰い」といって鍼の刺激(響き)を過剰に求める患者がおられ、
もっともっとと刺激を求めます。慰安的なクセになる鍼の方法です。
楽になったとしても、その時だけですし、重症にはまず使えません。
そういう鍼はコリの深部に響くまで、何度も繰り返し刺すのですが、
体が弱っていて、繊細でデリケートな患者さんにはきつすぎて、
疲労度が増すばかりか、かなりの体調悪化を招く場合もあります。

病に鍼が効くということが、少しずつ世の中に浸透してきているように思いますが、
法的には医療類似行為であっても、鍼はれっきとした医療行為。
明治以前、西洋医学が入ってくる前は日本の第一医学でした。

一本の鍼は劇的に人を救うこともありますが、
打ち所が悪ければ、死に至らしめることもあります。
特に重症疾患を扱う際は、かなりの慎重さが必要であり、
少なくとも、脈診や舌診を長年経験を積み、熟知していないと難しいです。
そういったことを知らずに、ただ闇雲にブスブスと刺す鍼をしていれば、
必ずや患者さんを苦しめる結果となります。

実は私の父は腰痛持ちで、初めて受けた中国人の鍼が痛すぎ、
それ以来鍼が大嫌いでした。
そうため、私が鍼灸師になりたいといった時、反対し続け、
私の治療もなかなか受けてはくれませんでした。

私はと言えば、今まで出会った2人の先生が、
ラッキーなことに非常に腕の良い素晴らしい先生で、
丁寧な鍼灸治療により、丈夫な体にしていただきました。
出会った先生によって、これほども鍼灸の印象は変わるのです。
その後、父の鍼への偏見をとるために、どれほどの時間がかかったことでしょう。

十四世鍼医の私の師匠は、多くの弟子達にいつも言います。
「自分の腕で治せないものは触るな。その方が人助けだ」と。
正しく、自分自身の技量を知ることの大事。
自分の人間的器を知ること大事。
そして、今は治せなくても、日々精進する心の大事。
ただ鍼を刺せば治る。そんな簡単なものではありません。

平成13年度より規制緩和で鍼灸学校の数が倍になりました。
鍼灸師免許を持つ人はかなり増えたと思います。
新米鍼灸師の皆さんには、そういったことを知った上で、
神聖なる気持ちで鍼を持っていただきたいと切に願います。

c0145449_1971654.jpg

初めて見た南天の葉を食べるヨモギ。体にいいものをかぎ分ける野生の本能には脱帽です。


(追記・上記の詳細な情報を入手しました。
大阪池田市の10床ほどの規模をもつメイ○ル鍼灸接骨院。
しかも鍼を打ったのは無資格のバイトらしいとのことです。
学生に鍼治療をさせるとは、とんでもないことですね。)

by yurikak5 | 2010-01-11 19:38 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(10)

うさんぽ動画 2点



「このお腹に巻いてるのは何やの!?気になってしゃあないわぁ。。。ペロペロ」




走る走る。「走りたいのにこのヒモがじゃまやねんっ。それにしても、風が寒いよ~。」
ヒモがなければ、100%野山の中へ消えて野ウサギになることでしょう。
by yurikak5 | 2010-01-07 21:09 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(9)

新春・うさんぽ

明けましておめでとう~。ちょっと遅くなってごめんな。
お母ちゃん、色々忙しそうやねん。
c0145449_14293917.jpg

今年な、私初めてお外に出てん。
最初、怖くてへっぴり腰になってしもたわ。
でも気持ちいいな、土の上は。
c0145449_14302678.jpg

マロン兄ちゃんは、どこでも平気やねん。すごいなぁ。
c0145449_14311372.jpg

好奇心旺盛、興味津津やわ。
c0145449_14313099.jpg

私ら、しばらくここで暮らすねん。いいやろ~。
週末にはお母ちゃんが迎えにくるけどな。
ほな、皆さん今年もよろしくお願いいたします~。
ウサギのヨモギでした。



・・・・・
年末年始はウサギも連れて、兄家族と療養中の父がいる淡路島の田舎に滞在し、
看病と鍼治療の毎日でした。
お陰さまで父の容体が少し安定しましたので、明日から通常通り診療を行います。
よろしくお願いいたします。
by yurikak5 | 2010-01-04 14:39 | ヨモギ&マロン | Comments(12)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika