<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

漢方薬保険適用外の話、
長妻厚生労働大臣が反対してくれたみたいなので、何とか大丈夫かしら。。。

しかし、今回の件で、民主党本当に大丈夫??・・・思ってしまいました。

すると、政治に詳しい従姉が、
「もっと大変なのは外国人参政権人権擁護法案なのよ!!」と。
恥ずかしながら政治に全く疎い私は、何それ???という感じだったのですが、
見てみるといいよ~と教えくれたのがこれ。
「チャンネル桜」
様々なスポンサーなども絡み、マスメディアの情報はかなり歪められているらしい。
確かに見ても聞いても、腑に落ちないことだらけです。
私が政治にタッチしたくないのも、何を信じていいのか、何が本当だか分からないからでした。

そんな中、スポンサーをつけず、中立な報道をしようと立ち上がったのが
このチャンネル桜だそうです。
youtubeで色々な人の演説が聞けるのですが、いくつか視聴してみてビックリ。

すごく話が分かりやすいし、腑に落ちる。
そうなんや。私が歴史が嫌いだったのはそういうことだったんや。

なんか目から鱗でした。反面、本当の世界は怖い。
日本はまだまだ幼稚。子供なんだと思いました。
きっと国民一人一人もまた然り。

子供にも真実を少しずつ見せてやらないと、世の中が分からないのと一緒で。
お人よしで、夢ばかり見ていては、敵に喰われてしまいます。
もっともっと自分の国のことを良く知って、
この国の未来を具体的に考えていかないといけませんね。
c0145449_21344112.jpg

                          天王寺動物園のペリカン
by yurikak5 | 2009-11-30 21:50 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(6)
今日で終わりましたが、ニュースでも話題の行政刷新会議の事業仕分け作業で、
医療用漢方製剤(エキス剤、煎じ薬)を健康保険から外すという案が出ているそうです。

ただでさえ薬価が低く設定されている漢方薬。
そんなターゲットに入れることすら、理解不能です。
しかし薬によっては、保険が効かないと一カ月に何万円もかかってしまうものもあります。
今や漢方薬は八割の病院・医院で処方されており、
ツムラなどは、この不景気でも過去最高益。
西洋医学では治らない病気で、漢方薬や鍼灸治療で良くなる人もたくさんいるというのに、
いったいどういうことやねん!!!というのが正直なところです。

私のところは鍼灸のみですが、鍼灸も医師の同意書があれば保険で多少補填されます。
(ただし病名は腰痛や頚腕症候群など整形外科的な6疾患に限定されています)
数年前は患者さんがどれだけ頼んでも、特に国立病院や大きな病院の医師などは
病院の方針だからなどと一蹴し、絶対に保険の同意書にサインしてはくれませんでした。
しかし最近では、国立病院でも東洋医学科が併設されているところも出てきたせいか、
癌患者や、精神科などを中心に、サインしてくれる医師が増えてきました。
西洋医学以外でも、患者さんが少しでも楽になる方法があるのなら、
手助けをしようじゃないかという、心のある医師が増えた証拠だと思っています。
鍼灸と併用で漢方薬を服用され、様々な病を乗り越え、元気に過ごされいる方もたくさんいます。

そんな東洋医学への認識が深まりつつある中、民主党はなんてことを言うのでしょう。。。
明治維新で自国の医学をないがしろにした上、ここでまたさらに、奈落の底に突き落とすのでしょうか。
もともとあった我が国の医学。我々の体に一番体に合っているはずなのに。
これではますます病人が増える一方です。
c0145449_22172154.jpg

もともと農耕民族で野菜や魚を食べる日本人は繊細な民族であり、
また胃腸病が多いのは、肉食の欧米人にくらべ胃壁の厚さが1/3で、
胃潰瘍や胃穿孔など起こりやすいからだと聞いたことがあります。
私も含め、西洋薬が体にきつすぎると感じる人も多いと思います。

例え胃薬と同時服用しても、食欲が低下し、かえって免疫力が低下し、
いつまでも体調がすぐれないなどという面が多々あります。
長期服用すれば、副作用で体が参ってしまう人もたくさんいます。
化学物質は最終的には肝臓腎臓などに負担がかかり、毒がたまっていきます。
そんな人々が、西洋医学では原因不明だと言われ、
東洋医学にすがりついてくるというのに。。。

ということで、所属する会より署名の協力要請のメールが来ました。
(主催は日本東洋医学会)締め切りが12月7日(月)です。
より多くの御署名が必要です。
ご賛同いただける方は、下記で専用の署名用紙と詳細がダウンロードできますので、
FAX・電子署名などで送って頂けるとありがたいです。
http://www.jsom.or.jp/pdf/opposition/form.pdf
(日本東洋医学会HPからもダウンロードできます)

今日一日でもかなりの患者さんに御署名いただきました。
ではよろしくお願いします。

追記:yahooニュースでも取り上げられました。
また日本東洋医学会あてのFAX番号03-6697-4219が追加されました。
毎日ニュース「富山県で医師ら反対」 
薬事日報【ツムラ・芳井社長】漢方薬の“保険外し”に反発‐「事業仕分け」の結論を一蹴
by yurikak5 | 2009-11-27 22:29 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(10)

大阪城公園の紅葉

最近、色々ショックなことが続いて引きこもりがちな、
70過ぎの母を無理やり連れ出し、大阪城公園を散歩してきました。
紅葉も今年はあまり期待していませんでしたが、結構きれいです。
c0145449_1903439.jpg

私の母は私と全く正反対の性格で、常に陰にこもりがちな人。
ああ言えばこう言う、天の邪鬼な難しい性格です。
最近年老いたせいもあり、段々それがひどくなっていますが、
昨日鍼をしてあげたので、いつものマイナス思考も今日は少し前向き。
鍼のすごいところは、そういう人を素直にさせる力があるというところです。
心と体はつながっているのですから、当然なんですよね。
例えば不登校の子供や、自殺未遂した子供でも、
たいしたカウンセリングをしなくても、
鍼で体を整えれば、心が安定し生活がスムーズにいくこともよくみられます。
体から心へアプローチする。
こういった考え方は、残念ながら西洋医学には見当たりません。
c0145449_18374319.jpg

100の言葉より、1本の鍼。
この素晴らしい医学によって、私自身もどれだけ助けられたかわかりません。

言葉だけは喧嘩になりますが、鍼は自分自身の中で和解させるといった感じです。
実際に漢方の色々ある治療法の中に、少陽病という肝・胆の病を治す、
和解(わげ)という治療法があるのですが、まさにそれと近いなと思います。
c0145449_18383658.jpg

丸々太ったのら猫?が、気持ち良さそうに日向ぼっこしてました。
c0145449_18384671.jpg

あの世が段々近づいてくると、ほとんどの老人は気弱になります。
病を患ったりするとよけいです。
そんな老人に希望を持たせるって難しいなと思います。
長生きすることだけがいいことではないけれど、
少しでも明るい老後を送って欲しいと願うばかりです。
by yurikak5 | 2009-11-23 19:01 | 雑記 | Comments(8)

苺♪など

今日は一カ月半ぶりにまとまった自由時間がとれたので、
芸術三昧の日でした♪
仕事後、バレエに行って夕方からギターレッスン。
仕事も楽しいけど、まったく別の体の機能を使った
こういう時間も必要ですね。

バレエのレッスン中、私の周囲にいた数人の方は女医さんだったようです。
やはり医療関係者は健康と体力作りに気をつけてますね。

うちのブログの検索ナンバーワンの長田佳世さんは
新国立バレエ団でソリストとして頑張っておられるそうですよ。
 「1/31(日)新国立劇場バレエ団 クラシックバレエハイライト2010
三田市総合文化センター郷の音ホールに!」ワクイHPより

行きたいなー。行けるかなー。
なんと佳世先生、ご結婚されたそうですよ!おめでとうごさいます☆

出始めの苺。苺のへたの葉はウサギの大好物。
全部たべてくれるので、生ゴミが出なくて助かります。
ちょっと高かったけど、色々あってもめげずに頑張っている
自分へのささやかなご褒美。
c0145449_2095093.jpg

(苺の効能)
咽風邪で発熱している人、肝臓の熱がこもっている人、
利尿、鎮痛、造血など。
東洋医学的には、赤いので心の臓に入ると思われますので、
精神安定や動悸などにも良いように思います。

参考文献「東方栄養新書」メディカルユーコン
by yurikak5 | 2009-11-21 20:21 | 雑記 | Comments(4)

くりじゃが

患者さんから北海道の「くりじゃが」を頂きました。
「お取り寄せで買ったら美味しかったから、先生送るわね~!」
と70代で現役バリバリのYさん(女性)。
病を抱えながらも、生き生きと毎日を過ごされる、
Yさんの生き方を見ていると、こちらがお手本にしたくなります。
人の病を治す立場でありながら、
こちらもまた有形無形の沢山のものを患者さんから頂きます。

ちょっと実が黄色くて、ホクホクして柔らかく、
肉じゃがにしたら崩れてしまったので、
今回は自家製フライドポテトにしてみました。
(オリーブオイルでね)
c0145449_19591192.jpg

これはかなり美味!

じゃがいもは、少し寒性に傾くので、油などの陽性のものと相性がいいです。
胃腸を丈夫にして、気を補強する・胃腸を優しく整える・胃の痛みを止めるなどの作用があり、
血圧降下作用
もあるそうですよ。
アルカリ性食品なので、体の酸化を防いでくれるそうなので、
老化防止になりますね。

秋になり、野菜もお魚も果物も、安価でいいものが手に入りやすくなってきたので、
体にも良い、秋の味覚を楽しみましょう♪

参考文献「東方栄養新書」メディカルユーコン
by yurikak5 | 2009-11-18 20:21 | 食養生・薬草 | Comments(4)

寝相いろいろ

この人はいつもキチッとしてるんですけど
c0145449_19224411.jpg

この人は「・・・・死んでる??」と時々驚かされます。
だって近づいても起きないし。
c0145449_19234214.jpg

寝る以外は食べてます。
c0145449_19243158.jpg


患者さん情報では、インフルまだまだ猛威のようです。
熱が37℃以下でも陽性の人もいたとか聞きました。
体力低下して、戦う力もないのかもしれません。
発熱はウィルスと戦っている証拠。
虚証の人は熱すら出すことができないのです。

韓国では漢方薬の予防が始まったそうです。
お年寄りで肺気腫を患っていた方が、
新型ワクチンを打って二日後、死亡したとニュースで知りました。(リンク)

厚生省は因果関係はないといいますが、
あまり弱っている人は、受けると注入したウィルスに負けます。
患者さんからも予防注射はどうかとよく聞かれますが、
敏感な虚弱体質の人は、定期的に鍼で体のバランスをとる方が、
免疫力が高まり感染しにくく、副作用もないため安全です。
私自身も受けたことないですし、今後受ける気もありません。

色々考え方がありますし、皆が鍼で予防できるわけではありませんので、
受けたかったら受けたらいいよと言ってますけどね。

運動、食生活、東洋医学。
それにしても日本人はもっともっと体力つけて、
予防に力を入れないといけません。
いくらでも耐性菌ができるウィルス性の風邪は、
軽くかかって、免疫力つけるのも一案です。

来週からかなり寒いようですので、皆さまお気をつけて~。
by yurikak5 | 2009-11-14 20:00 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(6)

人参葉

大好きな人参の葉っぱを頂きました。
ごちそうさまでした♪
撮っていると「なでて~」とすぐ近寄ってきてしまいます。

動画でどうぞ。

by yurikak5 | 2009-11-06 21:50 | ヨモギ(ミニウサギ)☆ | Comments(10)

夕焼け空

満月の今日。
美しい夕焼け空を見た。
c0145449_22263478.jpg

c0145449_22264428.jpg

c0145449_22265336.jpg

c0145449_2227424.jpg

悪いなりにも、よい兆し。
病室の窓から、こんな景色が見えるなら、
ここもそんなに悪くない。
by yurikak5 | 2009-11-03 22:29 | 雑記 | Comments(9)
以前ブログにも書いた、ウサギの月読ちゃん。
先日飼い主のⅠさんが来られて、二週間ほど前に亡くなった旨をお聞きしました。

↓月読ちゃん・過去記事
 「かわいい患者さん」 
 「今日も暑かった」  

月読ちゃんは、首と耳の付け根のあたりに、
巨大なおそらく良性だろうという腫瘍を患いました。
耳の付け根の腫瘍は病院で小さな穴を開けてもらい、
膿を毎日Ⅰさんが絞り出しましたが、
大きな腫瘍に関しては、切除手術も命を縮める危険があるということで、
そのまま共生することになりました。
c0145449_16443485.jpg

c0145449_16445288.jpg

最初は大分弱っていましたが、鍼灸治療によってずいぶん元気を取り戻し、
亡くなる二週間前位にも治療しましたが、元気そのものでした。
結局亡くなる前日まで食欲モリモリ、朝起きたら鼻はヒクヒクするものの、
体は冷え、ぐったりして動かなくなっており、苦しまず、眠るように、皆に看取られながら、
夕方には静かに息を引き取ったとのことでした。
人間でいうなら80~90才だという月読ちゃん。
大往生の理想的な亡くなり方ではないかと思います。
c0145449_16462724.jpg

死とは悲しいものではありますが、避けて通ることはできません。
誰もが納得する良い死を迎えること、それが大切です。
そのためには、あまり手術などで切り刻んだり、
多量の薬品を使ったりしないほうが、安らかな死を迎えられる場合が多いようです。

動物は人間よりも短い寿命ですが、その中で同じ動物としての、
一生のの縮図を見せてくれます。
それこそが動物の最も重要な存在理由ではないでしょうか。
その中から、何かを学ばないとするなら、人間は愚かという他ありません。
命をつぶさに観察し続けると、様々なことが見えてきます。
c0145449_164746.jpg

月読ちゃん、ありがとう。
お月様に帰って、餅つきでもしてね。
by yurikak5 | 2009-11-01 17:15 | 動物いろいろ | Comments(10)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika