<   2009年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

呼んだ?

帰るとマロンはこんな感じで、ベローンと寝ています。
クーラーもいらなくなったし、ヤレヤレって感じでくつろいでます。
c0145449_21231488.jpg

写真を撮ろうと近づくと、ヨッコラセと立ちあがり・・・
c0145449_21235345.jpg

「呼んだ?」って感じで、こっちを向きます。
c0145449_2126013.jpg

・・・・・か・かわいいっ(親バカ)

何年たってもカワイイと思えるなんて、私たちはいい関係を築けているよね。
マロン君。
by yurikak5 | 2009-09-28 21:34 | 故マロン(ロップイヤー) | Comments(7)

インフル

ついにインフルエンザ患者がきました。
まぁ、風邪引いて鍼灸をファーストチョイスする人って少ないので、
そんなにたくさんは診ることはないのですが。

中学生の男の子ですが、発熱で来院。
あとで調べたらインフルA型でした。
ちなみに鍼をしていると、非常に軽くすみます。
この子も薬はリレンザを二回服用しただけで治りました。

それにしても、インフルでなくても発熱している人がすごく多い。
特に男性。気候の影響でしょうか。

インフルなど風邪の鍼灸治療は効果があるとはいえ、とても難しいです。
私も少しずつ出来るようにはなってきましたが、まだまだ勉強が足りません。
「傷寒論(しょうかんろん)」という有名な漢方薬の古典があるのですが、
これをまず学ばなければ治療はできません。
この本には、風邪(傷寒)の引き始め(葛根湯みたいなタイプ)から、
風邪がこじれて死に至るまで、ざっくり分けて陽証と陰証、
少し細かく分けて六段階に病状が分けられ、
それぞれの段階での漢方薬の処方が書かれています。

風邪というのは、まず体の表面から侵入します。
風邪の初期に寒気で体がゾクゾクするのは、
肌の表面に冷たい邪気が入ったからです。
こういった状況では、葛根湯などがよく効きます。
しかし、重症の風邪に葛根湯など使ったら、逆に死期を早めてしまいます。
年寄りが風邪をこじらせて死亡するのは、
病が体の深いところの陰証に入ってしまったからです。

西洋薬ではインフルエンザの主薬は二種類ですが、
東洋医学ではインフルエンザでも症状により処方が異なります。
何しろ「傷寒論」の中の薬は、100種類以上ありその中から選別するのですから、
大変難しいのです(鍼灸の場合はどのツボに、どのように治療するかということになります)。
またこの本が西暦196~204にかけて著されたと言いますから、
誠に先人たちの知恵には頭が下がります。

人間の病気というのは、現代病は多少増えてはいますが、
実際、病の根本はあまり変わっていません。
だから1800年も前の書物が活用できるのです。

もっと勉強して、もっとたくさんの病気を治せるようになりたいなと思います。
c0145449_2148497.jpg
c0145449_21484634.jpg

先日患者のさつきさんが、ウサたちにと大根葉を下さいました。
あっとという間になくなりました。ごちそうさまでした♪(byヨモ&マロ)

by yurikak5 | 2009-09-25 22:09 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(14)

血縁

血のつながりというのは
良くも悪くも 自分のルーツ
そのルーツを知ることは 
自分自身を知ることにもなる

そのルーツすらたどれぬ人がいる
例えば本当の父、母の顔を知らない
赤子の時に父母が離婚したり
死んでしまったり

祖父母がいればまだいいが
それさえたどれぬ人は
自分の子供にそのルーツをたずね

人間の祖先をたどれば
人類皆血がつながっているという

百姓だった家のために 
一番身を粉にして働いたという 
長女の叔母の死顔は 
おばあちゃんに そっくりだった

血の流れは 川の流れに似て
流れ着く先は 大海なのかもしれない

c0145449_2114286.jpg

by yurikak5 | 2009-09-22 21:17 | 雑記 | Comments(6)

夏陰

新月のその日に 伯母は逝ってしまった

もう間近だとは知っていたけれど

五泉市を走る 初めて出会ったSLは

伯母が最後にくれた 土産だったのかもしれない

伯母さん、おじさんと天国で仲良くね
by yurikak5 | 2009-09-20 13:53 | 雑記 | Comments(8)

ヨモギの横顔

なでなでヨモギ。

最近あまりかまってあげられないけど、今度の連休には遊ぼうね。

c0145449_2372840.jpg

by yurikak5 | 2009-09-17 23:10 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(12)

空が広ーい

新潟の空は広い。ただそれだけのことに、いつも感動する。
c0145449_23554321.jpg

電線も、何もない、ただ空が広がっていることの不思議。
c0145449_2356778.jpg

いや不思議なのは、空のない街で暮らす私達なのかもしれない。
c0145449_23562746.jpg

by yurikak5 | 2009-09-16 00:01 | | Comments(6)

欠航ですと??

この土日を使って、母の故郷・新潟に、叔母のお見舞いに行ってきました。
土曜仕事を少ししてから、伊丹に直行。

一年振りの新潟は、相変わらず時間の流れがゆっくりで。
飛行機が着陸する前に見えるのは、整然と並んだ田んぼ、田んぼ、田んぼ。
この緑の濃淡はとても癒されます。
c0145449_2157087.jpg

無事お見舞いを終えて、翌日空港へ行くと何か様子がおかしい。
何と乗る予定の便が、整備不良で帰ってこれず、欠航だと!!!
もう目が点・・・・。

「申し訳ありませんが、地上経路で帰っていただくことになります」
「はぁ・・・??・・・新幹線で大阪に帰れってこと??」
「左様でございます。他航空会社の便で中部乗り換えの空席をご案内できるかも・・・・。
・・・・申し訳ありません、それも満席でございます」

今、とてもややこしい航空会社。
初めから〇N〇にしとけば良かった・・・と思っても後の祭り。

同行していた専業主婦の母はのんきなもので
「じゃあさ、明日仕事休んで、もう一泊新潟に泊まる?」
冗談じゃないよ。。。。全く。。。。
仕事はもとより、ウサギの餌一日分しか入れてきてないし。
ウサギ死んだらどうすんのよ!!!

c0145449_2273366.jpg

で、結局上越新幹線で東京まで行き、のぞみで新大阪まで、五時間弱かかって到着。
帰宅は22:30でした。
まぁ落ちるよりかは、欠航の方がましだけどね。

しかし、疲れました。。。。
by yurikak5 | 2009-09-14 22:12 | | Comments(7)

ロールちゃん♪

運動不足なので、大阪城周辺をお散歩しておりましたら。
c0145449_2319949.jpg

帰りにフラッと立ち寄ったコンビニで。
・・・!!!
c0145449_2320747.jpg

ウサギ好きおなじみ、ロールちゃん♪
それもマロンだって~~!!!ベレー帽に、ヒゲまではえてるよ(カワイイ)
秋の新作「いまだけ♡」だって。そりゃ、買うでしょ。
c0145449_23225284.jpg

マロン、お前も有名になったもんだねー(いやいや、全く関係ないし)

フツーに美味しかったです♪
by yurikak5 | 2009-09-10 23:31 | 故マロン(ロップイヤー) | Comments(13)

冷たいお尻に要注意

朝晩だいぶ涼しくなってきて、お尻(下半身)が冷えて腰痛とか、下痢の人が増えています。
そんな人にはお尻のあるツボに鍼をしたら、ホカホカぬくーいお尻になり、
腰痛やお腹も治ってしまします。

女性の皆さん、自分のお尻のほっぺを触って冷たかったら要注意です。
それは下半身(腎臓・膀胱・子宮など)の弱っている証拠。
(いやいや、最近はお尻の冷たい草食男性?も増えてます)
そんな時は、お尻と下着の間に、ハンカチやティッシュなどを入れてみてください。
汗をかいたために、下着が湿ってしまい、さらに冷えてしまうのを防いでくれますよ。

マロンはまだまだ暑そうですね。
そういえば、額のイボは紫雲膏を一回塗っただけで治ってしまいました。
よかったね!マロンくん。
c0145449_0463159.jpg

by yurikak5 | 2009-09-09 00:55 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(10)

枸杞子

最近の私のおやつ、枸杞の実。
何か目が疲れやすくて。。。
目はいい方なんですが、ちょっとパソコン見すぎかも。
c0145449_21143622.jpg

枸杞子(くこし)の効能は、滋補肝腎・明目・潤肺などで、
視力減退、足腰の弱り、頭のふらつき、慢性の咳などに効きます。
六味丸という腎を強くする漢方薬がありますが、それに枸杞子と菊花が入ると、
枸菊地黄丸という特に目にいい薬になるのです。
c0145449_21182236.jpg

何事も肝腎が弱ると、気力や根気がなくなり、物事を達成できなくなります。
季節の変わり目、疲れの出やすい時期です。
気をつけましょうね。
by yurikak5 | 2009-09-06 21:23 | 食養生・薬草 | Comments(9)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika