<   2009年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

桜 もうこんなに

大阪ではもうこんなに咲いているところもあります。五分咲きくらいかな?
(携帯なので画像悪くてスミマセン)

c0145449_22175846.jpg

c0145449_22153748.jpg
c0145449_22175020.jpg



 
by yurikak5 | 2009-03-30 22:20 | 花・自然 | Comments(4)

救いとは

今日バレエに行って、筋肉使って汗かいて、しんどいめして、
それでも私は頑張ってて、そんな中でふと思った。

筋肉がある人って、病気になっても手術しても早く治るし、抵抗力がある。
鍼をしても運動してる人の方が格段に効き目がいい。
だから私は運動の趣味はない人間だったが、
10年ほど前から、丈夫になるためにこんなしんどいことを始めた。
丈夫でないと、すぐしんどいとか、疲れたとか言って、
大切な人達に心配をかけたり、迷惑をかけたりするのが申し訳なかったからだ。
(しんどいって大阪弁です。疲れるって意味です。)

当たり前だが、自分の筋肉つけるのは自分でしかできない。
心の筋肉も一緒かもしれない。
辛いことや、嫌なことから逃げてばかりいたら、決して強くはなれない。
泣きながらでも、とにかく一つの事を続ける。
すると自分が頑張っただけ、自分にご褒美がもらえる。
てことは結局「自分を救えるのって、結局自分しかいない」ってことなんだな。
赤ん坊が歩き出すのだって、自分の力でしかない。親はただ見ているだけだ。

私は人の病を治す仕事をしている。
嬉しいことに先生のおかげでこんなに元気になりましたって
言われることも最近は多い。

そういって下さる患者さんの心って本当に素晴らしいと思う。
頭が下がる思いだ。
だけどそれだけじゃないよ、と私は思う。

だって、元気になるために保険も効かない治療費を払って、通ってくれたのは患者さん自身だし、
私が口うるさく言う、食養生や運動をきちんとしてくれたのは患者さん自身だし、
もちろん私も頑張って勉強して、一日も早く治す術を日々探索しているけど。

だから、そう言って下さった患者さんにはいつも、
「私も頑張ったけど、あなたもよく頑張ったね」と言っている。

そんな時、人間同士の心のつながりを
ホッと暖かく感じて幸せを感じる。
頑張れ、自分。

c0145449_2017506.jpg

私の愛用のBOSEのスピーカー。パソコンだろうが、ipodだろうが、
ラジカセだろうが、これさえあれば何につないでも素晴らしい音になる。
こんなに小さいのに本当にスゴイです。

by yurikak5 | 2009-03-28 20:44 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(6)

寒の戻り

大阪は最近またかなり寒いです・・・ブルブル

一度桜も開きかけたくらい、5月並に暖かくなったものだから、
余計身にしみますねぇ。
真冬のダウンをまたひっぱり出してきて着ることにしました。
この季節、腰から下が冷えやすいですので、
薄着で冷えないように気をつけましょうね。

私も段々と元気を取りもどしてきました。
これからまた色々あると思いますが、
体調は整えておかないといけません。

何事もまずは健康から・・・。

c0145449_1979.jpg

ウサギ達、元気です。
by yurikak5 | 2009-03-26 01:11 | 雑記 | Comments(4)

祈り

私は大人になってから、大切な人が病気になったり、窮地に立たされたりして、
でも自分は何もしてあげられない時、掌を合わせてひたすら祈ります。
今でも神社仏閣で人々は手を合わせるように、
太古の昔から、人間はそうしてきたのかもしれません。
またそうすることで、不思議と自分の心も落ち着きます。


「どうかあの人が救われますように」


「どんな結果になるかは、おまかせしますが、
それが決して無駄になりませんように」


「とにかく、解決のためのいい案が浮かびますように」


決して結果を求めてはいけません。
良い結果を得るために、努力するのは自分自身です。
こういった祈りの中で、真っ暗闇の絶望の中から
ほんの少しの希望が見えてきたりします。

それは若い頃、何年もの間、自分の体の不調が続いた時、
鍼の師匠から「毎日朝晩合掌しなさい」と言われたことから始まっています。
私の家にはお仏壇などもなく、そういった習慣が全くありませんでした。
それを師匠は見抜いていたのでしょう。
それから毎日、お水と線香を一本立てて、ただ合掌を続けました。
妙に心身が落ち着いたのが不思議でした。

私は特別の宗教を持っているわけではありません。
おそらく祈りとは、人々の心から自然に発する行為なのだと思います。
またそういった心の底からの祈りであればこそ、
神様は手をかして下さるのだと思います。


今日知人の伝手で、京都・嵯峨野の清涼寺の住職でもある
琵琶説教師・金森昭憲さんの語り歌「隅田川」と法話をお聞きする機会がありました。
初めて生で聴く筑前琵琶の音色と、素晴らしいお声に感動しました。
また、法話の中では今の私にとって素晴らしいヒントになるお話があり、
おそらく今日このお話を聞くために、私はここへ来たのだなと思いました。

色々な御縁でまた今日も支えられています。
ありがとうございます。
c0145449_14143273.jpg

by yurikak5 | 2009-03-22 14:36 | 雑記 | Comments(5)

大根葉と蕗味噌

茹でた大根の葉を、少し油を引いたフライパンで炒め、
蕗味噌をからめてみました。
これがなかなかいけます。ホロ苦同士でまさに春って感じ・・・。
c0145449_18231029.jpg


事態の解決には至りませんが。
考えたところで、どうしようもないので、
鉄分補給して、ボチボチ頑張ることにする。
by yurikak5 | 2009-03-20 18:34 | 食養生・薬草 | Comments(6)

しばらく

家庭の事情で、しばらくバタバタしそうです。
まったく、やりきれない現実。
c0145449_21353372.jpg

by yurikak5 | 2009-03-17 21:36 | 雑記 | Comments(3)

懐かしのメロディー

実家においてある昔のレコードを、母が邪魔だから捨てるというので、
お願いだから捨てないでーっ(涙)と懇願したら、送ってきてくれた。

ああ、懐かしすぎる。。。私の青春の思い出達。。。
お小遣いはすべて、本かレコードにつぎ込んでいた、地味ーな子供時代でした。

生まれて初めて買ったシングルレコードは岩崎ひろみ「ロマンス」。確か小2の時。
500円札握りしめ、ドキドキしながら買いに行ったのを覚えています。
c0145449_2221502.jpg

これって幼稚園くらいの時のものじゃない?
プレミアつきそうです「ブーヨンのうた」
c0145449_22225792.jpg

c0145449_22423780.jpg

中島みゆき、佐野元春、ALFEE、谷山浩子。。。
小6の時、生まれて初めて買ってもらったLPは、みゆきさんの「臨月」。
ナイアガラトライアングルまで!「Bye Bye C-Boy」好きだったなぁ。
谷山浩子「たんぽぽサラダ」!!
c0145449_2229355.jpg

今思えば、これだけ好きなことさせてくれた親に感謝ですね。
プレイヤーが欲しくなってきました。
by yurikak5 | 2009-03-14 22:51 | 音楽・ライブ | Comments(12)

北枕は安眠枕。

春で不眠の方、結構いるのではないでしょうか。
実は、寝るときの枕の位置で一番いいのは北枕なんです。

北枕は死んだ人と思っている人が多いのですが、
本当のところは、お釈迦様の涅槃のポーズであり、
死ぬ前の悟りの境地であることから、
一番安定している寝姿と言われています。
タイなどのお釈迦様の横たわっている像は、
皆、北を向いていると聞いたことがあります。

また、東洋医学的にも理にかなっており、
アジアでは北は寒く、南は温かい。
頭は基本的に熱っぽくなりやすいので、北の涼しい方へ、
足は冷えないよう南の暖かいところへ向けるのが
バランスが取れ、健康に良いのです。

春先になって眠れなくなったとか、
急性の不眠症は、ほとんどが頭に熱がこもっているからです。
だから、カフェインや香辛料は厳禁なのです。
(慢性のものに関しては違う病理がありますが、ややこしくなるのでここでは割愛します)

部屋の向きでうまく北に向けないなら、せめて南だけは避けた方が無難です。
北でなければ東、次は西がまだましだと思います。

これを不眠症の患者さんに言っても、皆さん古い慣習にとらわれて
実行してくれる方は少ないのですが・・・。
私は旅館などでも、わざわざ北に向きを変えて寝るほどです。
だって気持ちいいんですもの。

簡単なことですので、是非、試してみて下さいね。

c0145449_23255268.jpg

by yurikak5 | 2009-03-11 23:27 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(4)

季節の変わり目

最近、雨が続いたり、暖かかったりと、
季節の変わり目は気候の変動が激しくて、
体調も変調をきたしやすい時期。
イライラや憂鬱が出やすい時期なので、精神疾患も悪化しやすく、
奇声をあげて道を歩いてる人なども増えてますね。
こんな時期は、人との諍いも多いかもしれません。

私も昨日、一カ月ぶりにバレエに行ったら大分からだがスッキリとしました。
筋肉を伸ばすことは、特に春は重要ですね。

相変わらずのウサギ達。
ヨモギは最近治療もしていないのに、すごく元気です。
写真ちょっとボケてますね。
c0145449_1634952.jpg

c0145449_16275428.jpg

by yurikak5 | 2009-03-08 16:33 | ヨモギ&マロン | Comments(8)

手から手へ

もともと弱い体を治すために この世界入って
患者さんより弱い自分が 人なんか治せるだろうかとずっと思ってて
開業した時は、セールスマンに「院長先生おられますか?」って何度も聞かれて
借りてきた猫のごとく「わ、わたしです・・・」とおずおず答えて

そんなこんなで、6年も経つと結構貫禄もついてきて
というか、貫禄つけなくちゃ女一人じゃ世間渡っていけない

人を教える立場になんて 絶対立ちたくなかったけど
色々義理もあって断ることもできず
人を教えるためには やはり上下の関係も大切で
それってすごく苦手なんだけど

この鍼灸医学は職人と同じ
手から手へ後世へ伝えられるもの
本を読んだだけでは決して得られないものが
そうやって師匠や先輩から教えられる

教えることはとても難しいが
この医学が途絶えないようにこれまで得たものを
少しでも次の世代に伝えてゆかねば
私もそうして成長させていただいたように

少しは出来るようになったが まだまだ未熟な自分が
人を教えながら また成長してゆく

そうやって悩むたびに 一回り大きな自分になれるだろうか

c0145449_222831.jpg

by yurikak5 | 2009-03-05 22:37 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(4)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika