<   2009年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

サザンカの宿~♪

梅の咲いてた公園で、サザンカも咲いてました。
c0145449_2123273.jpg

特に好きな花でもないのですが、冬場このショッキングピンクは目に付きますね。
c0145449_21261424.jpg

このあたりはお寺の多い所でもあります。
c0145449_21271067.jpg

そうそう、花粉症はすっかり治りました♪
by yurikak5 | 2009-02-26 21:28 | 花・自然 | Comments(0)

梅の花

散歩がてら、近所の公園に梅を見に行ってきました。

c0145449_1403141.jpg

c0145449_1411787.jpg

c0145449_1358392.jpg

by yurikak5 | 2009-02-22 14:01 | 花・自然 | Comments(4)

入りまーす。

今から、コタツに入るよ。
c0145449_2221165.jpg

ズザーッ!
c0145449_2224445.jpg

ウサギさんは穴ぐらがお好きなようです。
by yurikak5 | 2009-02-20 22:05 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(2)

花粉症

花粉症になった。10年ぶりくらいに。
鍼して体質が変わってから、ずっと治ってたのに・・・。

と思ったら、昔の花粉症とは違う症状。
これは実証の花粉症だ。
鼻づまりで目が覚める。鼻水は白から黄色で粘っている。
咽まで痛い。動いている方がまし。食欲はある。

昔は弱い弱い虚証の体だったから、
水鼻タラタラ、小さなくしゃみ連発、しんどくて寝てる方がまし、
食欲もあまりない・・・なんて感じだった。

継続して鍼をすると、虚証から実証の体に変わる。
実証の方が、症状は激しいが、体力があるので本当は軽症。
治療も瀉(しゃ)法といって、攻撃的な治療に耐えられる。

花粉症だろうが、なんだろうが、
東洋医学では同じ病気でも、体質により治療法が異なる。

これを専門用語では「同病異治・異病同治」という。

さあ、さっさと治さなくっちゃ。
c0145449_22325993.jpg

by yurikak5 | 2009-02-18 22:38 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(4)

春の養生法 

春の養生法、大事なことを書き忘れました。

肝気が昇らないようにするためには、目を酷使しないこと。
パソコンつかうブログでいうのもなんですが、
パソコンやテレビゲームなどは必要以上見ない方がいいです。
本は電磁波出ないから、まだましです。

あと、花粉がなくても花粉症の症状は起こります。
花粉を怖がって、家にこもりっきり・・・なんていうのが一番ダメ。
精神的にも怖がることが免疫力低下につながります。
マスクをしてでも運動(散歩など)する方が、体は楽になります。
(だいたい外を歩いている時より、会社の中でパソコンしている方が
症状ひどいといいう人多いんですから・・・)

よく電車の中で本読みながら、咳ばかりしている人がいますが、
あれも肝気が昇って出る「気逆咳」といいます。
治療法など医者もいりません。
本読むのやめて、丹田(臍の下・ツボでいうと関元あたり)に気を集中させるか、歩くことです。
こんなことで咳止めなんか飲むのは、以ての外です。

今日も日傘いるくらい暑かったですが、
来週はかなり冷え込み、雪も降りそうとか。
ほんとに体調整えるの大変ですねー。

* * * * *

内祝いにこんなかわいいタオル頂きました♪
c0145449_1857935.jpg

ケーキになってます。苺はマグネット付き。
c0145449_18491995.jpg

T君、Eちゃんと末長くお幸せにね!
by yurikak5 | 2009-02-15 18:54 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(2)

早過ぎる春

どうも春が来るのが速すぎると思ったら、
新潟県の野菜普及委員会・会長(^^)のお宅では、
畑でとれる野菜までもが一カ月も早くとれているらしい

以前、五運六気学説の話で、
「2009年立春(2/4)以後、気温が急上昇し、
温病(うんびょう)が流行すると予測している」と書いたが、やはり当たっているような気がする。
二月といえば普通はもっと寒くて、大阪でも雪のひとつもパラつくものだが、
今日の生暖かい空気と言ったら、気持ち悪いくらい。

ここのところ、以下のような症状の方が多いはず。
咽痛・微熱・花粉症のようなくしゃみ、鼻水、目の痒み・首や肩のこりなど筋肉のひつきり・
寒気・急に鬱っぽくなった等々。
c0145449_2150315.jpgこれらは皆、春の気、肝木が盛んになったために起こっています。春は木の芽立ちと言って、様々なものが芽吹きます。良いものも芽吹く反面、病気の種も芽吹いてしまうのです。

上に上に伸びようとする春の気は、体の気も上に昇らせてしまうため、上半身に熱がこもりやすい状態をつくります。それで、先ほどのような諸々の症状が出るということです。

それを防ぐためには、この時期は特に
カフェイン(コーヒー、紅茶、緑茶、チョコレート)や
香辛料などの辛すぎるものは控えて下さい。
そして眠気を催す時は、良く寝ること。

私も三日前から朝一杯飲んでいた、コーヒーを辞めました。
飲むと咽がイガイがしたからです。
花粉などなくても、花粉症のような症状はいくらでも起こります。
原因を外に求めず、自分の免疫力を高め、
上手に乗り切りたい、季節の変わり目ですね。
by yurikak5 | 2009-02-13 21:55 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(6)
c0145449_20232313.jpg

たるんだ腹が・・・かっかわいいっ☆
by yurikak5 | 2009-02-11 20:28 | 故マロン(ロップイヤー) | Comments(12)

春めいてまた寒し

先週はちょっと暖かく、春めいた感じがあり、
患者さんの脈も春の脈となり、春の病の人がチラホラ。
と思ったら、今日はまた寒いですねぇ・・・。

最近、濃いものが多く、胃腸が疲れてきたので、
煮物など作ってみました。
c0145449_2155773.jpg

もうソラマメが売ってました。案の定、甘味はちょっと少なめです。
c0145449_2156425.jpg

かむなびさんで教えてもらった秋鹿の「霙もよう」をチビリチビリと飲みながら、
新潟で買った蕗味噌をつつく。
c0145449_21572453.jpg

はぁー。幸せだなぁ。。。
by yurikak5 | 2009-02-06 22:01 | 雑記 | Comments(4)

「夜会」

昨日、中島みゆきの夜会に初めて行ってきた。
私はみゆきさんの比較的暗ーい時代の曲が好き。
アルバムでいえば、「あ・り・が・と・う」「愛していると言ってくれ」「親愛なる者へ」
「生きていてもいいですか」「臨月」「寒水魚」あたり。

小6の時、オールナイトニッポンでハマってから、
憧れて中学生になってから、ギターを始めた。
生きることへの疑問をみゆきさんの歌詞から感じとった思春期。
その頃好きだった曲は、きっと永遠に好きなのだろうと思う。
c0145449_2141737.jpg

夜会は・・・うーん。もう少し歌を中心に聴きたかったなぁというのが、率直な感想。
みゆきさんの言わんとすることはわかるのだが、ちょっとお芝居が多すぎて、物足りなかった。
やっぱりライブの方がいいなぁ。

でもパンフはなかなかでした。
歌詞読んでいるだけで、かなりグッとくる。
c0145449_21522968.jpg

c0145449_21455615.jpg

この人の紡ぐ言葉を読むと、日本語っていいなぁと思う。




ついにYouTubeに弾き語り動画upしました。
ご興味あるかたはどうぞ。。。
 「ホームにて」中島みゆき・ギター弾き語りコピー by yurika♪
by yurikak5 | 2009-02-05 21:55 | 音楽・ライブ | Comments(12)

今日も大根葉~♪

♪今日も~ 大根葉を買って~ 私は帰る~

        ♪スーパーコーヨーさん~ ありがとう~ (大根葉の歌 byヨモギ)


おっ、今日は半額だわ!!
c0145449_2359624.jpg

ヨモちゃん、よく食べるね~
c0145449_002914.jpg

食べてる、食べてる♪
c0145449_005674.jpg

ウンチも大分大きくなってきたね~ 合格合格。
c0145449_041960.jpg

by yurikak5 | 2009-02-04 00:13 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(8)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika