<   2008年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

百年の愚行

最近、日経新聞の水曜夕刊にて、あの佐野元春さんが書評を書いておられます。
その二回目で推薦されていた「百年の愚行」を購入。

写真集なのですが、恐い写真が満載・・・・。
心臓の弱い人はやめておいた方がいいかもしれません。
それにしても、インパクト十分です。
自然を破壊した人間の馬鹿さが、これ一冊で分かります。

本が売れないとか言いますが、この本は2002年初版で、現在11版を重ねています。
本当に良い本ならば、細々とでも長く売れ続けるのですね。
c0145449_2271513.jpg

動物の方が、ずーっと賢いんじゃないかなと思うことが多々あります。
c0145449_22105677.jpg

by yurikak5 | 2008-07-31 22:20 | 雑記 | Comments(2)

うさぎのプレゼント

昨日、私の誕生日でした。
まぁ、あんまり嬉しくもないんですけどね。
ここまでなんとか無事生きてきたなと。
そんな感じですかね。

とは言いながらも。
22才のかわいいスタッフT.Sちゃんが、
かわいいウサギグッズをプレゼントしてくれました!
いくつになっても、プレゼントというのは嬉しいものでございます。
c0145449_23524647.jpg

ウサギのお香立て、ウサギの線香、ウサギの手ぬぐいです♪
このウサギの絵、なんか妙にリアルでかわいいと思いませんか?
京都の香彩堂というところのものだそうです。
c0145449_23542147.jpg

何々「しずか」・・・しずかな草原の香り、だって。
線香いつも焚いてるからね。毎日一緒だけに、好みを把握してらっしゃる。
どうもありがとね。
by yurikak5 | 2008-07-31 00:02 | 雑記 | Comments(4)

茄子の味噌炒め

茄子はピーマンや豚肉と一緒に、味噌で炒めることが多いです。
あとは浅漬けとか、カツオブシと煮物にしたり。
忙しくて時間がないため、いつも超簡単なものばかりです。
c0145449_23201792.jpg

ちなみに茄子の効用。

体にこもった余分な熱を取り、血流を良くし、出血を防ぐ。
利尿作用があり、熱っぽい腫れを解消し、痛みを止める。
紫色はポリフェノールで、老化防止作用があるそうです。

茄子のヘタを蒸し焼きにして食べると、口内炎、乳腺炎に効くらしく、
乳腺炎では梅肉と和えて食べると良いそうです。
そういえば子供の頃、ウオノメに茄子のヘタがいいとかで、
擦りつけたことがありました。効いたような気がします。
熱性のできものには全般に効きそうです。
by yurikak5 | 2008-07-29 23:36 | 食養生・薬草 | Comments(0)

集中豪雨

今日大阪では、昼の二時半くらいから夕方にかけて、
ものすごい大雨が降りました。
鍼灸院前の道路は水が溜まりやすく、
車が走るたび、川か海のように波打ち、
あやうく浸水か・・・?!という位の勢いでした。
c0145449_21485130.jpg
c0145449_2149975.jpg

c0145449_21505013.jpg

自転車通勤の私が、帰宅する頃には止んでいて助かりました。
各地で大雨の被害が相次いでいるようです。
皆さまお気を付けくださいませ。
by yurikak5 | 2008-07-28 21:54 | 雑記 | Comments(4)

診療日誌

かなり暑い。
夏バテの人が多すぎる。ちょっと早すぎだ。

皆口を開けば
「先生、夏バテです」
「まだまだ夏は長いんだから、しっかりせなあかんやん」
と返しながら治療。

地震が起きるのも、地球の温度が熱すぎるから・・。
コンクリートで覆われ、地中の熱を発散できないマグマが、
耐えかねて吹き出そうとし、地球を揺さぶるのだ。

小宇宙と言われている、人間の体でも同じことがおこる。
例えばアトピーの人が、ステロイドを塗る。
確かに一時的に皮膚はきれいになる。

しかし、二次的な病として喘息が起こることがよくある。
これは皮膚から噴き出していたマグマが、蓋をされてしまったために行き場所をなくし、
内臓を攻めたからだ。東洋医学では皮膚と肺は表裏関係だとされる。
当然のことながら、肺の臓を犯した喘息の方が重い。
死ぬことだってある。

夏バテも、人によって症状はみな違う。
食欲ありません。下痢してます。便秘です。オシッコ減ってます。だるいです。
頭が痛いです。首が痛いです。足がむくみます。
一見、関係ないような症状も暑さのせいだったりする。

重病患者は暑さに負け、亡くなっていく人も。
この地球が救われるには、人間の数が減るしかないのかと、
診療をしながら思いにふける。


バテ気味、マロン。昨日鍼してあげてちょっと回復(ウサギには刺さない鍼をします)。
c0145449_2205633.jpg

by yurikak5 | 2008-07-26 22:22 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(2)

今日もどこかで

~今日もどこかで~ KAZUMASA ODA  2008

忙しい合間をぬって、京都まで小田和正さんのコンサートを見に行ってきました。
老若男女、人気絶頂の小田さん。チケットも抽選にもれ諦めていたのですが、
とある患者さんの伝で、なんとすごくいい席を手に入れることができました!
感謝感激・・40年生きてきて良かった。。。(私、もうすぐ40歳のバースデーなのです)

もちろん生の小田さんは初めてです。
小田さんは年を重ねても、益々魅力のあるお方の一人ですね。
結構こじんまりとした会館で、アットホームな感じで三時間はあっという間に過ぎ去りました。
その中で印象に残ったこと何点か。

初めはバックバンド付きで、アップテンポの曲が続きましたが、途中で生ギターだけに。
小田さんと、稲葉政裕さんというギタリスト(ちょっと鈴木さんに似てる?)の二人で、
初期のオフコースの曲を何曲か演奏して下さいました。
それはそれは、本当に素晴らしかったです。
その中で「僕の贈り物」を小田さん達が伴奏するから、皆で歌ってねーというのがあって、
もちろん私も一緒に歌わせていただきました。
小田さんの伴奏で唄が歌えるなんて、人生もう二度とないような気が・・・。
はぁーーー。。。

MCはあまり多くなかったですが、ボソボソとしゃべる内容の中には、
大物アーチストの名前がズラリ。

・昨日、ホテルに財津(和夫)からメッセージが届いてた。内容はたいしたことなかった。
昔、ユーミンと財津と「今だから」という曲を作ったが、その時ユーミンが財津に
''こんな字書くんだ"とか話していたことを思い出した。

・字はきれいだからいいってもんじゃない、楽譜が汚くてもすごくいい曲もある。
 阪本(龍一)の楽譜はすごく汚い。

・昔は小難しい曲が好きで、転調ばかりしていたが、
オフコースの曲は難しくて歌えないといわれてから、単純な曲を作ろうとした。
次の曲は二部制?です。飛鳥の曲は七部くらいに分かれていて覚えられない、
あ、けなしてるんじゃないですよ(笑)→「さよなら」を唄う

しかし、還暦すぎの小田さんが、あの声量で三時間びっちり、
アンコール三回も。なんか申し訳ないくらいでした。
一番最期に多分予定では入っていなかったと思われる
「生まれ来る子供たちのために」をピアノの弾き語りで歌って下さった時は、
もう涙涙でございました・・・。
この曲は今も私がよく弾く曲のひとつです。

高校生の時、「さよなら」「あなたより大切なこと」「一億の夜を越えて」などコピーし、
私はベース担当で時々ボーカルもしていた、あの日がよみがえりました。

最後に小田さんのメッセージ。
「客席に泣いてる人を見つけると、色々大変なんだろうなーと思います。
でも皆、頑張って生きて行って下さいね!」
実家が薬局の小田さん。
薬でなく、音楽で癒しをされているのだなぁと思いました。

c0145449_035118.jpg

by yurikak5 | 2008-07-25 00:50 | 音楽・ライブ | Comments(2)

のびーっ

ついに撮れました。ボケボケと言わないでください。
結構難しいのです。ヨモギの「のびーっ」シーン。
c0145449_22274220.jpg

動物の決定的シーンを撮るためには、
かなりの集中力と時間がいるということを痛感。
c0145449_22295832.jpg

ヨモギ初めての夏。元気です。
c0145449_22302561.jpg

by yurikak5 | 2008-07-20 22:31 | ヨモギ(ミニウサギ)☆ | Comments(2)

Mother's Art

c0145449_2232328.jpg

                             
by yurikak5 | 2008-07-18 22:39 | Mother's Art&Book | Comments(2)
私はウサギの耳を毎日触って体調管理をしています。
ウサギの耳は、脈なんかもとれる便利な場所。
耳が暑すぎたら熱っぽく、冷えていたら気のめぐりが悪く不機嫌な証拠です。

動物のオスは全般に、メスよりも熱っぽい生き物なので暑さに弱いのです。
(最近の人間界では、逆になってる場合が非常に多いですけどね・・・。)
ですから、まず冷やしてやらねばなりません。
実際にマロンの水を飲む量は、ヨモギの3倍くらいです。

最近マロンの耳がアチチで、動悸も激しく、しんどそうで、
このまま放置するとやばい!と思い、耳や体に水をスプレーして少し濡らしてやると、
元気を取り戻しました。軽い行水といったところですね。
(お風呂は昔飼っていた兎が弱って早死にしたので、絶対入れないことにしています)

c0145449_224476.jpg


マロン君、ちょっとやせちゃったねー。

c0145449_2243772.jpg


この暑いの、どうにかしてよ・・・(>_<)

c0145449_225353.jpg


クーラーは入れてるんだけどね。毛皮は暑いよねぇ。

c0145449_2253846.jpg


ハゲてるところは、人間のツボでいうと心兪あたりでしょうか。
東洋医学のバイブル「素門」の四気調神大論にも記されている通り、
夏は心が弱る季節。

c0145449_2255989.jpg


もう薄い毛が生えてきてるし、この程度なら治療しなくても、
内からと外からで熱を冷ましてやれば治りそうだね。
今日はスイカを皮ごとバクバク食べてました。
頑張れ!マロン。


by yurikak5 | 2008-07-16 22:38 | ウサギの健康管理 | Comments(2)

夏バテ予防

厳しい暑さが続いています。
少々、熱中症ぎみの患者さんが増えてきました。
最近はエコばやりで、極端にクーラーを控えるオフィスも多くなっています。
冷えないという意味ではよいのですが、逆に体内に熱がこもり、
ひどい場合は微熱や頭痛など引き起こします。
ちょうど良い室温というのは、なかなか難しいものです。

非常に簡単で当たり前な夏バテ予防法

①汗を上手にかくこと。
 クーラーの中で汗をかかないでいると、体内に溜まった熱を外に追い出すことができず、
 体調不良を引き起こします。
 最近は、子供に汗をかかせてはいけないと思っている母親もいるようで、
 24時間クーラーの中で日にも当てず、汗もかかさず子育てなどという、
 信じられないことが起こっています。
 子供は元来汗っかきで、汗をかくことで大人以上に熱っぽい体を冷やすのです。 
 しっかり汗をかかせた上で、充分な水分補給をすることが大事です。
 そうしないと、体内に溜まった熱により、赤ん坊ではカン虫がひどくなったり、
 発熱や咽喉炎、中耳炎なども起こしやすくなります。

②汗をかいたら、すぐに着替えること。
 濡れた衣服のままでは、今度は冷えてきます。
 さっさと、何度でも着替えることが大事です。

③よく寝ること。

 暑い国の人々は、日中はほとんど寝て過ごします。そうしないと体がもたないからです。
 暑いというだけで体は消耗します。日本もまるで南国のような毎日です。
 7~8時間程度の睡眠、プラス昼寝30分位が理想的です。

冷たいものをとることは、全くダメなわけではありません。
体内の熱ひどい場合は、取りあえず冷やさねばなりませんから。
ただし、クーラーの部屋で、汗もかかずに、冷たいものばかりとっていたら、
確実に下痢や体のだるさなど、体調不良を引き起こします。

簡単なことですが、なかなか皆さん出来ないようです。
ほんの少し気をつけるだけで、夏バテを予防したいものですね。


久々にぬか漬けつけてみました。一からするのは大変ですが、
大安(だいやす)の糠(100円也)なら結構おいしくできるので気にいってます。    

c0145449_21494731.jpg

by yurikak5 | 2008-07-15 22:05 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(4)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika