カテゴリ:雑記( 112 )

facebookについて

桜は咲き始めましたが、今日はまた大雨に大風で肌寒いですね。

先月から仕事も兼ねてfacebookを始めました。
最近では、そちらの方が更新度が高くなっています。
今のところ登録者しか閲覧できない設定にしていますので、
ご興味のある方はこちら から入っていただき、
お友達申請していただれば幸いです。
(メッセージでブログから来ましたなど、一言いただけるとありがたいです)

ブログは不特定多数の方が見ることが可能なため、
あまり立ち入った内容は書く事ができません。
facebookはやっとシステムが把握できてきたところなのですが、
主に患者さんや友人知人など、実際にお顔の知っている方を友達承認し、
仲間内だけで閲覧するようにすれば、プライバシーの侵害もなく、
仕事上のお知らせの発信もしやすいことがわかりました。

もちろん「ヨモギ日記」との連携はしていますので、
こちらは今までどおり動物たちの日常を中心に時々更新する予定です。

時代とともに新しいツールが出来て、対応するのも大変ですが、
(LINEは全くやる気はありませんが・笑)
どうぞよろしくお願いします。

c0145449_17110013.jpg



by yurikak5 | 2014-03-30 17:12 | 雑記 | Comments(2)

A HAPPY NEW YEAR♪

明けましておめでとうございます。
本年もペット共々、よろしくお願いいたします。

c0145449_15504812.jpg


年始は6日から通常診療となります。



by yurikak5 | 2014-01-02 15:53 | 雑記 | Comments(4)

紙の上の文字

c0145449_23544199.jpg

年末の大掃除中見つけた、一枚の新聞の切り抜き。
昨年の谷川俊太郎さんの詩の連載。

しばらくたって読み返すとまたいいもので。

スマホやネットは情報を調べるのには便利だけど、
ネットでは味わえない紙の上の文字に、
最近戻りつつあります。

紙の上の文字はその時、その世界に自分を連れてってくれて、
心に深い感動を与えてくれる。
そして心の中にいつまでも残像が残り続ける。

良い本は何故か絶版になってしまうけれど、
それがまた宝物と化し、大切に保管する。

本棚と共にある、私の人生。


by yurikak5 | 2013-12-12 00:02 | 雑記 | Comments(6)
「河内木綿文様の藍染うちわ展」

染織をやっている学生時代の友人から、
案内ハガキが来たので行ってみました。

私も元々染織には興味があり、鍼灸師になる前に少しだけ
テキスタイルデザインの仕事をしていた時期があったりと、
以前は時々こういった催しに出かける事がありました。
河内木綿は以前、新聞やテレビなどで見かけたことがあり、
紺と白のコントラストが素晴らしいその文様に魅了されたものです。

開催場所が八尾の文化財にもなっている
與兵衛桃林堂という和菓子屋さんというのも風情があっていい感じです。
(のれんも藍染ですね)
c0145449_17212794.jpg

近鉄八尾駅のすぐ南ですが、こんな貴重な建物が残っているんですね。
昨日偶然にも、患者さんから「美味しいんですよ~」と、
ここの羊羹をいただき、ビックリ。
今まで知りませんでしたが、知る人ぞ知るって感じでしょうか。


近くを歩いていると大きな無花果の木があり、たわわに実がなっていました。
c0145449_17243957.jpg

桃林堂さんでは展示物を案内して下さった方々とお話しながら、
美味しいお茶と和菓子を頂きましてごちそうさまでした。

涼しげなうちわと、友人作のコースターを購入。
河内木綿の文様は本当に素敵で私は大好きです。
いいものはずっと存続して欲しいですね。
明日7/7までなので、お時間ある方は是非覗いてみてください。
c0145449_17281551.jpg

by yurikak5 | 2013-07-06 17:44 | 雑記 | Comments(6)

谷川俊太郎 5月の詩

c0145449_22401519.jpg

一心


生きのびるために

生きているのではない

死を避けるために

生きているのではない


そよ風の快さに和む心と

竜巻の禍々(まがまが)しさに怯(おび)える心は

別々の心ではない

同じひとつの私の心


死すべきからだのうちに

生き生きと生きる心がひそむ

悲喜こもごもの

生々流転の




谷川俊太郎 5月の詩 (5/7朝日新聞より転載)
by yurikak5 | 2012-05-09 22:41 | 雑記 | Comments(6)

ゼー六のアイス

わーい、ゼー六のアイスだ~♪
c0145449_2151223.jpg

お店の隣にお住まいの患者さんが、時々差し入れて下さいます。
あっさりしてて甘さ控えめ、懐かしいアイスクリンの味。

少し前ですが、新聞にも載ってました。
c0145449_21531354.jpg

こんなに美味しくて有名なのに、
こじんまりと、マイペースで流されず、
のんびりした雰囲気がいいな~。

職種は違うけど、姿勢が勉強になりますね。
by yurikak5 | 2012-03-28 21:59 | 雑記 | Comments(2)

谷川俊太郎さんの詩

c0145449_22495890.jpg

妬みと怒りで汚れた心を

哀しみが洗ってくれたが

シミは残った

洗っても洗っても

おちないシミ

今度はそのシミに腹を立てる


真っ白なんてつまらない

シミのない心なんて信用できない

と思うのは負け惜しみじゃない

できればシミもこみで

キラキラしたいのだ

(万華鏡のように?)



******************
朝日新聞の2月の詩に、大好きな谷川俊太郎さんの
素敵な詩が掲載されていました。

年と共に、顔のシミも、心のシミも増えていきますが、
それも自分の生きてきた歴史。
丸ごと愛して、ここまで生きてこれたことに感謝したいものですね。
by yurikak5 | 2012-02-07 22:52 | 雑記 | Comments(4)

豪雪に思う

雪がすごいですね。

新潟県の妙高市では4メートルを超える積雪。
ここは母の故郷です。
妙高市に名前が変わってしまった、今はなき新井市出身。
叔母やいとこ達は皆元気に暮らしているだろうか・・・と
ニュースを見ながらふと思います。

私は豪雪の経験はありませんが、
幼い頃から、ことあるごとに母から豪雪の辛さを聞かされていました。

「雪が積もったら、(家の)2階から出入りするんだよ」

「家ん中は昼間でも真っ暗でね。。。」

「雪の中、1時間もかけて学校に通うんだよ」

数年前、久しぶりに妙高を訪れた際、
最近では温暖化の影響か、昔ほど雪が積もらなくて楽だよと、
叔母がいっていました。
この冬はまるで昔に戻ったかのようですね。

私は幼い頃、母に連れられ新潟を訪れた際、
無人駅に降り立ち、祖父母の家でカマクラを作ったり、
田んぼでカエルをとったり、川で泳いだり、
美味しいお米を食べたりと、楽しい思い出ばかりですが、
豪雪の大変さは住んでみないと分からないでしょうね。
自然は美しい反面、本当に厳しいと思います。

今日は大阪でも積もるほどではありませんが、結構雪が降りました。
明日3日は節分で季節を分ける日、
明後日4日は立春で寒明け。暦上ではもう春なんですね。
来週は少し暖かくなりますように。

c0145449_22453548.jpg

うちも雪って知らんわ~。でも一回雪の上を飛び跳ねてみたいな♪
by yurikak5 | 2012-02-02 22:54 | 雑記 | Comments(4)

太陽が爆発!?

【ワシントン時事】米海洋大気局(NOAA)の宇宙天気予報センターは24日、
大規模な太陽フレア(表面の爆発現象)が発生し、
衛星や電波通信などに影響を与える可能性があるとして、注意を呼び掛けた。


旧正月の23日に起こっていたらしい。
日本でもオーロラが見えるとか、、、
携帯電話の通信障害も、多少影響しているかもと
言っている人もいます。
磁気の嵐は、人体にも様々な影響を及ぼしそうです。

相変わらず、不安なことばかりおこりますね。
やはりマヤ文明、最後の一年だからでしょうか。
(ちなみにマヤ文明の暦は今年で最後ですが、
来年から一から始まるということで、
世界の終わりとかを示しているのではないそうです)
by yurikak5 | 2012-01-26 22:46 | 雑記 | Comments(7)

雨ですね

今朝から大阪はしとしと雨。。。

患者さんが来週から寒波やで~というから
気象庁の週間天気予報を見たら、最高気温が5℃!!!

防寒しっかりしないとねー。
私は綿入りユニクロパンツの中にフリースを履くのがお気に入りです^^

最近、このブログの検索ワード一位が「お尻が冷たい」なんです(笑)
かなり昔に書いた記事なんですが。皆さん、「お尻が冷たい」=「腎虚」なのでしょう。
セシウムの解毒には、腎臓がいっぱい働いて疲れますしね。

毎日少しずつ、山芋、黒豆、栗などを食べるといいですよ。
唐辛子やニンニク、生姜などは主に上焦(上半身)から
中焦(体の真ん中あたり)を温めますのでね。
体質の弱い人がとりすぎると、気逆でかえって足が冷えます。
お気をつけ下さい。

c0145449_1303126.jpg

by yurikak5 | 2012-01-19 13:03 | 雑記 | Comments(6)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika