カテゴリ:雑記( 116 )

神社の鳥居

ほぼ毎週恒例の枚岡神社参り。

c0145449_23525476.jpg
(新設された直後に撮影)


9月頃から鳥居が新しくなりました。
何年に一回交換するのかは知りませんが、
こんなに大きな新品の鳥居をくぐったのは初めてだと思います。
そばを通るだけで、とても檜のいい香りがします。

新設するまでの数カ月間、鳥居のない時期がありましたが、
なんとなく物足りなく、寂しい感じがしておりました。
結界を張る意味でも大切な鳥居、神社にとってなくてはならないものですね。

前の鳥居も年輪を感じさせてくれて良かったのですが↓

c0145449_23392755.jpg
新品の鳥居もだんだんと場所に馴染み、どっしりと頼もしくて本当に素晴しいです110.png

c0145449_23313376.jpg


今月の御言葉は星の王子様でした。
まだ本棚にはありますが、懐かしいな~。

c0145449_23430310.jpg

鯉は相変わらず元気いっぱい。

c0145449_23424934.jpg

近所でルリマツリという美しい花が咲いていました。

c0145449_23454456.jpg

鍼してもらった後のお参りは、特にスッキリとして心地よいです。
いつもありがとうございますと手を合わせます。



by yurikak5 | 2017-11-16 00:04 | 雑記 | Comments(0)

夏もようやく

暑かった夏もようやく終わりがみえてきました。
クーラーなしで眠ることができるなんて!112.png
体も嬉しくて喜んでいると同時に
ホッとして夏の疲れがドドーンと出やすい時期でもあります。
しっかりと疲れをとって、次の季節に備えたいですね。

* * * * *

先日伺った、谷町から能勢に移転されたそば切り蔦屋さん。
二回目の訪問ですが、遠方になっても相変わらず
美味しいお料理とお蕎麦で賑わってました。

c0145449_22374218.jpg


c0145449_22405614.jpg

とあるご縁で数年に一度、お食事する方と。
とても喜んでくれて良かった。

c0145449_22375456.jpg

この田んぼはまだ青いですが、収穫間際の黄金色の田んぼが美しかったです。

c0145449_22502430.jpg

蔦屋さんの敷地内の柿の木には実がたくさん。
大阪から北へ車で一時間、能勢はもう秋ですね。



by yurikak5 | 2017-09-06 22:50 | 雑記 | Comments(0)

香の十徳

お香が好きで、家でも仏さんにあげる以外にもよくたきます。
暑いときのお香は、心を落ち着かせると同時に部屋の脱臭にもなり、
少し涼しく感じさせてくれるような気がします。

今年の初詣、勝尾寺で買ったお線香の中に
「香の十徳」という漢詩が書かれた紙が入っていました。
その内容がとても香の良さや特徴を見事に表現されている内容で感動し、
大事に保管していましたが、紙だとなくしてしまいそうなので、
ここに書き記したいと思います。

c0145449_17511054.jpg


「香の十徳」

感格鬼神・・・感覚が鋭くなる

清浄心身・・・心身を清浄する

能除汚穢・・・汚穢(汚れのこと)を除く

能覚睡眠・・・眠気を覚ます

静中成友・・・静かな時には友になる

鹿裏偸閑・・・忙しいときに閑をもたらす

多而不厭・・・多く使ってもいとわない

寡而為足・・・少なく使っても足りる

久蔵不朽・・・永く保存しても腐らない

常用無障・・・常用しても差支えない


(十一世紀、北宋の詩人 黄庭賢の作で、一休禅師により紹介したとされる)

c0145449_17513170.jpg


私たちは日々、お灸をする時に艾(もぐさ)を使います。
もぐさは蓬(よもぎ)で出来ていて、その香りは病邪を祓ってくれるとされています。
よもぎは温めるので熱証には向きませんが、冷える女性にはかかせません。
こちらも東洋のアロマセラピーとして、大事にしたいですね。



by yurikak5 | 2017-07-19 17:58 | 雑記 | Comments(2)

茅の輪くぐりと禅の本

今日も暑い一日でした。
蝉が一斉に鳴きだした様子をみると、もう梅雨明けではないかと思うほどです。
九州を中心に局地的な豪雨で被害が出ている場所が増えていますが、
大阪は本当に雨が降らず、かなり暑い日が続いています。
明日は36℃の猛暑日の予想・・・(*_*)

暑い日の夕焼けは燃えるようです。

c0145449_22084757.jpg
7月初旬、近所の東高津宮さんで茅の輪くぐりをすることが出来ました101.png
よく行く枚岡神社ではタイミングがあわず、
輪があるのにくぐれなかったので良かったです^^
夏越大祓といって、今年半年分の罪穢を祓って身を清め、
暑い夏を無事乗り越えられるようにという意味があるそうです。

c0145449_22221514.jpg

輪の中をくぐるというのは、なんともいえないワクワク感があります。
治療所の待合に置いてあるフラフープを、
どんな幼児も必ずと言っていいほどくぐろうとするのですが、
同じような感覚かもしれませんね。


先日、患者さんからお借りした禅の本。とても読みやすく、おススメです。
禅僧・枡野俊明さんが書かれた「図太くなれる禅思考」

c0145449_22273724.jpg

特別な修行をしなくても、寝る、働く、食べる、など生活すべてが禅であるという考え方が、
共感できました。
毎日毎日のささいな出来事を、懸命に雑念なく一点に集中して追求しつづけているうちに、
結果がついてくる。そうすることがいい意味で「わがまま」だし「図太い」とも言える。
しかしそれがすべてに良い結果をもたらし、自分も周囲も救われるということになります。

あとから気づいたのですが、同じ著者の「人生という山のくだり方」という本を持っていました。
仕事がら自分の親以上の年齢の方を診させていただくことも多々あり、
自分自身もそろそろ折り返し地点、どういった心境でこれからの人生を生きていくのが最善か、
そんな思いで買ったのを思い出しました。
これからの高齢化社会にはこういった禅をはじめ哲学や宗教などの考え方は
非常に重要になってくると思います。
東洋医学においても素問、霊枢、陰陽、五行、老荘哲学など独特の思想があり、
病んでいる方へのアプローチの仕方、または自分では病んでいないと思っておられるけれども、
体表や舌や脈などを拝見すると病ができる素地ができている方へのアプローチの仕方、
また実際に鍼灸を使っての病の治し方や病の治り方
(思想だけでなく体感的においてもかなり違いますが)
西洋医学とは全く違った部分がたくさんあり、
そのあたりの理解が深めていただくことで信頼関係が増し、
治療効果があがることは多く見られます。
もっと勉強して自分のなかで嚙み砕き、そのあたりをどんな世代の患者さんであっても、
コミュニケーションの中に取り入れられたらいいな~と思索中です110.png

蒸し暑くイライラ鬱々しやすい日々ですが、心を落ち着けて、
色々と乗り越えて行きましょう。



by yurikak5 | 2017-07-12 23:26 | 雑記 | Comments(0)

母の日

母の治療のため実家に帰った際、近くの石切神社・上ノ宮まで散歩も兼ねてお参りにいきます。
生駒山の緑がたくさんあって、大阪市内を歩くより空気が良く、
起伏も激しいので運動になります。

c0145449_23163552.jpg

暑かったけど、とても良いお天気の日^^

c0145449_23174026.jpg


母の日には帰れませんでしたが、私が贈った珍しい色の胡蝶蘭がきれいに咲いていました。
ネットの母の日ギフトで見つけ、写真だけ見て送ったのですが、いいお花で良かった110.png

c0145449_23204931.jpg

兄夫婦からは紫陽花が。

c0145449_23214466.jpg

最近、長年来られている同年代の女性患者さんが、
高齢のお母さんを連れて来院されることが多くなってきました。
そういう年代になってきたのだなぁ・・と思います。
老化は致し方ありませんが、苦痛はやはり取ってあげたい。
少しでも楽に、大病せずに、長生きしてほしい。
そんな思いでお母さんを連れてこられる娘さん達。
本当に微笑ましく、我が母の姿が重なります。

私の母も、決して頑強とは言えなかった体ですが、父に守られ、子供に守られ、
そして何より本人の強い意思で、頑張ってここまで生きてくれました。
若いころは色々とありましたが、最近では、いつかくる死に関しても
オープンに笑いながら話せる関係に。ありがたいことだなぁと感じます。

「あんたは(お母さんの事はいいから)仕事しなさい」と言ってくれる母。
これからも鍼の力で、天命がくるその日まで、自分の力で生活できるように、
見守っていきたいと思います。



by yurikak5 | 2017-05-31 23:47 | 雑記 | Comments(2)

夕陽と日想観

今日は久しぶりに夕陽がとてもきれいでした。

数年前に今の住まいに変わってから、西側にベランダがあるので夕陽をよく観察します。
休みの日の夕方、窓越しにオレンジ色の空が見えると、急いでスマホを持って外にでます。
一刻一刻と変わっていく夕焼け空は、ファインダーを覗く時間も惜しいくらいの美しさ。
どんなにきれいに撮れているようでも、本物にはかないません。

c0145449_21190279.jpg

最近、「日想観」という言葉を知りました。
西方にある極楽浄土を思いながら、日が没するのを見つめるという
仏教の修行の一つだそうですが、四天王寺さんでは2001年から年中行事の法要として
お彼岸に日想観を始められたそうです。
記事によると、真偽は不明だが、日想観修行の最古の例は
787年に行った真言宗の祖・空海とされる、とのこと。

c0145449_21203510.jpg

大阪から見る夕焼けって、本当にきれいです。
昔は今よりもっと空気がきれいだったでしょうから、
もっともっと美しかったんでしょうね~。

c0145449_21374736.jpg

近頃、次々と心を揺さぶられる出来事が続き、私の心と頭も飽和気味でした。
春は暖かくなるのはは嬉しいですが、肝の気が不安定になるので、
心身が不安定になりやすい季節でもあります。
「日想観」修行になったのでしょうか、夕陽をみて心がずいぶんと落ち着きました。
夕陽を見つめるというのは、瞑想に近いものがあるかもしれません。


by yurikak5 | 2017-04-05 22:10 | 雑記 | Comments(0)

アクセス解析の変貌

c0145449_23371869.jpg
先月、研修会で訪れた熱海の海


ブログを初めて今年でちょうど10年になります。

ブログにはブログ主だけが見ることが出来るアクセス解析というものがあります。
記事別、リンク元URL、検索キーワードなどに分かれています。
また閲覧媒体もPC又はモバイル(スマホ等)かが表示されるようになりました。
閲覧者数はここ数年あまり大きな変化はないのですが、
PC経由はどんと減り、モバイル経由の割合が右肩上がりに増えています。
これは自分もそうであるように、スマホの普及率があがり、
PCをわざわさ開かなくても、スマホさえあれば事足りる現実があります。

そんな中、アクセス解析の変化で私が一番気になっているのは、
「検索ワード」で来られる方がほとんどいなくなってきたということです。
これはどういうことかというと「昔は○○を調べたい。だから検索しよう」
という方がたくさんおられたのですが、最近はそれがない。
他の方のブログの内情は知りませんが、私のブログの場合は数年前までは、
検索ワードが毎日ズラッと10位まで並んでいたのですが、
今は2~3個くらいしか言葉があがっていません。

おそらく、自分も同じくですがSNSサイトに流れてくる、もしくはニュースサイトなどで
お知らせしてくれる、流れてきたサイトにワンクリックで見に行く、ということが、
毎日の中で増えているように思います。
私自身もTwitter、Facebook、インスタグラムなど活用していますが、
なんとなくスマホを開き、流れる記事をなんとなく見る時間が増えてきています。
それで目が疲れて本も読みたくなくなったりして(^_^;)

時代の流れといえばそれまでですが、
昔の自主的に辞書を引いていた時代は、主体性があったなぁと、
最初はPCは辞書がわりだったよなぁと、懐かしく思えてくるのでした。
SNSサイトで他人の記事や写真を見るのも楽しいですが、
知りたくない事まで目にして疲れることもあります。
目的意識をもって学ぶということがやはり大事だなと、スマホ見すぎはやめて
本を読まなくちゃと、最近自分に言い聞かせている昨今です。(笑)



by yurikak5 | 2017-03-01 23:44 | 雑記 | Comments(0)

夏の味酒

今年の大阪は、ホンマに暑すぎですね(*_*)
私も乗馬の日は元気だったものの、その後ちょっと熱中症気味になっておりました。
自分で鍼で体の調整しながら生活しています。
お盆明けには少し気温が下がってくれるといいですね。

先日、お気に入りのご近所さん「味酒かむなび」で、
涼を感じるお料理とお酒をいただいてきました^^

トマトとジュンサイとソーメンカボチャのゼリー寄せ

c0145449_22052601.jpg

水ナスと鶏味噌

c0145449_22062509.jpg

立秋も過ぎ、夏の中にももう秋が。
なんとメキシコ産の松茸だそう。香り良かったですよ。

c0145449_22071045.jpg

右のウナギっぽいのはウナギもどきで、山芋など植物性のもので作られています。
ウナギに負けないくらい美味しかったです^^

c0145449_22073933.jpg


日本酒のラベルもお味もさわやか夏仕様。

「阿部勘」の真っ白なラベルの裏では・・・

c0145449_22122381.jpg

金魚が泳いでいました。粋ですね~

c0145449_22091507.jpg


「蒼空」のこの紫、好きです~♡
こんなグラデーションのスカートがあったら欲しい(笑)


c0145449_22142096.jpg


みんな美味しかったけど、今回、味が一番好みだったのは「七本槍」純米大吟醸。
渡船という酒米を使っているそうで、初めての味でした。

c0145449_22210623.jpg

暑いけど日本の夏っていいな~と、ほんのひととき味わわせていただきました。
ごちそうさまでした(^^)



by yurikak5 | 2016-08-13 22:39 | 雑記 | Comments(0)

暑い日が続いています

大阪では最高気温35~36℃の猛暑日が連日続いています。
患者さんの身体も体表に触れると皆さんいつもより熱く、
暑さ負けされている方も増えてきました。
熱がこもらないように、また熱がこもって腎陰や心陰を破らないように、
気を付けて治療しなければなりません。

今年は特に夏期休暇はなく、暦通り診療させていただきますので、
お盆中に体調を崩された方はご連絡ください。


神社の杜は真夏でも不思議なくらいの清涼感。
ほんのひと時ですが、暑さを忘れさせてくれます。

c0145449_22291577.jpg

良く寝て、陰性のお野菜や海藻をしっかりとって、暑さに負けないよう頑張りましょう。


by yurikak5 | 2016-08-04 22:35 | 雑記 | Comments(0)
c0145449_23401462.jpg

乗馬を初めて4年になる。本格的にすれば乗馬はかなり厳しく奥の深いスポーツである。
私の場合は始めた年齢も遅く、行けるのもせいぜい月2~3回、
もともと運動神経が良い方でもなく、大好きな音楽と比べると決して得意とは言えず、
楽しくないわけではないが、運動は自己鍛錬のために行っている意識が強いので、
そうそう上手くなるものでもない。

行くたびにインストラクターは変わっても、いつも同じような自分の悪い癖を注意される。
「踵をさげて!」「前のめりにならない!」「手は下で固定!」「馬の方を見ないで、前を見て!」
「膝に力を入れない!」等々。。。

何度も言われているので、頭では直さなければいけないのは分かっている。
しかし、いざ騎乗してみると、走っている馬の上でバランスを取りながら、
落馬への恐怖と闘いつつ、指摘されたことを全て治すのは至難の業だ。
色々言われ過ぎると混乱して、余計にできなくなってしまうこともある。
そんな時、自分が鍼灸を始めたばかりのスタッフへ指導する時に、
早く上達してほしいが故に、事細かくうるさく注意してしまう自分をかえりみて、
指導とは実に難しいものだなぁと痛感する。

c0145449_23403148.jpg

日本のことわざには東洋医学的なものが結構あり、
物事を真に理解することを「腑に落ちる」という。「腑に落ちない」の肯定形である。
決して、頭に、臓に、心に落ちるではない。
「腹の底から理解する」というのも似ているかもしれない。
六腑は胃や小腸、大腸、膀胱や胆のうなど、主に体の中央から下半身にある。
食べ物を良く咀嚼して、消化して、吸収して、身になるためには、
やはり下半身、丹田、腎の力が必要なのだろうか。

そんなことを今日の乗馬の後に頭で(笑)考えながら、まだまだ腑に落ちていないということが
腑に落ちた私。さぁ、暖かくなってきたので、運動、また頑張りますよ( `ー´)ノ



by yurikak5 | 2016-04-03 23:58 | 雑記 | Comments(2)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika