カテゴリ:花・自然( 88 )

びわ収穫。

c0145449_20494770.jpg

四年目の植木鉢のビワの木。
昨年は不作でしたが、今年は五つもなりました。
c0145449_2050043.jpg

収穫時期が難しいのですが、今日いけそうなのが二個あったので収穫。
甘酸っぱくて美味しかったです。
c0145449_20535247.jpg

梅雨に入りましたね~。
この季節、楽しみなのは紫陽花くらいかな・・・
でも日照りばかりでは作物は育たないから、
農家の方には恵みの雨ですね。
c0145449_2053146.jpg

紫陽花も「私の出番よ」って顔しています。
by yurikak5 | 2012-06-08 20:59 | 花・自然 | Comments(2)

赤い空

今日はずっと曇りがちなお天気だったのですが、
19時頃に外を見たらまるでセピア色の写真のような感じで、
おかしいなと思って空を見たら、北の空が真っ赤になっていました。

西の空が赤いのは普通ですが、北の空って。。。
何か気味悪いですが、ネットで調べたら低緯度のオーロラだと書いてありました。

日本で見られるオーロラはそのほとんどが赤い色をしています。
古くは、「赤気」と呼ばれ、日本書紀の推古天皇(620年)や
天武天皇(682年)の時代から江戸時代に至るまで、
京都や江戸などで北の空が赤く光る現象が報告されています。
塩川和夫(名古屋大学太陽地球環境研究所)先生のHPより


日食、月食、金星日面通過などで磁場が動いているんでしょうか。

何事もないといいんですけどね。
この子達は特に変化ないから、心配ないかな。
c0145449_231225.jpg

気象と健康はいつもつながってるからね。
明日はいいお天気になるといいね。
c0145449_231840.jpg

by yurikak5 | 2012-06-05 23:16 | 花・自然 | Comments(6)

根切り虫

治療院の玄関においてあるプランターに、
何度も花を植えるのですが、根っこが無くなってしまうのです。

おかしいなと思いつつ、ずっと原因に気付かなかったのですが、
新しい花を植えたとき、そういえば幼虫が二匹出てきて捨てたのを思い出し。。。

もしや!と思って、土を全部出して広げてみたら、
10数匹のカナブンの幼虫がおりました(@_@;)
なんと根切り虫というそうな。

そういうことだったのね。
悪いけど、鳥の餌にでもなって下さいませ。

隣のアロエもやられかけています。
根っこを食べてカナブンになるんですね。
自然界はいつも闘いです。


以前、100円ショップで買った観葉植物を寄せ植えしていたのですが、
(植えた当初はこんな感じ)
c0145449_2311124.jpg

一年半ほど経った今日、なんとスパティフィラムが立派な花が咲かせてくれました!
もう100円には見えません。頑張って大きくなったね~
c0145449_2331939.jpg

いつも花や動物には、本当に癒されます。
c0145449_23221951.jpg

by yurikak5 | 2012-05-25 23:29 | 花・自然 | Comments(4)
今年もベランダで大好きな紫のテッセン(クレマチス)が
たくさん咲いてくれました♪
引っ越して環境が変わったので、半分諦めていましたが、
やっぱり鉄線というだけあって、強い植物です。
三年目ですが、今年も枯れ木から見事に花を咲かせてくれました。
c0145449_22251569.jpg
c0145449_22252744.jpg
c0145449_22253771.jpg

この紫陽花は新顔。コンペイトウという種類です。
最近、紫陽花も種類がすごく増えてきてますね。
ピンク系の花を買ったのは、初めてかも。
c0145449_22281336.jpg

鶴見緑地の植木市で売ってました。かわいいお花です。
コンペイトウというネーミングはさすがですね。
c0145449_22282766.jpg

ヨモギはマロンを心配してるんだか、何だか。
コテンとよくひっくり返っています。
c0145449_22291274.jpg

「だって眠いんだもん!」
c0145449_22302218.jpg

年と共に、ヨモギも段々とふてぶてしくなってなってきたみたいです。。。
by yurikak5 | 2012-05-14 22:37 | 花・自然 | Comments(4)

桜が見頃です。
c0145449_2064380.jpg

多くの方がそうだと思いますが、
去年の今頃は、桜を愛でる気持ちにもなれなかったので、
今年こうしてまた桜を見られたことが、
いつも以上に嬉しい・・・というより、もう有り難いですね。

先日の赤ちゃんウサギは、こんなに成長したそうです。
c0145449_2094873.jpg

お母さんに甘々しててかわいいですね~。

桜が満開とはいえ、まだまだ冷え込みますので、
薄着で冷えないようお気を付け下さいませ。
by yurikak5 | 2012-04-08 20:17 | 花・自然 | Comments(8)

五色浜の石

お墓近くの、淡路の海。瀬戸内海側です。

昨日はやや曇り。
c0145449_2014484.jpg

今朝は何故か快晴♪
c0145449_20152940.jpg

この辺りには有名な慶野松原や五色浜があります。

五色浜は五色の石があるというので、拾ってみました。
c0145449_2022419.jpg

父の生家は山の方なので、五色浜には実は初めて行ったのですが、
本当に色々な色の石があったので感激。
石ってきれいですよね~。

私の場合、何でも東洋医学と結び付けてしまうのですが、
これを見ていると赤、青、白、黄、黒・・・霊枢・五色篇を連想します。
それぞれの色が五臓に対応しているので、
この石はもしかして何か治療効果があるかも・・・!?
などと、考えつつ。

何とか台風は免れましたが、先ほどから雨が強くなっています。
大きな被害が出ないことを祈ります。
by yurikak5 | 2011-09-19 20:41 | 花・自然 | Comments(6)

オニヤンマ

台風が去って、すっかり涼しくなりました。
夜などは肌寒いくらいですね。

今日、実家の庭の地面に、大きなトンボを見つけました。
生きてるのかな?死んでる??
ツンツンとちょっとつついてみても、動きません。
やはり死んでいるようです。
台風で命尽きてしまったのでしょうか。
c0145449_20263596.jpg

それにしてもこんな大きなトンボみたことありません。
オニヤンマかなぁ?と母に昆虫図鑑を持ってきてもらい見てみると、間違いありません。
計ってみると、羽から羽までが13㎝ほどありました。

ヨモちゃん、大きいトンボやね~。
c0145449_20284661.jpg

ほんまや、この羽、うちの耳くらい大きいかも。すごいね~♪


いつまでも自然豊かな地球でありますように。
by yurikak5 | 2011-09-07 20:37 | 花・自然 | Comments(4)

浸水せずに

今朝、仕事場に行ってみると、入口前に落ち葉やゴミが散乱。
土曜日の豪雨で、治療所はあやうく浸水寸前だったようです。
一階で、少し谷になっているので、これまでも谷町筋に水がたまって、
川のようになったことは度々ありました。
車が通るたび、ザッパーンと波打ち際のように、波が押し寄せてくるのです。
とりあえず、寸前セーフで助かりました。
c0145449_22253629.jpg

家のゴーヤ、四つほどなってます。暑くなるとグングン成長しています。
c0145449_2226275.jpg

暑いところでとれる植物は陰性のもの。体の熱を取って冷やしてくれます。
また苦い味も漢方では苦寒剤といいますが、熱を取り冷やします。
ゴーヤというのは、本当に冷やす食べ物なので、陽虚の体質には合いません。
子供が食べたがらないのは、脾胃の機能がまだ未熟だからです。
胃腸がそこそこ丈夫な大人が、暑ーい夏場に食べるのが良いですね。
c0145449_22271348.jpg

あばしゴーヤ、青長ゴーヤ、二種類植えましたが、
実がついているのはあばしだけ。なんでだろう???
c0145449_23253435.jpg

どの位の大きさで取ればいいのか、悩みます。
c0145449_2330183.jpg

by yurikak5 | 2011-08-29 23:37 | 花・自然 | Comments(8)

大阪・集中豪雨

今日はヨガの最中に、観測史上最多の集中豪雨。
幸い私の帰り道は冠水していなかったけれど、
大阪市内のあちこちで、道路が川のようになっていたらしい。

私が飛騨高山へ行った翌日、下呂で同じように豪雨。
まったく今年は震災、原発、異常気象と、
まるで自然の神の怒りが、人間を戒めているかのようだ。
c0145449_20553776.jpg

上高地はその昔「神河内」「神降地」と言われていたと知る。
いわゆるパワースポット。
確かにその土地は気の流れがよく、力強さを感じた。

自然を征服するところに人間の幸せはない。
東洋医学の古典は、それを4000年前から説いている。
c0145449_2055548.jpg

飛騨国分寺の樹齢(推定)1200年の大イチョウ
by yurikak5 | 2011-08-27 21:01 | 花・自然 | Comments(4)

ヒマワリ&カマキリ

実家のヒマワリがたくさん咲いてました♪
c0145449_18185731.jpg

同時期に種まきした、職場のプランターはまだ咲いていません。
やはり地植えは成長も早いみたいですね。
c0145449_18195681.jpg

c0145449_18211277.jpg

c0145449_18305725.jpg

ちょうどお盆に咲いたので、亡父にお供えしてあげようと思って、
切って葉っぱを取っていたら・・・なんとカマキリくん発見!
c0145449_18235264.jpg

子供のようですが、いっちょ前に威嚇しています。
(動きが早すぎてピンボケしか取れませんでした)
c0145449_18242710.jpg

何年かぶりに見たカマキリ。優しいグリーンがとてもきれいですね。
子供の頃、カマキリの卵を引き出しの中にそれと知らずに隠して、
とんでもないことになった思い出が(笑)
トンボ、カミキリムシ、バッタなどなど、あの頃から虫も好きだったな~。
もちろんお庭にかえしてあげましたよ。


☆産経関西「蓮風の玉手箱」更新
国立民族学博物館の小山修三名誉教授との対話(1)
by yurikak5 | 2011-08-14 18:39 | 花・自然 | Comments(8)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika