カテゴリ:ヨモギ(ミニウサギ)☆( 139 )

西瓜とウサギ。

生前、ヨモギと一緒にうさんぽに行ってくれた しーちゃんさんちのカデちゃん。

お目目のパッチリした茶色くて小さな足の速い女の子。

あれから三年。早いものです。


c0145449_23055330.jpg
(↑カデちゃんです)



その後、大阪育ちのしーちゃんは豊橋にお嫁に行ってしまい、

一緒に遊ぶこともなくなりました。


しばらくしてヨモギが亡くなったのですが、

それを知ったしーちゃんは大きな西瓜を豊橋からお供えに送ってくださったのです。


c0145449_23080557.jpg
(はじめまして、颯希くん♪)


そして今年、なんとしーちゃんご夫婦にとっても可愛い赤ちゃんが生まれました^^

待望の赤ちゃん。高齢出産にも関わらず、母子ともに元気です。


先日、里帰りのついでにカデちゃんと赤ちゃんを背負って、

治療所に遊びに来てくれました。

シオンに会いたいとのリクエストがありましたので、

連れて行ってカデちゃんとご対面。

c0145449_23091454.jpg

シオンでか過ぎ。カデちゃんの倍くらいありますね(^^;

c0145449_23101762.jpg

これこれ、やめなさい~

c0145449_23111730.jpg

そして先月28日はヨモギの一周忌。

しーちゃんはまた西瓜をお土産に持ってきてくれたのでした。

c0145449_23114286.jpg


ヨモギのことも忘れずにいてくれたんだ・・・と思うと、

なんだかジーンとしました(涙)


西瓜、美味しかったです。ごちそうさまでした !

赤ちゃんの成長楽しみにしています^^






by yurikak5 | 2015-06-20 23:27 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(6)

ヨモギじゃない。

c0145449_22383097.jpg


カメの餌を買いに、ホームセンターに行った。

ヨモギがいなくなってはじめて、小動物コーナーをのぞいてみる。

ウサギがたくさん。

そのうち一羽がヨモギと毛色がそっくり。

「わー、ヨモギみたい~~」

近づいて、しばし観察。


「・・・・・。」


似てるけど、違う。やっぱり違うんだな。

ちょっとした仕草や表情が。

ウサギ欠乏症でなく、ヨモギ欠乏症になってる私。


ある夜、もう餌皿はしまっていたのに、お皿がぶつかる音がした。

ヨモちゃん、まだいるわ。

ごめんごめん、お水と餌、いれとくね。



by yurikak5 | 2014-06-16 22:42 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(8)

ヨモちゃん、安らかに。

悲しい報告をしなければなりません。

一時持ち直したヨモギですが、再び何も食べなくなり、
水分を強制給餌しても飲み込めなくなり、息切れもしたため、
苦肉の策で、昨晩点滴を受けに行ったのですが、
その後ぐったりしてしまい、今朝未明息を引き取りました。
先ほど、マロンと同じくペットマザーさんで火葬を終えたところです。

ウサギに限らず最近突然死が非常に多いですが、
体調崩してから10日。
ついこないだまで、あんなに元気でモリモリ食べてたのに、
信じられません。
今日また復活してくれるだろうと思っていました。

c0145449_21001279.jpg

ヨモギと共に成長してきた、この「ヨモギ日記」。
もちろん、ヨモギはウサギのヨモギだけでなく、
私の仕事の艾=ヨモギにも関係しているのですが、
ヨモギの存在はとても大きかったと思います。
このヨモギ日記がきっかけで、ウサギの好きな方が東京や、
はるばる香港から来院された方もおられました。
その時私は、ウサギというのは血の通わないインターネットの世界から、
暖かい絆を作ってしまう力があるのだなぁと思ったものです。

c0145449_21434612.jpg

子供の頃から大好きだったウサギ。
飼い始めたのは大人になってからですが、
ヨモギで5代目になります。
とても可愛いウサギですが、寿命は7~10年と短いもの。
もっと若くして亡くなる子もたくさんいます。

それでもウサギを飼い続けていたのは、
人間に媚びない凛とした姿と、愛らしい外見に似合わない、
野生の本能の強さに魅了されてしまったから。

亡くなる数時間前までふらつきながらも
水を飲もうと頑張っていたヨモギ。
ぐったりしながらも抱っこしてあげたら、
子供の時のように私の脇に顔を突っ込んできたヨモギ。
動物というものは明日死ぬと分かっていても、
最後の最後まで生きようとする本能があるという事を、
いつもその最期に教えてくれます。
その姿を目の当たりにするたび、人間もそうあらねばと考えさせられます。
突然のヨモギの死はまだ実感できませんが、
脱走好きのヨモギらしく、潔く散っていったなと
生き方は死に方につながるのだなとつくづく思います。

c0145449_21460122.jpg

ウサギの飼育は本当に大変です。
多分、ウサギはヨモギで飼うのは最後になるかもしれません。
(私の禁断症状が出なければ・・・)

いつも美味しい人参の葉っぱを届けてくださった居酒屋KのIさんご夫婦、
ヨモギの写真をいつも楽しみにして下っていた東京のY様、
一緒にうさんぽに行ってくれたSちゃん、
ヨモギを愛してくれた皆様に、心より感謝申し上げます。

ヨモちゃん、本当にありがとう。
この6年7ヶ月、楽しかったよ。
天国でマロンと仲良くね。

c0145449_21165459.jpg


by yurikak5 | 2014-05-28 21:56 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(8)

ヨモギの病状について

6才7ヶ月のミニウサギの♀のヨモギ。
しばらく体調を崩しており、大変でした。

5/19から下痢をし、全く餌を食べなくなり、
翌日も何も食べないのでまた歯が伸びたのかと
軽い気持ちで病院につれて行ったところ、
レントゲンや超音波などでかなり重篤な状態であり、
いくつもの病気が重なっていると言われてしまいました。
昨年のレントゲンと比較してみると、
この1年で相当内臓が悪くなったのがよくわかりました。

まず、1つ目は子宮です。
これは出産経験のない♀ウサギには宿命ともいえる病気です。
以前から内膜症の傾向ではありましたが、
一部石灰化が起こっていて、大きくなっている。
悪性かどうかは正確にはわからないけれど、その可能性も否定できない。

2つ目は歯根膿瘍。葉の根っこに膿が溜まる病気。
ネットで調べるとウサギにはよくある疾患らしい。
私もなったことがあるけれど、
免疫力が低下していると抗生物質を使っても効かず、
膿がしつこくてなかなかとれにくい病気。

食べられないのは胸水が溜まっていて、気道を圧迫しているからだろうと。
子宮からか歯根からかわからないが、おそらくその影響で胸水が溜まっている。

避妊をしていない♀のウサギの寿命はおよそ7才とされている。
ヨモギは十分高齢だし、これだけあちこち悪いと外科的手術は不可能。
とりあえず、胸水を抜いて抗生物質とステロイドで
様子をみましょうということになった。
ここの獣医さんは抜いた胸水まで見せてくれ、
血膿のような胸水が20ミリ位はあっただろうか。
白血球の数がかなりひどいらしい。
獣医に私の職業を明かして、鍼灸や漢方の治療も併用したい旨を告げると、
非常に好意的に理解して下さった。

ヨモギは食べていないわりに行動は元気そうだったので、
このまま逝ってしまうとは思えなかったけれど、
4日食べないと死ぬといわれているウサギ。
点滴は一度してもらったものの、4日目になっても水すら飲もうとしない。
放っておけないので職場に連れて行き、
野菜と果物を絞った汁を3時間ごとに強制給餌。

「ヨモちゃん、食べな死ぬんやで!!!」

ペレットの溶いたものは気道が詰まるおそれがあるので、
液体しかあげられない。

抗生物質だけ半量投与して、あとは古代鍼の治療を中心に。
多い時は1日5回位治療しました。すると少しずつ水が飲めるように。
それに加え、重度の腎臓病の猫を看病されている患者さんオススメの
「ケイ素の恵」をあげたところよく効いて、
今日は何とか柔らかいサラダ菜なら食べてくれるように!
神様、ありがとうございます(;_;)
とりあえず、峠は超えたかもしれません。

c0145449_18304864.jpg



by yurikak5 | 2014-05-24 19:02 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(6)

ヨモちゃんネムネム


「春は眠いなー。なんでこんなに眠いんやろか。。。」
ウトウト。

c0145449_23443417.jpg

と思いきや、写真を撮っているとすぐさま起き上がり近よってくる可愛い子。
                 
               「お母ちゃん、ナデナデも忘れんといてや。」

c0145449_23454325.jpg
                       
                       はいはい。



by yurikak5 | 2014-05-09 23:50 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(2)

ヨモギさんはきれい好き。
小屋のお掃除をしてもらってご満悦。

c0145449_13190628.jpg

うーん、気持ちいいなぁ~

c0145449_13185266.jpg

コテッ

c0145449_13192130.jpg


パーリンは小さな箱庭を作ってもらって日光浴。

c0145449_13214611.jpg


マロンのお気に入りだった大理石マットで日陰を作ってみました。

c0145449_13224615.jpg

最初はビクビクしていましたが、
すぐに慣れてまんざらでもない様子。
やっぱりリクガメは土の上が似合います。

c0145449_13321094.jpg

やっと日差しが暖かくなってきたので、
笹之助も元気に日光浴しています。

さぁ、あたたかい休日は人間も太陽にあたって恩恵を受けましょう^^



by yurikak5 | 2014-04-27 13:42 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(4)

ヨモギの大胆な寝相


いつもはこんなふうにまったりと香箱を組んでいるヨモギさんが、

c0145449_22505002.jpg

どうしたことか、死んだようにひっくり返っていました。
寝ているようです。

c0145449_22515876.jpg

マロンはよくひっくり返っていましたが、
ヨモギはようやくこの年になって、くつろぎ方がわかってきたのかな。
目が半開きで怖い~。

c0145449_22560389.jpg

「あら、私としたことが(*´д`*)」

c0145449_22533850.jpg

最近人が変わったような、不思議なヨモギさんです。


by yurikak5 | 2014-03-17 23:00 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(4)

「だいたいねー、檻の中の生活なんて、嫌に決まってるやん。」

c0145449_22280127.jpg


「ずっと我慢してきたんやもん。大目に見てーや。」

え、そうやったん('_')

c0145449_22284287.jpg

「別に悪いことなんかしてへんし」

確かにオシッコはしてませんが、盲腸糞が転がってるんですけど、、、(^_^;)

c0145449_22291702.jpg

毎日どころか、1日2回脱走するようになりました。
完全に飛び越えるコツを得てしまったようです。
入れても入れても脱走するので、こちらはもはや諦めモード。。。
完全に上に蓋をして閉じ込めるのも可哀想な気がするし。
できれば今までのように戻ってほしいんですけど。
どうしたもんですかねー。


by yurikak5 | 2014-03-02 22:48 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(4)
真央ちゃんのジャンプと共に
ヨモギのジャンプも終わったような???

最近はめっきり大人しくなりました。
c0145449_22325485.jpg
真央ちゃんのフリーは感動ものでしたね。何度でも見たくなってしまいました。
これからかわいいお嫁さんになって、幸せになってほしいですね。

c0145449_22354382.jpg
大雪がたくさん降った地域の方々は、
これから気温の上昇で雪崩や落石などに注意とのことです。
先週末、奈良ではまだ雪が残っていました。
引き続き、お気を付けくださいね。





by yurikak5 | 2014-02-23 22:44 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(4)

ウサギとカメ


こんな私と

c0145449_22135943.jpg

こんなボクが

c0145449_22143251.jpg

出会ってみた 

(くんくん)

c0145449_22150332.jpg

でもやっぱりすれ違い

c0145449_22163113.jpg

じゃあね バイバイ




by yurikak5 | 2014-02-19 22:21 | ヨモギ(ミニウサギ) | Comments(0)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika