カテゴリ:旅( 44 )

狩場明神と犬

先月、高野山に行ったとき霊宝館を訪ねました。
高野山内の貴重な文化遺産を保存展観できる施設で、ここも昨年感動した場所です。
秋の特別展や企画展も開催しているということで、再び訪れてみました。

c0145449_19560576.jpg


その中で気になったのが、猟師のような格好の人が犬を二匹連れている像です。
「狩場明神」というそうで、調べてみると弘法大使が高野山の地を探し求めていたとき、
山中で二匹の犬を連れた猟師に出会い、犬が道案内をしてくれたと伝えられています。

翌日、なんとなくその犬の存在が気になりながら奥の院に向かって歩いていると、
なんと一匹の犬と出会いました。
チョコンとお寺の前で鎮座していて、なんて可愛いんでしょう。
思わず近くにおられた住職さんに、「昨日、霊宝館で狩場明神の像をみました」というと
「高野山と犬は縁が深いからね~」とおっしゃられました。

c0145449_19483527.jpg

2才の柴犬ということですが、耳と体が若干薄茶のハーフでした(笑)
あっという間におやつを完食(^.^)

c0145449_19564957.jpg

写真や動画撮影は一切禁止という厳しい奥の院でも、犬と同伴の方はよく見かけました。
きっとお犬様は聖なる存在として、高野山では大事にされているのでしょうね。



by yurikak5 | 2016-11-06 20:22 | | Comments(0)

高野山と瞑想

一年ぶりに高野山にお参りしてきました。

去年初めて宿坊に泊まり、奥の院にもお参りさせていただき、
すっかり高野山の魅力に取りつかれてしまいました。
その背景には父が亡くなってから真言宗の教えに触れる機会が増えたということがあります。

c0145449_17055799.jpg

今回、真田丸人気もあってか、なかなか宿坊の予約が取れず、
ようやく決まった10月22日は、なんとマロンの命日でした^^

c0145449_17083172.jpg

大阪市内では長引く暑さで紅葉はあまり楽しめそうもない感じですが、
高野山はきれいに色づいていました。

c0145449_17143610.jpg

今回お世話になった宿坊で、阿字観という瞑想法を初めて体験しました。
ヨガを習っていた時、30分の瞑想をしたことがあります。
先日、NHKのためしてガッテンで瞑想は世界最古の健康法で、
一日10分行うだけで脳が若返るという特集がありました。

人間の脳は、毎日約19000のことを考えていて、
その大半は過去の後悔と未来への不安だといいます。
その思考を少しやめるだけで脳は休まり、老化を防げるということで、
実際に90才の女性が実行し、体の機能も向上してきたという実験がありました。

座禅では頭を真っ白に空にするという瞑想法ですが、阿字観は大自然や宇宙と一体化するという
イメージだそうです。ものすごく奥の深そうな瞑想ですが、今回は体験ということで
阿息観作法というものを教えていただきました。
瞑想の時間は30分ほどだったと思いますが、心身がスッキリしたように思います。

c0145449_17123566.jpg
(山内のcafe。とても美味しいコーヒーいただきました)

今回、一緒に行った高野山・宿坊初めての幼馴染のIさんが、
帰ってきて大阪市内の喧騒に揉まれて一言。
「(こんなに近いのに)なんか別世界に行ってきたみたいやね・・・」
なかなか一言では表せない高野山。言い得て妙だなと思いました。

また日常の中で阿字観で習ったことを復習したいと思います。
来年もまた行けますように。。。



by yurikak5 | 2016-10-26 17:55 | | Comments(2)

日本酒とボタンインコ

明日は大寒。まだまだ寒さは続きそうです。
今日、大阪は雪もあまり降らず助かりましたが、京都市内などはたくさん降ったそうですね。
今日は車で京都へ行く予定だったのですが、キャンセルして正解でした。
雪の道や凍った道なんて、運転した経験私ないですから。
最近車の事故が多いので、特に冬場は慎重にいかないといけませんね。

寒くて嬉しいこともあります。それは日本酒とお風呂とお鍋♪
仕事が終わる時間が遅いので、外で飲むことは少ないのですが、
家で飲んでると興味津々にやってくる子がいます。

c0145449_20065982.jpg

「お母ちゃん、なにコレ?」

c0145449_20224417.jpg

「このお酒は山田錦じゃなくて、雄町米っていうお米で作ったお酒なんだよ(by山名酒造)」

c0145449_20093880.jpg

「へぇー、美味しいんかなぁ。。。ん?何かうち香りだけで酔ってきたかも」

c0145449_20113080.jpg

「だ、大丈夫?ポポちゃん(^_^;)雄町米は山田錦より柔らかくてまろやかな味わいかな」

c0145449_20134437.jpg

「そっか、お米で味が変わるんやね。うちもいつか飲んでみよっかな」
(決して飲みませんのでご安心を)


といつも上手に酒の相手をしてくれる、ボタンインコのポポちゃんでした(笑)




by yurikak5 | 2016-01-20 20:32 | | Comments(0)

石切神社と宝山寺

今年の初詣は実家近くですませました。
元旦は母と石切神社の上之宮、三日には友人と生駒の宝山寺へ。

c0145449_23361395.jpg


c0145449_23363024.jpg

下の賑やかなのもいいんですが、ここは静かで落ち着きます。

c0145449_23364404.jpg

宝山寺は生駒駅から山頂行きのケーブルで一駅の場所にあります。
近いのに、なんと初めての参拝です。
子供の頃、生駒山頂の遊園地に何度も行きましたが、
いつも素通りしていました(^_^;)

c0145449_23395991.jpg

線香がすごく太くて煙がモクモクで真っ白な中、奥の院まで階段を上りました。
想像以上のたくさんの神様、お地蔵様が祀られていて驚きました。

c0145449_23401481.jpg

その中でも驚いたのが般若窟。
生駒山の岸壁に、弥勒菩薩像が鎮座しています。
奥の院で御朱印を頼んだのですが、書いてくれた初老の男性が
本堂の中に入ってお参りしとき~と妙にフレンドリー(笑)
お茶やお菓子まで出してくださいました。
「般若窟の菩薩様はどうやって運んだんですか?」と聞いたら、
「三人で滑車で釣り上げたらしい」とのこと。
宝山寺は1678年に湛海律師が開かれたお寺ですが、
この岸壁の場所は昔、役行者が般若経を収めた場所だそうで、
弘法太師も修行されたという伝説もあるそうです。

c0145449_23432274.jpg

分かりにくいので拡大してみますね。
これはホントにすごいです。

c0145449_23541515.jpg

宝山寺はヒンドゥー教のガネーシャを起源とする歓喜天をご本尊として祀っているということもあり、
ここは日本というよりインドに近いような気がしました。
こんなに身近な生駒山、まだまだ奥が深いです。
この山の麓で育ったのも、子供の頃、石切神社の参道筋の漢方薬局が気になって仕方なかったのも、
すべて今の自分とつながっているんだろうなーと、今更ながら思います。

c0145449_00102598.jpg

宝山寺の御朱印は四種類です。
一番右が奥の院、左三つは本堂近くの寺務所で書いてくれます。
立派な御朱印、ありがとうございました。



by yurikak5 | 2016-01-07 00:20 | | Comments(2)

女人高野への旅

c0145449_14255856.jpg
(金剛峯寺)

今年の夏は諸事情により、恒例だった友人たちとの旅がなくなってしまったので、
どこか近くで一人旅でも行こうかな~と、前から行きたかった高野山の宿坊を調べたところ、
なんとギリギリだったにも関わらず、一部屋空いていた事もあり行くことにしました。

我が家は父方が淡路島(先祖は長崎ですが)ということもあり真言宗。
ですので、父亡き後、真言密教に触れる機会が多くありました。
(四国、和歌山、淡路島あたりは弘法大師のお膝元で真言宗が多いそうです)

c0145449_14013843.jpg
(金堂)

私も若い頃は何もわからず、あまり興味がありませんでしたが、
段々と身近な人々が三途の川を渡ることが多くなる年頃になると、
こういった世界に触れたくなり、
またその意味が感じられるようになってきたのだと思います。

実は高野山を訪れるのは二度目です。
一度目は20年も前の話です。今はもうご存命でないのですが、
当時この地で開業されたばかりの先輩の鍼灸院を訪ね一泊させていただきました。
その時は時間も興味もあまりなく、奥の院への参拝は出来なかったため、
なんとなく行きたかった思いが胸に残っていました。

c0145449_14040462.jpg
(宿坊の窓から)

c0145449_14232465.jpg
(高野槙)

今回、一泊二日でガイドマップなどでお勧めされている山内の名所は
ほぼ網羅したのですが、一番感動したのはやはり、
奥の院と霊宝館(四天王寺大学のM先生にも是非!と勧められました)でしょうか。
どちらも撮影不可ですので、写真でのご紹介はできません。
また写真を撮ったところで、この素晴らしさは伝わらないことでしょう。

弘法大師様がいまだにいらっしゃるとされる奥の院御廟の中は、
すぐ手前の橋のところから結界がはられているといいます。
たくさんの杉の巨木に囲まれ、いつまでもいたくなる心地のよい気が充満していて、
そしてそれは山内全体に広がっていました。
また御廟の傍らには玉川が流れており、この心地よさはどこかに似ている・・・と思いましたら、
一昨年に訪れた、上高地の奥の院の明神池あたりで感じた気にとてもよく似ているのです。

c0145449_14071706.jpg
(玉川)

弘法大師は高野山開創にあたり、その地形に注目されているといいます。
(以下「高野山開創の意義」より抜粋)
①奥深く静寂な平地であること
②四方に高い峰があり
③人跡未踏の場所である
山に入って山を意識しないことが重要だとされています。
(下界が見えないために山中が意識されない閉ざされた不思議な空間であること)

たしかに高い山の上に珍しい広い平地、盆地であるという部分で、
高野山と上高地の地形は共通する部分があるような気がします。
神聖な場所というのは、結界をはりやすい環境ともいえるのかもしれません。
とはいえ弘法大師が高野山の地を選んだのは、飛行三鈷が飛んで行った場所と言いますので、
まず最初に人のこうしたいという意思があって、
最終的には理屈でなく必然が偶然になって物事はすすんでいくのだな、と思う次第です。

c0145449_14265441.jpg
(一の橋)

c0145449_14370894.jpg
(霊宝館で展示されていた仏像の一部)

難波から南海で特急で一時間半で極楽橋、そこからケーブル5分で高野山駅に到着です。
宿坊も思ったより和気あいあいとした合宿のような雰囲気で過ごしやすかったので
また近いうちに是非行ってみたいと思います。


by yurikak5 | 2015-08-19 15:04 | | Comments(2)

支笏湖の風景

昨年行った上高地の大正池でも感じましたが、
山あいにある湖は、実に幻想的な風景を醸し出します。

c0145449_20332196.jpg

これは支笏湖の北側。8月16日の13時頃です。
国立公園というのに、子供たちは泳いでるし、魚をすくっていて驚きました。
さすが北海道、細かい規制などはないのかも?
小さなメダカのような魚を網ですくっている男の子に
「何ていう魚?」と聞いてみると「カジカ」との返答。
カジキなら知ってるけど、カジカは知らないなー。
釣竿で釣りをしている人は、ニジマスを釣っているらしいです。
ニジマスの開きを作る回転機がクルクルと横で回っていました。
海辺の食堂で使われるものかもしれません。

c0145449_20342750.jpg

↓この山は風不死岳かしら?

c0145449_20412152.jpg


c0145449_20413865.jpg

上の写真は足こぎボートにのり、海上から撮っているのですが、
見る方向でこんなに風景が違うのです。

c0145449_20433883.jpg

・・・・・


そして少し車を走らせ、湖の北東あたりの景色。同日の15時前。
同じ湖とは思えないこの風景。

c0145449_20445501.jpg

1日見ていても飽きないかもしれません。

c0145449_20451872.jpg


c0145449_21030139.jpg

私はこれまで一人旅をしたことがないのですが、
北海道は案外一人旅に向いている場所かもしれないと思いました。
しばらくGoogleマップのEarthで探検してみたいと思います(^-^)/




by yurikak5 | 2014-08-27 21:04 | | Comments(0)

淡路島


c0145449_23215557.jpg

久しぶりに淡路島に行ってきました。

前回はヨモギを連れて来たのですが(;_;)
シオン君はまだ幼すぎると思ったので、
今回はパーリンを連れてきてみました^^

c0145449_23041961.jpg

c0145449_23082508.jpg

ヨチヨチとよく歩いてくれましたが、緊張のせいか全く食べなくて。
帰宅後は爆睡でした。


緊張と言えば、淡路島までの運転は、
慣れたとはいえ、私もかなりの緊張なんですが、
途中、火災事故があって、真っ黒焦げの車が。。。
あとで調べたら、フェラーリが全焼したらしいです。。。
幸いにも負傷者はなかったようですが、
車の事故は本当に怖いですね。


シオン君、初めてのお留守番で、どんな事になってるか
ドキドキして帰ってきたところ、
生後2ヶ月にして2度目の脱走をはかっておりました。
この小ささで、この柵を飛び越えるとは、、、( `・ω・) ウーム…。
ミニレッキスの脚力は、これまでのウサギと比べ物にもならないようです。
さほど悪いことはしてなかったので一安心でしたが、
さて、これからどうしたものか。。。


c0145449_23213589.jpg

夜は島で暮らす兄家族と鳴門大橋の近くで夕食を。
お互い元気に再会出来て良かったです。

c0145449_23285611.jpg

ビルのない空を見るのは久しぶり。
きれいな夕焼けでした。



by yurikak5 | 2014-07-21 23:41 | | Comments(6)

長谷寺

連休初日、ヨモギの歯が半年ぶりに伸びて、
動物病院に切りに行くというハプニングがありましたが、
帰ってきたらすぐに食欲も戻ってヤレヤレ。
安心して、今年唯一の遠出である長谷寺へ行ってきました。


          ヨモギ「もう大丈夫だよ、お母ちゃん。安心して行ってきて。」
c0145449_18200920.jpg
             


昨年はシャクナゲで有名な室生寺でしたが、
今年は牡丹満開の長谷寺です。

c0145449_18370446.jpg

いい天気で良かった~^^

c0145449_18284810.jpg

駅から本堂まではかなりの道のり。
階段を下って参道を抜け、お寺の中に入ってからはひたすら上り階段。

c0145449_18313783.jpg
かなりの運動量です。

これは本堂の裏手の清水の舞台ならぬ、
長谷寺の舞台(そう書いてありました)で撮った一枚。
高いところまで来たなという感じ。

c0145449_18324307.jpg

実はボタンは少し時期が過ぎたものが多かったのですが、
元気そうな子を探してパチリ。

c0145449_18343386.jpg
c0145449_18354146.jpg

一番見頃だったのは、奥の院近くのこの白い花。
オオデマリだそうです。大きな木にたわわに花がついて、
本当に可憐で可愛かったです。

c0145449_18541496.jpg

これは姫ウツギだそうです。

c0145449_18464253.jpg
c0145449_18455525.jpg

亀も気持ちよさそうに甲羅干し。

c0145449_18475705.jpg

これは写真では分かりにくいのですが、奥の窓が額縁のようになって、
お庭のモミジがまるで絵のように見えます。拝観は出来ず、残念。
若いお坊さんが何人か外に出られていました。

c0145449_18552586.jpg

最近始めた御朱印集め。
右は長谷寺のもの。三種類から選べて、歌を書いてもらいました。

~いくたびもまいる心は初瀬寺 山も誓いも深き谷川~

うーん、素敵な歌。。。

c0145449_19064530.jpg

初瀬寺って長谷寺のこと?と調べてみたら、長谷寺の古称だそうです。
左は山道の途中にあった法起院のもの。こちらも素敵な寺院でした。

長谷寺、良かったです。
またお参りしたくなりました。









by yurikak5 | 2014-05-05 19:30 | | Comments(4)

京都の鴨川

今日、京都で行われた伝統鍼灸学会に参加した帰り、
鴨川べりを少しお散歩してきました。
c0145449_22245448.jpg

久しぶりの京都。
ようやく秋が来ましたね。
c0145449_22255276.jpg

こないだの台風では、鴨川もかなりの水量だったようですが、
そんな面影も感じさせず。
c0145449_22262440.jpg

鴨川だけあって、私の大好きな鴨がたくさん♪
c0145449_22265940.jpg

夕日の中、しっぽりと佇む二羽の鴨。
京都らしいなぁ。。。
c0145449_22275953.jpg

水鳥って素敵ですね。
水上も、空中も自由自在に羽ばたける。

偶然耳にしたのですが、水鳥が水面に着地する瞬間の音が、
飛行機のようで、すごくかっこよかったです。
by yurikak5 | 2013-09-28 22:41 | | Comments(4)

上高地ダイジェスト

後輩からのリクエストもあり、結構長々と続けて来た上高地写真ですが、
たくさんありすぎてご紹介しきれませんが、とりあえずこれにて終了します。

今、外は豪雨に突風と、本当に荒れ狂った天気が続いています。
旅行の間は時折雨が降ったものの、
全体に良い天気に恵まれたことに感謝ですね。


河童橋。
c0145449_17405749.jpg

c0145449_17414619.jpg

穂高奥宮で旅の無事をお参りして、明神池へ
c0145449_17421470.jpg

c0145449_17435990.jpg

c0145449_17432859.jpg
c0145449_174355.jpg

野生の猿がいました。あまり慣れていないけど大胆。
c0145449_17443925.jpg

よく見ると枝に二匹。
c0145449_17454296.jpg

とにかく天気がいいと、どこもかしこも素晴らしい景色です。
c0145449_17463056.jpg

c0145449_17471465.jpg

美しい自然、人間の手で汚さず、いつまでも守っていきたいですね。

各地で異常気象の被害が起こっています。
治療院の玄関も、先週の日曜少し浸水しました。

お互いに細心の注意をはらって過ごしましょうね。
by yurikak5 | 2013-09-04 17:58 | | Comments(8)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika