そば茶のご飯

今日はとても優しい夕焼けでした110.png

c0145449_21593563.jpg

それにしても今日も暑かったですね。まるで夏日です。
昨日、中年男性の患者さんが首が急に回らなくなった~と治療に来られ、
左右に回すのも、上下も、横に倒すのも、三方向全部動かせない様子。
連休中に暑い中、実家の農作業を手伝ってからということで、
この異常な暑さも関係しているなぁーと思っていたら、
今朝、私も久しぶりにぎっくり背中になってしまいました105.png
かなり激痛でしたが、自分で鍼して治しました(笑)
きっかけは最近ずっと長袖で寝ていたのに、油断して半袖で寝てしまったことにあります。
朝晩は冷えるので、私の場合は肌表に寒邪が停滞したことも原因になっていました。
明日からは気温がまた下がるようなので、気を付けないといけませんね。

シオン君はまた凍らせたペットボトルに寄り添っています。

c0145449_22010439.jpg

ロシアリクガメのパーリンは夏眠から明けたのに、また寝てしまいました(>_<)
もう三日目になりますが、起きてきません117.png
全く、ややこしい気候は寝るに限るって感じですね。

・・・・・・・

話変わって。

先日、黒豆と梅干しのご飯をご紹介しましたが、
ブログを見た、若くてかわいい女性の患者さんが早速作られたようで、
「先生、美味しかったです~」とご報告をくださって嬉しかったです^^

今回はそば茶を一緒入れて炊いた、そば茶ご飯を作ってみました。

c0145449_22094866.jpg


蕎麦が大好きな私ですが、美味しい手打ちの十割蕎麦を食べさせてくれるところは少なくて134.png
遠い所まで食べに行く時間も労力もない、でも乾麺では香りもなく物足りない・・・。
という時。

この、そば茶を一緒に入れたご飯はとても香りがよくて、
蕎麦を食べたい気持ちを少し満足させてくれます。
お茶で飲むときは捨ててしまう蕎麦の実も一緒に食べることが出来るので
繊維質もとれるのでおススメです。

c0145449_22124268.jpg


感覚的には茶粥と似ているかもしれません。又は、雑穀米の蕎麦バージョンですね。
とってもきれいなイエローグリーンのご飯になりますよ101.png
そば茶は水をよく吸うので、柔らかめが好きな方は、やや水加減を多めにした方が良いかも。
是非やってみてくださいね。



# by yurikak5 | 2017-10-11 22:39 | 食養生・薬草 | Comments(1)

中秋の名月とウサギ

今日は中秋の名月ですね。
週初めは雨が多く心配しましたが、今日はとてもいい天気174.png

c0145449_22033579.jpg

運動不足解消のため、大阪城公園を散歩。一万歩歩きました!


空気がきれいなので月も輝いてますね101.png

c0145449_22054233.jpg

我が家の月ウサギさんは換毛期でなんとなくスッキリしない様子。。。

c0145449_22064068.jpg

「だって、ボソボソやねんもん」

c0145449_22073195.jpg

たしかにボソボソ119.png
お尻のあたりの毛をつまむとゴッソリ抜けます。
ブラッシングしてあげるから、もうちょっと頑張ってなーシオン君。

月とウサギをめでられる、何気ない日常に感謝。
さぁ、明日も頑張ろう♪



# by yurikak5 | 2017-10-04 22:14 | 花・自然 | Comments(0)

黒豆と梅干しのご飯

腎虚の人に、腎を補うのに黒豆がいいよ~とよくお話しするのですが、
だいたい思い浮かぶのは、たっぷり砂糖で煮た黒豆煮のようです。
砂糖の入ってないものにしてくださいね~と言っても(・・?というお顔。
例えば、炒り黒豆とか、黒豆納豆とか、黒豆茶とかありますよ~とご紹介します。

以前に黒豆と梅干しを炊飯器で一緒に炊くと、
とってもきれいなピンク色のご飯が炊けると知り、
やってみたい!と思いながらもなかなかチャンスがなかったのですが、
今回初めて挑戦してみました180.png

c0145449_23202644.jpg

千鳥屋の黒豆茶の黒豆を一合半のお米に20粒程度、梅干し大1個、昆布粉末少々入れ、
いつもの水加減で炊きます。
(一度炒っている黒豆は、米と一緒に普通に炊くだけで柔らかくなります)

c0145449_23193891.jpg

湯気でくもってますが、赤飯みたいにきれいなピンク色になりました101.png

c0145449_23211193.jpg

お味の方は・・・はちみつ梅を使ったせいか、香ばしくて甘酸っぱい感じ?
とても美味しいです110.png
五穀米に梅干しを入れても、ちょっと似た感じになるかも。
また色々アレンジしてみよう。

これから気温が下がって、下半身が冷えやすくなる季節です。
黒豆で腎を補って、元気を保っていきましょうね。



# by yurikak5 | 2017-09-27 23:26 | 食養生・薬草 | Comments(0)
数日前から少し起きそうな気配がしていたので、
コンコン、パーリン、もう秋ですよ、そろそろ起きたらどうですか?と
シェルターをノックしてみたら、ノソノソと起きてきました。
久しぶりの食事です。

c0145449_19330923.jpg

まだたくさんは食べません。

c0145449_19313669.jpg


まだ起きている時間は短時間で、日光浴したら寝に帰ります。

c0145449_19341544.jpg

10g程度痩せましたが、特に異常なし。元気そうです。


ベランダに涼みに行って、なかなか帰ってこないシオンくん。

c0145449_19352602.jpg
「でもまだボク、暑がりやからアイスノン欲しいねん~」


余談ですが、先日、大阪城ホールの近くを訪れたところ、
ずいぶんおしゃれな店がたくさん出来て賑わっていてびっくりしました147.png
今年6月からオープンした施設「JO-TERRACE」というそうです。
まるで天王寺公園の「てんしば」みたいです。

c0145449_19462191.jpg


どんどん時代は変わっていくんだな~。
古きよきものを大切にしながら、新しきよきものと融合させることで、
また古きものも輝きを増すのかもしれませんね。
大阪はこれからますます素敵になっていくような予感 177.png

また遊びに行ってみようと思います^^



# by yurikak5 | 2017-09-20 19:59 | パーリン(ホルスフィールド) | Comments(0)

暴れる馬

乗馬をはじめて6年が過ぎた。

部班で乗るクラブで3年、マンツーマンで教えてくれるクラブで3年。
もちろん自馬じゃないし、鞍も持ってないし、乗馬の基本3点セットだけ所有して、
月2回乗るだけのライダーなので、大したレベルではない。
4級は55鞍の時に取得できたのだが、
3級が取れるレベルになるにはあと5年くらいかかりそうだ。

クラブを変わった時に「あなたは馬でどんなことをしたいですか?」と最初に聞かれた。
「馬を自由に操って、ひとりで自由に乗れるようになりたいです」と答えた。
インストラクターなしでフリーで乗ってる方が羨ましかったからだ。
今考えれば、なんと高レベルなことを望んでいたかがわかる。

常歩(なみあし)だけならパカパカと可愛いお馬さんも、
時には激しく本能むき出しの野生動物に急変する。
本当は人間なんか乗せたくないし、言いなりになんかなりたくない。
暑かったり、アブに刺されたり、こちらに隙があったり、
虫の居所が悪かったりすると、暴れて落馬させることだってある。
また悪気がなくても、400㎏もある巨体が足を蹴り上げるだけで惨事になることもある。
常に馬と人間との真剣勝負である。

私は幸運にも落馬しそうになったことはあるが、完全に落ちた事はまだない。
私の性格からして、落馬して骨でも折ったら、多分馬はやめると思う。
だから落ちるような無茶はしないようにしている。
でも今日はちょっと頑張ったのもあって、久しぶりに怖い目にあった。
頭の中が疑問符。何がいけなかったんだろう???

もっと馬の事知りたいな~と「暴れる馬」で検索してみたら、
参考になるブログを見つけた。ここまで文章化してくださってる方も少ない。
ありがたや。


「暴れることを前提に 心を平静に  
 騎乗の際には「恐怖」と「怒り」は全く持って必要ないものだ」


なるほど、なるほど~。。。馬は暴れるものなんですね。

「彼を知り、己を知れば、百戦殆うからず」という感じかなー。

やはり病治しと似てる。
鍼の修行に馬という、師の教えは正しいと思う。

さ、また頑張ろ。


c0145449_21202565.jpg
8月の青森旅行での外乗馬「蘭くん」と
(十和田乗馬クラブ)



# by yurikak5 | 2017-09-13 21:56 | 乗馬 | Comments(0)

夏もようやく

暑かった夏もようやく終わりがみえてきました。
クーラーなしで眠ることができるなんて!112.png
体も嬉しくて喜んでいると同時に
ホッとして夏の疲れがドドーンと出やすい時期でもあります。
しっかりと疲れをとって、次の季節に備えたいですね。

* * * * *

先日伺った、谷町から能勢に移転されたそば切り蔦屋さん。
二回目の訪問ですが、遠方になっても相変わらず
美味しいお料理とお蕎麦で賑わってました。

c0145449_22374218.jpg


c0145449_22405614.jpg

とあるご縁で数年に一度、お食事する方と。
とても喜んでくれて良かった。

c0145449_22375456.jpg

この田んぼはまだ青いですが、収穫間際の黄金色の田んぼが美しかったです。

c0145449_22502430.jpg

蔦屋さんの敷地内の柿の木には実がたくさん。
大阪から北へ車で一時間、能勢はもう秋ですね。



# by yurikak5 | 2017-09-06 22:50 | 雑記 | Comments(0)

打鍼の槌の話

束の間の夏休みが終わり、バタバタした日常が戻ってまいりました。
そして8月最後の日曜日は、毎年恒例の北辰会の打鍼の研修会です。
今年は150人ほどの参加者で、中級班の指導をさせていただきました。

毎回教えさせていただきながら、得るものも多い研修会ですが、
今回、個人的に大変収穫だったことがあります110.png

打鍼の話は、ここにも何度か書いていますが、
先の丸い鍼を木製の小槌で腹部をコンコンと叩き、
腹壁にアプローチすることによって病を治していくという術です。
鍼は銀や金、ステンレスや真鍮など、材質によって効果が変わります。
槌は木製ですが、桜や黒檀、紫檀、楓、花梨などなど、
最近は業者が製作販売をしてくれるようになりましたが、
昔は東急ハンズなどに素材を見に行き、どの木がいいかなーと試しにいったものです。
当時は自分で好きな木を購入し、製作されている先生も多くおられました。
木の質感は様々ですので、自らの好みも選ぶ指標になりますが、
硬い木は瀉法に効きやすく、柔らかい木は補法に効きやすいとされ、
二種類あると便利です。私も数本持ち、患者さんのタイプによって使い分けています。

その中の一本。
私が24年前、初めて手にした槌がこれです。

c0145449_19582726.jpg

とても使いやすく、音が澄んで美しくよく響きます。
また補にも瀉にも使いやすく、今でも一番重宝している一本です。
この槌は当時、会内で槌を取り扱っておられたO先生の治療院へ求めにいったとき、
「君にはこれだね」といって分けていただいたものです。
その時に、多分木の名前を聞いたはずなのに、覚えにくい名前だったのか、
すっかり忘れてしまい、受講生に「何の木ですか?」と聞かれても答えられないままでした。

今回、先輩で正講師の高木幸二先生に、
「先生、この槌、何の木かご存じないですか?」と何気なくお聞きしたところ、
(ちなみに高木先生は内弟子時代に打鍼の修行をたくさんされていて、
その技術はかなり高レベルです)

「おお、それは!!俺が作った(考案)した槌やぞ!!!南米の"パドック"という木や」

パドック?!初めて聞く名前です。いったいどんな木だろう・・・??

名前がわかっただけでも嬉しかったのに、調べてみたら、またまた感動です。
なんと、パドックは木琴(マリンバやシロフォン)やギターにも使われる素材だそうで、
またマメ科の植物であり、成分にはイソフラボンが含まれていて薬効もあるそうです。
ということは、腎にも良さそうですね。

私はギターの音はもちろんのこと、実はマリンバの音も大好き。
音楽、特に木製の楽器好きの私にはぴったりの素材だったということですね。
なるほどなーと納得し、先生方に感謝することしきり。
これからも大切に一生使い続けたいと思います。

*******

マリンバの演奏で素晴らしいものを見つけました。
私の大好きなドラクエの曲の数々を、三人の可愛い女の子達で演奏されています。
可愛いだけでなく本当に上手です。お見事。




# by yurikak5 | 2017-08-30 21:55 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(0)

奥入瀬渓流(動画付き)

夏の旅行も無事終わり、明日からお仕事です101.png
(動物達は皆元気でした^^)

c0145449_17450383.jpg


c0145449_17464936.jpg

奥入瀬は雨がパラつくことも多かったのですが、
水も濁らず、気温も20℃位で本当に涼しかったです。
観光地というより秘境という印象の強い場所でしたが、
渓流沿いに14キロも散策路が整備され、起伏も少なく歩きやすい。
こんな場所は日本でも珍しいのではないでしょうか。

c0145449_18150076.jpg

宿泊した星野リゾートのホテルには、岡本太郎さんの遺作とされるオブジェがあり、
そこには太陽の塔の激しさではなく、太郎さんの優しさや自然への愛情や思いが
たくさんつまった暖かい空気が流れていました。
調べてみると、このホテルの元々の設立者と岡本太郎さんが親しい関係で、
作品を作っていただいたとのこと。
太郎さんは東北がお好きでよく来られていたそうです。

青森、不思議な場所。また季節を変えて行ってみたいです。




さぁ、明日から仕事ですが、鍼灸師というのは職人的な部分も色濃く、
毎度の事ですが、数日休むだけで手が鈍っているのを感じます。
やはり継続は力なりですね。
いっぱい遊んで、いっぱい働くをモットーに。
これからも引き続き、臨床に励みたいと思います(^^)/





# by yurikak5 | 2017-08-20 18:23 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(0)

夏期休暇入りました

日中は暑い大阪も、朝晩はずいぶん涼しく過ごしやすくなり、
シオン君は一気に元気回復166.png活動量は倍以上に増えました^^

c0145449_19573589.jpg

「お母ちゃん、これからはボクの季節やで♪」

ほんまやな~。寒いのはどれだけ寒くても平気やもんな。
シオン君、まだハゲはちょっとあるけど、毛がツヤツヤしてきたね。

c0145449_20004870.jpg

「こんなとこでハゲとか言わんといてんか。
そうそう、お母ちゃん、ボクおいて明日からどっか行くんやろ。知ってんで115.png


よう知ってるやん。今日から夏休みやからね174.png
二年ぶりの旅行、ゆっくりしてくるわ~。
行先はずっと行きたかった青森県の奥入瀬渓流っていうところやで。
とってもきれいで幻想的な場所やねん。楽しみ169.png
シオン君、お土産にリンゴ買ってくるから、いい子にして待っててね101.png

c0145449_20044480.jpg

「え!リンゴ113.pngボク、果物の中でスイカの次にリンゴが好き♪イイ子にして待ってるで~」


何だか最近、妙に静かなポポちゃんは大丈夫かな?

c0145449_20082917.jpg

「うち、卵あたためるのに忙しいさかい、お母ちゃんどこなと行っておくれ(疑似抱卵中)」

はいはい、わかりましたよ(笑)

ということで、昔から渓流、渓谷好きの私。
海と違ってベタベタしない冷たく澄んだ川の水は、本当に気持ちの良いものです。
30代の頃は徳島の吉野川でラフティングや、
比良山系の川でシャワークライミングなど良く行ったなぁ~。
若かりしあの頃。。。(笑)

今回は奥入瀬渓流沿いを4時間ほどウォーキングして、翌日は十和田市で馬の外乗をする予定。
関東方面は雨続きのようですね。お天気がちょっと心配です。

澄んだ渓流でマイナスイオンたっぷり浴びて、運動して、
さらにパワーアップして帰ってきたいと思います。
いい写真が撮れたら、またご紹介しますね^^



# by yurikak5 | 2017-08-16 20:44 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(0)

まだまだ暑いウサギ

田んぼの緑が美しい季節101.png

c0145449_20592563.jpg


7日は立秋。ちょっとだけ、秋の気配。。。110.png


大きな台風もきて、大雨が降って、朝晩はちょっと涼しくなったような気もします。


・・・よねぇ、シオン君115.png



c0145449_20504511.jpg


「え?秋??ボク、まだまだ暑いよ~~」


確かに(^_^;)毛皮着て走り回ったら、やっぱり暑いよねー。。。

最近、ちょっと元気になったのか、小屋の外に出して出してというのですが、
しばらく走り回るものの、バテてすぐに小屋に帰って寝そべってしまうシオン君。


c0145449_20505873.jpg

「でも、お母ちゃんの凍らせてくれたペットボトル、気持ええわ~~。いつもおおきに♪」


いやいや、凍らせてんのは冷蔵庫やさかい104.png
でもシオン君、アトピー治ってくれて、お母ちゃんホンマ嬉しいわ162.png


c0145449_21115902.jpg

「うん、痒いのはもう嫌や~」


どんなに暑くても、終わらない夏はない175.png
そう思って頑張ろな( `ー´)ノ



8/16(水)~8/20(日)までを夏期休暇とさせていただきます。
よろしくお願いします。




# by yurikak5 | 2017-08-09 21:14 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(0)

カメとアロエ

本当に暑い日が続いています。
こんな時は無理してはいけませんね~。
日中は無理して動かず、昼寝がおススメです。

夏バテには夏野菜とビタミンBが大事です。
ビタミンBは豚肉、卵、糠漬け、納豆、まぐろ、うなぎ、ほうれん草・・・等々。
暑くて自炊するのも嫌になりますが、
ビタミンBは食品の精製や加工、保存などで減ってしまうらしく、
火をあまり使わず簡単なさっぱりとした料理を作り体調管理しています。
患者さんからまた料理の写真のせて~とリクエストいただいたのですが、
最近はなかなか撮れず・・・バランスはいいのですが、何分盛り付けが適当(^_^;)

178.png            174.png            178.png

さて、室内飼いのリクガメ・パーリンは今年もほぼ夏眠に入りました。
時々起きて日向ぼっこしてますが、餌は食べません。

片やベランダのミドリガメ・笹の助は、日陰は作ってあるものの、
炎天下で一日過ごしているせいか、どうも興奮して発狂気味?の様子。
よく気が狂ったように手足をバタバタとさせて暴れています。
ついに水替えの最中、捕まえても激しく抵抗され、ガブッと噛まれてしまいました119.png
噛まれたのは初めてです。なんと、少し流血(>_<)
カミツキガメやん、これじゃ。

これは完全に熱の証。
東洋医学的にみたら、体調不良が性格を変えてしまうことは多々あります。
笹の助はやんちゃな性格ですが、噛むほどの狂暴性はありません。
急いで清熱解毒しなければ!!!
そこで思い立ったのが近くにあった"アロエ"
火傷で塗り薬としても使いますが、服用すれば清熱しながら瀉下(大便を下す)する薬です。

c0145449_21024251.jpg


そういえば笹の助、食欲はあり過ぎなのに、最近糞を見かけてません。
便秘で発狂って、傷寒論でいえば陽明病みたいな感じです。
クサガメは里山で野菜や果物を食べるらしいし、
アロエでも少しちぎって水槽に放り込んでおいたら食べるかも?

翌朝。

なんと、結構食べていて、水槽の水が真っ黒に!
アロエの効能通り、黒い熱のこもった便がたくさん出たようです。
スッキリしたのか、目つきも可愛くなってました。
久しぶりのリラックスした甲羅干し姿。落ち着いてくれて良かったです^^

c0145449_21025517.jpg



# by yurikak5 | 2017-08-02 21:19 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(6)

城陽の蓮

先日、乗馬の帰り道、偶然通りかかった道に蓮がたくさん♪
近くに車を止めて、誰もいない蓮池を独り占めです。

このあたりに蓮池がたくさんあるのは知っていたのですが、
なかなか花の近くまで入れそうな池がみつからず。
ここは人様の田んぼの中っぽいけど、ちゃんと蓮池への道もついてるし、
ちょっとだけお邪魔してもいいよね~?失礼します~179.png

c0145449_21265662.jpg

足元に「花の小径」という小さな木の看板と、説明書き看板↓も見つけた101.png
一応、一般の人が立ち入っても良さそうで一安心。


c0145449_21293280.jpg


c0145449_21271495.jpg


c0145449_21561274.jpg


お昼過ぎだったので、開いている花は少なかったのですが、
蕾や開きかけも美しいですね。。。110.png


c0145449_21275805.jpg


c0145449_21281351.jpg

池の周囲に様々な種類の鉢植えがありました。

c0145449_21311226.jpg

本当に蓮って美しい。花だけでなく葉っぱも素敵。
美しいだけでなく、花も葉も茎も根も実も、全部漢方薬として使えるんですよね。
素晴らしい植物です。

c0145449_21313193.jpg

もうすぐお盆の季節。淡路島の義姉の実家の前に蓮池があり、
父の法事の際にはいつも見事な蓮の花をお供えしてくれました。
蓮の実もよくいただきました。都会にはない贅沢さを感じます。

最近、奈良の藤原宮跡の蓮がとてもきれいだと知り興味津々の私。
近い将来に是非行ってみたいと思います^^



# by yurikak5 | 2017-07-26 22:12 | 花・自然 | Comments(2)

香の十徳

お香が好きで、家でも仏さんにあげる以外にもよくたきます。
暑いときのお香は、心を落ち着かせると同時に部屋の脱臭にもなり、
少し涼しく感じさせてくれるような気がします。

今年の初詣、勝尾寺で買ったお線香の中に
「香の十徳」という漢詩が書かれた紙が入っていました。
その内容がとても香の良さや特徴を見事に表現されている内容で感動し、
大事に保管していましたが、紙だとなくしてしまいそうなので、
ここに書き記したいと思います。

c0145449_17511054.jpg


「香の十徳」

感格鬼神・・・感覚が鋭くなる

清浄心身・・・心身を清浄する

能除汚穢・・・汚穢(汚れのこと)を除く

能覚睡眠・・・眠気を覚ます

静中成友・・・静かな時には友になる

鹿裏偸閑・・・忙しいときに閑をもたらす

多而不厭・・・多く使ってもいとわない

寡而為足・・・少なく使っても足りる

久蔵不朽・・・永く保存しても腐らない

常用無障・・・常用しても差支えない


(十一世紀、北宋の詩人 黄庭賢の作で、一休禅師により紹介したとされる)

c0145449_17513170.jpg


私たちは日々、お灸をする時に艾(もぐさ)を使います。
もぐさは蓬(よもぎ)で出来ていて、その香りは病邪を祓ってくれるとされています。
よもぎは温めるので熱証には向きませんが、冷える女性にはかかせません。
こちらも東洋のアロマセラピーとして、大事にしたいですね。



# by yurikak5 | 2017-07-19 17:58 | 雑記 | Comments(2)

茅の輪くぐりと禅の本

今日も暑い一日でした。
蝉が一斉に鳴きだした様子をみると、もう梅雨明けではないかと思うほどです。
九州を中心に局地的な豪雨で被害が出ている場所が増えていますが、
大阪は本当に雨が降らず、かなり暑い日が続いています。
明日は36℃の猛暑日の予想・・・(*_*)

暑い日の夕焼けは燃えるようです。

c0145449_22084757.jpg
7月初旬、近所の東高津宮さんで茅の輪くぐりをすることが出来ました101.png
よく行く枚岡神社ではタイミングがあわず、
輪があるのにくぐれなかったので良かったです^^
夏越大祓といって、今年半年分の罪穢を祓って身を清め、
暑い夏を無事乗り越えられるようにという意味があるそうです。

c0145449_22221514.jpg

輪の中をくぐるというのは、なんともいえないワクワク感があります。
治療所の待合に置いてあるフラフープを、
どんな幼児も必ずと言っていいほどくぐろうとするのですが、
同じような感覚かもしれませんね。


先日、患者さんからお借りした禅の本。とても読みやすく、おススメです。
禅僧・枡野俊明さんが書かれた「図太くなれる禅思考」

c0145449_22273724.jpg

特別な修行をしなくても、寝る、働く、食べる、など生活すべてが禅であるという考え方が、
共感できました。
毎日毎日のささいな出来事を、懸命に雑念なく一点に集中して追求しつづけているうちに、
結果がついてくる。そうすることがいい意味で「わがまま」だし「図太い」とも言える。
しかしそれがすべてに良い結果をもたらし、自分も周囲も救われるということになります。

あとから気づいたのですが、同じ著者の「人生という山のくだり方」という本を持っていました。
仕事がら自分の親以上の年齢の方を診させていただくことも多々あり、
自分自身もそろそろ折り返し地点、どういった心境でこれからの人生を生きていくのが最善か、
そんな思いで買ったのを思い出しました。
これからの高齢化社会にはこういった禅をはじめ哲学や宗教などの考え方は
非常に重要になってくると思います。
東洋医学においても素問、霊枢、陰陽、五行、老荘哲学など独特の思想があり、
病んでいる方へのアプローチの仕方、または自分では病んでいないと思っておられるけれども、
体表や舌や脈などを拝見すると病ができる素地ができている方へのアプローチの仕方、
また実際に鍼灸を使っての病の治し方や病の治り方
(思想だけでなく体感的においてもかなり違いますが)
西洋医学とは全く違った部分がたくさんあり、
そのあたりの理解が深めていただくことで信頼関係が増し、
治療効果があがることは多く見られます。
もっと勉強して自分のなかで嚙み砕き、そのあたりをどんな世代の患者さんであっても、
コミュニケーションの中に取り入れられたらいいな~と思索中です110.png

蒸し暑くイライラ鬱々しやすい日々ですが、心を落ち着けて、
色々と乗り越えて行きましょう。



# by yurikak5 | 2017-07-12 23:26 | 雑記 | Comments(0)

うさぎのアトピー?

最近、シオン君(ミニレッキス♂3才)の背中の湿疹がかなり痒そうで、
毛が抜けるのは大分おさまったのですが、
ブラッシングしたらフケのようなものがたくさん出てきます。
まるでアトピー性皮膚炎のよう。。。

c0145449_21250946.jpg
いくらブラッシングしても止まらないフケ(*_*)
特に上背部と左腰あたり。


背中を触ると、背骨に沿ってすごい熱感です。
クーラーは入れてますが、心臓の鼓動もいつもの倍くらい、みるからにしんどそう。
動く元気もなくなり、食欲も落ちてきたので、これは本気で治してあげないといけません。
なかなか紺屋の白袴で身内はほったらかしにしがちですが、
さぁ、シオン君、楽にしてあげるからね^^

まずは食事面ですが、最近ポポちゃんの残した鳥の餌をもったいないので置いてたら、
シオン君が大の好物で勝手に食べてしまうのを放置していました。
しかし草食動物にとって穀物は肉に匹敵する熱量。
夏の間は全面的に禁止しておやつは果物にします。
レタスや紫蘇やセロリなど肝の熱をとって理気できるもの、
またスイカなどで全体の熱をとるものを中心に。

凍らせたペットボトルは1日2回交換し、アイスノンを背中に乗せてみました。
ペットボトルは適当に置いとくと、横に寄り添ったり、頭を突っ込んだり、
自分でいいようにしています。

c0145449_21402852.jpg
アイスノンを布でくるんだもの。
気持ち良いようで、5分くらいじーっとしてました。
動物は必要なくなったら自分でどけます。


これでもまだ背中の熱感がとれなかったので、水の霧吹きを背中にかけて熱を放散。
私はウサギはあまりお風呂には入れたくないので、部分的に濡らしてみました。

c0145449_21432400.jpg

これは非常に効果ありました。すぐに水が乾いてしまうので、何度かかけてみました。
若いウサギの♂は、非常に熱が強いので、夏場はまず冷やすという事が大事です。
でないと、陽気が爆発して、狭いケージで暴れて骨折し、死に至る場合すらあります。
マロンの時もよく耳や耳の付け根を濡らしてあげていました。

しばらく続けた結果、食欲も増し、また遊んで~と催促してくれるように162.png
良かった、良かった102.pngちゃんと手当したら治るのも早いのは子供と同じ。
時々鍼もしていますが、早めに手当てすれば手近にあるものを使って
動物のちょっとした病気はかなり改善できます。
うさぎは繊細なので、薬は使いたくありませんから。

暑くて喜んでいるのはカメさんくらいですね(笑)

c0145449_21484698.jpg
炎天下で日向ぼっこ中「ぬくおまんな~」


トマトがたくさん収穫できるようになってきました169.png179.png
キュウリは残念ながら息絶えてしまいましたが(^_^;)

c0145449_21502196.jpg

完熟の採れたてトマトはとても美味しく、あっという間になくなってしまいます。
来年は2株植えようかな~178.png



# by yurikak5 | 2017-07-05 22:12 | ウサギの健康管理 | Comments(4)

カタツムリその後。

大阪も適度な雨が降り、ようやく梅雨らしくなって参りました。
高熱の風邪以降、どんだけ寝るねんというくらい、寝まくっている私です。
夜は10時半にお布団に・・・なんて、今まででは考えられない生活。
熱で失った陰分を補おうとしているのでしょう。

2月に1mmで我が家にやってきたカタツムリのシロちゃんは、現在2cmくらいになり、
丸々と太って存在感が出てきました。

c0145449_21160156.jpg


その後、枚岡神社付近で見つけたひらちゃんは、現在1cm弱で透明感があり、
ちょっと細身で上品な風貌です。

c0145449_21161587.jpg


その後、また1匹増えたのですが(確か小松菜についてた?)、
この子が真っ黒けなので、クロちゃんと呼ぶことにします。
大きさは1cm強くらいかな?
カタツムリでも色々と種類があるものですね。

c0145449_21172957.jpg


シロちゃんとクロちゃんは結構仲良しで、くっついて休んでいることもよくありますが、
ひらちゃんはいつも一人で過ごしています。

c0145449_21184627.jpg
シロちゃんを追いかけようとするクロちゃん。

雨や曇天の時は、土に潜って出てこない日が多いように思います。
今日も一日顔を出しませんでした。
こんな小さな動物でも、体調や天気に応じて睡眠時間が変わるのだなと思います。


トマトが大分色づいてきました162.png
収穫時期に悩みますが、少し食べてみたら甘酸っぱくて良いお味でした^^
キュウリは別の場所に植え替えましたが、弱りつつも頑張ろうとはしている様子。

c0145449_21233663.jpg

これからが楽しみです169.png






# by yurikak5 | 2017-06-28 21:33 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(0)

梅雨なのに熱がこもる

こないだの土曜日から風邪気味で、微熱と軽い咽痛がありました。
やめといた方がいいだろうな~と思いつつ、翌日乗馬の予約をしていたので、
鍼で熱を下げる処置をした上で、思い切って行ってみました。炎天下で45分のレッスン。
直後はスッキリしたかな?と思ったものの、帰宅後38℃の高熱発症119.png読みが甘かった。。。
微熱でスポーツすると、こういうことになるのですね120.png

あまりに体が熱くて、何年かぶりに解熱剤など飲み、自分で鍼治療して、
翌日なんとか出勤しましたが、再び熱があがり午後からはスタッフにまかせて自宅療養、
こんなに高い熱、人生二回目くらいです。

その後熱が下がっても、咳や痰や食欲不振など他の症状と重なって長引き、
フラフラしながら仕事していましたが、今日師匠の治療を二回受けて、かなり回復しました。
二回とも、あるお腹のツボでした。
元々、薬は合わない体なので、市販の解熱剤数個のせいだけで胃がめちゃくちゃに荒れ、
食欲不振になる私。
鍼をしてもらうと、弱った胃壁の細胞がしゅわしゅわとよみがえっていく感覚に177.png
生き返る~。。。こんな弱った内臓には、やっぱり鍼しかないなぁ。。。と改めて感じました。

周囲をみると、私と似たような症状の人がチラホラいました。
梅雨というのに大阪は雨が降らず、気温がかなり高いので、体に熱がこもってしまうのでしょう。

東洋医学は自然、四季と共に生きる人間のための医学ですが、
これからは季節感のなくなった異常気象に、いかに対応して生きるかということも
テーマになってくるかもしれませんね。
くれぐれも無理せず、良く寝て、過信せずに体調を管理していかねばと、
今回のことで思いました。

この度、ご迷惑をおかけした患者さんにお詫び申し上げます。

c0145449_22380832.jpg
パクちゃん「暑いときの乗馬は、無理しちゃダメだよ~」



# by yurikak5 | 2017-06-23 22:59 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(0)

紫陽花がきれいです

梅雨に入ったようですが、雨が少ないですね。
乾いた空気の中、頑張って紫陽花があちこちで咲いています。

ご近所さんの紫陽花で一番お気に入り110.png

c0145449_22093848.jpg

c0145449_22100810.jpg

c0145449_22110715.jpg


↓うちの鉢植え。多分10年は超えてる。頑張ってます。
大きくなりすぎて剪定していくうちに、段々と花が小さくなってしまいました。

c0145449_22113646.jpg


この子は金平糖という種類の紫陽花。
可愛さに負けて一目ぼれして買ってしまったのが、三年ほど前。
紫陽花は水が大好きなので、鉢植えの場合はこまめに水をやらないと
土の保水力が足りず、すぐに枯れてしまいます。
なので上の鉢同様、育ち過ぎたために枝を少し切ったら、
やはり花は小さくなってしまいました。
適当に切ってるので、剪定の場所が悪いのかな~。。。120.png


c0145449_22124565.jpg

紫陽花はほったらかしでも、水さえ忘れなければ何年でも咲いてくれるありがたい花。
基本、紫のグラデーションが一番好きですが、最近ピンクもいいな~と思うようになりました。
年と共に嗜好が変わるものですね179.png


☆おまけ

プランターのトマト、実がたくさんついてきました!

c0145449_22260990.jpg

しかし、最初勢い良かったキュウリが伸び悩み、段々と弱って枯れそうな感じ(*_*)
トマトのパワーに負けてしまったのでしょうか。。。
同じ場所に植えない方が良かったのかな~。なかなか難しいもんですね。
頑張れ、キュウリ。

c0145449_22365681.jpg



# by yurikak5 | 2017-06-14 22:38 | 花・自然 | Comments(2)

懐かしい患者さん

ここ2週間ほど、新規の患者さんが続き慌ただしい日々が続いていた。
その中でも印象深かったのは、5年前、10年前に来られていた懐かしい患者さん。

「よく思い出して来てくれたね~」と話しかけると、
「鍼灸院だったら先生のところしか考えられない」なんて、思いがけない嬉しいお言葉。
しかし、10年前のカルテを見直してみると、今の自分からしたら、
まるで洗練されてない未熟な施術内容。
患者さんの言葉とは裏腹に、申し訳ない気持ちになってしまう。それなのに。。。

ふと、鍼灸師になりたての20代の頃に考えたことを思い出した。
どんな技術や腕も、一朝一夕にはつかない。
様々な経験を経て、時間をかけて洗練されていく。それは致し方ないこと。
それならば、今、腕はなくとも、お越しいただいた方に少しでも気持ち良く帰って頂けるよう、
腕以外の面での最大限の心配りをしなくては…と。

ただひたすらに患者さんの話に耳を傾け、
少しでも力になれることはないかと無我夢中で頑張っていたあの頃。
もちろん、それでもご満足いただけなかった方もおられただろうが、
こうやって思い出して再び来てくださる方がおられるだけで心が暖まる。
長年、頑張って仕事を続けていると、時々神様がご褒美をくださるのだ。
師の教えである"心持ちの大事"は、少しは守れていたのだろうか。

あれから20数年。多少技術は上がってきたかもしれない。
しかし、技術だけに走らず、あの頃のように原点に戻って、
やはり心持ちの大事を忘れてはいけないと、懐かしい患者さんが教えてくれた。

c0145449_22501999.jpg
実家のバイカウツギ

長きにわたり支持され続けている師匠の著作「弁釈鍼道秘訣集」藤本蓮風 緑書房 が
近々再販されます。(初版 昭和52年)
鍼術の指南書ではありますが、医療者の原点、心持ちについて書かれている哲学書でもあります。
私も大好きな一冊です。



# by yurikak5 | 2017-06-07 23:14 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(0)

母の日

母の治療のため実家に帰った際、近くの石切神社・上ノ宮まで散歩も兼ねてお参りにいきます。
生駒山の緑がたくさんあって、大阪市内を歩くより空気が良く、
起伏も激しいので運動になります。

c0145449_23163552.jpg

暑かったけど、とても良いお天気の日^^

c0145449_23174026.jpg


母の日には帰れませんでしたが、私が贈った珍しい色の胡蝶蘭がきれいに咲いていました。
ネットの母の日ギフトで見つけ、写真だけ見て送ったのですが、いいお花で良かった110.png

c0145449_23204931.jpg

兄夫婦からは紫陽花が。

c0145449_23214466.jpg

最近、長年来られている同年代の女性患者さんが、
高齢のお母さんを連れて来院されることが多くなってきました。
そういう年代になってきたのだなぁ・・と思います。
老化は致し方ありませんが、苦痛はやはり取ってあげたい。
少しでも楽に、大病せずに、長生きしてほしい。
そんな思いでお母さんを連れてこられる娘さん達。
本当に微笑ましく、我が母の姿が重なります。

私の母も、決して頑強とは言えなかった体ですが、父に守られ、子供に守られ、
そして何より本人の強い意思で、頑張ってここまで生きてくれました。
若いころは色々とありましたが、最近では、いつかくる死に関しても
オープンに笑いながら話せる関係に。ありがたいことだなぁと感じます。

「あんたは(お母さんの事はいいから)仕事しなさい」と言ってくれる母。
これからも鍼の力で、天命がくるその日まで、自分の力で生活できるように、
見守っていきたいと思います。



# by yurikak5 | 2017-05-31 23:47 | 雑記 | Comments(2)

5月の真夏日

ここ数日、5月というのに日中30℃近い気温が続いていましたね。
今日は雨もパラつき、気温も少し下がってホッとしました101.png
それにしても朝晩は肌寒く、日中は真夏。
この気温差コタえますね~119.png

5月というのに暑そうなシオン君を目の前に、
今年初めてクーラーをいれてしまいました。

c0145449_20383661.jpg
「ボク、もう夏バテしそうだよ~~(>_<)」


患者さんはアトピーなど、熱証の病気の方が悪化して増加傾向です。
シオン君も督脈(背骨)上のツボ、数か所が湿疹となり、掻きすぎて毛がハゲてきてしまいました。
マロンの時もありましたが、ハゲには紫雲膏を塗って、古代鍼で背部を清熱してあげました。
先日、スタッフの一人が微熱が続く風邪になり、スイカを食べたら治ったと言っていましたが、
たしかにこれだけ夏のように暑いと、トマトやキュウリなど、夏野菜や果物を食べて
熱を取った方がバランスが良いようです。

先日、私もちょこっと初スイカをいただきました。
美味しかったです^^

c0145449_20445772.jpg

暑くて喜んでいるのはカメと植物。

c0145449_20465182.jpg

トマトとキュウリはグングン育ってきました。
これは10日ほど前の写真ですが、今はもっと成長しトマトも花が咲き始めました。
小さなキュウリの実も付き始めています。

c0145449_20490490.jpg

暑くなると、お蕎麦も美味しいですね~。
近所のお蕎麦屋さんにて。

c0145449_20512781.jpg

さて、早くも暑気払いしながら、もうすぐ梅雨がきそうな気配。
暑い夏に向けて、体調整えて頑張りましょう166.png




# by yurikak5 | 2017-05-24 21:06 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(0)

白丁花(ハクチョウゲ)

一昨年、300円shopで買った植物。
冬の間は枯れ木状態でしたが、春になって沢山の葉が付きだし、
ついに今年は満開の可愛い白い花が咲きました(*^-^*)
いや~びっくり。ちなみに昨年はこんな感じでした。

今年こそは名前を調べねばと、ネットであれこれ検索。
どうやら白丁花(ハクチョウゲ)という庭木によく使われる植物らしいです。
花言葉は"純愛"110.png

c0145449_21065074.jpg


とても丈夫で、挿し木で簡単に増えるとのこと。
もう少し大きくなったら、挿し木してみたいと思います。

c0145449_21080940.jpg


c0145449_21084138.jpg


話変わりますが、昨日ポポちゃんが、また卵を産んでいました。
今年三個目です。

c0145449_21124283.jpg


卵はないけど、多分温めているつもり。

c0145449_21132576.jpg

最近、朝にテレビでやっているアンパンマンをチラチラ見ながら仕度をしていますが、
ポポちゃんとドキンちゃんのキャラが、何となく重なるのです(笑)
"しょくばんまん"さんは、さながら"パーリン"といった感じ104.png

c0145449_21135928.jpg

うちは鍼灸での不妊治療が多いのですが、気血の充実した実タイプの女性は、
子供を産むことで、心も体もスッキリしていきます。
逆に気血の少ない虚タイプの方は、出産後体が弱りやすいのです。
最近は出産しない女性が増えてきました。
その場合、実タイプの方は運動などで発散しないと、
女性として持っている余分な血は出所を失い、
子宮筋腫や婦人科系の病になりやすい傾向があります。
東洋医学ではそれを「瘀血」といい、瘀血をとる治療をしてバランスを取ります。
明治や昭和初期など、10人近く子を生みながらも長命の女性もたくさんおられました。
女性の潜在するパワーとはすごいものなのです。

元気な実タイプのポポちゃん。
卵を産んだ後は、ガツガツと餌を食べまくっています(笑)
また産むかもしれませんね(^.^)178.png



# by yurikak5 | 2017-05-17 21:46 | 花・自然 | Comments(0)

ウサギ&リクガメ

ある日の昼下がり。
シオン君が昼寝をしていると・・・

c0145449_22035713.jpg

リクガメのパーリンが近づいてきました。

c0145449_22135628.jpg

ますます近づくリクガメ。

c0145449_22160248.jpg


「クンクン、この毛むくじゃらはなんだ。クンクン。」

c0145449_22162471.jpg


「お母ちゃん、このカメ嫌や~どけて~」

パーリン、嫌われてんで。いい加減にしときや。

悲しき♂同士の恋?闘い?でした(笑)


(以前はリクガメがウサギの尻尾に嚙みついたこともありましたが、
今回はその前にシオン君が脱走しました)




# by yurikak5 | 2017-05-11 22:19 | 紫苑(ミニレッキス) | Comments(2)

サンタ、帰省中。

治療院のアイドル、サンタ君。
お休み中はお天気も良さそうなので、日光に当てなければと家に連れて帰ってきました。
久しぶりに笹の助とご対面~。

c0145449_22064348.jpg

チビだった笹の助も、もう5歳。ずいぶん大きくなりました。

c0145449_22085686.jpg

カメの多頭飼いはあまり好ましくないと言われていますが、
短期間だし、共に過ごしてもらうことにしました。
最初は互いに興味ない素振りでしたが、段々と慣れてくると思いだしたのか、
楽しそうな雰囲気も感じられ、大丈夫な様子。
今日は天気も良いので、甲羅干しの取り合いになるかもなぁ、、、と思ったら。

c0145449_22120178.jpg

笹「サンタ兄ちゃん、ボク、一番ね(^^)/」

c0145449_22121462.jpg

サンタ「よしよし、笹坊。兄ちゃんは後でいいぞ」


という感じで、譲り合って交代で干していました!
なんて賢くて優しい子たちなのかしら(*^^*)と、ひとり親バカ気分(笑)
6日の土曜日は仕事があるのですが、サンタは日曜日まで家にいてもらいます。

今日は北海道では30℃を超える場所があったそうです。
訳のわからない変な気候が続いていますが、
無理せず体調に気を付けて有意義なGWをお過ごしくださいね。



# by yurikak5 | 2017-05-04 22:32 | ミドリガメ・カタツムリ | Comments(2)
12年間共に過ごし、美しい紫の花をたくさんつけてくれたデュランタ
ついに弱ってしまったので処分することにしました。
長年一緒に過ごしたので、大変残念なことですが、
そのプランターの土を再利用して他のものに植え替えようと計画。
夏に向けて、キュウリとトマトの苗を植えてみました。

c0145449_22280504.jpg


それにしても枯れたデュランタの根を掘り起こしてみると、
枝ぶりと同じくらいの太い根っこでした。一度に引き抜くことは不可能で、
ハサミで少しずつ切りながら処分する様は、枝を先手するのと同じ感じでした。

東洋医学では根は腎。腎がしっかりしていないと、大地に根を張ることはできず、
根気なく、何事も続きません。伸び伸びと力強く生きるためには、腎の力は必須。
デュランタさん、腎が強かったんだなぁ。。。としみじみしながら12年の月日に感謝。

c0145449_22292315.jpg

植えて数日しか経っていないのに、もうキュウリに花が咲きました(^▽^;)
こんな低いところで実が付くはずもないんですが。気の早いキュウリですね。

先日、私の大好きな番組「ダーウィンが来た」で、好んで食べる葉の植物毒(アルカロイド)を
浄化するために炭を食べるというザンジバルアカコロブスという猿の特集をしていました。
そういえば、コアラもユーカリの毒を分解するために、長ーい盲腸を持っているといいますね。
私は土の中に炭を混ぜたりするんですが、植物にとっても土壌改良のために炭は大切なようです。

調べてみると食用炭、薬用炭というのもあるらしく、毒物中毒などに耳かき一杯程度の
炭を混ぜた水を飲めば、症状を軽減できるような事が書いてありました。
このお猿さんが実践しているところを見ると、本当なんでしょうね。
それにしても毒のある葉っぱばかり食べなくてもいいのになぁー。動物って面白いですね(笑)



# by yurikak5 | 2017-04-26 23:02 | 花・自然 | Comments(4)
大雨が降ったと思ったら、日中は夏日のように気温が上がり、
日が暮れると肌寒くなる今日この頃。

元気なポポちゃん、今年二個目の卵を産みました♪
初めて産んだ昨年は6月でした。今年はペースが早いですね(笑)
縦に2.5cmくらいのとてもきれいな卵です。
1個目は下に落ちて割れていて、今回は自分でつついたのか穴が開いていました。

c0145449_23123272.jpg

ネットで調べたら、ストレスのないインコはよく卵を産むと書いてありました。
いつもギャーギャーとうるさく、外に出したら他者を傷つけまくって好き放題なので、
ストレス溜まらないのでしょうかね(笑)

c0145449_23131219.jpg


カタツムリのシロちゃん、2ヵ月程でずいぶん大きくなりました。
一番最初のサイズから比べたら、多分20倍くらい(・・?
なんと成長の早いこと。

c0145449_23193207.jpg

そして先日、なんとまたカタツムリが増えました!!
どうしてこうも私はカタツムリと目が合ってしまうのだろう・・・。
シロちゃんの友達に~と連れて帰ってきてしまいました(^_^;)

c0145449_23212990.jpg

よく行く枚岡神社周辺で見つけました。
生駒山あたりは梅雨時期に行くとカタツムリがあちこちにいますからね~。
ごめんよ~。こんな狭いプラケが住まいになってしまって。。。
命名「ひらちゃん」とさせていただきます。
スリムで角がかっこいい子です(笑)


# by yurikak5 | 2017-04-19 23:34 | ポポ(ボタンインコ) | Comments(4)

春めく花と動物達 sanpo

桜が咲き乱れる中、無残にも雨風が吹き荒れ、気温がグーンと下がってしまった大阪。
実に自律神経の乱れやすい気候ですね(^_^;)

先日、変に眠くて仕方なかったのですが、寝てばかりいてもあかんな~と思って
散歩しに行ったら、偶然にも見頃の桜に出会いました。

c0145449_20352284.jpg

言わずと知れた大阪城の南外堀周辺の桜。
あまりにきれいだったので、スタッフにも見に行ってき~!とすすめたくらいです。
近いので毎年のように見に行っていますが、今年は遅めの時期に一気に開花したためか、
花の数が今までで一番多かったように思います。


c0145449_20395346.jpg

それはまるで桜の花がピンクの雪に見え、積もっているかのような光景でした。
毎年ながら、桜と水面と石垣のコラボは素晴らしいですね。

c0145449_20401135.jpg

ベランダでは冬の間、ただの枝と化していた紅葉の葉が一気に芽吹いてきて、
植物の強さを垣間見ております。

c0145449_20464038.jpg

蕾が硬かったカランコエもようやく咲いてきました。

c0145449_20465583.jpg

冬眠が終わった笹の助も餌を食べだし、

c0145449_20491419.jpg

シオン君はやや太り気味で、最近皮膚がかゆいような素振りが。
食べ過ぎの運動不足です。間違いなく(笑)
本当にミニレッキスの食欲は半端ないです(>_<)

c0145449_20492943.jpg

パーリンは結膜炎が出たり引いたりの繰り返し。
なんだか変な格好で、高いところに上りたがります。
今朝は着地に失敗したのか、ひっくり返って起き上がれなくなっていました(^_^;)
大丈夫か??パーリン。

c0145449_20495024.jpg

人間も変な気候でひっくり返らないように、気をつけないといけませんね。
適度に体を動かして、体力保っていきましょう。




# by yurikak5 | 2017-04-12 21:09 | 花・自然 | Comments(2)

夕陽と日想観

今日は久しぶりに夕陽がとてもきれいでした。

数年前に今の住まいに変わってから、西側にベランダがあるので夕陽をよく観察します。
休みの日の夕方、窓越しにオレンジ色の空が見えると、急いでスマホを持って外にでます。
一刻一刻と変わっていく夕焼け空は、ファインダーを覗く時間も惜しいくらいの美しさ。
どんなにきれいに撮れているようでも、本物にはかないません。

c0145449_21190279.jpg

最近、「日想観」という言葉を知りました。
西方にある極楽浄土を思いながら、日が没するのを見つめるという
仏教の修行の一つだそうですが、四天王寺さんでは2001年から年中行事の法要として
お彼岸に日想観を始められたそうです。
記事によると、真偽は不明だが、日想観修行の最古の例は
787年に行った真言宗の祖・空海とされる、とのこと。

c0145449_21203510.jpg

大阪から見る夕焼けって、本当にきれいです。
昔は今よりもっと空気がきれいだったでしょうから、
もっともっと美しかったんでしょうね~。

c0145449_21374736.jpg

近頃、次々と心を揺さぶられる出来事が続き、私の心と頭も飽和気味でした。
春は暖かくなるのはは嬉しいですが、肝の気が不安定になるので、
心身が不安定になりやすい季節でもあります。
「日想観」修行になったのでしょうか、夕陽をみて心がずいぶんと落ち着きました。
夕陽を見つめるというのは、瞑想に近いものがあるかもしれません。


# by yurikak5 | 2017-04-05 22:10 | 雑記 | Comments(0)

Spring Flower

このところ一日の間でも寒暖の差が激しく不安定な気候ですが、少しずつ春めいてきましたね。
春の楽しみといえば、あちこちに咲き始めるお花達。
思わずパチリとシャッターを押してしまうことが増えてきました(*^^*)

c0145449_22422837.jpg

枚岡神社付近の花壇にて

c0145449_22424125.jpg

アネモネ↑

名前不明↓

c0145449_22425313.jpg

淡路島の花さじきにて↓
菜の花が見頃でした。

c0145449_22430924.jpg

葉ボタンもこんなに成長するんだなー。

c0145449_22432963.jpg

c0145449_23130334.jpg

マンションの花壇では沈丁花が今年もいい香り↓
夜の方が香りが強いので、仕事で遅く帰宅した時にはとても癒されます。

c0145449_23133216.jpg


近所のイズミヤで、また小さな鉢植えを買ってしまいました(>_<)
それも植え替えたらどんどん大きくなりそうなハーブを。。。
葉がレモングラスのようないい香りで、昔育てていたレモンゼラニウムを
思い出してしまったのと、298円と安かったのでつい。

c0145449_22434501.jpg

レモンゼラニウムは強くてプランターでかなり繁殖し、
ピンクの小さな花をたくさんつけてくれました。過去記事
この子は「ゴールデンレモンタイム」 という名前のようですが、
また花も咲いてくれそうで楽しみです。



# by yurikak5 | 2017-03-29 23:19 | 花・自然 | Comments(0)

肩書を外すとき

c0145449_22225954.jpg


中年という時期に差し掛かると、当然ながら年上よりも年下の人の割合が増えてくる。
様々な肩書や重い役割がのしかかってくる時期でもあり、それを日々こなさないと
仕事や生活が回らないという現実に追われ忙殺されてしまう。

例えばお父さん、お母さん、妻や夫、社長、部長、係長、院長などの役職、先生、教授等々
特に子供や部下や生徒を指導する立場にいる人のストレスは大きい。

そんな役割を明るく元気にこなされている人が、体調不良を訴え治療にみえられる。
問診で「私にはストレスなんて全くないです、日々充実して楽しいです」と
若干違和感を感じる満面の笑みで答えられるが、ベットに入ってお体を拝見すると、
心労のツボに甚だしい悪い反応が出ている。
怖いことである。それはとても。心と体が乖離している。
心は突っ張っていても、体は悲鳴をあげているのだ。
心はごまかせても、体は嘘をつけない。
毎日しんどいしんどいと弱音を吐いている人の方が、
実は軽症だったりすることもある。

そんな方が来られると、鍼に来て良かったねと、もう頑張らなくていいんだよと、
今なら重病に至る前に手を打てるから(未病を治す)、せめてここにいる時だけでも、
素の自分に戻ってくださいと、そんな思いで治療にあたる。
鍼治療には本能を取り戻す力があり、乖離した心と体が一体化する作用があると
私は思っている。

先日、長年来られている男性の患者さんが定年退職をした。
定年前は管理職で責任の重い立場におられ、毎日のように接待や会議や出張が続いた。
退職後、週二日は会社に行かれるが、それ以外はゆっくりと好きな映画を見たり、
運動をしたりして過ごされ、仕事のない日はお酒も家で軽く飲む程度である。
なんと退職後の病院の検査で、長年改善しなかった血糖や中性脂肪などの値が
急激に改善してきたそうな。

50才を境に体は変わる。若い頃のように無理がきかなくなる。
人生の折り返し地点でもある。
中年以降はひとつづつ肩書を外し、もとある自分自身に戻ってく時期なのかもしれない。
最後は地位も名誉もお金も肩書も、何もあの世の持っていくことなど出来ないのだから。



# by yurikak5 | 2017-03-22 22:39 | 健康 | Comments(0)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika