心の病

最近、心の病が流行っている。
特に20代~30代の若い人に多く、簡単に医師は精神安定剤を処方し、
雑誌では簡単に心療内科の受診をすすめ、
本人も鬱病などと診断されて、妙に納得したりしている。
若い頃は誰だって、仕事に悩み、壁にぶち当たり、
自分とは何かと葛藤したりするものだ。
生きるとは何かが分からなくなったり、自分の生き方を模索することは、
決して楽な作業ではない。
死にたいと一度や二度、思わない方が不思議なくらいだ。

そんな時、若者が求めているのは、本当は薬なんかじゃない。
自分の生き方を、真剣に考え、共に模索してくれる人が欲しいのだ。
家族、友人、恋人、先輩、誰でもいい。
そんな親身になって接してくれる人がそばにいるだけで、人は頑張れるのではないか。

病気になると、働けなくなる。
働かないと、世間の目は冷たく、邪魔者扱いだ。
そんな価値のない自分は生きてても仕方ない。生きる意味がない。
だから死んでやる。または殺してやる。
そんな結末にしたのは、他でもない子供に無関心な大人たちである。

世の中のために働くことは素晴らしいことだ。
しかしそうなると、世の中のために働かない人は、
ダメな人ということになる。
そうじゃない。そうじゃないのだ。

人間には、一番重要な仕事がある。
働くことよりも、人の役に立つよりも、何よりも大事な仕事。
それは生きることである。
生きること自体に意味があると思う。
生きていて、成功する人もいれば、失敗する人もいる。
夢が叶う人もいれば、一生叶わない人もいる。
不治の病になる人もいるだろう。

どんな理由があるにせよ、
とにかく死ぬ時が来るまで、ただ生きねばならない。
生まれてきた限り、それを忘れてはいけない。

c0145449_16485548.jpg

Commented by みっふぃ at 2008-06-20 15:28 x
ネットカフェの個室に癒しに覗いたら、ヨモギちゃん・マロンちゃんだけでなく、こちらのメッセージで本当に嬉しくてウルウルしかけました(^^;)

私が、最近だから、対象により危機管理の扱いわけをしながら、
相談に臨機応変に対応することの大切さを話してみたんですが。
私は最小限の情報を提供し業務を遂行しただけだったのに。
なんだか、それができるのは「みっふぃ」だけだと多数の人に
非難されたり、不適切な「管理と監視」されたり。

私はどうやらアメリカ大恐慌時代に実在した、一時的に名馬になり得た、
「シービスケット」という女性?の馬と似た状況になってきました。(汗))
映画と同じ運命?を避けられる、まぁ、幸い、人間「みっふぃ」としての
才能と人柄を正当に認めてくれる、そんな場所や空間、
職域と職場環境を、元気になれば探せるようですから。
不定期にたまに覗きに来ますね。いつもありがとうございます(^^)/
Commented by yurikak5 at 2008-06-20 21:11
みっふぃ様
ブログ見に来ていただき、ありがとうございます。
そうそう、自分が生き生きと働ける場は、他にも色々あると思いますよ。
まずは元気を取り戻すことです。
Commented by billyamagami at 2016-11-17 21:42 x
「生きること自体に意味があると思う」
本当にそのとおりだと思います。
ところでこのコメントは読んでもらえるのかしら。
独り言でもいいのだけれど。
独り言ついでに、ミニコンサート、してほしい。
Commented by yurikak5 at 2016-11-18 22:58
billyamagami様
ちゃんと読んでますよ^^最新コメントは一番上に出ますので。
ミニコンサートって、5曲くらいでいいんでしょうか?
当院待合で、音響設備一切なし、土曜の午後あたりなら出来そうですけど。
練習はあまりできませんが(笑)
Commented by Billyamagami at 2016-11-19 16:49 x
ヤッホー!
ぜひぜひ、ご検討ください!
楽しみー!(≧▽≦)
by yurikak5 | 2008-06-04 16:56 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(5)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika