今年最後のご挨拶

今年もあとわずかとなりました。

お仕事はあと二日残っていますが、ブログの更新は今年最後となります。
この一年を振り返って思うことを少し書いてみようと思います。

今年も鍼灸師として、時には歌うたい?(笑)として、仕事中心の日々を過ごしてきました。
私の目から見るとドラマになるような出来事が日々起こっているのですが、
私たち鍼灸師には守秘義務があるので、ここで患者さんとの間にまつわる様々な出来事を
具体的に詳しく綴ることはできません。

しかしながら、体を通じて患者さん一人一人の人生と触れ合い、
向き合い、愛おしく見つめながら、
涙が溢れるほどの感動や、心の底から湧き出る喜びを感じたりする瞬間が、
幾度もあったということをお伝えしておきたいと思います。

病める人と真摯に対峙することは、決して容易いことではありません。
感動や喜びの裏には、それを乗り越えるための苦難や悲しみもあるでしょう。
山あり谷あり、体の弱かった自分が二十五年も同じ仕事を続けてこれたことは
奇跡のような気もしますが、来年五十路を迎える今、自分自身の生き方に充足を覚えます。

今年も信じられないような不思議なご縁をいくつもいただき、
あらためてこの仕事の妙を感じております。
病と健康は裏表、陰陽関係にあり、健康だからこそ病むことを知り、
病めばこそ健康を取り戻す第一歩を踏み出せるといえます。
病むことは決して無駄な事ではありません。

来年も引き続き病める人々のために、
自分自身も体に気を付けながら頑張りたいと思います。
今年一年間ありがとうございました。
ブログを読んで下さっている方々にも御礼申し上げます。
どうぞ良いお年をお迎えください。

c0145449_23360731.jpg
サンタも一年間おつかれさま110.png



by yurikak5 | 2017-12-27 23:43 | 雑記 | Comments(0)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika