うさぎのアトピー?

最近、シオン君(ミニレッキス♂3才)の背中の湿疹がかなり痒そうで、
毛が抜けるのは大分おさまったのですが、
ブラッシングしたらフケのようなものがたくさん出てきます。
まるでアトピー性皮膚炎のよう。。。

c0145449_21250946.jpg
いくらブラッシングしても止まらないフケ(*_*)
特に上背部と左腰あたり。


背中を触ると、背骨に沿ってすごい熱感です。
クーラーは入れてますが、心臓の鼓動もいつもの倍くらい、みるからにしんどそう。
動く元気もなくなり、食欲も落ちてきたので、これは本気で治してあげないといけません。
なかなか紺屋の白袴で身内はほったらかしにしがちですが、
さぁ、シオン君、楽にしてあげるからね^^

まずは食事面ですが、最近ポポちゃんの残した鳥の餌をもったいないので置いてたら、
シオン君が大の好物で勝手に食べてしまうのを放置していました。
しかし草食動物にとって穀物は肉に匹敵する熱量。
夏の間は全面的に禁止しておやつは果物にします。
レタスや紫蘇やセロリなど肝の熱をとって理気できるもの、
またスイカなどで全体の熱をとるものを中心に。

凍らせたペットボトルは1日2回交換し、アイスノンを背中に乗せてみました。
ペットボトルは適当に置いとくと、横に寄り添ったり、頭を突っ込んだり、
自分でいいようにしています。

c0145449_21402852.jpg
アイスノンを布でくるんだもの。
気持ち良いようで、5分くらいじーっとしてました。
動物は必要なくなったら自分でどけます。


これでもまだ背中の熱感がとれなかったので、水の霧吹きを背中にかけて熱を放散。
私はウサギはあまりお風呂には入れたくないので、部分的に濡らしてみました。

c0145449_21432400.jpg

これは非常に効果ありました。すぐに水が乾いてしまうので、何度かかけてみました。
若いウサギの♂は、非常に熱が強いので、夏場はまず冷やすという事が大事です。
でないと、陽気が爆発して、狭いケージで暴れて骨折し、死に至る場合すらあります。
マロンの時もよく耳や耳の付け根を濡らしてあげていました。

しばらく続けた結果、食欲も増し、また遊んで~と催促してくれるように162.png
良かった、良かった102.pngちゃんと手当したら治るのも早いのは子供と同じ。
時々鍼もしていますが、早めに手当てすれば手近にあるものを使って
動物のちょっとした病気はかなり改善できます。
うさぎは繊細なので、薬は使いたくありませんから。

暑くて喜んでいるのはカメさんくらいですね(笑)

c0145449_21484698.jpg
炎天下で日向ぼっこ中「ぬくおまんな~」


トマトがたくさん収穫できるようになってきました169.png179.png
キュウリは残念ながら息絶えてしまいましたが(^_^;)

c0145449_21502196.jpg

完熟の採れたてトマトはとても美味しく、あっという間になくなってしまいます。
来年は2株植えようかな~178.png



Commented by nmsan2008 at 2017-07-07 20:55 x
元気になってよかったですね^^
前にもコメント欄に書きましたが、以前テレビで動物の専門家が
「ウサギは、ものすごく寒さに強い。」と言ってたのを思い出します。
寒さに強い分、暑さは苦手なんでしょうね。
それにしても、今年も、群馬の夏は暑くなるのかなぁ?(笑)
Commented by yurikak5 at 2017-07-09 00:02
nmsan2008様
ありがとうございます^^
まだ完治とまではいきませんが、大分良くなりました。
雪山で跳ねるのがウサギですからね~。暑い季節は可哀そうです。
群馬はおそらく暑くなりそうですね(^_^;)頑張ってください。
Commented by kirankirasora at 2017-07-22 01:42
こんばんは☆
おひさしぶりです( ´ー`)
シオン君元気になって良かったです。
穀物が肉に匹敵するほどとは知りませんでした!
エン麦もおやつで与えない方が良いのかしら(;´A`)
熱の取り方などとっても勉強になります。
うちのウサギのフゥちゃんもお部屋のお散歩を終えたあとなど呼吸が少しはやくなって耳もとても熱くなっていたりします。
トマト美味しそうです!!
こんなに美味しそうだと何もつけないでそのまま食べたくなりますね♪

ところで、カタツムリさんファミリーに新しい仲間が(o・ω・o)!
クロちゃん、本当に黒くてビックリ!
はじめて見た種類です。
カタツムリさんにも気が合う合わないあるのですね( *´艸`)
土にもぐってお休みするのですか!
なんだか勝手なイメージでは葉っぱの裏で隠れているものとばかり思っていました。
このままいくと、いつの間にか卵を産んで赤ちゃんカタツムリさんに会えたりして(人´ з`*)♪

かじりま専科へのアドバイスありがとうございますm(__)m
甘い物は病気をしやすくなるのですね!
毎日ではなく時々・・・でも与えない方が良いのですよね(´;ω;`)?
(↑あきらめの悪い。)
我が家のインコ3兄弟の事を思っての助言本当にありがとうございました☆
Commented by yurikak5 at 2017-07-24 08:37
kirankirasora様
いつもコメントありがとうございます^^
穀物、種もですが(シオン君はスイカの種まで食べてしまいます(笑))、
芽が出る食べ物は陽が強く体をあたためる作用が強いと言われています。
玄米もアトピーの人が食べると悪化することもあるんですよ。
エン麦も少しにした方がいいと思います。
サツマイモも昔飼っていた子が好きでしたが、栄養価高く要注意です。
でももっと怖いのは、かじりま専科だけでなく砂糖が入ったおやつです。
精製された物質は自然界には存在しませんからね。
人間以上に敏感な動物は後々ダメージ出やすいです。
色々な病気が治りにくい素地ができてしまいます。

ウサギが熱くなっている時に、水の霧吹きは本当に良く効きますよ。やってみてください。

トマト、完熟まで待って収穫するので、お店では売ってない美味でした(^.^)

カタツムリ、最近三匹だいぶ仲良くなってきました。
赤ちゃんはこれまで生まれてもなかなか育たないことが多かったですが、
楽しみでもありますね。
by yurikak5 | 2017-07-05 22:12 | ウサギの健康管理 | Comments(4)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika