運動と健康

健康を維持するために不可欠なのが適度な運動です。
やりすぎてもやらなさすぎてもダメで、自分の体力より少しきついな、
という程度で続けると、段々と鍛えられ疲れやすい虚弱体質も丈夫になってきます。

患者さんに「運動してね」というと、
「どんな運動がいいですか?」とよく聞かれます。

はっきり言えば、何だっていいのです。
歩いたって、水泳したって、ダンスをしたって、
武道でもマラソンでも野球でもサッカーでも。

一番大事なのは、それをする事で自分の心と体がスッキリして、
楽しくなるというのが大事。
そして、週1回でも月2回でも、回数は少なくても生涯継続できるような
ものでなければなりません。
一人一人趣味も体力も違います。自分で見つけるしかありません。

c0145449_21135017.jpg


私の例をいいますと、体を動かすことは嫌いではありませんでしたが、
どちらかといえば音楽や読書などを好む性格でしたので、
そちらに偏りがちでした。体育も並み程度の成績でした。

中学でテニス部に1年入ったものの、一度だけ試合に出ましたが、
勝ち負けを競う事が苦手だった事などから退部、フォークソング部に移籍。
高校もフォークソング部を続けました。

しかし、受験期から体調不良が続き、鍼灸の先生から運動をしなさいと
耳にタコが出来るくらい言われ、30才から少しずつ始めました。

最初は30~40分のウォーキングを週2回を1年間。
とりあえず、3ヶ月を目標に頑張りましたが、段々と体が軽くなる事に気付きました。

2年目はジムに通い、自転車こぎやスタジオでの簡単エアロや踏み台昇降など
約1時間を週1~2回。

3年目から、憧れだったクラシックバレエの世界へ。
これがかなりきつくて泣きそうになりながら行っていましたが、
段々と筋力と柔軟性が出来てきて、月に2.3回程度ですが10年ほど続いたのです。
音楽に合わせて体を動かす事が、私には合っていたのでしょう。

ただ、バレエは70.80才まで続ける自信がなかったのと、団体ですることが苦手なため、
また多忙で全体練習に参加できないため、発表会などには出れませんでした。
そこで悩みながら、並行してヨガや乗馬などをかじり出したのが3年ほど前からです。

現在は体調に合わせてジムでヨガ、ストレッチ、バレエ、ウォーキングなどを1時間半ほど、
晴れた日には乗馬をする事で、体調管理が出来ています。
これからの年代は骨などが弱らないようにしていかねばならないので、
太陽の下での運動は大切だなと思っています。

結局、鍼灸の仕事と似て、一人で追求していく運動が向いている事が分かってきました。
どんなことも最後は自分探しなのかもしれませんね。

c0145449_21143767.jpg







Commented by 44tail at 2014-06-26 23:07 x
今年は2月に体重が2~3kgくらい落とせてから、
自分にできる、ごく簡単な運動を続けてキープできています。
そのきっかけは、関東で大きな被害が出た2回の大雪。
雪かきがあんなに大変な作業だとは思いませんでしたが、
おかげさまで、ウエストをぐっとしぼれました(苦笑)
必要にさまられないと何もしない怠惰な自分ですが、
せっかくチャンスをもらったので、維持したいと、
ささやかな努力、わずかな抵抗をしています。
体重が減ると、体への負担が減って、
すべてに好影響があるように感じます。
Commented by yurikak5 at 2014-06-27 22:00
44tail様
頑張っておられますね^^
雪かきは寒い中、本当に大変だと思います。
体重も大事ですが、食べ物を減らすだけだと筋力が低下してしまうので、
運動も並行して行うことが大事なんですが、
最初はどんなきっかけでもいいんです。
人間って些細なことから始まったりしますからね。
その調子で、健康維持、増進できますように(^-^)/
by yurikak5 | 2014-06-25 21:21 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(2)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika