紙の上の文字

c0145449_23544199.jpg

年末の大掃除中見つけた、一枚の新聞の切り抜き。
昨年の谷川俊太郎さんの詩の連載。

しばらくたって読み返すとまたいいもので。

スマホやネットは情報を調べるのには便利だけど、
ネットでは味わえない紙の上の文字に、
最近戻りつつあります。

紙の上の文字はその時、その世界に自分を連れてってくれて、
心に深い感動を与えてくれる。
そして心の中にいつまでも残像が残り続ける。

良い本は何故か絶版になってしまうけれど、
それがまた宝物と化し、大切に保管する。

本棚と共にある、私の人生。


Commented by まさみ at 2013-12-12 09:19 x
紙媒体は不思議ですよね。
私もネットでネタ拾いをするより新聞や雑誌など、紙媒体からヒントをいただくことが多いです。
情報量はネットの方が多いのに……。
あと、本は断然、紙派!です。
本の厚みを感じながらめくる、装丁を楽しむなどなど
紙の本でしか楽しめない味がありますよね。
自室は未読、既読の本で溢れ返っていて、それはそれで問題ですけれども(^^;)
Commented by yurikak5 at 2013-12-12 22:06
まさみ様
情報量が多すぎても頭に入らないのでしょうね。
会話でも多ければ心に残るというものでもないし。
珠玉の一行とか、行間から滲み出る間とか、
ちょっと日本画みたいですね。
最近オンデマンド出版というのがあるんですって。
これだと少数ロットで必要な分だけ刷れるので、
在庫持たずに出来るそうですよ。
私も正月休みに本棚整理しなくちゃ(笑)
Commented by 44tail at 2013-12-13 00:04 x
ヨモギちゃんが、その新聞の切り抜きを見つけて、
モグモグと食べちゃったりして。
うーん、さすがは谷川さんの詩だけあって、
こりゃあー、味わい深いわー、なんて言いながら(笑)
Commented by nmsan2008 at 2013-12-13 20:01 x
紙の上の文字...
古くなって色が変わってしまっても、それが時代を
思い起こさせてくれますね。
写真も同じ。
パソコンに取り込んで記録メディアんに保存...
劣化もせずに、いつまでも残るといわれても...
再生できる機器がなくなれば、それで終わり。
アルバムに入れた1枚の写真は、色も変わり
古くなっても、時代とともに生きていきます。
Commented by yurikak5 at 2013-12-13 22:44
44tail様
それはよくあります。なのでホントに大事なものは引き出しにしまってます。
最近はポポちゃんに派手にかじられます。
焦りますね(笑)
Commented by yurikak5 at 2013-12-13 22:47
nmsan2008様
何だか昭和なアナログな世界が妙に懐かしい今日この頃。
年をとったのでしょうか?(笑)
便利さは何かを失っていくような気がしますね。。。
携帯もPCもない時代に、戻ってみたい気がします。
by yurikak5 | 2013-12-12 00:02 | 雑記 | Comments(6)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika