旧正月

c0145449_2126284.jpg

今日(1/23)は旧正月です。

旧暦では1月1日。新月です。

旧暦の元旦は、毎年新月にあたります。


日本ではとうの昔に忘れ去られていますが、

中国や台湾、韓国などでは、今でも旧正月が重視されています。

素晴らしいことだなと思います。


私はどんなに西洋化されても、暦と医学と食生活だけは、

その国に長い間伝承されたものを、決して変えてはいけないと考えています。

その点では、日本は非常に残念な国になってしまったのだなと悲しくなります。


東洋医学を行う上で、毎年旧暦(陰暦)カレンダーをながめ、

内経気象学などを学びつつ、治療にあたるにつれ、

自然界や私達の体が、東洋では旧暦のリズムで動いていることを実感します。

月の満ち欠けでは、満月の時は気血が充実し、出産などが増えます。

新月は気血が虚し、葬式が増えるといいます。

自然は常に循環し、満ちては引き、引いては満ちを繰り返します。


旧正月が毎年新月にあたるいうことは、

本当のお正月というのは、賑々しいものではなく、

実は厳かであり、無から始まる、

真っさらな状態を示しているのではないでしょうか。


一年が終わり、また一から、今年はどんな風に生きていこうかと

静かに思いを巡らせる、そんな初めの第一歩が、元旦。


さあ、また一からはじめましょう。
Commented by 44しっぽ at 2012-01-23 23:35 x
以前もお話しましたが、占い好きで、もっぱら占星術派?でしたが、
最近はまった宿曜占星術は月の運行が元になっているので新境地でした。
韓国の文化にも深く触れる機会が多い人生を送ってきたので、
旧正月をお祝いする気持ちも理解できる方です。
今日で、本当の意味での新年を迎えたことになるのでしょうね。
Commented by yurikak5 at 2012-01-24 22:03
44しっぽ様
占いも東洋の方が深いような気がします。
生年月日などは敵に教えないといいますしね。
肝心な部分は西洋かぶれしてはいけないなと
つくづく思います。
by yurikak5 | 2012-01-23 21:27 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(2)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika