ブータンってどんな国?

c0145449_15313063.jpg

ブータンって、国民の幸福度を指標にして国家作りをしていると聞いたけど、
一体どんな国なんだろう。。。とちょっと調べてみました。(主にウィキベディア情報ですが)

・インドと中国に挟まれている。

・人口約70万人

・世界で唯一チベット仏教(ドゥク・カギュ派)を国教とする国家である

・前国王が提唱した国民総生産にかわる国民総幸福量 (GNH) という概念

・主力産業は農業(GDPの35%)と、ヒマラヤ斜面を生かした水力発電をインドに売却

・2004年から世界初の禁煙国家、煙草の販売禁止

・気候・植生が日本とよく似ている上に、仏教文化の背景も持ち合わせており、
 日本人の郷愁を誘う場合も多い


歴史的には17~18世紀にかけてチベット・ダライラマ政権から
何度も攻撃を受けたり、1864年にはイギリスと戦争しています。
1949年にはインド・ブータン条約調印、電力をインドに売却しているなどみると、
インドとは友好関係ということでしょうか。

ブータンも1999年にインターネットが入ってから、外の世界を知る若者が増え、
人々の物質的な憧れが強くなってきているらしいです。

生きるにおいて、精神性を重んじるか、物質面での欲望を優先するか、
そのバランスは難しいですね。

人間はそこまで強いものではなく、衣食住足りてこその精神性だとは思いますが、
精神面が充足していれば、異常な欲望は自然となくなります。
本末転倒しないように、生きていきたいものだなと常々考えます。

ブータン国王が国会で演説 全文
Commented by nmsan2008 at 2011-11-20 20:34 x
みゆきさんの中学の卒業記念の本か何かに、「この世の中で
最も美しいのは人の心で、もっとも醜いのも人の心です。」
みたいなことが書いてありましたね。
人の心は、良いことも悪いことも作りだしますね。
他人を助けることもできるし、意見が違うからといって殺したりも
します。
どんなに物質的に豊かになっても、心の豊かさは必要ですね。
Commented by yurikak5 at 2011-11-21 21:44
nmsan2008様
みゆきさんは学生時代からそういったことが分かっておられたんですね。
今回のブータン国王の来日も、ある日本人が農場の機械化を教え、
そのおかげで自給自足ができるようになったことから、
日本への親愛の情、感謝の気持ちが強いとのことです。
人と人、国と国も純粋な心で支えあえることに幸せを感じました。
by yurikak5 | 2011-11-19 15:34 | 雑記 | Comments(2)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika