最近気になること。考えること。

1.ノロウィルスが流行るらしい

・・・・確かに最近下痢気味の人が多い。
朝晩と日中の気温差が激しくて、体調管理が難しいのだろう。
西洋医学では殺菌殺菌ばかり神経質に言ってるけど、
恐怖心がすぎると返って免疫力を低下させるので、淡々と受け止める方が良い。
心配するよりも、まずは充分な睡眠、気温に合った衣服、飲食節制など、
免疫力を高めるよう自己管理に勤めよう。
疲労や風邪引きも感染しやすい状況をつくる。
薬に頼らず、なるべく自分の力で治して、免疫を高める。
ちょっとした下痢は梅肉エキス、梅干などで回復させる。
多少のウィルスが飛んでいても、感染しない体を作ることが大事。

2.高齢出産の増加(特に40代)、リスク急増で産婦人科が受け入れ限界 

・・・・最近うちの鍼灸院でも、確かに高齢の体外受精患者が増えている。
やたら人口受精を繰り返して、体力を低下させるのだったら、
受精卵まで人為的に作り上げる、体外受精をすぐ行う方が確率が高いのも事実。
いくつになっても自分の子を抱きたい。その気持ちは私だって女として分かる。
でも。。。これだけは知っていて欲しい。

東洋医学の経典、黄帝内経「素問」上古天真論にはこう書いてある。
女性の一生は七の倍数で変化の部分
「・・・・28歳になりますと、筋骨がともに引き締まってきて、髪の毛も豊かになり、
身体が女性として最も充実した状態になります。
35歳になりますと、陽明の経脈がだんだん衰え始めて参りますから、
顔に皺ができ始め、髪の毛の抜けるのが少しずつ目立つようになってきます。
42歳になりますと、太陽、陽明、少陽の三陽経脈がともどもに衰えて、
充分に顔面を栄養することが出来なくなりますので、
顔には皺が増え、頭には白髪がちらほらと見えて参ります。・・・・」

この太陽、陽明、少陽の三陽経脈がともどもに衰えるとは、大変な状態なのだ。
経脈は三陰と三陽、それぞれ×2で計十二脈。その半分が衰えるのだから、
西洋医学的にはホルモンも、血も、妊娠に必要な半分しかないと考えても良い。
当然、胎児を育てるパワーも、産むパワーも半分。運動などで鍛えており、
人一倍頑健な人ならまだしも、そうでない人にはリスクがあるのも無理はない。

自らすら支えるのが難しくなってきている年代に産もうというのだから、
もし本当に子を望むならば、自分の体力を良く知る事と、東洋医学の力も借りて、
自分ができる最大限の健康増進の努力を、母になりたい人はするべきだと思う。
しかし、それであっても上手くいかないこともある。
自然の摂理だ。致し方ない。身寄りのない子ども達に、愛を注いであげて欲しい。

これまでたくさんの不妊治療をしてきたが、
高齢の体外受精であっても、鍼灸と併用の患者は、確かに順調にいくことが多い。
これまで私が見てきた患者で、救急で運ばれた人は皆無だ。
前置胎盤や妊娠中毒症などもない。
高齢は帝王切開が多いが、自然分娩であっても出産時の事故もほとんどない。
ほとんど妊娠前から出産直前まで治療しているので、それがまた効を奏している。
産婦人科ばかりに、設備や人材を徹底せよなど、気の毒な話だと思う。
産むほうも自然の摂理をある程度知らねば。医者まかせではいけない。

2.sengoku38さんの行方

・・・・今週の週間新潮に顔写真が載っていた。載せていいのだろうか?
人相的には、やはり衝動的に物事をやってしまいそうなタイプだが、
真面目な人柄が伺える。何とか、罪は免れそうで良かった。
今回のことが、日本を変える起爆剤の一端になって欲しい。

c0145449_0173439.jpg

とまあ、ニュースを見ながら日々いろいろと考えております。


引用 「素問」小曽戸丈夫 たにぐち書店
Commented by ペネロペ at 2010-11-20 08:33 x
yurikak5 さま こんばんは
あぁヨモギちゃん、かわいぃ~♪
そう言えば..日本ではここ数年?至る所に消毒アルコールが設置されてるのですよね?これはインフル対策?yurikak5 さまのアドバイスをもとに私も病気に負けない抵抗力作りを心掛けよう!
※ココは薬大国なんです(T。T)
Commented by nmsan2008 at 2010-11-20 21:22 x
ノロウィルスって、名前からして怖いですね。
そのうち人間は野菜工場みたいに、細胞培養工場から
生産されるようになったりして。

sengoku38 さんは、逮捕されなくて良かったですね。
本当に悪いのは中国人船長や菅内閣の対応なのに。
たぶん、菅内閣は国家の主権を理解してないんだと思います。
Commented by yurikak5 at 2010-11-20 22:53
ペネロペ様
かわいいですか?名前はyurikaでいいですよ。
初期の頃の人は、ヨモギと呼んで下さってますが、
yuutube初めてからややこしくなって、本名にしました。
ヨーロッパでは代替医療と言って、西洋医学以外の医療も
人気があるようです。
そちらでは鍼灸は医師しかできないと聞いたことがあります。
自然治癒力を生かしたいですね。

Commented by yurikak5 at 2010-11-20 22:57
nmsan2008様
ほんとに、これ以上ひ弱な人間ばかりが
増えないことを祈ります。
これでは中国に簡単に負けてしまいますからね(^^;)
日本の未来を憂えてしまいますよ。
Commented by 44しっぽ at 2010-11-21 00:19 x
風邪をひいてもこじらすことは少なく、風邪なんかで仕事は休めないので、ここ3年くらいは、そんな感じでしたが、先週は久しぶりに風邪で医者に行きました。
どうしても倒れるわけにいかなかったので。

結局、処方された薬(当然ながら西洋医学の)を飲んで、
症状を抑えて、仕事は休まず乗り切りましたが、
やっぱり自然治癒力を活かせない状態は、はがゆいものです。

仕事の疲れやストレスが大きいものの、もう少し、
免疫力を高めて、ウイルスにたいする抵抗力をつけたいですね。
Commented by yurikak5 at 2010-11-21 18:10
44しっぽ様
大丈夫ですか?お仕事正念場なんですね。
男性はどうしても養生できなくて、無理するから、
休みの日にはゆっくりして下さいね。

あとコタツでゴロゴロばかりでなく、運動も必要ですよ。
マロンも最近走らせるようにしています。
Commented by sophyhenry at 2010-11-21 18:28
「感染しない身体をつくる、医者まかせにしない」
なるほどと思います、職場柄!? インフルエンザワクチンを打たないって
言うと「え〜大丈夫〜」と反応されていますが、一度ワクチン打ってエラい目に合ってから打ちません。
注射打たな、打たなとかなり高齢の入院している患者さんが接種して亡くなったと聞くと悲しいですね、自分で判断できないのは仕方ないとしても周りの家族ちゃんと判断してあげて〜と思います。
Commented by yurikak5 at 2010-11-21 23:02
sophyhenry様
あら、強制的にされるのではないのですね。医療系は多いよ。
今年のはきついのか、発熱や咽痛を起こしている人多いですね。
どうしてもしたい人には、その後に鍼に来てもらい、
熱をもらして副作用軽減しています。
私も受けたことは一度もありません。

体質もあるので一概には言えませんが、
もしかかっても鍼で治した方が軽くすみ、
本当の免疫がつくように思います。
Commented by sophyhenry at 2010-11-23 09:41
一応任意なんですよ〜
万が一、インフルエンザにかかった時はよろしくお願いしま〜す♪
Commented by yurikak5 at 2010-11-23 22:26
sophyhenry様
そうなんですねー。お互いかからないよう気をつけようね♪
by yurikak5 | 2010-11-19 23:43 | 雑記 | Comments(10)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika