日本から中国への援助

ちょっと政治のお勉強です。(政治に詳しいいとこからの情報)

日本は中国に多額の援助を送っていてるらしい。
額にして、年間2億ドル(約1080億円)。
なんなんでしょうね、これは。

で、米国の外交政策雑誌「フォーリン・ポリシー」ネット版の報道の見出しに、
"中国に貢ぎ続ける日本 "とか書かれていたらしい。

 ↑ワシントン駐在編集特別委員・古森義久さんのブログ記事より抜粋クリック

外国からみたら、この奇怪な関係、理解不能みたいです。

で、この方結論が、
「日本はもう中国への援助は一切、やめるべきである。
中国自身が多数の諸国に援助を与えている一事をみても、結論は明白だろう。」


どう考えても、よそにお金あげられるくらいのお家に、
援助するのは変ですよね。
自分ちの家計が逼迫しているというのに。。。
おまけに嫌がらせばかりされて。

私もやめた方がいいと思います。
Commented by nmsan2008 at 2010-10-14 19:30 x
私も同感です。今回の漁船衝突事件でも、報復として
何の関係もない民間人を外交的人質にしましたね。

ヒトラーのドイツも軍国主義の日本も間違った行いを
しました。それらのため、多くの罪もない人々が命を
落としました。独裁とはそういうものです。

現中国政府も多くの民族を虐待し、多くの罪もない人々
を虐殺しました。その独裁の下には、何も言うことの
できなくなった多くの罪もない魂が眠っています。

しかし過去の歴史が示すように、永遠に続く独裁主義
体制はありません。中国の独裁体制も、何十年か後、
あるいは何百年か後には消滅する運命にあると思います。その非人道的な体制の真実に、一日も早く中国人
自身が気づいてほしいと思います。そうすれば、本当
の意味の日中友好が築かれると思います。
Commented by 44しっぽ at 2010-10-15 00:19 x
(僕は政治的には詳しくないですが感情論としての推察ですが)
日本政府は、アジア諸国に対して、戦争で侵略したことに後ろめたさがあるんだと思う。
それに対して、明確な謝罪は表明せずに、大国からアジアを守ったてきな大義名分をかざして、自己正当化している。
でも、こういう援助金は、そのうしろめたさからの、慰謝料のような側面があるような気がしてならない。

一度認めると、あちこちから、多額の賠償金が請求されるのが怖いのかもしれない。
でも、侵略された側の国民感情は、多額の経済援助などでは、永遠に消えない。

反省するべきところは反省して、謝罪して、賠償するならして、その後は、区切りをつけて、建設的な関係を築くべきではないかと思います。
Commented by yurikak5 at 2010-10-15 22:35
nmsan2008様
ご意見ありがとうございます。
nmsanさんは歴史にお詳しい方のようですね。
現在の中国は、日本を利用してやるだけ利用してやろうという
そんな風にしかみえませんね。
東洋哲学の国なのに、やっていることは正反対。
これは本当に情けないことです。
本当の友好を結ぶためにも、中国が非人道的な体制の
真実に気づいて欲しいものですが、
おそらくこちらがNOと言わない限り、永遠に続くのでしょう。
Commented by yurikak5 at 2010-10-15 22:39
44しっぽ様
歴史上では日本国が悪いことしたみたいなことを書いてますが、
実際は教育やマスメディアの捏造などもありうるので、
何が本当で何が間違いなのか、
どちらが良くてどちらが悪者なのか、
それも正確にはわからないですよね。

それにしてもいつまでも優しくしつづけることが、
良い方向には向かわないと思います。
by yurikak5 | 2010-10-14 01:29 | 雑記 | Comments(4)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika