デイ・アフター・トゥモロー

「デイ・アフター・トゥモロー」
テレビで初めて見ました。

温暖化をテーマにした、まさにタイムリーなお話。
民放テレビ局も(たまには)気のきいたことしますね。

これだけの猛暑。
私の周囲だけでも、お年寄りが亡くなったり、
暑さで注意力散漫になり、階段から落ちて骨折したり、
ゴルフ場で脳梗塞で倒れたり、色々な話を聞きます。

本当に、この映画のように、何よりも重要なのは
環境問題だと思うのですが。。。
またこの映画のように、偉い人ほど聞く耳を持たない。
とことん痛い目にあって、ようやく気づくという結末。

無駄なところに税金ばかり使わず、
この猛暑の熱を利用して、太陽光発電(日本の技術は非常に素晴らしいと聞きます)
にでも投資したらいいのにと思うのは、私だけでしょうか。

自然の神様を怒らせたら、私達は生きていけないというのに。。。

c0145449_1345079.jpg

Commented by sophyhenry at 2010-09-12 07:21
〜自然の神様を怒らせたら〜
本当ですね、このまま行くと人類破滅の方向にむかっている気がします

ニュースを見ても悲惨な事件も多いし、自然もおかしい、人間もおかしい??

Commented by yurikak5 at 2010-09-12 19:31
sophyhenry様
天に向かって唾を吐く・・・という感じですよね。
もう、どうしようもないのかな。。。とも思ってしまいますが、
こういった映画を作ってくれる人もいるのだから、
諦めず、少しでも自分に出来ることをしていきたいです^^
Commented by nmsan2008 at 2010-09-12 20:06 x
自然てホントに不思議ですね。
科学は自然を記述してきたけど、結局、最先端の科学は
神学や哲学と重なってしまいます。
「わからない」ことが、この世界の原点かもしれません。

滅びることは善いことなのか悪いことなのか。
私たちの存在自体が過去の滅びの証かもしれません。
私たちが滅びれば、新しい何かが生まれる。
考えようによっては、それも悪くはないのかも。
Commented by yurikak5 at 2010-09-13 21:36
nmsan2008様
深いお話ですね。
ある科学者が、葉っぱの光合成のシステムは完璧で、
それを人間が効率的に作り出すことができないと知り、
科学の限界を感じ、植物学者に転向したという話を
最近知りました。本当に自然はすごいです。

確かに人間がいなくなることが、一番の自然を守る方法かも
しれません。少し悲しいですけど。。。
Commented by おかもっちゃん at 2010-09-14 00:11 x
朝晩は少ししのぎやすくなったねー。
でもまだ暑い。。。
渓谷の写真には癒されました。

こっちはまだ落ち着きません。
義父は肝臓がんの部分切除をした術後の経過が良くない。
胆管が閉塞してしまって黄疸がひどく入院が長期化しそうやし、義母は肝硬変で下肢の浮腫がすごくてねぇ。。。
あっちこっちと走り回ってます。
本当に近くにいたら施術してもらいに行くのに。

一つ教えてくださいまし、肝硬変とかって東洋医学的にいえば熱をもってるの?
私は正反対の西洋医学を学んだものでわからないのよー。
冷える食べ物は食べようとしないし。。。
どうしてあげると楽になるのかなぁ。。。

私は暑さのためにスイカをよく食べてしまいます。
いつもはそうでもないのにね。

西洋医学での限界を感じている今日この頃。
色々相談にのってください。
まだ義父母には生きてて欲しいんよ。

よろしくお願いします。
Commented by yurikak5 at 2010-09-14 12:24
おかもっちゃん

二人とも具合悪いのは辛いね。。。
夫婦ってつながってるから、義父さんの悪いのが
義母さんの精神状態にも影響し、悪循環だよね。

うちも闘病中、胆管ステントやったよ。
チューブで一週間で詰まって、すぐ金属製に変えたわ。
でも発熱して黄疸あるのに、ベッド一杯で、
入院まで10日くらい待たされたよ。恐ろしいでしょ。

東洋医学は肝硬変(病名)でどうって言えないのよ。
重症は寒熱が混在していることも多いからね。
以前、漢方に詳しくない医者が、
肝臓病に小柴胡湯服用させて死亡なんて話があったけど、
肝臓病でも時期によって証が変わるからね。
小柴胡の時期が過ぎた、重症患者に出したら、
そういうこともあるわな。

プライベートな問題は、ここでは詳しく話にくいので、
鍼灸院あてに一度メール下さい。
少しでもお役にたてたら^^
by yurikak5 | 2010-09-12 01:41 | 雑記 | Comments(6)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika