ゲゲゲ

最近「ゲゲゲの女房」を録画して見てる。

先日BSで偶然、水木さんご自身のドキュメンタリー「ゲゲゲの幸福論」を見て、

その人間性にすっかりはまってしまった。

水木さんは戦時中、戦地で死にかけた時"ヌリカベ"に会ったことあるんだって!!

"小豆洗い"って何???

子供の頃は気味悪くて、縁遠かった世界なのに。

あぁ、次は妖怪の本に手を出してしまいそう。。。

c0145449_234141.jpg

Commented by nmsan2008 at 2010-09-05 13:12 x
最近忘れてたけど、子供の頃はSF小説とか怪奇小説
をよく読んでました。
小泉八雲、エドガー・アラン・ポーや怪奇小説傑作選など。
ポーの「アッシャー家の崩壊」やディケンズの「信号手」など
今でも不気味さが記憶に残っています。
ポーの「黒猫」も怖い話でした。
作者もタイトルも忘れてしまったけど、馬で西部を旅する
数人のグループが、夜たき火を囲んでいるとき人数を数えると
なぜか一人多いという話などもあったような気が...。
子供ながらに、ドキドキしながら読んでました。
Commented by yurikak5 at 2010-09-05 22:25
nmsan2008様
私も結構好きでした。
小学生の時、エドガー・アラン・ポーから名前をつけられた
江戸川乱歩が大好きでした。
オカルト映画、怖がりながらオーメンとかも結構見てたなぁ。

ポーの「黒猫」、おもしろそうですね。
今度読んでみようかな。
Commented at 2010-09-06 08:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yurikak5 at 2010-09-06 21:20
鍵コメ様
そういえば、以前話題に上ってたね。
しかし三回とは。。。
by yurikak5 | 2010-09-04 23:06 | 雑記 | Comments(4)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika