春のきざし

先週の立春の日、三年ぶりに喘息発作が出た。

もともと風邪をひきやすい体質だったが、
初めて喘息になったのは、三年前。
半年ほど治療期間を必要としたが、ステロイドなど一切使わず、
鍼と漢方薬で完治した。
一生ステロイドを使い続けねばならない西洋医学と違い、
東洋医学では体質を改善し、根本治癒するため、
うまく治せばよほどの疲れや不摂生がないかぎり、
その後の発作が出ることは少ない。

私もそれから一度も発作は出ていなかったのだが、
このところの激しい気温の動きと、過労と心労、
食生活の乱れとズルズルと長引いた風邪が原因で再発したのだ。
でも三年前よりはずっと軽い。
東洋医学を知っていると、病になってもその原因がわかるから、
さほどあわてなくて良いのが助かる。

今回も夜間は自分で、その後すぐに師匠に二度ほど治療してもらい、大方は治癒。
春先に出るというのは、やはり肝木の気が盛んになったためである。
喘息は「実喘」「虚喘」と鑑別できるが、私はどちらかといえば「実喘」。
実喘は症状は一見激しいが、邪気が中心で正気はまだ充実しているので治りやすい。

気候に左右される人間の体は今、自然界の木の芽立ちと一緒で、
上へ上へ昇ろうとする。
そのため、春は上半身特に頭から上の病気、花粉症や頭痛、めまいや肩こり、
咳などの症状が出るのである。

春先の病にならないために、気をつけること。

・カフェインや刺激物は控える・・・この時期にバレンタインのチョコは最悪です

・芽の類は食べ過ぎない・・・タケノコ、タラの芽、菜の花、ブロッコリーなど芽の類は
                 上に気が昇るので、大量摂取は気をつける

・脾気(胃腸)を弱めない・・・五行の木剋土の考えにより、脾土を傷めると肝木がよけい盛んに
                 なるので、食べ過ぎやしつこいものは控える

・よく運動する・・・単純に足を動かせば気は下がります



最近、生姜生姜と異常に生姜を食べる人達が増えています。
漢方薬でもよく使用される生姜は熱性のきつい食べ物ですので、
単独での過剰摂取は様々な病のもとになりますので注意が必要です。
特にこの時期は陽明から少陽に熱がこもり、口内炎や熱性の便秘、
鼻づまりなどの花粉症症状はさらに悪化します。
日本人の悪い癖ですが、誰にでも合う食べ物はありません。
ブームに飛びつくのはやめましょう。
温めればいいってもんじゃありません。終いに体が火事を起こします。
自分で病気を発生させている人、急増です。
全く、病気が治しにくくてショウガありません(笑)

c0145449_22304456.jpg

Commented by 44しっぽ at 2010-02-14 00:26 x
今日のお話は、さらに説得力がありますね。
僕はブームには関係なく、以前からずっと生姜が大好きですが、取り過ぎるほど食べることはありません。
やっぱり、コーヒーの取り過ぎには注意が必要だと肝に命じておきますね。

ところで、3月24日、どうされるんですか?
僕は3月18日に、こちらで参加しますよ。
Commented by nmsan2008 at 2010-02-14 11:47 x
喘息というのは経験がないので苦しさがわからないのですが、
とても大変らしいですね。
yurika さんのように体調管理について、いろいろ知識が豊富であば
手当も迅速にかつ的確にできていいですね。

私はずっとお茶をまったく飲まず、コーヒーを飲んでました。
ただ、2年くらい前からコーヒーをやめてお茶にしてます。
今でも、時々はコーヒーも飲みますが。
Commented by NCshimo555 at 2010-02-14 17:08
ご無沙汰しております。11月にやっとVISAが取れて渡仏し、3か月ほど経ちました。
こちらは日中でも氷点下という気温が続いていてとっても寒いです!:-(

先日、喉の痛みからはじまった(?)風邪がなかなかすっきりと治らず、
夜中に咳き込むような日も続きました。
少しずつおさまったのですが、以前よりも身体もずっしりと重いな、と、感じて...や~っと気が付きました。
こちらに来て以降、(お腹が張るので本来は苦手なはずの)乳製品や、パン、パスタ、お肉などが中心の食事が多くなっていました。
チョコレートもたくさん食べてます...。
胃腸の調子もイマイチで、サイクルも狂っているような感じです。
寒さを理由に外を歩くことも避けがちなので、ますますいけませんね、。
ちょっと意識して身体の調子を整えようと思います。

ショウガ、やはり取りすぎはよくないのですね。
最近、ショウガのお菓子の本を購入したのですが、
日本のいろいろなサイトでショウガについて取り上げられているのを見て
「話題になってるのか...」と、思っていたところでした。
Commented by yurikak5 at 2010-02-14 20:58
44しっぽ様
もちろん、生姜でも体質に合っていればいいのですが、
基本的に薬味ですので、大量にとるのはおすすめしませんね。
どんなものでも、頭で考えて食べるのではなく、
体が欲するものを食べたいものです。

最近そちらは御無沙汰で、3月24日のことも知りませんでした。
魅力的なイベントですが、今回はちょっと無理ですね。。。
またどんなだったか教えて下さい。
Commented by yurikak5 at 2010-02-14 21:01
nmsan2008様
大変ですよ。呼吸困難で死ぬ場合もありますからね。
起座呼吸といって、上向いて眠れないんです。
お茶でも緑茶はカフェイン強いです。番茶は大丈夫ですが。
カフェインも健康な人なら一日1、2杯なら大丈夫ですよ。
Commented by yurikak5 at 2010-02-14 21:15
NCshimo555様
ごぶさたです。そちらは北海道並みに寒いのですねぇ。
残念ながらフランス料理は、日本人には合わないです。
そちらのブログを見ながら、いつも心配をしていました。
特に言いたくありませんが、バターとチーズ、肉、
粉ものが最悪です。
これらは体に湿痰と言って、
ネバーっとした痰のようなものがたまり、
様々な病気を引き起こし、いつまでもしつこく治りません。
洋食中心の人は、病気の治りが非常に悪いです。
私の今回の喘息も、そういった食べ物を食べていたからで、
今は野菜とコメの生活をしています。
運動して汗でもかいていたらまだましですが、
フランスに住んでいても体は日本人ですので、
なるべく日本食に近いものをお勧めします。

日本人は、マスコミがこれが効くといえば、
すぐに猫も杓子も飛びつきます。
売る方も商売ですから、煽りたてます。
もう少し、冷静な判断が必要ですね。

Commented by NCshimo555 at 2010-02-15 04:03
yurika先生
バランスが崩れていることに今のタイミングで気付くことができて
本当によかったと思います。ありがとうございます。
お米+野菜中心のおかずを基本とした食生活、
それに、手ぶらで散歩、etc...心がけますね。
Commented by sophyhenry at 2010-02-15 15:48
最近、肩が凝るな~って感じてたんですけど上に上に上ってるからなんですね、レッスン行ったらものすごい気持ちいいんですが♪
喘息の発作大変でしたね、私は発作がおきると思うだけで冷や汗がでてきて恐怖を感じてました。
周りには花粉症の人も多くて、気温は低いのにもう春!?なんですね。
先生、お身体気をつけてくださいね。
Commented by yurikak5 at 2010-02-15 22:56
sophyhenry様
ご心配ありがとうございます。
あれ、喘息経験者やったっけ?
呼吸器の弱い人は、運動して心肺機能高めるのが一番。
レッスン真面目に行ってて感心ですね!
私も早く行けるようになりたいわ~。
by yurikak5 | 2010-02-13 22:53 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(9)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika