寝相いろいろ

この人はいつもキチッとしてるんですけど
c0145449_19224411.jpg

この人は「・・・・死んでる??」と時々驚かされます。
だって近づいても起きないし。
c0145449_19234214.jpg

寝る以外は食べてます。
c0145449_19243158.jpg


患者さん情報では、インフルまだまだ猛威のようです。
熱が37℃以下でも陽性の人もいたとか聞きました。
体力低下して、戦う力もないのかもしれません。
発熱はウィルスと戦っている証拠。
虚証の人は熱すら出すことができないのです。

韓国では漢方薬の予防が始まったそうです。
お年寄りで肺気腫を患っていた方が、
新型ワクチンを打って二日後、死亡したとニュースで知りました。(リンク)

厚生省は因果関係はないといいますが、
あまり弱っている人は、受けると注入したウィルスに負けます。
患者さんからも予防注射はどうかとよく聞かれますが、
敏感な虚弱体質の人は、定期的に鍼で体のバランスをとる方が、
免疫力が高まり感染しにくく、副作用もないため安全です。
私自身も受けたことないですし、今後受ける気もありません。

色々考え方がありますし、皆が鍼で予防できるわけではありませんので、
受けたかったら受けたらいいよと言ってますけどね。

運動、食生活、東洋医学。
それにしても日本人はもっともっと体力つけて、
予防に力を入れないといけません。
いくらでも耐性菌ができるウィルス性の風邪は、
軽くかかって、免疫力つけるのも一案です。

来週からかなり寒いようですので、皆さまお気をつけて~。
Commented by nmsan2008 at 2009-11-14 22:35 x
ヨモギちゃんとマロン君は、本当に好対称ですね。
マロン君、ここが yurika さんの部屋でよかったね。
自然界だったら、捕食者に食べられちゃってるね。

ウィルスも生き物ですから、ワクチンに負けまいとして
変異しながら一生懸命、生きてるんでしょうか。

(プチ情報)
NHK-FM 「中島みゆき ラジオ昼間便」
  12月5日(土曜日)午後1時~2時
Commented by 44しっぽ at 2009-11-15 00:15 x
去年までは、家族で誰もワクチンを受けたことがないんですが、感染力が強くて、年少者で重症化している事例をよく耳にするようになってきたので、幼児の娘や小学校の低学年の息子には受けさせようかと思っていたところでしたが、やっぱり迷いもあります。
受ける場合には、稀とは言え、副作用の発症の可能性を頭においておく必要がありますからね。
Commented by yurikak5 at 2009-11-15 19:06
nmsan2008様
ウィルスも一生懸命生きている・・・本当にそうですよね。
ウィルスから見たら、人間が敵ですものね。
そういう目線、大事だと思います。

昨日、やっと録画していたちちんぷいぷいを見ました。
たくさんのゲストとの過去の対談を
少しずつという感じで短かったですが、
しゃべっているみゆきさんは珍しいので嬉しかったです。
他にもさだまさし、松山千春、財津和夫などなど
大物ゲストばかりで見応えありました♪

プチ情報ありがとうございます。この時間はまだ仕事中かも。。。
Commented by yurikak5 at 2009-11-15 19:11
44しっぽ様
お子様のいらっしゃるご家庭は、悩まれることと思います。
そこそこ元気な子供さんなら、あまり気にしすぎないで大丈夫です。
もしワクチンを受ける場合ですが、なるべく体調のいい時に
受けることをお勧めします。
風邪気味など、弱っている時は避けて下さい。

近所で小児鍼をしている先生はおられませんか?
とても気持ち良く子供も喜ぶので、
病気の予防に一石二鳥ですよ。

Commented by kensuke at 2009-11-15 23:33 x
ウチのスタッフ(大学生)もインフルエンザでダウンし、空いたシフトは私が一人で走り回るハメに(^^;
げふぉげふぉやりながらお買い物に来てくださる有難いんだかなんなんだかビミョーな方のお相手もしなくちゃならないんで、いろんな菌は山盛りもらってそうです(苦笑
体調崩しても休めないので・・・またまた気合でカバーですねw
yurika♪姉さんも充分用心してお仕事して下さいませ!!
Commented by yurikak5 at 2009-11-16 21:17
kensuke様
お互い人間相手の職業ですし、色々な人がいるので
大変なこともありますよね。
スタッフさん帰ってくるまで、忙しいと思いますが、
あひぞう君達にパワーもらって頑張って下さい!
by yurikak5 | 2009-11-14 20:00 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(6)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika