想う

重症患者の往診に行っている。
おそらく治ることのない病気。
西洋医学では対応しきれない部分を、
拙い腕ながらも多少は補えるようにはなってきた。

それにしても、
人生の山は、死ぬまで上り坂なのだろうか。
力尽きて尚、休むことが許されない。

辛くともそれが避けられない運命だとしたら、
受け入れる他ないのだろう。

私達にできることは。
最後まで山に登れるよう、励まし、手を貸し、慰めること。
そして自分にもまた同じように。

c0145449_2045983.jpg

                                コーヒーの実
Commented by kensuke at 2009-10-24 23:51 x
yurika♪姉さん、お疲れサマです♪(^^)
確かに、ず~っと上り坂な気がしますね。楽になっても角度がユルくなるだけで、平たんにもましてや下り坂には絶対ならない気がします。
でも、歩かなきゃ仕方ない。ちょっとづつでも前に・・・。
ツライこと、しんどいこと多いっすね(汗
でもボチボチがんばりましょう☆ 応援してますよ!!(^^)
Commented by nmsan2008 at 2009-10-25 01:34 x
人は誰でも、それぞれの「重き荷」を負って生きねばならない
のでしょう。
そして、それは他の人には決して見えません。
人は、自分の声を自分で聴きながら生きていかなくては
ならないのかもしれませんね。
人を助けることは難しいことですが、せめて、人を苦しめ
たり、傷つけたりしないようにしたいものです。
Commented by hitomi8114-i at 2009-10-25 06:52
エネルギーを与え、また、与えられて帰る・・・そんな帰途なのではと、推察してしまいました。
どうしようもないことを見つめる先に、きっと見えてくることがあると・・・どこか信じている一未です(見つめないで逃げることができないせいもありますが)。
互いに、そして周りにいる人にとって、どうかその一日が満たされた日であるように、祈りたいと思います。
Commented by シー坊 at 2009-10-25 10:54 x
お疲れ様です・・・
大変なお仕事をされてますね、ほんの少しだけど
お察しします・・・
いったい人間は何時まで、どこまで思い荷物を背負って
生きていかなくちゃ行けないのでしょう
そんな事をふっと考えました
その方の苦しみも、ヨモギ様の辛さも
少しでも楽になりますように。。。
Commented by yurikak5 at 2009-10-26 21:10
kensuke様
こんばんは。
やっぱり上り坂ですよねぇ。。。
働いてても、病気になっても、仕事してなくても、
楽なことなんかないこの人生。
そういうもんだと思って生きていかないと仕方ありませんよね。
お互い頑張りましょうね♪
Commented by yurikak5 at 2009-10-26 21:13
nmsan2008様
そうですよね。荷物は誰でも平等に背負っているはず。
そんなことを考えると、みゆきさんの「傾斜」という曲がいつも、
脳裏をよぎります。
やはり本当の山を登るように、脚力が必要だと思います。
Commented by yurikak5 at 2009-10-26 21:17
hitomi様
そうですね~。調和って感じかしら。
与えるとか思うと、うまくいきません。
大いなる自然界のパワーを充填するという感じ。。。
何かあやしくなってきましたね(笑)
でも患者さんは本当に一番の先生です。
様々なことを教えて下さいます。
Commented by yurikak5 at 2009-10-26 21:20
シー坊様
ありがとうこざいます。
人間に生まれたこと自体、荷物を背負って生きる運命なのでしょう。
お引越ですか?気分変わっていいですね!
お疲れでませんように。。。
by yurikak5 | 2009-10-24 20:47 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(8)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika