血縁

血のつながりというのは
良くも悪くも 自分のルーツ
そのルーツを知ることは 
自分自身を知ることにもなる

そのルーツすらたどれぬ人がいる
例えば本当の父、母の顔を知らない
赤子の時に父母が離婚したり
死んでしまったり

祖父母がいればまだいいが
それさえたどれぬ人は
自分の子供にそのルーツをたずね

人間の祖先をたどれば
人類皆血がつながっているという

百姓だった家のために 
一番身を粉にして働いたという 
長女の叔母の死顔は 
おばあちゃんに そっくりだった

血の流れは 川の流れに似て
流れ着く先は 大海なのかもしれない

c0145449_2114286.jpg

Commented by nmsan2008 at 2009-09-23 02:04 x
生命体は、言い換えれば炭素ユニットです。
小さな石ころも、いつか生命の一部になるかもしれないし、
私たちも、将来、小さな石ころの一部になるかもしれません。
川は流れ、大海に注ぎ、蒸発して雨となり、再び川となる。
「自分自身」の外に「自分自身」を置くことを覚えてしまった生命体、
それが人間なのでしょうね。
Commented by シー坊 at 2009-09-23 09:52 x
人間のルーツはみな同じ所から、と聞いた事があります
そんな昔の事でなくとも、自分の始まりを考える事って
よくありますよね(前世がどうとかじゃなくて)

ちょっと話はそれますが元をたどれば皆同じ、と言う事
赤の他人と思っても、どこかで繋がっていたりするかも・・・
と思うと、やはり悪いイメージを持ったまま
別れたりしたくはないと思う、今日この頃・・・
Commented by yurikak5 at 2009-09-23 16:28
nmsan2008 様
遺骨や遺灰から炭素を取り出し、
ダイヤモンドを作ったりできると聞いたことがあります。
それを知ったとき、へぇーと関心しました。
もともと何もない地球から人類が発生したのですものね。
最後はやはり自然に帰るのですね。
Commented by yurikak5 at 2009-09-23 16:38
シー坊様
アダムとイブじゃないですけど、
最初は一人の男女から人間が増えていったのでしょうから、
どこかでつながっている可能性が高いでしょうね。
いとこなどと合うと、妙に自分と似てて不思議な感覚に襲われます。
袖振り合うも多生の縁・・・といいますものね。
Commented by 44しっぽ at 2009-09-25 03:55 x
合掌です。「血は水よりも濃い」という言葉も聞いたことがあります。

ヨモギさんの源流にも、多くの先人先哲の思いや、考え方、生き方、文化、歴史が、注がれていると思います。
それを受けて、新しい考えた、生き方、文化、歴史を創造して下されば、そのような方々の思いも報われますね、きっと。
Commented by yurikak5 at 2009-09-25 21:12
44しっぽ様
暖かいお言葉、ありがとうございます。
幼すぎて知らなかった祖父母の横顔など、親戚が集まると
懐かしい話になります。
その言葉の断片から、また今の自分を重ね合わせると、
妙に納得したり。おもしろいですね。
by yurikak5 | 2009-09-22 21:17 | 雑記 | Comments(6)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika